HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
同人委託情報
  

とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス booth
 
読了本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!





日記ログ
■2019/01a
■2018/12a
■2018/11a
■2018/10b
■2018/10a
■2018/09b
■2018/09a
■2018/08b
■2018/08a
■2018/07b
■2018/07a
■2018/06b
■2018/06a
■2018/05b
■2018/05a
■2018/04b
■2018/04a
■2018/03b
■2018/03a
■2018/02b
■2018/02a
■2018/01
■2017/12b
■2017/12a
■2017/11b
■2017/11a
■2017/10b
■2017/10a
■2017/09b
■2017/09a
■2017/08b
■2017/08a
■2017/07b
■2017/07a
■2017/06b
■2017/06a
■2017/05b
■2017/05a
■2017/04
■2017/03b
■2017/03a
■2017/02b
■2017/02a
■2017/01b
■2017/01a
■2016/12b
■2016/12a
■2016/11b
■2016/11a
■2016/10b
■2016/10a
■2016/09a
■2016/08b
■2016/08a
■2016/07b
■2016/07a
■2016/06b
■2016/06a
■2016/05a
■2016/04a
■2016/03b
■2016/03a
■2016/02b
■2016/02a
■2016/01a
■2015/12a
■2015/11b
■2015/11a
■2015/10b
■2015/10a
■2015/09b
■2015/09a
■2015/08
■2015/07a
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

1/24
■SSSS.AKANECHAN

 
 アカネちゃんが引き篭もれる幸せな世界で活き活きと欲望をスパークさせている姿に心和ませるワダツミの姿がそこにありました。
 子供のわがままに振り回される話は基本的に苦手なのですが、この作品のロリは良い子揃いで幸せです。
 現状のお気に入りは乃愛ちゃんだな! こーいう「自分がサイコーに可愛いと自負」しつつ、別にそれで他人に対して高圧的だったり性悪な言動をするわけでもないキャラは好きだわー。幸子みたいな!! メッチャ褒めまくりたい!!
 最初は「弱みを握ったことでそれを利用して無理難題をふっかける小悪魔(苦笑)キャラ」だったら嫌だなぁと身構えたけど、微塵もそんなことなくて、悪魔どころか天使だしのー( ・`ω・´)
  ゴロセウム

 
 拍手で教えられて( ・`ω・´)
 ステゴロ以外の攻撃が通じない腕輪が開発された世界が舞台だよ。

 
 ストーリーはストーリーでちゃんと面白いんだけど、とにかく随所で展開されるプロレスネタが酷くて笑いが止まらない(笑)
 世代的にちょうど自分が格闘技の試合観てた時期のファイターばかり出てくるもんだから、最高にツボっちゃっう。

 
 ブルース・リー対ヴォルク・ハンとかメッチャテンション上がるぜ!!
 ヴォルク・ハン、90年台の外国人選手で一番好きだったのよー!!

 
 俺知ってる。南斗人間砲弾だこれ。

 
 
 そもそも獣神サンダー・ライガーのシューティングスター・プレスの元ネタが、北斗の拳のレイっていうマニアックプレイが見事に炸裂してて笑った。

 
 一番笑ったのはこれだけどな!!(笑)
 しかも進撃の巨人ファクターも加味されて、量産されて攻めてくるっつー絵面で笑い死ぬかと思った。

 
 もちろん相手が巨大であろうとレスラーは怯まないぜ!!!
 猪木! ボンバイエ! 猪木! ボンバイエ! 猪木! ボンバイエ! 猪木! ボンバイエ! 猪木! ボンバイエ!
 脳内でBGMが流れざるを得ない! ファイッ! ファイッ!!

 
 流石に数が多過ぎてピンチに陥る猪木だが、大河ドラマでも炸裂していたリキ・ラリアットがアンドレの足を吹き飛ばすぜ!!!
 ってーまぁもうとにかく「改造超人兵士軍団vsレスラー軍団」が最高にアツい。

 
 Fateじゃ李書文先生が近代の英霊ながら「中国拳法の使い手、史実的にはそれ以上に強いのゴロゴロしてるけど大丈夫?」って心配になるレベルで尋常じゃなく強いし、そもそも代行者みたいに「サーヴァントじゃないけど超人的に強い」ってのが何人も存在して、さらにその中でも飛び抜けてる埋葬機関ですら7人もいるってんだから、俺の脳内設定Fate世界ではハンセン級のレジェンドレスラーはサーヴァントになる前の現役の時点でこれくらいやれることになってる( ・`ω・´)(壊してるのは10倍に構造強化された函館タワー)

