HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
お知らせ
委託情報

とらのあな メロンブックス
 
読了本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!








日記ログ
■2017/12a
■2017/11b
■2017/11a
■2017/10b
■2017/10a
■2017/09b
■2017/09a
■2017/08b
■2017/08a
■2017/07b
■2017/07a
■2017/06b
■2017/06a
■2017/05b
■2017/05a
■2017/04
■2017/03b
■2017/03a
■2017/02b
■2017/02a
■2017/01b
■2017/01a
■2016/12b
■2016/12a
■2016/11b
■2016/11a
■2016/10b
■2016/10a
■2016/09a
■2016/08b
■2016/08a
■2016/07b
■2016/07a
■2016/06b
■2016/06a
■2016/05a
■2016/04a
■2016/03b
■2016/03a
■2016/02b
■2016/02a
■2016/01a
■2015/12a
■2015/11b
■2015/11a
■2015/10b
■2015/10a
■2015/09b
■2015/09a
■2015/08
■2015/07a
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

12/17
■アポリアがクリフォートを使う

 
 拳ゴツン! 対等の相棒!!
 完全に死亡フラグ立ててるけど! 会話が!!
 なぁに相手はキャスターなんだかアサシンなんだかわからんが、どっちもセイバーにとっては楽な相手だって冬木の聖杯戦争の定説にあるって言ってた。メディアや小次郎にセイバーさん散々苦戦させられてたけど。
 てか相変わらずこのコンビは敵の策を受けても即座に対応する動きをとれて格好良いなぁ。結果的に通らなかったとはいえ、令呪の使い方だってちゃんとしている。そして令呪は強力な力だが、話に必要とあらば命令が行使されないことが珍しくないことに定評がある(´・ω・`)

 
 モーさんの超音速バトルはいつ見ても格好良いぜ( ・`ω・´)
 そして「攻撃をダイレクトに当てるのが難しい相手には範囲攻撃」&「打撃に対する防御力が高い相手には状態異常」という鉄則を行使するセミラミスさんの手堅さよ。いわゆる「もしギルが真面目に士郎を殺す気なら、こういった宝具で攻撃すればいいだけ」という見本だな(そしてそれでも面と向かって対峙してるだけ大サービス
 つーかセミラミスさん、ホントつえーな。超強力なマジックアーマーで防いでこのダメージな上に、戦闘自体も優位に進めている。ガッツリ陣地構築した状態で迎え撃ってるキャスターはヤバいにしたって、相手が超一級なんだから「出来て当然」なんてことはないもんな。毒の効果で弱ってるから難しくないなんて間違っても言えん。

 
 モーさんリリィ可愛い。FGOで実装しとくれ。
 ところでアルテミスのときなんかもそうなんだけど、どこのどなたかバレバレなキャラを明確に顔映さないのって、「この作品だけしか知らない人向けの演出」なのか、「キャラの主観ではこんな風に見えてたから」なのか。アタランテさんの場合は後者っぽいが。

 
 颯爽登場、獅子劫界離!!!
 ヒュドラダガーはてっきり今回大量に参戦している不死身能力持ちを屠るためのアンチウェポンかと思ってたが、まさか毒から血清を作っての解毒剤として活躍するなんて! ビックリだ!!!
 そして眼前の敵を斃すためなら躊躇なく最後の令呪を切る決断力! そこに痺れる! 憧れるぅ!!!
 一連の流れが最高に熱血主人公チーム過ぎてたまらん。熱いぜ~熱くて死ぬぜ~!!!
 あとバシュムさん、FGOのドラゴン使い回しグラフィックじゃなくて素敵でした!!

 
 ってええええええ!? 死ぬの!? 致命傷だったの!?
 ジョジョだったらこの程度の傷じゃ死ぬこともなかったろうに!!!(おかしい
「どうだ? いいサーヴァントだったろ、俺……」
「ああ……ここまで来れたのは、お前がサーヴァントだったからだよ」
 お互いサティスファクションしての最期のひとときのやり取りは最高に素敵で涙がボロボロ出ざるを得ないってもんで、獅子劫さんは歴代のマスターの中でも間違いなく最高峰に位置する超魅力的なキャラでござった!
 てーかもうモーさんの株もバク上げであり、冷遇した結果国滅ぼしてるセイバーさんの印象が辛いことに。設定として滅ぶのが確定してたにせよ、滅びに至るルートとしてはそれが選ばれたわけなのだから。
 なんにせよ最高でした。このFate史上最高のコンビが観られた私もサティスファクションだ!!!
 あ、いやウェイバーちゃんイスカンダル組も大好き超好きですよ。ただマスターとしての力量はどうしても獅子劫さんが上なので、超S級サーヴァントなイスカンダルと、S級サーヴァントのモーさんで、総合的に見た場合だな!!
 ところで獅子劫さんの言葉通り、このあとカウレス君にマスター権限引き継いだ場合なんかもちょっと見てみたくはある。モーさんは本来扱いが難しいが、円卓ガチャで最も相性がいいのが召喚されたことでゴールデンコンビが爆誕したってのはわかるのだが、カウレス君も極めて優秀なマスターなんで、「マスターが変わった途端ダメダメになる」なんてこともなく、獅子劫さんには及ばないけど、それはそれでちゃんと戦えるってのが好みだ! とても好みだ!!

