HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
お知らせ
委託情報

とらのあな メロンブックス
 
読了本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!








日記ログ
■2018/05a
■2018/04b
■2018/04a
■2018/03b
■2018/03a
■2018/02b
■2018/02a
■2018/01
■2017/12b
■2017/12a
■2017/11b
■2017/11a
■2017/10b
■2017/10a
■2017/09b
■2017/09a
■2017/08b
■2017/08a
■2017/07b
■2017/07a
■2017/06b
■2017/06a
■2017/05b
■2017/05a
■2017/04
■2017/03b
■2017/03a
■2017/02b
■2017/02a
■2017/01b
■2017/01a
■2016/12b
■2016/12a
■2016/11b
■2016/11a
■2016/10b
■2016/10a
■2016/09a
■2016/08b
■2016/08a
■2016/07b
■2016/07a
■2016/06b
■2016/06a
■2016/05a
■2016/04a
■2016/03b
■2016/03a
■2016/02b
■2016/02a
■2016/01a
■2015/12a
■2015/11b
■2015/11a
■2015/10b
■2015/10a
■2015/09b
■2015/09a
■2015/08
■2015/07a
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

5/19
■ゴジラ決戦機動増殖都市

 確かに決戦だし増殖都市でもあったけど機動要素は皆無だったな( ・`ω・´)

 というわけで観ました。

 去年のスターウォーズもそうなんだけど、大勢の戦友が死ぬのは平気でも、特定個人が死ぬのは見過ごせないで作戦台無しにするのって、本当にマジで「そこが人間臭くていいんだよ!」「これが愛だね!」って感じで一般受けする要素なの!?
「撃てませぇぇぇぇぇぇぇん!」で代わりに撃ってくれるリディさんは、この作品にはいないんだぜ!?
 ……と、巻き込まれてる民間人だから許されるような躊躇を、「ゴジラ絶対殺すマン」であることが唯一の個性だったキャラがやってもなぁと残念無念。
 まぁもちろん「単にヒロイン殺したくなかったからじゃなくて、メカゴジラがデビルガンダム化するのを危惧したから」って側面もあるのだが、どうしたって「ヒロイン殺さずに済む理由付け、背中を押すための言い訳要素」として利用されてるしなぁ。ヒロインの件がなければ結果は変わってそうだもの。
 明らかに「ここで殺しきれなかったら次のプランなんて無い」状況で、「ゴジラ倒した後のメカゴジラが怖い」だ「これで勝っても地球人の勝利じゃなくてビルサルドの勝利ってだけじゃん」だのしゃらくさいこと言われても「そこに痺れる! 憧れるぅ!」とはならないんだよなぁ……。

 ……とまぁ前回に引き続きノーサティスファクションでございました。


 
 いやほんと、小説版で絶望的な状況で血の涙を流しながら決死の抗戦を行った末に敗北したの知ってると、余計に「噛み合ってない」んぢゃよー。「これ同じ作品なの?」ってくらいに。

 
 こっちの少年兵も泣けるわけだよ!!

 だがしかし、出来が悪いというより「趣味に合わない」類のノーサティスファクションなので、そこが大丈夫なら問題ないんじゃないかと。


 
 ラストはいよいよキングギドラ登場なわけだけど、これでギドラとゴジラの共倒れとか、モスラのお陰で勝てたとかの、「地球人だけじゃどーにもならないけど偶然勝てました」展開だったら本当に茶番過ぎるんで、先行き不安である(´・ω・`)


 まぁ一番の不満は「38式機動戦闘服ジャガー」をベースにして開発された作業用パワードスーツに強化改造を施し、火力増強と飛行能力を付与した改良機の名前が「ジェットジャガー」じゃないことですね(´・ω・`)
  ■ランペイジ巨獣大乱闘

 同じ日に怪獣映画が2タイトル公開されるということで、立て続けに観たぜ( ・`ω・´)

 ゴジラが特撮のアニメ化なら、こっちはゲームの特撮化だ!!
 つってもゲームの世界にダイヴではないぜ。同じ主演でゲームの世界にダイヴする映画は先月公開されてたぜ。

 先に評価を書くと「痛快娯楽怪獣プロレス映画として素晴らしいクオリティ」であり、怪獣映画に求めてることの多くをキッチリ抑えた名作。決してB級ではない。これでスーパー秘密兵器まで登場してたら完璧だったな、まで言えちゃう。

 そんなわけで生物兵器の実験ミスによってゴリラ、狼、ワニが巨大化して大暴れするという、古式ゆかしい伝統を丁寧に守った匠の逸品。
 当然ながらアメリカ軍の攻撃なんて通じないぜ。プロジェクト・メカゴジラじゃ「A-10を退役させたのは失敗だった!」と言われてたが、こっちでは怪獣攻撃に出撃するぜ!!!
 なお、単なる巨大化ではなくより凶悪なキメラ状態なので、重機関銃や対戦車ミサイルなんて通じない。そしてなぜか戦車は出てこない。装輪装甲車のストライカーMGSが105ミリ砲ぶっ放してたのがせいぜいで、割と不思議。

 せいぜい10~20メートル程度で、ビームを出すわけでもないので、ゴジラのような圧倒的な存在ではないのだが、通常兵器が通じない猛獣が市街地で暴れまわるだけでまぁ十分ヤバいよね。アニゴジやパシリムの世界で怪獣が登場し出した頃の人類がこんな風にパニックに陥ってたんだろうなって感じになる。
 アメリカ軍の攻撃は全然通じないのに、アメリカ軍の残した装備拾った主人公がぶっ放すと何故か通じるようになる、みたいな展開に頼らないのも好印象。

 で、方向性でコントラストを描くのはシン・ゴジラ。
 民間人が1人残ってるなら、その安全を守ることで結果的に何千、何万、何十万倍の被害が出ることになろうとも攻撃できない日本と、民間人を守るために全力は尽くすが、その上で逃げ切れなかった人間に関しては諦めて容赦なく核攻撃するアメリカの違いを観ることが出来る。

 吹き替えが素晴らしくて、若本も最高にハマってるので、それも要チェックだ( ・`ω・´)
 あと前述した通りジュマンジと同じ役者が主役であり、吹き替え声優も同じで、分野は違えどどっちも「スーパーマッチョのインテリ」なもんだから、「同じキャラで続編かな?」なんて錯覚にすら陥るぜ。
     