 
 あ、それと眼鏡っ娘が可愛いです。
 バイト中(一枚目)は眼鏡外すんだけど、出番の多くがバイト中であることを取り戻すが如く扉絵でサザエさんのオープニングをトゥルーフォームで披露してくれるんだぜ( ・`ω・´)
 そしてこの感想の中で「主役の二人」を一切載せてないことに今気づいたけどまぁよし!!!
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. 19>あと回線速度にもよりますが配信だと「最高に気分が高まる見せ場のシーンで突然の画質低下」という悲劇が起こりうるのが…。かと言ってレンタルBDだとDVDよりデリケートな都合で前に借りた人間の扱いが悪くて途中で読み込めなくなる事も多いというジレンマ。
    マジェスティックプリンスの「衛星軌道上からの狙撃シーン」と最終話観てる時にそれで泣いた(笑) まぁその辺はホント、安いんだから我慢するしかないってやつだわな。
  2. 50>あれセイバーオルタだけ戦闘シーンのノリがApo時空でしたね(汗
    「トップレベルのサーヴァントが魔力の心配なくぶん回したらこうなる」ってのを、オルタもアポの戦い全般もやってるんだよな(笑)
  3. a. >1 多分なんだけど、ガーリーエアフォースにF-2が出てこないのは、イーグルとかファントムみたいな『愛称』が無いからじゃ無いかと思ってます。メンタルモデルの女の子に「F-2」とは言いにくいですからね(笑)
    b. >1 グリペンの人気っぷり ん~確かにあの作品の影響が大きい気がしますが、基本的に「あんなにちっちゃいのにそこそこ強い」って所が私は好きかな?下手したら10分で再出撃できる柔軟性の良さも魅力ですが
    c. 1>スウェーデンの兵器群は独特ですからね。 砲塔がないぺったんこな戦車とか(笑)
    C.いまじゃすっかりレオパルト2!
  4. >13 いや~、デルタ翼知っててもグリペン知らない人って居たんですね~って、やっぱり偏りすぎだ(笑) ちなみに、作中では「デルタ翼 カナード」で見た機体を検索していたので、そこまで知ってて何でグリペン知らないんだ!モグリか?と言いたくなってしまった(笑)
    「グリペンとビゲン、どっちかな……」(違
  5. 31>HF2章の話ならバーサーカーの描写は拘ってるように感じましたが。まず影に捕縛されたバーサーカーを袈裟斬りで1。次に影に半分ほど溶解されつつイリヤの叫びで影を振り解き、オルタに猛攻するも両腕を魔力放出付きの斬撃でぶった切られて2。その後影の影響が無い状態で復活、塔投げたり頭鷲掴みにしてボコボコにしてる途中で至近距離聖剣魔力放出食らい燃えて3。焼かれながら復活して襲いかかるも再度聖剣魔力放出、今度は炭化して4。そこからまた復活、1章でセイバーに食らわしたボディーブローをかますも、それを読んでいたオルタにアッパーカウンターからの真名開放5。ここで影に呑まれる。観たのは二回なので完璧では無いですけど、あの戦闘シーンは注視してたので大幅な間違いはないと思います。あそこのバーサーカーとオルタ双方の異次元的な強さに超燃えたクチとしては、大佐はどこら辺を観てバーサーカーの倒され方に説得力が無いと感じられたのか知りたいです。
    あくまで僕個人としては「攻撃当てるたびに防御力が(初期値に対して)3倍増えていくヘラクレスに対して、威力が相応に上がってる攻撃描写に思えなかった」なので「見た目そうでもなくても籠められてるパワーが違うから」等、幾らでも納得する余地があることは理解しつつも「自分としてはそれって好意的解釈であって、演出から自然と説得力を得ているわけではない」ってことだねー。
  6. >>40 世界からして別…アズールレーンですか?
    アズールレーンは宗教上の理由で手を出せないのですよー。
  7. ブルーストライカーに出て来たスナカラさんの若い頃が読めるのはエアマスターだけ!とダイレクトマーケティングしておきます
    エアマスターに出てるのは知ってるからこそ笑ってしまったのです!!(笑)
  8. 42>良くも悪くもベタな作風なので、大抵のキャラは痛い目を見るなり裏事情が明らかになるなりで印象は好転するとは思います。…が、2部から登場する兄弟子はどうやっても擁護できない。クズを煮詰めた様なガチ犯罪者なのに、天才で無理難題も簡単に解決してしまうだけに始末に負えない。
    基本的に「人の金を雑に扱うキャラ」「金に図々しいキャラ」ってのが凄く不快だから、マルコとラウラが辛いんだよなー。
  9. 31>原作からのプレイヤーの一人ですがあの7回殺すシーンは流石に雑ぅとか思ってました。うん一個人の意見ですが。
    カリバーンの1発で7回殺す、もかなり雑だよな(笑)
  10. 28>元コメの者ですがすみません、これは自分の書き方が悪かったです。設定ではなく、ゲーム内のユニット性能的に残念だった、という意味でした。初代Z~時獄篇のあいつやそいつを差し置いて出た割に、幾度かのパワーアップイベントを挟んでもパッとしないのが残念でして。自分程度ではどうやっても紅蓮の下位互換としてしか運用できませんでした。
    意味がぜんぜん変わった(笑)
  11. 12>あ、お気に召したようなら何より。確かに女の子の造形が不安には頷くしかない(笑) 可愛いよね、あんなに強いのに可愛い。
    テーブルにオッパイライドするシーンは素晴らしかったです!!!
  12. 13>ジェット戦闘機はわりと形が違うからある程度見分けつくけど、レシプロ戦闘機は割と似通った形で…国別ぐらいならわかるけど日本軍機の零戦と隼と紫電を空戦してる中で見分けてねって言われると俺にはムリダナ
    ムリダナ
  13. >>8 今アニメやってる転スラも両方いるタイプですね。んで、異世界からの転移だと召喚魔法で呼び出されることがほとんどなんですが、その際にスキル取得するので現地人より強いけど召喚者に逆らえないように召喚魔法に枷を仕込むとか、獲得した力のバランスが悪くて力に飲まれて短命にしかならないのとかいましたね。
    ダンバインとは大違いだな!!
  14. >主人公のアイディアをもとに一瞬で現物作り出すけど、主人公が関わらなきゃずっと停滞してた技術力 えー、アイデア先行で所詮学生が作った代物だから、発想としては革新的でブレイクスルー起こすけど同時に欠陥(燃費・操作性)も抱えていて、実用段階までは本人達だけじゃ到達できませんでした(国立の工廠に最終調整丸投げ)って話ですよアレ(あと停滞してた理由は実は人間が自力開発したものではない) 自分としては、学校の教官の息子・理事長の孫という地位に生まれたことで、学習の熱意を余すことなく発揮できるだけの教育環境を持った家庭に生まれたことがチートだと思いますね
    あー、いや「一瞬で現物作り出す」って印象そのものが、「現実の兵器開発スピードを知らないと通じない感覚」だよなぁとは思います。「プロに調整丸投げ」ってのも、一般的な兵器開発の感覚だと「基礎技術がすでにあっても5年、10年はかかるよね」みたいなイメージなので。それゆえに「そんなことしないほうが一般受けするよね」とも思ってるので、「自分の趣味じゃないけどしょうがないね」って作品なんですよ。
  15. >孤独のグルメ いいなー大佐。お店に行きたいけど地方民な自分もあの回を見たあと、牡蠣を買ってきてムニエルを作って食べました、牡蠣おいしいですよね。
    いわゆる「高い次元で競うタイプの料理作品」だと「こんなのどうせ食べられないし」って意味で辛いのが、孤独のグルメみたいに地に足の着いた作品だと実際に行き易いっていうのが嬉しいんだけど、それでも立地の問題は絡むもんなー。
  16. 4>事情を知っているミサトさんと物分かりの良いゲンドウに挟まれて狼狽えている冬月先生が可愛い。
    ペース乱されて軟化が促進されているアスカも(笑)
  17. 42>ふらっと最新の見たら舞台が日本に変わってて初期勢0で眼鏡っ娘居ましたぜ
    間すっ飛ばして読むのも抵抗があるが、大丈夫なんだろうか(笑)
  18. トワイライトインペリウム、箱の中身より瀬戸の塩に目がいってしまいました。あれ美味しいですよね。
    大きさの比較対象に入れておいたやつ(笑)
  19. 強キャラ設定が盛られ続ける>長期連載あるあるですね。今放映中のブギーポップでも、「能力的には一般人の早乙女君に瞬殺された凪」なんて珍しい物が見られますし。今現在のパワーバランスではどうやったら殺せるんだよこいつレベルですけども。
    片腕持ってかれたシャンクスが真っ先に思い浮かぶ(笑)
  20. >作者プロレス好きなんだなと伝わってくる(笑) エロ漫画雑誌でプロレスパロディのギャグ漫画を連載してたレベルのガチ勢なので(笑)
    ネタがちょうど自分に通じるやつなのが助かるぜ!!