 
 カルナさんの攻撃は回避できても、デモンズチェーンは無理なのか。ジーク君という異物があったからダメとかかね。

 
 すまない、ジーク君との恋愛劇が絡むとどーしても乗り切れずに眺めてしまってすまない。
 死なせたくないなら両足を切断してでも置いてこいやーってので、徴兵逃れを連想してしまった。戦死するなら手や足を切断するの、マジでやってるからね(´・ω・`)
 なんにせよジル・ド・レはこうしてキャスターになっていった的変貌過程が面白かったです!! クゥゥゥゥゥル!!!
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. a. 大佐ーなんとかえれちゃんお迎えできたーーー!!いえっふーーー by さだこ レス不要
    b. FGO、俺もエレちゃん引けました!メリーです! 早朝にガチャ引くと当たりやすいです!(俺的ゲン担ぎ
    b.個人的なゲン担ぎは自分もやらないわけじゃないのだが、ツイッター見てると「本気で効果があると確信して他人にオススメしている人」が珍しくなくて、驚く。
  2. a. キャプテン翼は現代設定にしてアニメ化するらしいが、翼が転校前の学校ではサッカー部がなかった問題とかブラジルがトップ扱いされてる点とかどうするんだろ
    b. 41>楽しみな反面、時代の経過による事情の違いをどうするか気になる。昨今海外に出る選手は珍しくないだけに。
    その辺楽しみなので観てみよう。
  3. >39 エロ同人なら訓練もガチも沢山出てますよ!
    読まないと!!
  4. DAYS25巻ものすごく良かったです。大佐の感想がすごく・・・見たいです。(三井寿風)
    いやーよかったねぇ燃えたねぇカタルシスだねぇ。正直キャプテンのシュート外しまくりぶりに「面白くない。いい加減にしろ」とか思ってたのが遂に!!! そして遂に主人公登場!!!
  5. 6>原作者が剣を渡すシーンはオリジナルと披露していましたが、好きな人は好き、嫌いな人は嫌いだろうなシーンを思い切ったなぁ、と。自由人だけど最後に騎士の一線として、カルナとジーク君の決闘を見守ると思ったら、ピンチのジーク君を助ける為の横槍。咄嗟にやってしまって恥じるとかでもないのが「正直ないわー」でした。ジーク君も咄嗟とは言え、後悔でもしてくれれば良かったと思いますが。いずれにしろマハーバーラタ以来大ファンだったカルナ様が益々好きになったわ。
    ジーク君は「勝てたの自分の力じゃないです」で踏みとどまってくれた( ・`ω・´) とっさに手が出ちゃったのはギリOK。
  6. a. 55>ヤマトが出た事でメカなら大体OKな雰囲気・・・・・・いいぞいいぞ
    b. スパロボで船ものが増える・・儀式船エルシオールの参戦も近い!!
    c. 5>寺田Pの発言によると、「ロボットがメインではない枠」らしいですね。色々夢が広がるなぁ… とはいえまずは無限のリヴァイアスを本編で出してくれぇ…
    d. 55 メカンダーロボ、メガゾーン23、デトネイター・オーガン > ここらへんがOKなんだから、ホントにもうどんな作品を希望してもアリな気がします(笑)。自分的な今後の参戦希望作品を考えると、マジェスティックプリンスが真っ先に思い浮かびます。特に劇場版はロボアニメ個人的生涯NO.1かも「しれない」作品(笑)なので、いつか実現するとうれしいですね。ストーリーが完結してないので難しいのかもですが、この作品に関してはロボとキャラが出ればOKというか、それだけでこの作品の良さが十分伝わると思うのですよな。後は、鉄人28号FX。旧鉄人との共演話だけやってくれれば、他の要素は無くても可(笑)。
    原作版ギャラクシーエンジェルはマジで出して欲しい。飯島真理の歌をバックに流しながら宇宙要塞に最終決戦を挑むんだぜ。
  7. 41>所謂平成版は2話で1試合消化するダイジェスト具合が凄すぎて…初代は初代で長すぎるのだけど。Jがちょうどいいのかなぁ。The・打ち切りという感じで終わってしまったのが残念。
    初代しか観たことがなかった( ・`ω・´)
  8. 24>漫画版スパロボOGの八房先生もジ・インスペクターの後半はだいぶ白くなってましたね。最近は月毎の枚数を抑えてますが。
    白いけど刊行ペースが早い、とどっちがいいのかねぇ(笑)
  9. a. 11 悪の組織が悪事で得た金 > その時の報酬はお金じゃ無かったんです。ヒーローは依頼された生物兵器を相打ちに近い形で倒したので、そこを悪の組織に襲われたら確実に死んでいました。でも幹部は「我々にとっては絶好のチャンスだが、報酬として48時間、君に一切の手出しはしない(どうせ金だと受け取らないだろうし)」という物でした。
    b. 11> 和智正喜版『仮面ライダー』ですね。料亭で会見した相手は地獄大使に相当する人物。これだと、本郷の支援組織のアンチショッカー同盟も割と悪どい組織ですけど、それを承知の上で本郷も乗っている。またこの世界のショッカーはあくまで人類社会のために適度な恐怖を振りまくことが目的で、世界が滅亡すると困るので米ソ首脳を人質などで脅迫してキューバ危機を止めることまでしている。ただし少数でも被害者は出続けている。その気になれば脅しのような大殺戮もできるが、あくまで暗闘にとどめている。
    それは印象がだいぶ変わるので、最初に聞いておきたかった(笑)>報酬の内訳
  10. 12 > 新しい眼鏡が開発・販売されたと聞きました。レンズは2枚になっていて、間に液晶技術から開発した新素材がはさんである。ツルに超小型電池が入っていて、そこから電気を流すとレンズの焦点距離が変えられると。従来の遠近両用レンズだとどうしても歪んで見える部分が出るけど、これはそれが無いそうです。ただしお値段はレンズ・フレーム込みで20万円くらいだとか。 URL
    凄く進歩したらリアルタイムで指定したターゲットの服が透けてるように見える機能つかないかなー。
  11. エレちゃんはスキルLv8まで有情だなーと思ってたらLv9の必要素材がエグ過ぎた…。空白期間中ずっと杭集めしてたけど全然足りなかった…。
    俺も貯めてたけど一瞬で溶けた……!!
  12. >>17 そういう相手には現実に照らし合わせて対処するしかないと思う、命を厭わずただひたすらにシンジゲートのメンバーを殺し、殺し、殺し、殺し尽す 命を厭えばその作戦が有効とされさらに大規模に展開されてしまうのだ。ただソレやっちゃうと物凄く殺伐とする展開になるんだよね、ファンタジーの魔法といった調査力を駆使できるなら怒りと共に地の果てまで追いかけるだろうし。また、最近サイコパスに関する書籍を読んだのですが損得勘定が出来るのがサイコパスであり怒りに執着するのは常人だそうなのです、だからこそ世に殺し殺されが絶えないのだろうなと思ったのです、マトモな人間だからこそ怒るのだろうと