  ■キャプ翼

 
 石崎くん、キャッチしたら煙が上がるくらい威力のあるシュートを撃てるのって、実は凄いんじゃないだろうか(笑)
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. 30> それビッテンフェルトに限らないような、ワーレンも同じ年ですし。てかロイエンタール・ビッテンフェルト・ワーレンの3人が(おそらく)士官学校の同期という事実が何故か面白いです(笑)まあロイエンタールは孤高(notぼっち)だったでしょうが。
    いや、ビッテンフェルト同様に出世しているキャラが他に何百人とかいるなら「限らないような」って話ではあろうけど(笑)
  2. a. 12> 馬車ウマ娘や農耕ウマ娘の歴史も気になります
    b. 馬はあの体型だから速く走れるのであって、人間の形とサイズで馬並みに走れるウマ娘たちの身体能力は1馬力じゃすまない気がします。
    b.その分馬ほど自重が重くないことで相殺されているのかも知れん。体格に比して異様に筋力あるわけだから(笑)
  3. a. 33>近年のアーケードゲームはネットワークアップデート必須なのでアプデがされなくなった時点でゲーム自体は出来ても倉庫行きか中古行きですよね。 オフラインでも稼働が保てているのは古いホテルとかで見かける全国順位が出る(既に出ない)タイプの位?
    b. 33>現実のゲーセンだとサービス終了したゲームの筐体が別のゲームに流用されているのを度々見かけますね。
    c. 33>まぁ店側からしたらそうだよなぁ。もう維持もしてないみたいで、起動したのはたまたまというよりリクの謎パワーっぽかったし
    今回のも「メーカーが既に次世代機に完全移行してて、ネット対応打ち切ってる」だとしたら、ほんとただの置物だろうしなぁ(笑)
  4. 江戸時代はウマ娘が飛脚をしていたのだろうか>あの世界、普通の馬はいないらしいので、馬車の代わりに人力車ならぬウマ力車だったんだろうか。馬という漢字(点4つが4本脚を表している)もないらしいので、公式にしたがってカタカナで書いたらなんだかよくわからない字面になってしまったなあ、ウマ力車。
    牛車とか駱駝だったと考えるのが無難かもねー。もっとも、正直「馬と同等のなにかがないと、同じ様に発展している文明が想像しづら過ぎる」よねーと。
  5. a. >28 そりゃもっとつまらない漫画が平然と連載されてた過去があるからですよ。かつてはジャンプ打ち切り四天王なんて呼ばれるような漫画が相次いで連載されて冨樫に危機感を抱かせハンター×ハンター連載に漕ぎ着ける事態に発展した時期もありました。
    b. 28>まあ褒められるとしたら好みによるけど絵は割と良いかなぁ。後は読切も収録されてるコミックスは全3巻なのでサクサク読めるよ!とか。後者は単に打ち切られたからですが。
    c. >>28 一応言っておきます。悪い事は言わないからやめておきなさい。あまりの不快さに途中で放り出すこと請け合いですよ
    なんかこう、漫画喫茶で時間潰す機会とかに覚えてたら案件だな……(笑)
  6. 週刊少年ジャンプ関連作品を集めたミニファミコン発売決定!…正直クソゲーが多くてあまり惹かれない…キャプテン翼Ⅱは間違いなく名作だけど、それ目当てに買うのもなぁ。SFCなら結構名作多かったのに惜しい。
    ドラクエが収録されているのは、ダイの大冒険枠なのだろうか(笑)
  7. 39>さすがに同じ重さの金と等価(場合によったらそれ以上になるかもだけど)とまではいわなくとも1/5?1/10位はするらしいので。。。銀より高いから。。>サフラン<銀の武器より高くても。。。。アリ。。なのか??
    スパイスの王様……!!
  8. >19 ヴィーシャをミーシャと読んでしまい、サイクロプス隊のあの酒好きおっさんか!?となり、更にギャンブルで酒などを巻き上げると書いてあるのでやっぱりあのミーシャなのか!?となった(汗) 2つ前に戻ってようやくああ幼女戦記かとなった(笑)
    ミーシャが正面から突っ込んで蜂の巣にされる展開が未だに納得いってないワダツミです。
  9. 27>とある&SAOはそんな売れてたのか・・・ そりゃあ映画化もするか(とあるはだいぶ前だけど) 劣等生が去年に800万部ぐらいいってたはずだから、次に1000万部いくのはこれか・・・?
    ダンまちやシャナのほうが900万部勢みたいだねー。
  10. 1>こういうので自分と感想の違う人に是正を求めるのはなんなんでしょうね。それこそ自分はアガルタでの怒りの件も今回の幕間も引っかかる事なく楽しみましたが、ワダツミさん個人のいち感想にわざわざ突っかかろうとは思わないし。その人が自分の意見に染まる事より、いらぬ軋轢を生んで面倒な事になる可能性のほうがよっぽど高そうなものですが。
    本当に多いんだ。「寛容な自分は受け入れてるのに、受け入れてない非寛容な人は異常だよね」って人。
  11. a. 47>サイゲ上の方が唯我独尊気質だからじゃね
    b. 47>ウマ娘が現時点で社台の馬名使用許可を得られてないのは事実でしょうが、馬名無断使用とJRA激怒は自称事情通の話だけで裏付けが取れてません。コラボに関しては競馬と接点がない人に「競馬というものがあるんですよ」というレベルの宣伝を行うのであって、ウマ娘アニメ視聴者にどう売り込むかは検討中じゃないでしょうか。
    c. 47>馬名の無断使用についてはかつてテクモがそれをやったときに馬主に訴えられたけど最高裁でテクモ側が勝訴しているのもあって法的には問題ないはず。ウマ娘については企画発表当初にはいたけど後からいなくなったキャラがいた(ディープインパクト等)がいるのでなんかトラブルがあったと言われているけど、最初の発表の時はビジュアルと声優のみで名前は伏せられてるんですよねえ(見る人が見ればわかるのですぐ特定されてたけど)
    自称事情通(笑)
  12. ゴールデンカムイ>本編のムチムチでセクシーなスケベマタギを見慣れたせいかアニメのシュッとした谷垣に違和感しかない。それはそれとして大塚明夫ボイスのニヘイゴハン良かった。
    なんかギャグの魅せ方が下手で、些か残念なアニメ化である。
  13. a. 36>伏せカード「こみっくがーるずステルスモード」を既に発動していたのさ!隠しページ全盛の頃の癖でつい「とりあえずCtrl+A」とかやってしまうなぁ。
    b. 36>ステルスモードだと!?(光学迷彩で池ポチャした風に)
    c. >36 ああ?ああぁあ! by 裸ネクタイ
    c.どうやら俺の術中にハマったようだな!!!