  21. 「ヒロインが眼鏡ならいらない」>昔密林でちょっと古いギャルゲのレビュー見てたら、「シナリオもグラフィックも素晴らしいがメガネっ娘がいるので星-1です」てレビューしてる人がいて絶対にわかり合えないと思いました。
    宗教戦争だからな!
  22. PS4 pro修理に出した者ですが無事修理完了戻ってきました。PSクリニックに送ってから約一週間(配送だけで往復4日)で手元に帰ってきました。基板と冷却ファン交換で税込み16,200円でした。PSクリニックは千葉県にあるので関東圏なら4~5日で済むのではないでしょうか。オンラインで申し込むと交換するパーツにもよりますが少しだけ割引してくれるようです。
    一週間で戻るのはいいねー。
  23. >>ブルーストライカー あれは今の所ハチワンダイバーは見てなくても大丈夫そう。むしろ最新版のエアマスターというか、深道ランキング的な続編というか。主人公とそのコンセプトは全然違うんだけど、エアマスターで見かけたやつがチラホラと。
    これ結局はエアマスターの続編だよな、とは思った(笑)
  24. >7b 昨今は美人にばかりするのもいかがなものか、という風潮も出てきてますがね。しかし実際そういう「いかがなものか」を置いておいて需要としては不美人描写ってどうなんでしょうね。男性視聴者なり読者なりに「ブ男だけどかっこいい」キャラ需要がある程度あるのは解るけど、女性に「ブスだけどかっこいい(かわいい?尊敬できる?)」キャラ需要があるのかないのか今一つわからない。
    「ブ男だけど格好いいキャラをやるなら、史実でもブ男と明記されているキャラでやってください」会の者です( ・`ω・´)
  25. >25 SAOやまおゆうが評価されてる項目のひとつに「完結させた」てのがあったな。今のようなネット発商業化アニメ化の波が来てない頃で趣味として当然に気の向き次第で放り出すのが当然だった頃に、ちゃんと完結まで書いたこれは他とは違うぞ、って。
    同人作品はほんとそれが大変。
  26. >>21 正直アニメ見てるだけじゃちっともオタク要素判らなかったけどな。ドクトリンだの詳しいなと思いこそすれオタクとまでは。
    「こいつ一般人つってるけど、その割には軍事知識あり過ぎだろ!? 俺よりあるぞ!?」と思いながら漫画読んでた(笑)
  27. >>37 今度のガンダムの分冊百科は『週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル』ですね。商品名に入っているようにモビルスーツ特化なのですが基本的に1冊1機だそうです。発行はディアゴスティーニですが過去にファクトファイルとパーフェクトファクトも出しているので同社から3度目という。
    コンプリートよりは、好きな機体のときだけ買う感じになりそうだにゃー。とりあえず一冊買ってマニアックさを検証しないと。
  28. また日本の普通のご家庭だと遊ぶだけで厳しそうなゲームだなぁトワイライトインペリウム(笑)
    デカいテーブル! 人数多いほど楽しい! 多いほどプレイ時間長くなる!
  29. >43 ホラーのクズ主要人物というと「死人の声をきくがよい」の式野も相当でしたがこっちは生存能力がカンストしてそうなのが辛い
    今、Wikipediaでキャラ紹介を読んだけど、最初に二行でお腹いっぱいに(笑)
  30. >31 耐性アップ自体がゲームと違ってどの程度のものかビジュアルから計りにくいから「納得可能な描写」はどうしてもバラバラになってしまいますね
    だねー。特に自分は「ヘラクレス大好き」を自覚してるから面倒だぜ!!
  31. >>41 酒が苦手な人でも酒が呑みたくなるってのは凄いことなんですけども、それだけに酒が好きでないと物凄いもどかしさが沸々と……!(自分も酒が苦手なので想像するしかない派です)
    先日獺祭を飲み「うん、一口だけでいいや」となって悔しい。
  32. >グリーンが勝利点ではトップである。  イエローもトップタイじゃったんじゃよー。なお暫定最終ラウンドで「中央を占拠する」「旗艦で戦闘に勝利する」「レッド陣営の母星を占領する」のどれかひとつでも達成すればトップだったけど悉くが失敗。戦闘民族怖いけど経済力を盾に圧迫外交した自分も悪かったと反省。 by マンメイ
    自爆特攻強過ぎ問題。
  33. >ツイッター  左手が痺れるのは心臓に何か疾患があるからだ、と昔聞いた事がある。けど未だに生きているので特に関係ないのだろう(えー)
    日に日に痺れは弱まるものの、今もわずかに親指の右側面ごく一部だけ微かに痺れている。
  34. 無職転生あるだけ一気読みしてる!一ファンとして嬉しいやったぜ!!
    師匠可愛いよ師匠
  35. 『上野さんは不器用』が15分番組だし頭身低いし全く期待してなかったけど超面白くて裏切られた。何これエロッ!?(笑)  でも大佐の嫌いな理不尽暴力ヒロインを男女逆転しただけともいえるので、好き嫌いは分かれるかも。でもシチュエーションエロスのレベルはかなり高い。
    タイツの匂いとか凄く好きなネタだったのだが、とにかく主人公が気持ち悪くて無理そう。
  36. 23>あの世界の技術はエルフさんが構築したもので人はそれを借りて使ってるだけ 
    ポイントとしては「主人公にアイディアを提示されさえすれば(現実の技術開発と比べれば遥かに)あっさり造っちゃえるだけの高い技術力はあるのに、進歩はしてない」ってことだねー。なので「この世界の技術はエルフからの借り物なので、ロボを造れる技術があっても主人公が言ってることは一切理解できず、アイディアを提示されても現物を作り上げるなんて夢物語です」ってなるのが「環境チートがない場合」ではあろうな、と。第二次世界大戦の日本軍が、ドイツ軍の最新兵器の設計図を手に入れ、アメリカ軍の最新鋭機を鹵獲しても、「技術レベルが違い過ぎて直ぐにコピーなんて無理」となったわけですが、ナイツ&マジックの世界ではそうはならないってことですね。
  37. エリア88は昔原作を読んでみて意外だったのが、いわゆるドッグファイト的な空戦の描写が皆無だったこと。神崎との対決にしても正面から撃ち合って終わりだったし、有名な作品だけどそういうので受けてたんじゃなかったんだなーと。あと、オペレーションタイトロープとかの有名なエピソードが最初の基地がなくなった後の話だったり。
    皆無かといえばそうでもなくて、随所にあったよー。
  38. トワイライトインペリウム> ゲームはともかく(やる相手がいない)、艦のミニチュアは欲しいな。  ソル連邦のド級艦だけ違うのはわざとか、欠品だったのか(笑)
    無論わざとだ!!
  39. ボードゲーム部 トワイライトインペリウム 文明の種類が大量にある …軍艦類のデザインが同一(色違いだけ)なのは、商品的な制約で、想定としては「戦略戦術思想のレベルで全く別物のデザイン外観機能性能」な感じで隔絶してるのかな? 戦い合う程度に理解(誤解)し合える似た者同士で、使う道具類も近似してる想定なのかな? と、「敵味方はデザイン・レベルで違っているのが基本」なアニメ類に馴染んだ頭に浮かんだ疑問です。 by エルドラン総受け
    実際のデザインは別物だわな(笑)
  40. フィギュアについての解説お願いします
    おろ、どれのことだろう?(たまたまフィギュアが異様に出てくる日記ゆえに) ラムのことかしら。
  41. 艦これアニメはゲーム上だとわからなかった艦娘の実際の海上での移動、戦闘や妖精さん、艦載機の発進はどうしてるのか等がはっきりイメージできるようになった点はよかったと思うです。
    戦闘シーンがしょっぱ過ぎた……。
  42. エリア88、SFC版たと戦闘機や武器はマッコイ爺さんから買う形だったからシンをA-10に乗せるとかいうこともできて楽しかった。でもよく考えたら戦闘機全部買えるお金貯めてたら違約金150万ドル(だっけ)余裕で支払えなーと思いました。
    ジェット戦闘機なんて新品なら1機100万ドル以上するのが当たり前だからなー(笑)
  43. >>11 自分も暴力キャラは嫌いだけど彼女は何も考えずに無意識でぶん殴り反省もしないしむしろ謝罪を要求する、というタイプではなく生き方が凄い不器用なタイプで主人公にだけ理不尽にではなく本当に大切なもの以外すべてに攻撃的なのでまあ、これはこれで損をしてるのも自覚してるし、そこまで嫌悪感はでなかったなーという個人的感想。
    誘拐犯に血反吐ぶちまけるレベルで完膚なきまでにボコボコにされるシーンで「この作品ならば信じられる」と思ったりしました(えー
  44. >>15 いやあ、たとえば転生とやらをして「すごい、すきるをつかうとからだがかってにうごいて相手をせん滅するや!あれ?皆が驚いてるのはこの攻撃、弱すぎたから?俺なんかやっちゃった?」てのが、まあ例えばうしおととらのうしお最終決戦時の旅をして修行して戦闘経験積んだ状態と互角以上にやり合った上にダメ出しや上から目線で説教始めたりしたら、敵としてはまあいいですが、実はそっちの転生チートのほうが主人公ですってー言われたらややうんざりするので、個人的な好感度は修行したキャラですわぁ