    まぁそんなわけで、作品の路線がブラッディーになり過ぎるんで、話の都合上詰んじゃうから無理なヒーローが多数派ということだな( ・`ω・´)
  13. アポロガイスト、アファームド、次を当てた人には大佐からのご褒美があると聞いて。
    今週の当たってる人がいたら凄過ぎる(無理
  14. リメイク版のアニメ魔法陣グルグルが最終回を残すのみとなりました。今度は原作の最後までやります。3度目のトライ(アニメ化)にして、24年がかりでついに攻略されると考えると感慨深い。先日の放送では初代アニメ(今作とは別のアニメ会社)の最終回をオマージュした内容もあったり。
    Uターンしちゃうネタやったのか(笑)
  15. ツイッター / 冬コミのFGO本の表紙( ・`ω・´) …ブッダ(ゴータマ・シッタルダ)は母の腋から生まれ出た、という説話(?) を連想しますた(部位違う)。というか、フォウくん(?) が散華して4体に転化してる感じにも(コワイ。 by エルドラン総受け
    この絵は腋じゃなくて腰から(笑)
  16. 18>アクリルがアルコールに超弱い、とか、ポリウレタンは加水分解しちゃう、みたいに優れた素材でも弱点は存在擂ることがあるので、きっと謎カーボンも水(特に浸潤とか)に弱いんだろう。。。まあ、じゃあ何で水没の可能性を残した地形のままにしてるのかってことになっちゃうけどな。。。
    水に弱かったら雨天中止と会場に水を存在させないようにするべきだわな(笑)
  17. >8 セイレムは某所でGMがクトゥルー要素を入れたけどPLがクトゥルーを知らなくて反応してくれなかったり制限を付け過ぎた結果PLが慎重になりすぎて進行とフラグ立てが遅れたりPLがキャラロールに走りすぎて脱線したりしてGMがもうこのままEDまで行けそうだってなったので巻き進行で種明かしをした後決戦まで持っていってノーマルエンドで終わった時のTRPGって言われててなんか納得してしまった
    TRPGになぞらえるネタとしては、強力な人材を大量に抱えているカルデアにおいて、1.5部に同行が許されるサーヴァントは「このシナリオは以下の能力を持つキャラがいると役に立ち過ぎて破綻するので、禁止です」といったレギュをくぐり抜けた精鋭だなって思ってる(笑) 戦闘力が身も蓋もなく高いサーヴァントは不自然なまでに連れてかないし、セイレムなんて百貌のハサン連れてく方が劇団凄くやり易いだろうになーとか。
  18. 44>「戦場で航空機が主力になる時代が目前なのに大和なんてデカブツ造ってどうする! 呉にまで乗り込んで計画つぶしてやったぜ! これで心置きなく海軍辞められる!」 からの 「永田鉄山斬られたあああ!! このままだとアホな軍部がアメリカと戦争やりかねん! アメリカをビビらすために大和作ったろ! 300m超のもっとデカいやつ! ただし対艦戦用じゃなくて対地攻撃用にな!」  …たぶんこいつが最後に暗殺されて終わるんじゃないですかね(笑)
    ひょっとしてギャグで言っているのか!?状態。
  19. ああああ! アナログゲーム面白そうだなー! 傍から見たらもう、放蕩アナログゲーム部と名乗ってしまっても良さげなくらい!
    カードタイプのゲームをボードゲームと呼んでいいのか躊躇するときはある。
  20. ワダツミさん、とある魔術の電脳戦機の体験版が出てるから、やってみたら楽しいかもよ! 私、1年以上前に出たラノベの禁書以外知らないんだけど、楽しいよ!
    禁書目録は最初の数話くらいしか知らぬ!! コスプレAVで黒子がスゲー盛大に潮吹きするシーンは大好き。
  21. エレシュキガル来なかったけど、イベ礼装が早い段階でドロップしました。エレちゃんこなかったけど
    最初の一個はあっさり落としたけど、それ以降まったくだ。辛い。
  22. >27 ワタルは当時はやっていたビックリマンにインスパイアされて正方形に収まるデザインにした、と聞いたことがあります。
    へぇへぇへぇ
  23. FGO、マシュの声でおなじみ高橋李依さんの「来ない日は来ない、今日はあきらめます」とのツイートに対して「がんばって」「すまないりえりー」「ごめんなさい、イベント楽しみにしています」と言いながらエレシュキガルの画面をあげる連中がゾロゾロ(笑)  悪意なき袋叩きの恐ろしさ
    悪意がある方がマシなんだよなぁ、それを(自分以外の人間が)面白いと思ってるキチガイと比べたら。
  24. 15年間たまに見ています。監視じゃないですよ…お元気そうでなにより
    ありがたいことじゃよ( ・`ω・´)
  25. 18>みほは撃破された時まず怪我の有無を確認してるし、水没も死ぬというより怪我レベルの被害を受けるところだったって説はどうか
    それで試合放棄して仲間の青春ぶち壊してるんじゃ、それこそみほが酷過ぎる。というか、自分の解釈としては「ガルパン世界の技術レベルを考えたらほっといても死ぬようなアクシデントでもないのに、試合を放り出した」ことに「スポーツ特待生(黒森峰はマジでそう)がガチで青春かけてた全国大会」の視点から見ると、そりゃあんだけ恨まれてもしょうがないから、みほを転校するほど追い詰めることになっても、黒森峰の生徒が極端に性格悪いとは思わないで欲しいってなるのよね。甲子園で転んだチームメイトの怪我を心配して外野フライ無視してかけよったら決勝点が入って負けました、みたいなもので。
  26. 59>昨今の特撮系ソングは多様性があってそれはそれで好きなのだけれど、「仲の良い友人とのカラオケで盛り上がる」のはやっぱりシンプルに熱いかやたらノリの良い曲だと思う。
    空色デイズはいい曲なんだが、「熱血アニメの主題歌を熱唱したい」という衝動を満たしてくれずに困った(笑)
  27. ガルパン>最終章を見る前に本編を復習見したのだけど、序盤の生徒会チームはやっぱり印象悪いな…プラウダ戦まで行けば一気に好感度が反転するけど。やれば凄腕の会長がずっとサボってたのは何か理由があるのでしたっけ?
    関羽「そんなものはない」のと、会長の戦車道に対する絶望的な見通しの甘さ(いきなり全国優勝が可能だと思っちゃう)も、結構凄い。
  28. 3>アキレウスに使って隙を作るというわけですね。…セクシーコマンドーじゃねぇか!?
    ボスケテ
  29. スパロボにナディアとワタル参戦>おおぃ!なんで今回エヴァ不参戦なんだよ!冬月とガーゴイルとかヒミコと綾波の会話劇とか見たいのに(笑) あと大佐、アクティブレーザーはレッドノアの兵装なのでN-ノーチラスには積んでなかった気がします by 三途安岐
    あ、間違えてた! あのレーザーがビーって走ってく描写好きなのよ(笑)
  30. 当カルデアにはエレシュキガル来なかったけれど、今まで来なかった術ギル様が来たのでいいか―みたいなアレになってる。イケメン! イケメン!
    星5(自称)だしな!!
     