  14. ガンダムビルドタイガー>コーラを探せで初見初敗北した・・・大佐は勝った?
    そもそも探してなかった……!!
  15. 最新話観てても「ガードごと粉砕されるだろ>アラガギの場合はパンチ力はほとんど上げてませんから。あとはメガロボックスの公式戦は威力を上げる上限が決まっているのでは? 体格が貧弱な人でも重量級のパンチをやや超えるぐらいになる程度なのかもしれません。
    マジか。ちゃんと観てろよ俺。てことは機械化でなにを上げてたんだろう。スピード上げたら必然的にパンチ力も上がるわけだけど。
  16. a. >23 主語を付けなさい(笑) これ主人公じゃない別のレギュラーキャラの説明だし。しかもそのめんどくさい性格故に孤立気味で、これからの物語でどうなるかって展開(おそらく心を開いていく)なのに。ネガコメに寄りすぎだわ。
    b. >23 初期からいる女好きをウリにしてる男を筆頭に体育会系男性陣がナチュラルにゲスな発言してくるのがなかなか不快で、明らかに物語の前振りで更生する可能性が高い「グーで殴りたくなる女」描写よりも個人的にはキツかったりします。大佐からするとなんにせよ見なくて正解ということになると思いますが、とてもわかりやすい彼女が登場したことでやっぱりマリーだ!となるのは違うような気がしたので。
    c. 23>4話から登場、生真面目でプライド高く馴れ合いを嫌う星野空曹長はそれでも絵柄とコミカルな作風のせいでそんなに不快でもないかなあ。模擬戦でいきなり鼻っ柱を折られて涙目、乳でかいからセクハラにも遭うエロ要員だし。結果としてDパイの中で一人だけ浮いてしまっているけどいつかは和解するのだろうし出てきてすぐデレてもつまらん(笑)。 特に倒すべき敵がいるわけでもないのに空自がひそかにドラゴンを運用しているのは何が目的か、現状一人だけ乗機のない貝崎二等空士(元いじめっ子、こちらはかなり丸くなった)用にも5匹目のドラゴンが出てくるのかなど先は楽しみ。 まあ何せマリーなので最後まで気の抜けない視聴が続きますが(笑)。
    d. 23 > 機会があれば、エンディング映像だけは見てみてもいいかもです。見ての感想が○か×は正直分かりませんけども(笑)。
    まぁなんにせよどんだけ出来が良くても観ることはないって意味では、この作品に関する話題全般ノータッチのほうがいいな!!
  17. a. フュージョンビームは腰のバスターバインダー(拡散メガ粒子砲)と連結して撃ってるので通常攻撃ではないかと
    b. ビルドダイバーズ>フュージョンビームは必殺技ではない気が。Dランクのモモも同じような威力の技(お腹ビーム)を使っていますし。
    c. >ガンダムビルドタイガー  あの技「フュージョンビーム」だったのか・・・「友情ビーム」と聞こえたので何でそんなネーミング?バーンガーン?かと思ってしまいました(笑) by ゴンジー
    な、なんだってー!!
  18. あまんちゅ!のハロウィンイベントを観て、実際のマリンタウンでもこういう催しものやればいいのになあ、などと思う地元民なのでした。大道芸人が来たりカジキマグロの解体ショーやったり、そういう感じのはあるんですけどね。 by T・M
    みんなあんな気合い入れた仮装するのはハードル高いだろうなぁ(笑)
  19. a. 21>俺は大佐の意見に賛成だぜ。「時速70キロで走るウマ娘が転倒したらヤバい」というフラグを丁寧に積み重ねてましたからね。例えばスズカに並走して支えながら徐々に減速させる描写があればしっくり来たぜ。
    b. 21 スペちゃんが助けたからこれで済んだ > いや正直言って、映像だけ見て左のように思えたかと言うと、競馬の予備知識の無い自分としてはわかりませんでしたね~。批判してるわけでは無いのですけど、こだわりのリアリティを下げてでも、スズカを大クラッシュから救う描写をよりハッキリとした形にした方が良かったかな~と。そうした方が競馬素人には分かりやすいですし、なにより今回のお話の「スペちゃんがスズカへ執着しすぎてしまう」部分をより視聴者と共有できたと思いますしね。状況描写はわかりやすく、心情描写はさりげなく、が好みなもので(ペコリ)。しかし競馬に詳しい方は、今回みたいなお話がある度にメチャメチャ恐ろしいのではないですかね~。
    助けようとしたスペちゃんがレースに乱入して無効レース展開(やめろ
  20. >43 あれはアメリカの満月の日ではなく、カルデアからみての満月の日が5月11日で、未来を体験しているなと言う話ではないかと。月齢に時差あるならカルデアと湖月館にも時差あるよねという話で。ただ、カルデアの時間どうしてんだろうという新たな疑問が。南極ややこしいですし
    なるほどパトリチェフ
  21. アヤメさんは自分がSDガンダム使いである事を「それでも良いの?」とわざわざ尋ねる辺り、この間の土田みたいな輩に馬鹿にされた経験が何度もあったんだろうなあ…(涙
    優しくない世界であることは1話から見せつけられてるだけに、容易に想像できてしまう(´・ω・`)
  22. なんか3部作ってギャラクシーエンジェルとかうたわれとかがそうだからか、1部はいくつか謎を残しつつも綺麗に終わる、2部は3部の導入で中途半端、3部で大団円、ってイメージがある
    帝国の逆襲をまっさきに連想した(笑)
  23. んんん?ロンメルさん女性かな?←(一人くらい性別偽装キャラいるよね、という人)
    もふもふされっぷりに男だとしたらイラッと来るな、とは思った(笑)
  24. 15> それでもヘスティア様なら、ヘスティア様なら何とかしてくれる…はず!なおゼウスの目
    厄介極まりなさに定評の有りすぎるゼウス
  25. ゲッタービーム>…は腕を下にふんばるポーズね。お腹ビームのガッツポーズみたいな撃ち方するのは鋼鉄ジーグのスピンストームひみつのへいき!
    迂闊だったぜ!!
  26. ガンダム総選挙の何が悲しいってオルガってキャラクターをおもちゃにして弄んでいる人間たちがその延長で票を入れた結果っていうのが。他のランキングは問題なかったのにってのも。
    そこと土田以外は素晴らしかった。
  27. 今回のシュタゲは季節が冬だから露出度低めなのが難だな(笑)
    コートの上からでもはじけるまゆしぃの威力……!
  28. 漫画「君たちはどう生きるか」ってそんなに面白いんですかねえ。 かなり長いことたいていの本屋の目立つところに置かれていて表紙の眼鏡がガン飛ばしてくるから地味に不快なんですが(笑)
    読まずに作品を否定する気は全く無いのだが、「表紙が気に入らないので買わずにいる」ことは正直に白状する。