    もちろん「どっちか」なら当然「設定上だけとはいえ修行したキャラ」だとは思う(笑)
  45. >>21 とはいえあの世界、一次大戦せずに二次大戦にはいってたりするし住んでる人間が違うので「あー、なんか似たシチュエーションあったなー」程度ですしね。まあ地形や作物が同じなので似たような場所に都市を構えて似たような場所を耕して似たような資源を採掘してるので似たような作戦などがとられてますが
    「似たようなことをしている」は最大限利用しないと大変過ぎるよな!!
  46. >>23 あの環境すごいですよね、主人公が提案したら町工場でもガンガン新技術ができるけど、提案しないと100年間なにもしてこなかったっていう。平和だったというならわかるけどロボじゃないと戦えない脅威が常に周囲にわらわらいて、ロボがターンエーみたいな発掘品で貴重なもんでもなく、普通に生産されて普通に修理されて普通に補給もされて、パイロットごとにカスタマイズもされてる自由度とそれを許す風土もあり、主人公が望めばできるくらいには改造や新造も許されてるのに、100年間、基礎技術の研鑽と応用技術の土台作りだけを延々とし続けてたけど、カスタムや改造からのフィードバックは一切せずにその1機限りのものとして、新型の生産はもとより試作も何もせずずーっと技術を停滞させていたという
    そうしないとあっちゅーまに主人公が老けていくことになるから、「一般受けを狙うならしょうがないよね」とは理解するけど、凄いは凄い(笑)
  47. >>49 たぶんあれです、作中の対立存在としてふつーに完全な、いわゆるパーフェクトテンプレートなスーパーパワーを手に入れたけど、責任感も周囲を考える頭も持ち合わせがなく、視界の中だけ自分の好みの世界なら自分の認識外が地獄でもまるで気にもしない「なろう主人公」な、メアリー・スーさんが出てるので、ターニャってなろう主人公だよね、と言われたら、アレと一緒にしないでくださいな、という感覚になる、のだとおもう
    基本的に「なろう系」っていうレッテルはネガティヴな意味で使われることが多いだろうからなー。
  48. 38>裏技コマンドを〇秒以内に10回成功させるとMr.サタンが使えるとかいうデマが蔓延してた。エスタークが仲間になる、みたいに全国区かは知りませんが。
    ネットが普及してその手のデマは「凄い勢いで拡散されて、一瞬で否定される」って感じになったな! デマを簡単に信じる人自体は普通にたくさんいた(笑)
  49. 35a>何が逆鱗に触れたのかは分からないですが、少し反応が過剰ではないでしょうか。文脈的に「モチーフ被り過ぎ(笑)戦隊もネタ切れだな(笑)」とか言ってるわけではないし。
    むしろ侍戦隊もう一度出てきて、シンケンジャーが客演してくれる可能性を期待しています!!
  50. 無職転生読まれたみたいですね、暴力娘は大丈夫でしたか? 巻数見ると、だいぶデレて来てると思いますが
    ドンドンと胸が発育していくのが寂しいです!!!
  51. 「レンタルショップでお姉さんをレンタルする話」まだ2話までしかやってないけど、これは続きが気になってしょうが無いわ https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM16200731010000_68/
    「払えばいいの!?」ってなるじゃんこんなの!!!
  52. 東映のオファー遅い云々>とりあえずフィリップに関してはオファーしたら2年先までスケジュールが真っ黒だった。という事だからWに関しては仕方ないですな。
    Wに関しては「フィリップ駄目だからって他も出ないのはひどくね!?」だな。
  53. ルパンレンジャーVSパトレンジャーが歴代ワーストレベルで売れてないから仕方がないのだ…タイムレンジャーが売り上げ悪すぎて、次が玩具を絶対売るオーラ溢れるガオレンジャーになったように。
    売り上げのこととかは全然知らないどころかそもそも番組観てないんだけど、友達の子供にクリスマスプレゼント買う時におもちゃ売り場眺めたら、ルパンレンジャーのロボしかなくて「あれ?」ってなったが別に関係ない!!
  54. ゴロセウム、読了されたんですね。プロレスネタもヤバいけど、自分は番外編のケンタウロスで笑い死ぬところでした(爆笑)
    まさかの性別
  55. Gジェネの新作が来ましたね。次はアナザー系メインだろうとは思ってたけど、W、SEED、OO、鉄血の4シリーズのみとは思い切ったなあという印象。ライト層に受けそうなラインナップだし新規ファンの獲得を優先したんでしょうかね。とりあえずリーオーの大部隊を作るのは決定。
    四分の一も鉄血があると思うと、流石に今回は買わないだろうなぁ……。今回は原作追体験型で、IF展開無理だし。
  56. 百鬼丸の方が主人公なのにタイトルは「どろろ」なんだ
    ドラえもんやAKIRAみたいなもんだな!
  57. >29 「だが断る」の一言で無効化される自粛要請(笑)  力なき正義、罰則なき制限は無力
    正直、自粛が濫用されるようになった現代だと「駄目なら駄目と責任持ってはっきりと命令しろ」って思ってしまう。
  58. a. >16 どっちかというと個人的には、UBW以外はみじめor絶望の中で死んでるし、UBWでは増えるワカメ聖杯にされて生き地獄喰らってるからUBWの生存には特に気にならなかったな。アイツの歪んだ原因とか知ってると、やってることは間違いなくクズなんだけども、まぁそうなる奴もいるかもねぇって感じで。結局のところノーダメってわけでもなく報いは受けてるわけだから。これが全ルート生存とかだったら不快だったかもしれんけど(笑)。あと、実際の所Fateでやらかした人間は大なり小なり報いを受けてるのが良い。イリヤもBad end系で士郎をメタ糞にしてるからこそ、救いもそれなりにありながらも、キチンと報い受けて死んだりしてるわけだし。
    b. ワカメはこういう背景があって捻くれましたって設定されるのはいいんだけどでも根は悪い奴じゃないんですよみたいな謎フォローは要らないと思うんですよね。その方がヘイトキャラとしてのスジが立つことになると思うし。というか根が良かったら捻くれもあんなことしないでしょ。まあ根は悪い奴じゃないはそれしか使える言葉が見当たらないときに使う根が悪い奴にしか使わない言葉と言えばそれまでですけど
    c. ワカメってそんなクズい奴だったんだ。Fateは全然知らないんだけど、ネットで見かけるネタとかから、性格は悪いけど憎めないスネ夫ポジションのキャラかと思ってた。
    d. >HF 後から設定とか細かいとこ見てみると、慎二もある意味で不幸な境遇とかあるのが辛い(やらかした事は許さんし死んだ事にはざまぁとしか言わないけど)と言うか悲しい設定とかあるとちょっとだけでも同情したりしてしまうからやめてーっ!
    c.「妹に暴行と強姦を繰り返した」ことの罪深さをどこまでカウントするかで、評価に個人差が出るところではありますな( ・`ω・´)
  59. 10>演技自体は素晴らしいだけに惜しいんですよね。ラストの慟哭はもちろん、湯川と飲んでてちょっとテンション上がるところとか大好き。
    それは惜しいな( ・`ω・´)
  60. 16>ワカメ改め間桐慎二の「生存後人類史に名を残すレベルの慈善事業で幾人もの子供を救いました」展開、すっごい興味ありますね。その場合つまり慎二は「義妹をレイプしたりさまざまなものを貶めたことに対する罪を自覚してそれを購おうという自覚がある」という成長をしているはずなので、「いくら善行を行っても、もう決して覆らない過去の罪にいつまでも苛まれながら、それでも昔バカにした旧友の様に、無様でも嘲られても偽善とののしられても、やらなければならない自分の決めた道として慈善をし続ける」みたいな。 その過程で女性にも行く先々でモテるんだけど、「義妹レイプ」がトラウマレベルでもうインポになっちゃってるかんじで。 すごい愉悦神父が食いつきそうなストーリーですわ(オイ
    そのスピンオフ読みたい(笑)
  61. 51>たばこでもなんでも、「苦手」な人に対する心配りが大事だと思います。 俺は好きだから辛さがわからないからしょうがないじゃん、とか、苦手な人がいるんだからそもそも根絶しろよ、とか、分煙エリアじゃないからとか法で決められてないからとか。 目くじら立てて粗を言い合ってる人より、目の前でふと気を付ける行動をとってくれた人にいつもすごい感謝しています。
    喫煙者で中のいい人はたくさんいるから、タバコ消し飛べとかは別に思わんしなー。
  62. 良い腋だ、まぁ、小学生な訳だが URL
    そのイリヤ、買うかどうか悩んでるんだよなー。
     