12/15
  ■今年遊んだボードゲーム七選

 今年の正月旅行でパンデミックをプレイしたことでボードゲーム熱が再燃してからの!
 ゆえに「今年発売されたボードゲーム」ではないぞ!
 面白いゲームはたくさんあったのだが、キリがないので七つに厳選した( ・`ω・´)

 
●お邪魔者1&2
 正体秘匿型のチーム戦ゲーム。坑道を掘って掘って掘りまくれ!!!
 金脈に辿り着いた(最後の一手を置いた)プレイヤーの味方しか点が貰えないんで、味方が誰かわからないと迂闊に掘り進めないけれどな!!!
 その辺の駆け引きを無視して「自分の次のプレイヤーが味方だったら勝てるけど、違ったら負けだね。まぁいいか負けても別に現実の自分が損するわけでもないし」と安易に運否天賦の勝負に出られると微妙な空気になるから勘弁な!!
 人数が多いほど面白いので、通常は複数のゲームに分かれてプレイしているところを、「じゃあそろそろ終わりの時間だからやるかー!」と、全員でプレイするボードゲーム部締めのお約束ゲーム。

 
●「デッド・オブ・ウィンター」&「ロングナイト」
 ゾンビパニックで崩壊した世界で砦に立て篭もり、サバイバルする協力ゲーム。
 廃墟を漁ってアイテムを集めるワクワクといつ即死してもおかしくないスリルにドキがムネムネ。
 様々な職業と特殊能力のキャラクターでパーティ編成する(生き残りを見つけて合流する)のも楽しくて、思わず全部日本のキャラに差し替えたらより楽しくなった。
 ハンドガンでも十分お役立ちなのだが、運良くアサルトライフルやグレネードランチャーを拾えると、ノーリスクで片っ端から吹っ飛ばせてとても気持ちいい。
 裏切り者を混ぜることで人狼型のプレイも可能なのだが、システム上の「裏切り者看破ギミック」が殆ど存在せず、砦の破綻を阻止することが極めて困難というかほぼ無理なので、オススメしない。

 
●「ザ・ゲーム」&「エクストリーム」
 昇順と降順が各2ルートある中で、2~98あるカードを並べきることを目的とする協力ゲーム。
 なるべく小刻みにカードを重ねていきたいのだが、運が悪ければ数十も飛んだりで悲鳴があがる。
 写真だとズラーッと並べちゃってるが、正しいルールは重ねていくよ( ・`ω・´)
 ルールがシンプルなのでボードゲーム初心者に「まずはこれやってみようかー」で掴みのトップバッターに利用されることも多い。

 
●パンデミック:クトゥルフ
 というかまぁパンデミック全般が面白くて色んなバリエーションプレイしたんだけど、一番プレイ回数が多かったこれが代表して。協力型ゲームの金字塔です。だから色んな種類が出たともいう。
 元祖パンデミックはウィルスバスターズが世界から病原菌を駆逐するのだが、このクトゥルフはカルト教信者を駆逐しながら、ゲートを封印して回るぞ。たまにショゴスが出てくるけどそいつも殺せ! テケリ・リ!!
 ルールは簡単なのだが、難易度は異様に高く、20回くらいプレイしてもノーマル難易度を3回しかクリアできてない。だがクトゥルフゲームが簡単だったら拍子抜けなので、この厳しさがまた楽しい。
 余談ながら、クトゥルフは人気テーマとあってか、題材にしたゲームがやたら大量に出ている。様々なタイプのゲームが出ている。毎月のように出ている。ボードゲーム部ではエルドリッチホラーやエルダーサインも割とよく遊んでいる。

 
●テラフォーミング・マーズ
 火星のテラフォーミングに乗り出した企業をそれぞれ担当してポイントを競い合う企業戦争ゲーム。
 他のプレイヤーを邪魔する手段もそれなりにあるのだが、比重としては内政投資がとても大きく、隕石を落としたりアウトローに襲撃させたりハッキングしたりといったダイレクトアタックよりも「好条件の土地を先に確保する」といった、合法的な手段で競うことがメイン。
 テラフォーミングの手段となる様々な投資がフレーバー感高くてとても楽しいのもグッド。