  29. ビルドダ>そうそうこういうのが見たかったんですよ、という話がやっときましたね。胸糞野郎とか不正改造とかそういうのはもうお腹いっぱいですよ
    最初からこのノリでよかったのに!
  30. 「私がロンメルだ」のキャプ画がなんとなくビルドタイガーですね。(違)
    胸に虎が!!
  31. 28>正直あれだけ読むとキツいので一緒に面白い作品を読むことをお勧めします。と言う訳でU19と同時期に始まり現在も好評連載中の「Dr.Stone」なんてどうでしょう。謎の現象で人類が石化してから3700年、復活した主人公が知識と努力と友情で文明を復活させていく…といった話です。口さがない人はなろう系だと貶めますが、主人公は知識は有るが体力や器用さ、戦闘力は他キャラに劣るし、仲間との協力でステップアップしていく姿は実に少年漫画的です。後は要所で見せる表情がとても良いのと見開きページの迫力が凄いのが好みです。
    ドクターストーンは2巻までは読んでたはず。面白いよねー。そしてブクログに登録してなかったことを思い出した。すまぬ。余計な手間を取らせた!!
  32. ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語- > 重々しいタイトルからはまるで想像できないですが、今期もっともメシ食いながら見れる作品です(笑)。もしご覧になっていないなら、ぜひエンディングだけでも見てみてください。概ねベタな曲と映像なんですが、ひとつだけ従来にない発明要素?があるので、すっごい中毒「できます」よ~(笑)。
    とりあえずタイムシフトマシンに残ってる一番古い話を再生したら、「雛見沢にでも改名しようかと」からの梨花登場に吹いた。そしてEDのネタは気づけなかった。にょろーん。
  33. 自分Amazonのレビューは当てになんねえと思っている口なんですが、大佐はレビュー参考にしてますか?もし参考にしてたら、完璧レビュー通りだったという作品や、逆にレビューと大佐の感想がまるで違ったという作品があれば教えてください。
    特に覚えてないなぁ。レビューまったく読まないわけじゃないんで、きっとそーいうのどっちもあるんだろうけど(笑)
  34. FGO、やっと2部1章クリアしました。 二次創作で散々「結局合流したカドックとアナスタシアがいちゃこらしてる」のを見てたため、あのラストには驚きでした(虚ネタバレ状態だった
    2人とも死なずに合流するもんだと思ってたのか(笑)
  35. ロンメルさんのグラスに手榴弾が入ってたのはやっぱりギニアスネタなのかな。
    声が声だけに!
  36. 砂漠の狐!!俺の人生最大のトラウマファミコンソフト砂漠の狐!子供の頃お金なくてやむなくソフマップに売りに行ったら「買い取り表(当時は店舗間POSデータ共有とかでなくコピー紙の紙束)に載ってないから50円な!」「そこに書いてある『砂漠の狼:二千円』って載ってるの『狐』の誤植じゃないですか?」「バーカ誤植とかねーよあんだよそういうのがクソガキ!」・・・そんなゲームはありません砂漠の狼・・・(戦場の狼と混ざったのかなぁ)
    砂漠の虎ならアンドリュー・バルトフェルドなのに!!
  37. かおすの趣味はなんか、ほんとフェチに偏りがある気がするけど、ワダツミさんと眼鏡トークさせたら一晩中語りそうだな(笑)
    俺の外見にビビって固まり続けてるんじゃないかな(笑)
  38. 大佐、カーンオブカーン買ったんですね。自分も注文してます。本当に久しぶりのグローランサ物の公式出版物です。 by 裸エプロン
    今週のボードゲーム部で遊びたいぜ。
  39. かおすの萌え語り、女の子だからまだ可愛いけど、男がやってると思うとキモく感じるのはなぜなんだろう?(笑)
    大抵の「言葉」は、「なにを言っているか」じゃなくて「誰が言っているか」が大事なので、そのいちばん大事なところを変えたら当然評価も変わるのです(笑)
  40. >ガンダムビルドタイガー それは、カッコいいからだ!!
    冴島長官!!
  41. それにしても、こうして各ランク見ると改めてリクたちの人脈は意味わからんな(笑)
    圧倒的主人公補正が炸裂する!!
  42. >32 フラッシュゴードン、謎の円盤UFO、オール・オブ・ザ・ナイトで、それぞれ検索だフィリップ!
    さぁ、類似点を数えろ!!
  43. ほんとカラーリングは偉大でガンダムブレイカーで色統一してやるだけで変な機体でも居そうな感じになるという
    ガンダム戦記でνガンダムカラーのアレックスがほんとνガンダムに見えて驚いたのも懐かしい。
  44. 土方さんようやく手に入れたんでこれから育成するところなんですけど、仮にワダツミさんが土方さん育てなおすとしたら仕切り直しとHPフォウくんの扱いってどうしますか?宝具火力ロマンにこだわるなら強化いらないかもしれませんけど入れた方が使い勝手はいいのかちょっと気になりまして、教えていただきたいです。
    使い勝手はそんな極端に変わるもんではないと思うよー。ただ、土方さんの特性が「ピーキーかつ大火力」なので、個性を最大限活かすつもりなら、そのへん育てないほうが個性を伸ばせるよねっつーやつで。今の知識で0から育て直せるならHPフォウくんビタイチ使わないし、仕切り直しも育てないだろうなぁ(笑)
  45. あどばんすとうぉーたーず&あまんちゅず>遊戯王のノリとか台詞回しとか正直結構好き。さておき、姉ちゃんパイセンの衣装はバイトだからイベント主催者の人が用意したのかな?本当にありがとう。眼福だ。
    洗濯は俺がしとくんで。
  46. 38>素朴な疑問なんですが、メディアさんのコスプレの際は耳はどうするんですか?付け耳のようなものを用意するのでしょうか。
    うちのメディアさんは特にエルフ耳にはしてなかったねぇ。まぁ耳が尖ったのって後発作品からなんで、絶対尖らせんでもいいとは思う(笑)
  47. 2>せっかく設計したのに一つ開発したら追いつけたりするとがっかりする。全然別の作品で思いもよらない組み合わせにはワクワクするけど。
    倉庫に溜まる使う予定のない機体たち!!
  48. >9 その大半の「どーでもいい」はメガネなんて無い方がいいけど外した時の(あるいはかけた時の)ギャップもそれはそれで楽しいからまあいいんじゃない?のどーでもいい、なのであまり強硬に主張されるとじゃあ要らねーよって逆に嫌いになるだけなのでは
    こういった意見も「イジメに抵抗するともっとイジメられるのでは」と言われてる感じになるくらいには、眼鏡っ娘好きは長年虐げられ続けていたりします。
     