1/21
  ■日記に書くの忘れてたけどひもてハウス

 
 
 アニメにはムダ毛処理完璧なツルツルお嬢さんは幾らでも出てくるわけですが、ムダ毛処理シーンをわざわざぶちかますケースって殆ど無いだけに興奮を隠しきれないワダツミの姿がそこにあるのであった( ・`ω・´)
 いや別に幾ら俺だって様々な女性キャラに対して「ああ、この子も家では毛の処理してるんだよな……」とか「純真(だったり天然系だったりで)な性格でまだまだ性的なことは意識してない風なキャラだけど……」なんて、処理してる光景を妄想するなんてことは流石にしますって!! そこは誤解しないで欲しいよ!!
 それはさておき、下の方はオナニーシーンにしか見えなね!!
     
  麻衣の虫ぐらし #1

 
 別にゾワゾワ系ではなく、基本的には農家と虫にまつわる漫画。

 
 ぶっちゃけ百合漫画です。
 なお、この長時間留まってアブラムシ食べて貰うために使うてんとう虫の接着剤は、時間経過で剥がれてまた飛べるようになる……ということが作中でフォローされないのは、意図的なのかどうか判断が難しいところです(えー

 
 なんにせよ基本的に害虫駆除系の話なんだけど、百合だし、かなり重いヒューマンドラマするし、神様出てきたりします。
 よくある緩い感じと思ったら嬉しい誤算だったぜ!! いや別に緩い職業漫画だって嫌いじゃないどころか好きだけど、重くて深みあるやつも好きだから!! そして後者のほうがマイノリティーな分でレア感が!!
 ……いやでも別に職業漫画的な重い話というよりも単純にキャラの境遇的に重いってだけか。……まぁよし!! 面白かったし!!

 
 
 あと1ページ目に風呂絵が多いです( ・`ω・´)
 昭和なバランス釜と美人の組み合わせは妙なエロさがあるよな!!

 
 チラリズムだって炸裂するぜ( ・`ω・´)
     
  ■ボードゲーム部

 
 トワイライトインペリウムをプレイしたぞぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!
 箱でけぇぇぇぇぇ!! 値段たけぇぇぇぇぇ!!

 
 というわけでHALOな感じの世界で銀河大戦争する戦略級ボードゲームです。
 文明の種類が大量にある中で、今回ワダツミが選んだのは地球っぽいところ。スパルタン……じゃないけど歩兵がユニークユニットで、全文明中最強です。マスターチーフがいる限り人類に敗北はない!!
 戦闘艦艇は砲撃戦能力が貧弱な分、艦載能力がずば抜けているのが特徴。

 
 文明のバリエーションがかなり豊富なので、こんなヤバいウィルス軍団なんかも存在する。2進数で読めません(笑)
 他にも植物群体や、戦闘機械、宇宙海賊、爬虫人類、昆虫人間といった、「皆さん普段はピンでSF作品の敵を張ってますよね?」ってのが網羅されまくりなんで、「ヴァジュラだこれ」「フェザーンかよ」「これバグズだよな」なんてニヤニヤしまくれた。

 
 ディプロマシーのように「プレイヤー間の口八丁、口約束」な外交が極めて重要なゲームなので、少人数よりも大人数で遊びたい。
 そんなわけで今回は最大である6人でプレイ。カタログスペックでは8時間かかる計算だ!!

 
 誰かが最初の一発を撃つまでは各文明ともに着々と宇宙艦隊を強化し、盤面に所狭しと戦力が展開される。
 この作品におけるバルカン半島は中心部。制圧すると勝利点を得られるため、必然的にここの争奪戦となる仕様。

 
 中心領域に駐屯するグリーン艦隊に、イエロー艦隊が突撃。
 旗艦級と弩級戦艦、さらに目一杯詰め込んだ艦載機で質も量も圧倒するイエロー艦隊に対し、グリーン艦隊は士気高揚(使い捨ての特殊効果があるカードが毎ターン手に入る中の一つ)を発動するも……。

 
 倍以上の手数の差はいかんともし難く、有効打はイエロー6発、グリーン4発。イエロー艦隊が展開した艦載機のスクリーンを突破できずにグリーン艦隊壊滅。
 地上施設に立て籠もる歩兵に対して衛星軌道上からの爆撃の後、地上戦に突入。

 
 だがグリーン歩兵部隊が最後の1部隊となったところで、レッド軍が中立の約束を破ってイエロー艦隊を奇襲。
 戦力的には十分返り討ちも可能なイエロー艦隊なものの、個艦性能では戦闘文明であるレッド艦隊が上回るのも事実なので、損害を嫌っての撤退。

 
 一方、ワダツミ率いるソル連邦は中央から叩き出されたグリーン艦隊の首都星系の攻撃に乗り出す。
 本来なら中央で戦ってる真っ最中に突っ込んでおけばもっと簡単に制圧可能だったのだが、「せっかく作り上げた強力な空母機動部隊で派手に艦隊戦をしたい」という願望のため、敢えて「あれー、俺がここで攻め込んだらグリーンの首都制圧できちゃうね? まぁやらないけど!」と煽って防備を固めさせる。……思えばこれが駄目だった(笑)

 
 それはさておき、レッド軍とイエロー軍の戦争は続く。
 単独航行中だった弩級戦艦に対してイエロー艦隊は旗艦級と空母で攻撃。これはいくら弩級戦艦といえど、質も数も負けていてどうにもならない……と思ったものの、艦載機の攻撃が全て外れたことでシールドを吹き飛ばされながらもレッド弩級戦艦が第一フェーズの砲戦を生き残ってしまい、固有能力自爆特攻発動。イエロー艦隊の旗艦級と空母を道連れにする。
 幸い艦載機が改良型で単独のハイパードライヴが可能な性能を持っていた為、「母艦が沈んだから帰るところがなくなってロスト」とはならずに、この星系はイエロー軍が制圧したものの、手痛い損害である。戦闘民族怖い。