 
●ゴジラ 怪獣王決定戦
 20年前のゲーム(笑)
 ハゲタカのえじき風バッティングゲームなのだが、その内容はとてもアグレッシヴ&エキサイティング。
 場に出たポイントカードに入札してより高い値をつけたプレイヤーが取得することを繰り返すのだが、とにかくマイナスポイントカードが多い。尋常じゃなく多い。あとハゲタカのえじきは「全員同時」なのだが、こっちは「前のターンに落札したプレイヤーから時計回り」なので、後続のプレイヤーが「誰に勝たせるか」をコントロールし易い。結果として、血で血を洗う「マイナスポイントの押しつけバトル」が勃発し「貴様このゲームで下家を敵に回すとどうなるか教えてやる!」といった暴言をワダツミが繰り出すことになった(酷
 いやうん、自分のすぐ左のプレイヤーが全力で「自分の右プレイヤーを勝たせないことに専念」すると、片っ端から同じ数のカードを被せられて、ほんと厳しいんだ(笑)

 
●コードネーム
 2チームに分かれ、それぞれのスパイマスターがエージェントに、指定したカードを選んでもらうためにヒントを出すゲーム。
 書いてあるキーワードを直接言っちゃダメで、勝利の鍵としては「一つのヒントで2つ以上のカードを選ばせる」のが大事。
 主にヒントを出すスパイマスターがメチャ考えることになるんだが、ルール自体はシンプルなのでこれまた「初心者に対するジャブ」として定番ゲームとなっている。

 
●コードネーム ピクチャーズ
 こっちはイラスト版。珍妙なイラストがてんこ盛りである。
 ボードゲーム部ではこれと文字版を交互に並べる混合プレイがメインとなっている。
     