5/16
  ■ガンダムビルドタイガー

 
 ロンメルさん、ZZのデザート・ロンメルが元ネタというよりも、イギリス陸軍第7機甲師団「砂漠の鼠」と、戦った相手のドイツアフリカ軍団の「砂漠の狐」ロンメルっつーミリネタよね。まぁZZのロンメルの元ネタも同じ砂漠の狐だけど。
 そして機体のグリモアレッドベレーは、「赤い悪魔」こと英国第1空挺師団のレッドベレーからってところ。コスチュームがシュタイナー隊長なのもあり、なんかもう凄いキメラだ(笑)

 
 Cランクになればオリジナルの必殺技が使えるようになると言っていたが、そうじゃなくてもなんか知らない名前のオリジナル武装が火を噴いていくぜ決まり手サンダー若僧ビームは熱さ抜群であった……と思っていたらコウイチのランク上げに付き合ってるうちにCランクになっていた!!!
 普通は見せ場になるであろう必殺技取得の瞬間を一切描写しないとは驚きの展開である。

 
 
 モモちゃん、超凄腕モデラーの指導付きとはいえ、いきなり凄いクオリティの愛機を組み上げたな!? 恐ろしい子……!!
 お腹ビームはソニックブラストからゲッタービームに換装しているんだね!!(違
 こういった整備コスト考えたら確実に初心者の手に余るであろうギミックが仕込まれたロマンティックモードな機体でも、実際に壊れる仕様じゃなければ「とにかく頑張って最初に組み上げる」ことさえ(それでも凄いんだが)達成すればゲームを楽しめるのは、間口を広げるよなぁ。

 
 カムイ外伝で見た。
 ……と思ったが技の性質は違う(全然似てないわけではないが)模様(笑)
 あの八つ裂き具合からして漢字で書いたら「殺め斬り」とか剣呑なことになりそうな(えー 

 
 グシオンのソウルウェポンを受け継ぎし!!!
 手足そのままで機体中央の球も残っているのだが、パッと見のイメージが「グシオンが9割」みたいな感じなの、カラーリングの力は偉大だなぁ(笑)
     
  ■あどばんすとうぉーたーず&あまんちゅず

 
 姉ちゃんパイセンのパイオツが激しく自己主張してくるハロウィンというセクシャルパーティが開幕したぜ。
 今日この街はバトル・シティと化す!! 通行人はどいてた方がいいぜ! この街は戦場と化すんだからよ!!(ならない

 
 
 
 美少女のキスが賞品ならそりゃーテンション爆上げってもんよ! ガンダムファイトレディゴー!!!!
 てか圧倒的に外見が可愛いほど有利なバトルが始まってしまった……!!
 ……だが確かに「どんな悪戯されるのかなぁ?」というリアクションのリスクも否定できない!!!
 天野こずえの優しい世界じゃなきゃ大変な事件の予感だぜ!!(そこまででもない
     
  ■江戸時代はウマ娘が飛脚をしていたのだろうか

 
 
 錚々たる精鋭ぞろいなウマ娘が所属しており、優秀な成績を残しているであろうに、トレーナーが自腹を割かないとこういった慰安イベントも行えないウマ娘業界の闇を前々から感じていたわけですが、単なるギャグ描写と見分けがつかなくて紛らわしいのでどうにかしてください(えー
 とどのつまり俺も美少女に腕ひしぎ逆十字固をかけられ、太ももをタップしたい。

 
 
 時代を超えたスーパーサラブレッド大戦に皇帝シンボリルドルフの出陣とワクワクが止まらなかったわけですが、かっとビングだぜ……!!
 俺知ってる。舞-HiMEってアニメでよくあったやつだよこれ。好カードのバトルが始まったと思ったら次のシーンで終わってるやつ!! 超ガッカリするやつ!!

 
 
 ハルウララが可愛くてしょうがないワダツミです。こんにちは。
 公式サイトの説明では「わがままで飽きっぽい性格」と、どう考えても俺が苦手な要素しかないんですが、アニメだとちょい役なこともあってポジティヴな面のみが強調されているゆえの、か……!
 それはさておき、ヤンデレ感をマシマシなスペちゃんを下すグラスワンダーという展開は好みでして! この「眼中にない扱いされる側の矜持が炸裂する」ってやつが!!