 
 でまぁ小細工を弄じてグリーン軍の首都星系の防備を固めさせることに成功したワダツミだったのだが、グリーン軍は「相手の進軍を1ターンに1度だけキャンセル出来るバリアー」を持っていることと「プレイ時間が10時間に達していた」ことが融合したことで、歯車を狂わせる。
 艦隊決戦なんぞに付き合う義理もないグリーン軍にしてみれば、無慈悲に「バーリア!!」とすることでワダツミの主力艦隊の殺到を無効にし、「もう夜も遅いからこのターンで終わりにしよう」だったことで、「一度キャンセルされてもまた攻め込めばいいじゃない」なんてことも許されず、内心「ゲームのルール上の時間切れじゃなく、リアル時間切れで打ち切りになるんだったら、煽って防御固めさせるんじゃなかった!!」と血の涙を流しつつも、そんな格好悪いこと口にも出せずに断腸の思いで投入予定だった戦力の半分で首都星系に攻撃を仕掛けるのであった。
 主力艦隊の全力で来たのでないならと、グリーン軍はバリアを使わずに艦隊戦に突入。
 我が艦隊は旗艦級のジェネシス型大型空母(艦載機12機)と、改良型空母(艦載機6機)で、グリーン艦隊は旗艦級大型戦艦1、弩級戦艦1、空母1、艦載機と首都星防空部隊が合計で8機で、更に要塞砲1門。
 戦力的には互角に見えたものの、いざ戦闘が始まったところで我が艦隊の艦載機は強力な新型試作機であることが判明し……。

 
 我が艦隊は艦載機5機の損害と引き換えに、グリーン艦隊は損傷状態の旗艦級1隻を残して壊滅させることに成功。
 一度しか使えない切り札が決戦を一方的なジェノサイドに変えてしまったぜ( ・`ω・´)
 アクションカードによる撤退を試みる旗艦級に、温存しておいた「アクションカード無効」を繰り出すことでトドメを刺し、グリーン軍宇宙艦隊は銀河から消滅。ただし地上制圧部隊を連れてきていなかったので、首都の即時制圧は無理。