  ■フェイトグランドオーダー

 
 この素材はキツい……キツ過ぎる(笑)
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. >1 パピヨンだ!パピヨンがいい!
    蝶サイコー
  2. a. セミだあっ!>まあ普通に「セイバー!」ではないでしょうか。セイバァ?という感じの発音でちょっと聞きにくい。
    b. 「カメムシ女」は合ってる。その後は「セイバー!」だな。
    なるほどパトリチェフ! ありがとう!
  3. アタランテ>あのバーサクする宝具には巨乳にする効果も付随してるのだろうか。それとも胸筋が発達したのか?
    メガスマッシャーが装備されているけど使わなかった。
  4. a. カルナさんの義理堅さに敬礼>ありがとう本当にありがとう
    b. >>よもや赤のマスターたちが生還できるとは微塵も思っていなかった(笑) Fate EXTRA CCC でもそうなんだがどんな手を使っても自身のマスターだけは五体満足で守り抜くつもりだったんだろうなと、たぶん万が一にマスターへの危害を加える手段がされていたなら黄金の鎧を脱いでマスターに着せる事も一切厭わなかったであろうと
    カルナさんはこれからもFGOで重用させて頂く!!!
  5. スパロボ新作・・・・・・ワタルとバディコンでわ~いと成った所でナディアで吃驚した
    この調子で一作ずつ「船モノ」が参戦するのかしらねぇ。
  6. a. 流石カルナさんだ!燃えるぜ!!ってとこに冷や水びしゃーかけられた気分ですねあれ。
    b. グダグダ言わないカルナさん>個人的に横やりは不満ですが、カルナさんが文句言わないなら我慢するぐらいカルナさん素敵
    c. カルナさんの大迫力インドパワーバトル最高だったぜ。こんなん普通の聖杯戦争に呼んで大活躍したらダメなサーヴァントですわ。流石ギルと同格と言われるだけある。アストルフォの横やりに関しては・・・まぁ魔力放出制限無し全開カルナさんとか、どうやっても基本勝てないだろうし(時間制限に持ち込んで逃げ回るってのは正直嫌やし・・・)しゃーないかなぁと。そこで見捨てられてもお前サーヴァントなんだから手助けしようやって感じにもなるからアレはアレで良いのかなぁと。ただ一番気になるのは本来のジークフリートがタイマン勝負したらどんな感じになったのかってところだな。勿論ジーク君が死力出した今回の戦いは大好きだけどさ。
    d. 限界バトルに横槍 個人的にカルナさん好きなので不満ではあるけどここでアストルフォにどーたら言ってるのはただ嫌いなだけかと
    e. アポにおけるサーヴァントの見せ場って、キャラ毎にライターとか脚本個別にいるんじゃね?ってくらい差がありますよね。僕はどうにもジャンヌの言動に共感できないので、ジャック死亡あたりからずっとモヤモヤしてるんですよね。別にアタランテの発言が正しいとも言いませんけど。たまにある本人別に凄いことしてないのに周囲がヨイショしてる主人公の大言と同じで、このジャンヌがアタランテ否定したりルーラー舐めるなって言っても「言ったれ!」とはならない。そして乱入アストルフォには大佐と同じ感じになった。キャラとしては好きだし、死んでほしくないからこそ、乱入することの不義理を承知で乱入したっていう描写や葛藤がほしかった。手乗りタイガーが三年の教室に乱入した時と同じようなテンションでオラおでれぇたぞ
    f. あぽ>アストルフォが戦闘に介入してきたこと、そんなに不満なのがわからんな 約束があったとはいえ、限定的にしか力を使えないジークがサシで全力のカルナを相手にすることが無茶な話だし インドの英雄は規模がヤバすぎるんだって・・・
    g. 最初から「ジーク&アストルフォVSカルナ」の変則戦闘だったら納得いったんだけどなー。「え、この局面で乱入すんの?」と微妙にモヤる展開だった。結末そのものには不満無いんだけど。
    d.そーいう決めつけは好きではない(´・ω・`)
  7. 41>ふむ。大体「ボンボン版餓狼伝説」のテリー程度の強さですね。テリーが気功を多用するのを考慮するとフィジカルでは更に上か。
    ボンボン坂高校演劇部じゃなかった。
  8. FGO、AP自然回復に任せてセイレム攻略中ですが、今回のシナリオで「これまで以上に行動言動には気を付ける(魔女と告発されないために」「臨時受肉させられちゃったから鯖も気が抜けない」ってファクターから、主人公サイドの「安全意識からくる決断力の鈍さと、行動が遅かったのかと思わされてしまう急展開の連続からの焦燥、って演出」が「これ、TRPGで判定失敗してしまったせいで手が遅れて重要キャラ(場合によってはシナリオヒロイン等)を救えなかった(手遅れになってしまった)、って時の雰囲気に似てる!楽しい!」ってワクワクしてました(オイ) FGOのサーバントは「高度に霊的な存在で多少無茶しても(人間だと死んじゃうようなこと)平気」ってことでこれまで「カッコいい迫力バトルと頼もしさからくる安心感」があったけど、今回それを覆すことで「人間の仲間たちと死の危険を回避しながら事件の解決を目指す」っていう新しい楽しみを表現してきたなー、って思いました。
    この手の「特に天才的な判断力があるわけじゃないんが、決断力はあるので評価される主人公」タイプが、「こういったファクターが追加されると決断できない人になるんだなぁ」ってなった。
  9. >アポロガイスト カルナさんメチャクチャすぎてこんなのに耐えられる空中庭園はすごいなあとおもいました。カルナさんウチのカルデアにも来てほしいにゃー
    さすが宝具だな!!(笑)
  10. ワダツミさんが好きそうなおねーさん絵発見。自分も好きさ~ URL
    結婚したい
  11. 6 人質 > ある小説で、悪の組織の幹部がヒーローを料亭に(!)呼び出す。ヒーローは呼び出した相手を知ると戦おうとするが、顔写真付きの分厚い書類を渡される。それは日本全国から無作為に抽出した1万人分のリスト。「私に手を出したら、そのリストに載った人間がランダムで殺されていくよ」「貴様そこまでして自分の命がおしいか!?」「ああ、おしい!」 このやりとりはいっそすがすがしかった。  そして呼び出した理由が「自分達で作った生物兵器が手におえないシロモノになっちゃったから、代わりに退治して。報酬は出す。引き受けてくれなかったら…」という。 ちゃんと報酬払ったのも立派だが。
    ヒーローも報酬(悪の組織が悪事で得た金)もらったからってそれ使うの気持ち的に引っかかりそうだな(笑)
  12. >30 事あるごとに眼鏡が割れちゃうあやちゃんの懐が不憫でなりません。阿笠博士特製の防弾仕様眼鏡ならあるいは…?
    彼女の眼鏡が割れることばっかりは「様式美の犠牲」だよなぁ(笑)
  13. a. 17 セイクリッドセブン > 戦闘の度に高価な宝石を消費するお話が何かあったな~と思っていましたが、これでしたね。17さんありがとうございます(笑)。金というか資産の使い道として、これほど良いものもないでしょうな。世にも珍しい大金持ちを手放しで応援できるアニメ(笑)。
    b. 17>OP/EDがごっそり入れ替わるのは結構面白い試みだと思う。後メイド(担当声優と同名)にデビュー間もない佐倉綾音とか茅野愛衣とか混じっててびっくり。
    金持ちを手放しで応援できるといえばアクマゲームを思い出した(笑)