 
 同じ展開というわけではないんだけど、デュエリストキングダム編の闇遊戯vs孔雀舞戦も好きなのじゃよ!!!
 眼前の敵から視線を逸らして勝てるほど競馬は甘くなはないってことですね、グラスワンダーさん!!!
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. a. >2 自分もシェヘラザードの所は疑問に思いましたね。死生観なんて人それぞれでしょうに。
    b. >2 「貴女の思いも分かるけど、でも止めさせてもらう」的な選択肢が欲しかった
    c. 前2です。どうも「作中のマシュ達の言動」を「最初にここで見た」からか、「作中のマシュのセリフ・感情が大佐のコメントだった」と勘違いしていたようでした。そういえばそうでした。失礼しました(汗) ちなみに俺も、「エルドラドの時のマシュ達のセリフはちょっとイメージと違う」と感じてましたが、今回の幕間は「シェヘラザードの『立ち位置が変わったことで、以前知った情報を改めて認知し直した結果、カルデアに縁を結んだ霊基の彼女はこういう風に感情に変化が起こりました』っていうドラマ」と、その変化に対して「『自分もあの時は感情的に流されてしまっていた』と自分を見直したマシュ」、と見えたので、良い幕間だったなと感じたんですよね。 TRPGとかでもこういう「以前の悪行or悔いの残る系ネタを、後日のシナリオで落としどころを演出する」のが好きなので、そういう感覚で楽しかったです。 公式の作品だとその辺プレイヤーごとに受け取り方はどうしても違ってきますから、こういう感情シナリオは難しいですよね。 大佐の感想は、共感できるところも自分とは違うところもあり、いつも楽しく拝見させていただいています。お忙しいと思いますが、更新楽しみにさせていただいてます。これからもがんばってください。 レス不要
    d. >2 やっぱり残る違和感、アガルタの時も今回のコミュも「ロマンが消滅した事は喜ばしいか否か」を議題にして会話してるように見えますね。シェヘラザードを主題に置いてない感じ
    返す返すも「自分が同じことされたら激怒するから共感できる」はいいんだが、「あれは怒るだろ。怒らない人おかしいだろ?」ってならないで欲しいなーとは当時から思っている(たくさんいた
  2. a. 25>自分は版権キャラはキャラ数的にも全員使うなんて無理だし、誰を使って誰を使わないか、という線引きに苦しむので逆に基本オリキャラしか使わなくなった
    b. 25>でもどこで開発で使うか分からんからしょうがなく育てる好きでもない機体。Gジェネですねぇ
    b.わかる。念の為!!
  3. a. 36>大体思ってること同じだった(笑) 話は面白いんだけどギアの設定は中途半端だよなぁ。
    b. 36 メガロボクス > 面白いっちゃあ面白いのですけど、メカで力を補強する競技の話の原案があしたのジョーってのが、自分的にはどーにも納得しかねるのですよな~。お話の根っこが違ってしまうと思うのですが。「いや、主人公はメカ使わないみたいだからいいじゃん!」という意見もあるかと思うのですけど、(環境やらの違いは兎も角として)土台は互いの体ひとつでの男同士の真剣勝負!でなければ…ね。あと、スタート時のおっちゃんの性格が悪い意味でネガティブなのがなぁ。自分の保身のために弱気なおっちゃんってのはしんどいなぁ。ま~色々書きましたけど、最新話あたりからそーいうネガ要素が消えてきてるので、うまく勢いづいていけば名作になる可能性あるかもですね~。
    c. 36>高級なパーツを横流ししてもらったりとか身体に負担覚悟で魔改造するとか、もう少しメカ(ギア)に焦点があたるのかと思っていたら主人公がギアなしで戦い始めちゃったからビックリ。「ギアの性能差が戦力の決定的な(ry」ということなんだろうけど、せっかくの設定を台無しにしているような。 戦車道で戦車ないからロケット砲かついだ歩兵だけで出場しているようなもんじゃないか?(笑)
    d. >36 本編見る前は全身にギア付けてるかと思ったら、まさかの腕だけだし主人公外しちゃうし。話は面白いけどギア要素はやたら雑なんですよね(笑)
    実はスタッフは「パンチ力が増えるだけでパンチスピードは増えてないんで対応できている」とか思ってやしないか、と(笑) 最新話観てても「ガードごと粉砕されるだろ、機械で強化されたパンチを素手で受け止めたら」とならざるをえないが。
  4. a. 5>懐かしいキャラだわぁ。今では途中形態の姿も選べるようになりました。
    b. 黒猫のウィズ。大佐のようなフェチ要望が多かったのか、今では好きな段階の見た目を使えるようになってますよ。メガネっこ万歳!!
    結局のところ「眼鏡を外してるほうが進化した姿」という設計思想の時点で相容れないんだよな(笑)
  5. スレイヤーズのゼロス>そうだったっけ・・・おかしい全巻持ってるし今も保管してる程度にはファンだったのに覚えてない。そういやもう何年前の作品だったかしら
    それは秘密です。
  6. a. 22>そして今にいたるまでメイン級のキャラに眼鏡キャラがいない黒ウィズに大佐がお戻りになる事はないだろうと思う現プレイヤー
    b. 22>ところで別の作品になるが某絆を繋ぐRPGさんは種族全員弱視設定で全員眼鏡かけてる筈なのにまともにかけてる上位キャラ殆どいない(胸ポケットとかに挿してるだけ)とかがあるんだが、かけさせないならなんでそんな設定にしたのかと制作陣には問いただしたい。
    a.クイズゲームとしては楽しめてたのに悲しい事件であった。
  7. 32>真夏のヒーローショーのスーツアクターとかいくらもらえてもやれる気がしないんだぜ
    アオイホノオのヒーローショーバイト回を思い出す(笑)
  8. 42>もしくは防御力を発揮するためにMP常時消費とかなら納得がいくかしら
    ところでD&Dには「メイジアーマー」や「グレーターメイジアーマー」などの、ダンジョン攻略中はほぼ効果時間が持続する「常時フォースフィールドを纏って鎧を着ている(高レベル呪文ほど強い)扱いに(だが身軽さは一切損なわないし、装甲防御が通じない相手からも身を守れる)する防御呪文」がありましてな!!
  9. 12>瓶底眼鏡とか初期ラトゥーニの可愛い目線が隠れているタイプのなら脳も納得するけど・・・透き通るレンズで可愛い目線が一切隠れていない物も可愛くないと仰る方々の脳の認識力が心配になる。 極端に言うと透明な板一枚分なのに・・・。
    まぁ「可愛い可愛くない」は細々とした趣味の問題なのでいいのだが、「好きな人の需要を見越してそのキャラ実装したんじゃねーのか」と突っ込まずにはいられん(笑) 世の中には「眼鏡を外して魅力アップ!」展開が多数派なのだが、流石に「眼鏡っ娘可愛い」の方が「眼鏡をかけたキャラが途中で外す展開が好き」よりは多いだろ!? 大多数は「どーでもいい」だろうし。
  10. 正直このキャラは苦手>わかる・・・初見の見た目だと好みの部類だけに残念
    割と「バカだけど悪意のない優しい世界」を楽しんでたのに「悪意のあるウザいキャラ」が投入されるのは困るわ……。
  11. 3>(自分の身近な物で想像中)・・・悲し過ぎて殺意も芽生えそう
    微塵も需要のない不人気カードがまさかの再録で人類は自らの愚挙を知るのであった。