 
 時間切れで終わった最終盤面。
 初プレイということでルールを確認しながら遊んだ結果、11時間プレイしても終わらないという結果に(笑)
 レッドとイエローは盛大に殴り合ったことで、双方物凄く消耗しているのがよくわかる。
 ブラック艦隊はパープル版図を蹂躙し、ワダツミのブルーがグリーンをほぼ再起不能状態に陥れたところで終了。
 でもこの時点では一番長時間中心領域を確保してたグリーンが勝利点ではトップである。我が艦隊が全力で首都星系に攻め込めていたら逆転できていただけに、「策士策に溺れる」感が酷い(笑)
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. a. >18 あの作品の功績なのかはわかりませんがグリペンってオタク界隈で妙に人気ありますよね。わたしもFすき
    b. ガーリーエアフォース グリペンってミリオタ的になんかあるの? F-15はヤンキー娘みたいだけど、自衛隊所属だったらF-2でいいじゃんと思うんだけど、あんまりクセがない機体で面白くないのかな?
    エリア88でドラケン乗ってたことからの系譜なのかなーってイメージ。
  2. Fateシリーズって括るなら、SNとUBWの2度、『グリモア~私立グリモワール魔法学園~』というアプリとコラボしてるんだけど、FGOとなるとやってないのよね。あ、グリモアはガチャが滅茶苦茶渋いことで知られている。ストーリーは面白いけれど、割と地獄なのでHFでもするのでは? などと考えて行ってはいけない(ぁ)
    Fateが外に出てコラボするのはよくあるけど、FGOに入ってくることはないという。
  3. a. 23>よく名前憶えてるなー(笑)組織ではなく魔術師が通う学校ですね。オーフェンも、暗殺寄りの戦闘技術を教わっていただけで、暗殺者ではないです。姉弟子が教師に認められたくて、危険な実験を自分自身でやり失敗。結果、よく分からない化け物になったので、殺害するための部隊が組まれた。自分たちの教師がそれを率いていたが、オーフェンは姉弟子を助けるために一人出奔して探し回る。色々とあって化け物はオーフェンの目の前で殺害された。が、最期に化け物が喋った内容から、オーフェンは、化け物(姉弟子)と教師の中身が追撃の途中、姉弟子の魔術によって入れ変わったことや、教師が、効率的に姉弟子の捜索を行うため(殺すつもりはなかった)に部隊を率いていたことなどを察した。ってところですね。戦闘能力は、教師が万能天才すぎたので、生徒たちに自分の持ってる技術の一つづつを分けて教えた扱いです。なんで、姉弟子はオーフェンより魔術は凄いですが、直接戦闘はそこまででもないですね。・・・たしか(笑
    b. >>23 だいたいあってる まあ師匠がすごすぎて技術を分割して伝授してキリランシェロとやらは暗殺技術のみの伝授ですな、情報網とかそれはら兄弟子とかへ。正直戦闘能力だけの暗殺者とかそこまで怖くはないというか暗殺者ですらないですね、師匠はスキルをすべて持ってる、姉弟子は人類が扱える黒魔術以外に白魔術というよくわからんつえーぱわー持ってるから強い、ですね。
    c. 23>姉弟子がああなったのは限りなく事故じゃなかったけ? 変化の杖みたいな剣の実験に失敗して。主人公が暗殺者なのに性格的にむいてない、というのは弟子全員にたいする師匠が全員に性格とは逆の技能をしこんでいるのが理由でなりきれない暗殺者。でも一応姉弟子を殺せる唯一存在でもあるくらいの。師匠と確執があったのはどっちかというと主人公の方が大きいイメージ。とか書いてるときりないんだけど。
    d. 23>まあ、出奔の仕方と痴話喧嘩の仕方がアグレッシブ過ぎて、それで合ってるかと言われると複雑なんだけど、合ってる(笑) あと、オーフェン(キリランシェロ)が実はあんまり強くなかったのは、師匠がそもそも理由は不明だけれど、弟子の全員にそれぞれ教えるものが別……師匠はオールマイティでキリランシェロに振ったのが自分の中の暗殺術だった、他の弟子には他の事を教えているという中で、一見して不適正なもの全ての弟子に教えていたからという次巻以降の話があったり。もう、ネタバレも何も時間的に無いだろうと言ってしまうけれど。
    e. 〉23 姉弟子が出奔したのは体を変化させる術(なりたい姿を強くイメージしながら剣を刺す。痛みはそのままなのでセルフでやってうまく行くわけない)に失敗して怪物になっちゃったからですね。で、師匠は本音では姉弟子を見捨てる気はないけれど立場上それを表に出せず、表向きは上の指示に従って実験中の事故で死亡扱いで幕引きしようとしたのでキリランシェロ(オーフェンの本名)がブチ切れて「自分一人で探しに行く」と出奔。それから5年、姉弟子探しを続けるオーフェンの前に「姉弟子の始末つける算段付いたから手伝え」と師匠が現れ、姉弟子を殺させまいとするオーフェンは最初反発しながら最終的には出し抜いて姉弟子を逃がそうと協力するふりをするも力及ばず姉弟子は師匠に殺害されます。ですが殺害される前に対象と心を入交換する魔術(この分野においては師匠よりも姉弟子の方が適正が高く、師匠は防げなかった)で入れ替わっていたので姉弟子は師匠の体で逃げようとしたんですが、最終決戦後に真実を看破したオーフェンに止められ、一騎打ちに敗北した後に「師匠はあんたを助けたかったんだ」といわれ、後悔に打ち震える(体は5年前の姿を克明に覚えてるオーフェンが先述の魔術権を使って元に戻しました)ってのが超大雑把な1巻のネタバレ込みのあらすじですかね。ちなみに、姉弟子は師匠に惚れてました(「失敗する可能性が高いのは分ってたけど、功績立ててあの人にもっと自分を見てほしかった」というようなことを言ってました)が師匠にその気はなく、オーフェンも異性愛というより家族愛的な理由(オーフェンと姉弟子は血縁的には従姉妹、感覚的には同じ孤児院で育ったので姉)で動いてました。後、組織にいる時のオーフェンの評価は「このまま育てば師匠の暗殺技術を吸収して同レベルの暗殺者になれるだろう(何せ出奔時15歳なのでまだ成長途中)」で、純粋な強さは他の分野でも最強な師匠や即殺されない程度の肉弾戦闘力を持つ上に魔術の腕は上な姉弟子などにはかなり分が悪い感じですね
    f. 23>>1.『誰がイチバン強いのか?』当代最高の暗殺技能者はオーフェンの師匠。オーフェンはその後継者と目されていて、師匠を超える「可能性がある」レベル。出奔してからは研鑽が止まり本編開始時点では錆付いていた。学生時代でも真っ向勝負なら体術・魔術ともに師匠、姉弟子に負けていた可能性が高い。習っていた暗殺技術が「如何に相手の強みに向き合わず、不意を突くか」といった物なので殺すだけならワンチャンあったか? 2.『何があって出奔は起きたか』姉弟子は師匠に惚れていた。彼に認めて欲しくて古代遺産の実験に手を出したが失敗、肉体が怪物に変貌し錯乱後、逃走した。組織上層部は組織ぐるみでやっていた古代遺産隠匿や実験失敗を隠蔽するために討伐を決定、師匠や組織精鋭を差し向けた。姉を闇から闇に葬ろうとする組織に主人公は反発。キリランシェロの名を捨て出奔、以降オーフェンと名乗り、姉を探し放浪する。3.『誰が何をしたかったのか』師匠は討伐令を受けた振りをして、姉弟子を確保して元に戻そうと画策していた。しかしそれを知る由もない姉弟子は追い詰められる中で精神交換の魔術を発動、怪物の肉体に師匠が、師匠の肉体に姉弟子が入ってしまう。逃亡中に追っ手の精鋭たちを殺し、師匠も自分を殺そうとしていると誤解した姉弟子は行き場を失い、すべての罪を怪物(中身師匠)に被せて逃げおおせようとした。その目論見はほぼ成功する、オーフェンが入れ替わりに気づいたこと以外は……的な話が一巻終盤までだったかと。振り返るとアザリー(姉弟子)が元凶過ぎるが、組織と教え子の板ばさみで誰にも計画を打ち明けられなかった師匠や、変身した怪物の感覚器が不調で意思疎通が難しいせいで精神はそのままだと誰にも分からなくて、怪物の体力と卓抜した魔術の腕で応戦するしかなかったアザリー、師匠の真意に気付けず怒りのままに出奔したオーフェンと、ひたすらディスコミュニケーションのおこした話なんだよね。 by 気分はゴールド
    g. 23>うろ覚えだけど、大体そんな感じだったはず。ちなみに、主人公が「組織最高の暗殺者」なのに最強でないのは作者の説明では「主人公は軽量級チャンピオン」「師匠は無差別級チャンピオン」的な説明をしていて、なるほどなー、と思ったものですが、多分に誤解を招くというか、普通に作中で負けること多かった記憶がありますね。新アニメは2クール使って牙の塔編までやってほしいところですが、1クールで中途半端に2~4巻あたりまでやるよりは短編のギャグかプレオーフェン(本編の数年前のショタ主人公が姉達からの理不尽暴力に果敢に立ち向かう涙なしでは読めない物語。嘘は言っていない!!)やったほうがウケは良い気がするんだけどなぁ。
    h. 23>当初一巻で終わる予定だったので、2巻以降と色々雰囲気が違うんですよね、その師匠もあとの巻でこれでもかってぐらい強キャラ設定が盛られ続けるので、なんで1巻のアレ程度で死んだんだ?ってなるぐらい
    頼もしい諸兄
  4. a. >のび太の人類補完計画 凄い、愛がなければここまで描けない……!
    b. のび太の人類補完計画>何これすごい!
    見事だよねー、ほんと!!
  5. どろろ>文庫版の解説で荒俣宏先生は百鬼丸が奪われた部位が48箇所という理由について考察されていてなるほどと感心したのですが、手塚先生自身は48、という数について「人気でたら60にでも100にでもしたんですけどね」と別段なんの意味合いもなかったそうです(笑)。
    身も蓋もない!!!(笑)
  6. 46>だがちょっと待ってほしい。その場合城戸光政が世界中の男とヤりまくって100人以上出産したスーパービッチになってしまう。
    産ませたのが女子ってだけでいいだろっ(笑)
  7. a. フィクションだと美人に描かれることがほとんどだしねー。>あの時代のあの場所の美意識では美人じゃないという解釈はできますからねぇ。ある漫画では成人してもロリ系だからって感じなのもありましたね。