  14. 44 妹いい 義弟→義妹 確定! > 初見の時から、かな~と思っていた(そういやパンツのシーンとかもありましたね)ので確定はなんか嬉しかったです。しかし、何の理由や秘密も無く「ただ隠してる」というのは意外でした。そこに物語上の何かしらがあると思っていたので。それは兎も角、ここでちょっとイラッとするのが主人公。あれだけ妹好きを公言している癖に、「妹センサー(スカウター)」すらついてないのかお前には!(笑)。
    基本的に薄いんだよなぁ、アイツの妹好き(笑)
  15. a. >なので超スピードで戦うアキレウスの行動を凄まじい先読みで対応しまくるケイローン先生が観たかった(´・ω・`) 文章だとやってた気がするんですけど映像にすると尺もあるし滅茶苦茶強い二人ですがカルナさんやAUOみたいなど派手なギミックあるわけじゃない2人なので映像化したらなんか地味でしたね(笑)
    b. アキレウス戦が不満なのは同意、尺が厳しいのか相当カット食らってましたし。原作ではアタランテとの戦闘ももっとボロボロになりながら猪の衣剥ぎ取って正気に戻してたのに・・・。
    尺も短ければ演出もしょっぱいという切なさか(´・ω・`)
  16. >>45 1.5部はぶっちゃけアガルタが一番難易度高いと思う。メガロスに無敵貫通つけてくるコロンブスとかルーラーで火傷と魅力と即死使ってくるフェニクスとかあれ突破出来るならセイレムは余裕
    だねぇ。それでも令呪を駆使すれば倒せるから、特に致命的な問題はないという。
  17. a. 6>それがあるからヒーロー物とかで敵側が取る行動に説得力を持たせるのは難しいですよね。ところでチートになった魔法少女ってどれのことだ
    b. 6> 人質も身内も切り捨ててしまえばそれまでなんだけど、ヒーローはそれが「できない」からね。状況とか色々あるけど、少なくとも助ける努力は最大限しないといけないのがヒーローの辛いところ
    メキシコの麻薬シンジケートばりに冷酷無比なことする悪の組織相手のフィクションは凄く大変だと思う。
  18. >19 ガルパンの謎カーボンはどんな攻撃を食らっても絶対に死なないし、逆に言えば絶対に相手を殺すことはないので、死んだ殺したという鬱展開になりようがない画期的な表現方法だと改めて思いました。
    それゆえに「たかが水没で生き死にの問題になり、キャラクターの造詣において極めて大きなファクターとなっている」のがスゲー浮いてるんだよな。残念。
  19. a. 暴走アタランテさん画像の中にしれっと股間アップを混ぜているのが流石大佐だと思いました(笑)
    b. >アポロガイスト 股間と内腿の画像を逃さないとは流石……!
    はずせねぇぜ!!!
  20. アポロガイスト>こんな限界バトルを内部で繰り広げられても平気な空中庭園を造れるとか…何度も言われてるけど本当になんでキャスターじゃなくてアサシンなんだよ…
    ダブルクラスみたいなもんだから(笑)
  21. >幼女少女 国語辞典的には幼女は「おさない女の子」という意味でしかないので、作中で「おさない」とされているならまあ何歳でも日本語的な間違いではないのですが、11歳だと流石に微妙ですね。ちなみに、いまいちあてにならないwikipediaさんの現在の見解だと、「少女は7~15歳程度、幼女は満一歳から小学校3年生くらいまで」とのことです。あてにならないけど(笑)
    幼女の定義はなくても「幼児」の定義は明確に存在して、それが小学校になるまえの子供だからねー。
  22. a. 19 >あれ? この場合は人にあたる前に自爆する超ノンリーサルウェポンなスマート砲弾では?
    b. >19 たしか、砲弾にセンサーかなんか入っていて、人に当たりそうなときは砲弾が自壊(自爆?)するって設定だったはず
    それはEXCELが考えた同人設定じゃなかろうか(笑)
  23. a. >23 『刃牙』の敵キャラに毒手使いどころか体内に刃物やら爆薬やらを仕込んでいるのがいたけど、技術的、ルール的に問題さえなければ主人公としては使用オッケーなんだろうか(笑)
    b. >23 まあ運営サイドも多少の卑怯な手段や盤外戦術は予想してても初手ボツリヌス毒素は流石に予想してなかっただろうなあ…
    このあとどう勝ち上がってくんだろう(笑)
  24. a. 32>おかしいレベルの月産量に対して作画の簡略化の側面がありますしね。判り易いところでは初潮疑惑のやりとりは概ねディフォルメでした。
    b. 漫画幼女戦記>ここ近年で読んだ漫画で一番恐怖した漫画じゃないですか!ほぼ毎月単行本刊行という同じ角川のデスマーチ異世界転生漫画が茶番にすら思えるこのリアルデスマーチぶりよ・・・・・・(大佐にわかりやすく説明すると「冬コミまであと2週間もありますね!新刊もう1冊いきましょう!70pくらいの本ならよゆーよゆー!」←これ毎月やってたかんじ・・・)
    読んでて「絵はうまいが画面は白いな」とは思っていた(笑)
  25. >46 スパロボにナディア参戦と聞いて「はて何のロボットアニメの略称かしら、まさか『ふしぎの海のナディア』・・・はありえないしなHAHAHA」とガチで考えてしまった(笑) 人間あまりにも想定外な事が起こると思考がおかしくなりますね
    アクティヴレーザーぶっ放してぇ!!!
  26. 魔装機神シリーズにも物質界と非物質界を行き来・・・というか半分ずつ存在してるので通常兵器ではダメージが通らない無敵モードになってるボス敵がいたなぁ。仲間になると「無敵モードは魔力消費が激しいんで使いません」の一言で済まされてたけど(笑)
    ナグツァートは「じゃあ半分は通るじゃん」とか子供心に思った(笑)
  27. 46>ラジオで寺田さんが「ワタルはSD化してないんですよ」と仰ったのを聞いて納得。でも昔のプラモとかカードに更に寸詰まりになったのが有った気がするのだけど、あれは何と呼称するのだろう。
    最初からSDみたいなもんだからか(笑)
  28. アポ>カウレス君が赤のマスターズを数人瞬間移動?させた訳ですが、あれは(魔術師としては低レベルなのに)素でできたのか、それとも姉の刻印を移植して得られた能力とかなのか。割と凄いことをしてる気がするのですが。逃がすにしても先が地上なら数キロ飛ばしてるし、フライト中の飛行機に放り込むとかより高度だし。
    俺も「あれ、転移? 要塞の脱出システムでもハッキングしたのか?」とか思った(笑)
  29. >ブリンクドッグ 敵も一緒にエーテル界に引きずり込んでそのまま帰さない、とかあるんですか?
    そこまでのことは出来ない(笑)
  30. >>16 サーシェスなんて誰が見ても100%クズだけど味があって好きって人も多いですしね。
    ブレない悪人キャラは、それはそれで魅力的なことが多々ある( ・`ω・´)
  31. >13 なんか以前も同じ話題が出たような気がしますけど、オタク界隈でいうペドあたりが世間では幼女な気がする。園児~1・2年生程度までの、二次性徴からはまだ遠い段階というか。
    オタクの幼女の幅が無駄に広い。
  32. >42 聖杯さんがヒーコラ言いながら不足分を供給してるのかなぁ(笑)
    そうとしか思えない(笑)
  33. 1> …12年前、飼い犬の写真を年賀状にした会社の女の子がいてうっかり「ラブドールレトリバーだね!」と言ったらものすごくイヤな顔をされた悲しい思い出が(笑)   やっぱり「ら」抜き言葉って良くないヨネー
    「聞き間違えかな?」とか思いたくなるレベル