  12. 映画のホース・ソルジャー観て、「ウマ娘の世界に軍馬娘ちゃんとかいんのかな」とか「馬並みの機動力と突破力のある歩兵とか超怖い」とか「日露戦争では機関銃背負ってコサック馬娘ちゃんたちを薙ぎ払ってたのかな」とか妄想してました。
    ウマ娘はどれだけのペイロードがあるんだろうなぁ。
  13. >1 なるほど。やっぱり軍事オタクだったんですね。オナネットの皆さん返答ありがとうございました。
    解決!
  14. ウマダービー>史実とその後を知っているだけに骨折の瞬間に絶叫し、その後涙が止まりませんでした。でも、引退とはなっても生きてくれているだけでも満足です。贅沢を言うなら、大佐が言っていたようにシンボリルドルフ、ナリタブライアン、オグリキャップ、ディープインパクトとのドリームマッチを見たかった。
    オグリキャップも主人公向けの生い立ちだなぁとふと思った。
  15. FGO虚月館イベント>>ステンノ様の恋愛イベ・・・に近いものなんだが本人じゃないからなぁ(笑)。いやまぁ性格的、マテリアルの設定的に恋愛に発展する展開が難しいキャラなのは分かるんだけどねぇ。贅沢なのは分かってるんだけども、ステンノとしてのメインも今後見てみたいなぁと。
    ギリシャの神格と恋愛は恐怖しか出てこねぇ……(笑)
  16. 3枚目右のかおすの顔が実に味わい深い。凡そでは可愛いんだけど何となく小憎らしい。というかかおすはネガティブな性格と相まって全体的にドヤ顔とか煽り顔が良く似合う。
    変なところでドヤ顔する特殊な性格……いい。
  17. 今回のシュタゲは萌郁登場といい、新キャラ2人といい、巨乳回で俺は満足だ かがりは義理とはいえまゆしぃの娘だから、そりゃあ大きくなるわな けしからんわぁ
    一緒に暮らすことで体型も変わる。
  18. FGO シェヘラザードもそうだけどちょくちょく運営とのキャラ認識の温度差がひどい時がありますな。個人的にはランスロットとマシュとか「おめー、六章であんだけ世話になった相手になんでそんな態度とれるの?そもそもギャラハッドが抜けた後は正真正銘赤の他人だよな?」とかとか
    それはほんと最近悪乗り酷いよね。こんなマシュだったらフォウさんもビーストになっちゃうよ。
  19. >>30c ヴィーシャの腹ペコキャラ化は、原作のギャンブルで他の部隊から酒などの嗜好品を巻き上げてくるという個性を自粛した代わりじゃないかな?
    その行為自体は戦場じゃ日常茶飯事ではあるな(笑)
  20. >42 昔、プリンセスミネルバというゲームのノベライズ版で(元ゲームではなかったらしい)こんな設定が。女性は魔法特化、男性は物理特化。魔法障壁は皮膚からでる魔力を触媒金属を用いて展開する。このため露出が多いほどむらなく強力に展開できる。さらに触媒の質が良くなるほど小さくできるので、強力な防具ほど覆う面積が小さくなっていく。
    裸身活殺拳!!
  21. a. ウマ娘8話でスズカが生き残る展開の整合性を取るためにスタッフが様々なレースの事故映像を参考資料としてひたすら見続けたという話を聞いて戦慄している。スズカだけでもかなりつらいのに
    b. スズカさんのアレ、骨折した左足を下にして倒れる寸前だったので、あのままだと粉砕骨折や開放骨折にまで悪化して下肢切断で一生車椅子や感染症で死亡まで見えてましたからスペちゃんかなりのファインプレーだったかと。
    c. 「スペちゃんが助けたからこれで済んだ」~> 意識朦朧で転倒したら脳震盪の危険性があった、という趣旨だったんじゃないかな、と。「トップスピードで~」という台詞とはまた別で。
    d. トップスピードで転倒したら命の危険もある>実際は転倒せずに上手く減速してますが、その点はウマ娘は2足歩行なのでうまく減速できませんでしたと説明するとしても、トップスピードのままだと観客席からじゃ間に合わないので、レースに出てる誰かに助けさせるか、スペちゃんをレースに出すかしないといけなくなって、話の流れが変わってしまいそうですね。
    e. スペちゃんが助けたからこれで済んだ >どうやらこれ、トレーナーの「左足を持ち上げろ」のほうにかかってたらしいです。史実のサイレンススズカは骨折したまま走り続けた(スズカが騎手をかばうためだったのでは、と関係者は語る)ため悪化して予後不良となったらしいので。で、もうひとつ元ネタでアメリカで故障した馬の足を騎手が支えたことで引退後種牡馬として余生を送れた、というのがあるそうで。どちらのエピソードも泣かせるじゃねーか!
    尺がなかったわけでもないしそこも説明してくれよ、と思いつつも「そんなことも読み取れないのか」状態なのかこれ(´・ω・`)
  22. 斉木楠雄の影響で、子供の頃に1回食べて以降、ずっと食べる事がなかったコーヒーゼリーをスーパーで見つけ、衝動買いして20年数以上振りに食べたらめちゃ美味かった(笑)  自分の味覚が変わったのに気付かず今までずっと食わず嫌いしてたのか、ありがとう斉木楠雄! そしてありがとう!
    俺も斉木楠雄読んでからコーヒーゼリー買ったことあるな(笑)(コーヒー苦手なくせに
  23. ひそまそ、マジで『マリー型』という名の地雷だらけで、特に大佐にとってのNGワードがありすぎて0話切りして正解です。  ①ドラゴンを物扱い&名前も付けてあげない  ②自衛隊なのに命令違反して失敗   ③失敗したのは「ドラゴンがポンコツなせい」と言い訳    唯一大佐が共感できそうなのが、それに対する「ドラゴンは物じゃねぇよ(怒)」という台詞だけど、同僚にそれを言われても悔い改めないという酷さ。これぞ「マリー作品はリアルな女に定評がある」と言われる所以です(汗) マリー作品には必ず「グーで殴りたくなる女が最低1人は出てくる」の法則が今回も炸裂ですわ(笑) by でもメカデザ・キャラデザに不満は一切無い
    恐ろしい……(´・ω・`)
  24. >20実際あのレベルのテクノロジーで、占領地の生産力による戦力増強に要る期間ってどのくらいが妥当なんでしょうね?いきなりザク作れと言われても困るでしょうし。
    地上で新型の開発・量産を行ってたりしてる設定はあるのだが、なんせ大前提として2週間でゼロから新型機開発して戦場に配備するジオン脅威のメカニズムがあるので、「真面目な考証」は極めて困難。ていうかジオンの生産力が高まってどーのってより、版図の大半を失っても国力で圧倒してるのは変わらない連邦軍のチートが怖いっていう話で(笑)
  25. 作中で眼鏡を外してそのまま進行するのと、眼鏡なしで登場したキャラが過去編で眼鏡してたことが判明することの差、これは単なる描写の前後以外に、作者の眼鏡に対する意識の違いすなわち前者は眼鏡を「外したら魅力的というネタのためのギミック」として見ているのに対し、後者は眼鏡着用をひとつの魅力として描いている、という差が大きいのではないかと考察してみました。大佐の感想って割と「作者がこう考えてるっぽく見える」ので好き嫌い別れることある気もするし。
    あー、それはそうねー。
  26. >>11 あの頃あの値段であんなAV作ってた所ほとんどないとはいえ、なぜ分かった by 11c
    他にないからだよっ(笑)
  27. フルメタルパニックのCM見てて驚いたんですが1100万部も発行されてたんですね。オーフェンやスレイヤーズも1000万部突破してたし、全盛時の富士見ファンタジア文庫は凄かったんですなあ。今のラノベだと1000万部突破してる作品って何個あるんでしょうかねえ。