  34. 幼女戦記、web版書籍アニメ漫画全部好きですが漫画版は耽美な東條版の中に男性陣のアニメ版デザインをアレンジ流用してくれて嬉しいですね。アニメ版は各国の個性の出た男前ぞろいで眼福(あとさすが細越氏と思うのが手指の描写)でした。特典ドラマCDは玄田芳忠ミキシンだらけの小一時間で耳が幸せになりました
    男の登場人物の方が遥かに多いもんな!!
  35. ルーラー>良く考えてみれば女神の加護を受けた神代の英雄相手に、奇跡的な結果をもたらした逸話があっても村娘(ボディは現代の一般人)が本気バトルを行えるだけでも凄いですよね。型月的に考えると抑止力の影響を受けてるかもですけど。むしろ天草がルーラーにしては弱いくらいなのか?
    基本的にサーヴァントはオリジナルから弱体化するものだから、逆に聖杯が下駄履かせて強化して、同じ水準に引き上げるのも可能なわけだな(笑)
  36. 26>友達のこともあるけどほとんどが仕事がらみ。にもかかわらず土産物を渡す際に急にヒロインの腹が鳴って「よろしければごいっしょに…」というパターンを毎回やっていたので「わざとか!?」と散々突っ込まれたせいか2巻ではこのパターンは減らされた。もらってすぐ相手が開けて食し始めるので一緒に食べることが多い。  それにしても眼鏡っ娘のグルメ物なのに大佐が見ていなかったとは意外。
    ちゃんと改良できてるのは立派だな(笑)
  37. 幼女アニメは悠木碧さんがかなり良い仕事してるんで見て損はないと思うのですよ。あとオーバーロードは見られてます?
    録画は貯めてあるんだよねー。オーバーロードも観てたよ。
  38. 27>少し違うけど富士見の「アイテム・コレクション」の挿絵マンガでブリキの鎧をミスリル製と偽って売る商店、「親方、これバレたらまずくないですか」「ウソだとわかった時には死んでおる」を思い出した(笑)。
    騙されて買うようなバカなんてどうせここで騙されなくても早晩死ぬだろうしなぁ……(笑)(酷
  39. 幼女戦記>その「対尋問訓練」とやらをもっと重点的にやっていただけませんかね! 特にヴィーシャちゃんの!    ところでこういう訓練って実在するのかしら
    対尋問訓練は特殊部隊とかでやってるね( ・`ω・´)
  40. スクライドは当面の諸々済ませて後顧の憂いを断った上でのタイマンで、能力最大のガチバトルで力をほとんど使い果たしてからのステゴロ泥仕合。痛々しくも、燃えた。
    語り継ぎたいラストバトル。
  41. キャプテン翼再々々アニメ化!しかしまた小学生編からか… 個人的にはジュニアユース編好きなのだけど1度しかアニメにされてないんだよなぁ…
    またやるのかーといっても最後にアニメ化してから15年以上経過してんだなぁ。
  42. アファームドにアポロガイスト・・・・・・原型がちょっとしかない(ガガーン
    ふははは恐れおののけえええ!!!
  43. >カルナさんの全力バトル強過ぎ格好良過ぎぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!! ここら辺動きまくりで目がついていかなかったのが私です(涙) カルナさんとジークの一大決戦が「なんか格好いいアクションで超動いてる」どまりでしか把握できなかった…。カルナさんとジークが何やってるかわかればもっと面白かっただろうに~(哀)
    俺も別にそんなわかってないよ!!!
  44. ヤングマガジンのアルキメデスの大戦がなんかある意味超展開。序盤あれだけ無駄無駄言ってた戦艦大和をアメリカの軍事方針を変えさせるために主人公が作ろうとしだした。おまけに平山中将に「あんたの設計じゃだめだから俺が作る」みたいなこと言うし。なんか敵役の平山中将に同情してしまう。この作品主人公の凄さを描くために主人公の敵対者や主人公の主張を理解できない人間を無能に描くという、個人的に「俺TUEEE作品でやっちゃいけないこと」をよくするので読むのがきつくなってきた。
    大和大好きワダツミさんとしては1巻でオサラバせざるを得なかった!!
  45. >あと眼鏡っ娘が割と多い! あれ、お母さん以外でいましたっけ?マジで思い出せない…。
    サポーターの子とか記者の子とか学校の友達とか(笑)
  46. エレシュキガル実装ということで、シナリオに出て他にサーヴァント化してない人っていたかな?と振り返ったけどアグラヴェインか、あとはイアソンしか思い浮かばなかった。シドゥリさんとかもよさそうなんだけど難しそうかな・・
    あとはシータ、アキレウスかなー。
  47. FGOのティーチはお笑い系と見せかけてその実、時折見せる海賊の本性とヘクトールに知恵者と言わしめたりとで今は大分印象が違いますね。
    腋を脇と言っちゃうのが惜しいよな(そこかよ
  48. アファームド>つまりアキレウスがトンファーもってケイローン先生が肩ランチャーに腕ボックスランチャーのナイフ装備で…
    ケイローンショットガーン!!!
  49. ガルパン最終章鑑賞したということはネタバレ解禁ってことでいいのかな、自分は初日に行きましたがまあ笑ったし戦車戦は相変わらずの素晴らしい出来、予想外の展開もいろいろあって早く2話が見てみたい…1年後かな?
    ガンダムオリジンも間隔がスゲー長いよなぁ(笑)
  50. 地球防衛軍5,絶望感が(検閲削除)
    すまんまだ半分もクリアできてないから最後まで読むの回避させてもらう!!
  51. ガルパンの最終章はアバンあった関係で、ああPVの内乱は詐欺かと思ってしまったのは確かにある。
    そうなんだよねー。そこがもったいない。
  52. ルルイエィ本、割と年季の入ったクトゥルフ神話ファンの私からしたら、プレラーティってニャア様のアバターの一つじゃろ?とか思ってしまう。(クトゥルフ・ハンドブックのネタとか分かる人どれくらいいるだろう……)
    そんなネタが(笑)
  53. ガルパン最終章 マークⅣが出てきたときは心の中で爆笑してしまったわ、相変わらず戦力になるのかならないのか分からない戦車が出てくるな~
    「操縦に二人必要」とか言い出した時点で「まさか!?」となったわ(笑)
  54. 生徒会メンバーの中で、桃ちゃん、どんだけ足引っ張ってるんだよ(笑)
    実は元ヤンなのではないだろうか(無い
  55. スパロボX>PVの新規参戦の所で懐かしさで涙目になりました。ワタルやナディアの参戦、10年前の自分に言っても信じてくれないだろうなぁ(笑) 
    メカンダーロボ、メガゾーン23、デトネイター・オーガンが参戦したあたりで「もうなんでもありだ」と頼もしく思った(笑)
  56. アタランテさん大暴れした割りには大してダメージ与えられて無くてあんまり強くなった気はしなかったな。エロさはかなりパワーアップしてたが。
    やはりバーサーカーは元が十分に強い場合、弱くなる(笑)
  57. シネマこんぷれっくす!>ディーふらぐ!を映研版にしたかの様な読後感。ただ「デビルマン」を観た後に「なるほど・・・なるほど!!なる…ほど…」とか注釈のノリとかツボった。
    クソ映画に興味を持つトラップ漫画(笑)
  58. アルスラーンが完結したらしい。読んでないけど
    せいきるてん、までしか読んでない(´・ω・`)
  59. ウルトラマンが欲しい>ウルトラマンガーイアー!カラオケで歌うと気持ちいいですね。
    これと英雄はよく唄う。
       
 
 
 
 
 
 
 

サイト内検索っぽいモノ