    とある魔術と、SAOだねぇ。
  28. >>11 皆さまの感想を拝見すればするほど何故編集はこの作品を掲載する気になったのかと小一時間問い詰めたい
    俺も読みたくなってきた!!
  29. 風呂場でドライヤーとなればやる事は一つでしょう>身内がマジにこれで事故死してるので、ドライヤー片手に風呂場へ勢い良く駆け込むシーンだけで全身鳥肌ものでした。住宅設備に関わっている側としては木材使った浴場が水場を集める為とは言え、キッチンと窓一枚隔てただけとか、湿気とカビが・・・とならざるを得ない。
    コンセントは抜いてきているから、隠すためだけに持ち込んでいる疑惑(笑)
  30. ビッテンフェルト家の家訓>オーベルシュタインの悪口を言う時でしたっけ。善し悪しは脇において、有言実行で嫌いな相手を容赦なく罵倒するビッテンフェルトってそれはそれですげぇ男だなぁとは思ってました。「褒めるときは大きな声で、貶すときはもっと大きな声で。」は未だに覚えてる名言ですな。
    ビッテンフェルトは平民なのにラインハルトの後ろ盾を得る前から出世しまくってて(27歳で大佐)、実は凄い。
  31. a. ドラゴンスリーパー>ふむ。胸と腋を同時に堪能できる贅沢な技と言う訳ですな。ガチで掛けられたら痛くてそれどころではないでしょうけど。
    b. >ドラゴンスリーパー 腋の匂いをかき放題ですものね…。やはりこう言う場合打撃技よりも密着度が続く関節技が有利ですな。俺は三角絞めがいいです!
    汗だくからかけてください。
  32. >28 ビッグ・オーのOP、あまりにもギリギリだったのでソフト版では差し替えられたと聞いてどの部分がやばかったんだろうと思いました。
    まぁほんと、曲がそのまんまだからじゃないのかな(笑) まぁ差し替えられた後の曲もまた別の曲にソックリなんだけどね!!
  33. 43>GBNに人が流れる理由は分かるんだけど、あんな風に筐体が倉庫で放置されるレベルで誰もやらなくなるのかなーと。現実のゲーセン格ゲーくらいの、過疎ってはいるけどコアプレイヤーは残る、くらいのイメージ。
    まぁ過疎ったコンテンツを維持するのも無料じゃないからしょうがないってのはあると思う。
  34. >>ウマ娘   本当にこの作品はスタッフの愛を感じますわ、スタッフの愛と視聴者の愛が合致してるというかこういう展開を望んでいたんだよというのをストレートに表現してくれているというか、悲しい展開辛い展開もただその一時だけの元ネタ再現というだけでなくちゃんとシナリオとしてその後に繋がるように構築してくれてるのが素晴らしい
    艦これのアニメを思い出しながら羨ましそうな顔をするワダツミの姿がそこにあった。
  35. 大佐が読了した本の中にある「落日のパトス」がサムネイルのおっぱいアップも相まって「落日のバスト」に見えたが私は謝らない
    まぁだいたい合ってる。
  36. ついにタイトルが「■   」に! by 裸ネクタイ
    それはどうかな!!
  37. ぐじらさんはやはりまじめな爬虫類飼育コメディだけでは我慢できなくなったのか「マルセイ!!」というエロコメディを出してきたな(笑)
    このまえ行った東レプにブースあった人だ。
  38. 蛯名秀和さんはチクられた時、どんな反応されたんですか?
    喜んでたねー。普通に。なにせ超美人のメディアさん!!
  39. 13>蛇足ですが、カレーの値段は大部分カレールー、を調合することができる人の人件費だそうで。あとは米じゃなくて、チャパティ自家製で焼ければさらに利益率アップ。なので、そこまで無理して安くしてるわけでは無いらしいですよ。
    D&Dで香辛料の値段表を見ながら「サフランたけえええええ!」となったのを唐突に思い出した。サフランライスは今も割と高いな( ・`ω・´)
  40. 変異抜刀アヤメ斬り>カムイ伝の変異抜刀霞斬りじゃねえか!分かる子供いるのかなぁ…ところでガルバルディリベイクは版権の期間的に有りなのだろうか。似ている何かで通すのか?
    オルフェンズは毎日放送関係無いから大丈夫なんじゃないかな。
  41. 戦略で勝っていれば、戦術で何回負けても、リトライできるってことですかね。
    リトライできるというか、「適切な戦略目標さえ達成し続けていれば、戦術上の勝敗は関係なく戦争に勝ち続けていることになる」からだねぇ。
  42. 38>3部作の真ん中ですし扱いは難しいですね。個人的には「善戦及ばず撃破されるも、3作目における勝利の鍵になる」辺りが落としどころかなぁ。アニメスパロボOG2の「以前撃ち込んだソウルゲインの腕が最後の一押しになった」みたいな。
    もう「主人公が天才だったおかげで勝てましたヤッホーイ」じゃなければなんでもいいや!!
  43. FGO虚月館シナリオ>>個人的に今回の犯人とかの流れよりも、ホームズの登場のさせ方が好きだった。日にちと月の状態から現状を導き出して実際に登場させるってのは面白い。
    これで「だが実際の月齢とは1日間違ってる」がなければ完璧だった……!!
  44. 悪魔くん>集まれ我らが仲間よ メフィスト2世に続け~ 初めてヨナルデパズトーリを知ったのは悪魔くんだった記憶。好きなのはユルグでしたけど。
    ナマムギナマゴメ!!
  45. 「ZENKI」の黒岩よしひろ先生が心筋梗塞で亡くなったそうで。55歳。前日まで仕事していたみたい。多作だけど打ち切りも多いし、絵も劣化して晩年は不遇だったなあ……。  合掌  http://kuroiwa-yosihiro.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-41c8.html
    突然死は本人も周りも辛いなー。
  46. 9>『七日間戦争』での話なら、あの父親は「汚職政治家」ではなく「汚職政治家と縁が深い地元土建会社の社長」なので、まあ政治関係で嵌められても財産ロストまでは行かないかな、と思います(笑) まぁもともと青少年向けの作品ですから、中学生の主人公たちに潔癖で生意気な印象があることは否めませんが、それでも悪戯だけでなくもっと真剣な問題にも色々頭を回したり、優秀で気持ちのいい仲間たち(プロレス実況ものまねの天才から中1で無線機と盗聴器作れる工学少年まで揃ってます(笑))が活躍したりと、いわゆる痛快なジュブナイル小説というやつでしたね。(うっかり途中でEnter押してしまったので修正再送失礼します)
    社会的信用ロストで済むか(笑)
  47. 「ウマ娘」が惜しいのは最初に馬名の無断使用して社台グループの不興を買ったせいでJRAとの連携がほとんど取れないことだな。最近JRAがコラボしたのも鬼太郎にポプテピピック、今度はキャプ翼だし(笑)  https://umabi.jp/captain_tsubasa_derby/
    なぜ無断使用してOKだと思ったのか。
  48. 犯人もまさかシャーロック・ホームズが事件解決に乗り込んでくるとは思わなかったろうに…。
    これが乗り込んできたのが金田一少年や名探偵コナンだったら、ジェノサイドだったんだろうなー。
     
       
       
       
       
 
       
 
 
 
 
 
 
 

サイト内検索っぽいモノ