    b. 51>むしろ創作物の中でこと女性は美人にされない例ってあるのかという疑問すらある。わざわざ不細工書きたい人も稀だからだろうとか思ってますけど。男だとまあそれでも美化はされますよね美化の方向性はいろいろあるけど
    b.ね! デブのカエサルや韓信なんて……ばーかばーか!!! やり直しを要求するぅぅぅぅぅぅ!!!
  8. 50>転移の場合は真っ先にその土地での生存能力(大気成分の合致とかの生命に必須のもの)から始まって通訳能力とかがないとマジ始まらないですからねぇ。いくつかここらへんからなかった設定の話をみたけど、そのはじめでこけて終わりってのばっかだからな
    ああいや、「同じ作品内でもそれぞれいるんだな」って意味です(笑)
  9. 57>座については一番今混乱しているのは座に登録される条件ですわ。これ今どうなってるの?
    ノリ
  10. >「外見が標準レベルより明らかに高いキャラが独り身を嘆いたり、非モテの気の毒な人扱いな作品」   この発言に全力で同意させてください。 映画「容疑者Xの献身」で石神の役に堤真一持って来られて「おまえはどう見たって非モテじゃねぇだろうがあああああああ!!」と憤りを抑え切れなかった自分としてはもうほんとに。
    実写始まったトクサツガガガも「いや、そんだけ美人だったらオタクだろうとガタガタ言われねーでしょ」って気分になって楽しめんのよなー。ジャニーズのライブライバーみたいな扱いでしょって。
  11. >>50 無職転生は面白いと思うのですが、作中でも『狂犬』呼ばわりされる程の暴力ヒロインがいるので大佐にはお薦めしづらいんですよね。一応周囲のキャラからも問題視されたりそれで痛い目にあったり短絡的な所が率直さに繋がったりはしているのですが。
    漫画を1巻だけ買って読んで、眼鏡メイドさんが妊娠告白するシーンだけ記憶に残ってるな……と思ってKindleのライブラリ検索したら7巻まで持ってて…「なぜ!?」となっているところです! せっかくだから後でその暴力ヒロインが無理かどうか検証してみるか!
  12. 71>そうなるとちょっとオススメが揺らぐのだが、今のところ2巻までしか出ていないからね。まだ飽きないと思うけれど、先のことは分からないとしか言えないなあ(苦笑)
    1巻を読んでみたー。スナイパー空手登場に笑った。そして「うん、柴田ヨクサルの絵柄は好き嫌い分かれるやつで、作中に女の子出てきても全然可愛いと思えない割には、女の子絡みのシーンが多いのが俺にとっちゃ辛いところなんだよな」と思ってたので、作画が別人で女の子可愛いのは嬉しい(笑)
  13. a. >69 私はマクロスゼロで知りましたね>デルタ
    b. >69 グリペンとかは知らないけれどデルタ翼知ってる人ならここにいるぞ!(マクロス知識
    c. >>69 一応主人公の部屋には模型やらポスターがあったので「デルタ翼 カナード」は判るけどあの機体なんだっけ?とかなったんじゃないかな?・・・自分で書いといてなんだがそこが判るのにグリペン出ないは流石にないな(笑)
    アニオタなら!(笑)
  14. 70>そもそも、テロール教授自身がテロの手法を用いてテロリストとは何たるかをレクチャーしているからね(笑) そりゃあ、あれだけ極端にもなろうというものよ。ただ、個人的な主観を言わせてもらえれば。だからこそあれは面白く感じてるんだと思う。真面目にやったら面白かったかっていうと、ためにはなるけど受け容れ難い部分もそれはそれであったと思う。
    ギャグ漫画としてはこれくらい極端な方が面白い(笑)
  15. 「チート能力をただ与えられる作品」と「努力の結果チートを得る作品」が同じようにみられるのって、その努力が設定としてあっさり語られるだけだったり、努力が必ず報われその世界トップクラスの能力を手に入れられてたりする時点で、見る側の印象は大差ないと思うんだよね。
    あー、それは確かにあると思うねー。全部が全部そうとは思わないけど、そーいうのは間違いなくある。
  16. ワカメ死ね臓硯死ね時臣死ね(死んでる)制作側もそういうキャラとして描いてるし声優もそう思えるように憎たらしい演技をしてくれているのでこういう思いがこみ上げてくるのは正常だとは思いますが桜の境遇を思うと映画観賞中にもふつふつと…
    UBWにおけるワカメ生存の場合、桜レイプしまくった罪を贖罪できるだけのことをコイツが今後やるイメージが持てなくて「死ね」としか思わんのであった。なので公式で「人類史に名を残すレベルの慈善事業で幾人もの子供を救いました」とか設定してくれないとずっと嫌い続ける気がする。最低限、桜レイプした回数分の人数は恵まれない子供を幸せにしてくれんと……。
  17. >>大佐は他作品コラボは賛成派かぁ。そういや型月作品のコラボ弾少なくなってたなぁ。どうすんだろ?まぁFateみたいな戦闘系作品で他作品がコラボすると、なんか戦闘力比べたりして型月ファン側がめんどくさい流れを起こしそうでなぁ・・・Fate側から他作品にコラボしてもそんな話題はあんま聞かんけども、FGO側に他作品をコラボってなるとヤバいイメージになりそうで、取り敢えず平和に行こうやって感じで他作品コラボはしないイメージが強い。
    自社内の作品とは「コラボ」ってイメージが特に持てないってのもあるからなー。「ドラクエ4と3がコラボ!」と言われても、みたいな感じに。
  18. エリア88のアニメ化はOVAしかなかったもんな(強弁) あんな1話目で絶望感と虚無感でマジで何もする気が起きなくなったアニメなんてなかったんや アニメ化決定から放映までのワクワク感と1話目で即切りしたあの気持、自分史上ワースト1の歓喜から絶望の落差の激しいアニメ化でした
    俺の中では戦場のヴァルキュリア、艦隊これくしょん、と並ぶ「観るも無残なテレビアニメ化」だわ。……全部ミリタリー系かよ!
  19. 24>> 別に配信は悪いとか言いたい訳ではないですが、配信ってフルHD表記があっても実は色数は落ちてるし、特に音質の低下が酷いんですよね。まあ実際のところTV版なら音に拘ってる作品も少ないでしょうが。君の名は。なんかは非常に色も音にも拘ってるので可能な限りディスクをお薦めしたい所ですね。
    音響環境が「テレビの内蔵スピーカーです」だとどうしようもないが、ちゃんとしてるならちゃんとしたソースでってやつだな!
  20. エリア88は銃殺刑になった日本人が印象に残ってる。「関係ない外国の戦争に面白そうだから参加する!前線に行け?怖いから銃殺刑にしてください!その方が人を殺すより人道的です!(ドヤァ」とか読んでて子供心に、バカじゃねーの?って感想しかなかったなあ。でも大人になってニュースを見ると、似たようなことする奴が世界中にワラワラいて頭が痛くなった。
    「面白そうだから」ってか「国境警備だと思ったら最前線だった」だな。どの道「軍人なんだぞ。お前はなにを言ってるんだ」だけど。
  21. 幼女戦記<主人公が軍オタアニオタ漫画オタ歴オタなのは最初に提示済みですよ。割とストレートに5チャン(当時2チャン)の軍板住人モデルですから。アニメでも描写のそこかしこで埋設さてれてますの。そして、個人の戦闘力なんて多寡が知れてる上でなお絶大な影響力を発揮するのが、二度の世界大戦とその後の展開例を知っているアドバンテージですね。この先の地獄巡りから戦後に到るまで「どうしてこうなった」との縁は切れませんの by 酉の人
    ごめんよー、アニメと原作は知らないのよー。
  22. エヴァ2号機役、ドラえもんの元カノかよ!何年ぶりに見ただろう(笑)。3号機役に至っては見るのはたぶん、コロコロの掲載時以来だ(アニメ版も未見)。
    ドラえもんズ、じゃないところにこだわりを感じる(笑)
  23. >>61 ナイツ&マジックとかもその系統ですねえ。転生で持ってきたチート技能に相当するのが「休みの日は全部注ぎ込む勢いで没頭してたロボットプラモ作りの情熱(とそれに付随するロボのギミックのアイディア)」で、一度死んで転生したことで死生観が常人とズレたのと化学反応起こして「いつ死んでも悔いの無いよう全力でロボのために生きる」となり、幼少期から寝食惜しんで昼は筋トレ・夜は座学やりまくった結果順当に強くなるっていう
    ナイツ&マジックはアニメの序盤しか観てないんだけど、一番のチートは主人公のアイディアをもとに一瞬で現物作り出すけど、主人公が関わらなきゃずっと停滞してた技術力っていう「物凄く好都合な環境」だとは思った。
  24. この! これ! ここ! >「おっふ!」と声が出そうになった(笑) 斉木楠雄のΨ難を読んでた時、「なんだ、これ?」とか思ったけど、実際に出そうになる場面が自分にあるとは・・・
    ホントこの展開は素晴らしい。「人生における最高だった漫画のシーン100選」とかあったら絶対入る。
  25. まずなにが凄いって「一つの長編作品としてキッチリきれいに完結させている」というところ >いや、本当にそう思う。創作活動を多少なりとも行ったことのある人なら、ある程度以上の分量を破綻なく描写するのって、すごい大変なのが理解できると思う。なんなら、「自分の考えた(結末に納得がいかない作品の)ifエンドを物語中盤から小説風にでも書いてみてほしい。大体の人は「自分の望んだEDにもっていくのに、頭の中ではうまくいってたのに、あちこちで矛盾が出る。しかも自分で書いてる最中は気づかず、推敲して発見、ヘタしたら読者に指摘されるまで全く気づかなかった」なんてことも珍しくないです。もうこうなると、最近批判されることの多い「なろう系小説」のアニメも、星の数ほどある中から選抜された訳だから、自分では面白く感じなくてもけっしてバカにはできなくなりますわ。でも、いつまでも完結せずに「主人公すげー!!」だけでストーリー展開していくのだけは、勘弁です・・・
    まんが道でも「完結させてるのが素晴らしい」と褒められるシーンあったなぁ。
  26. >82 シングルプレイだと相棒AIがガンヘッド並にイカしてた。
    そして1のマルチプレイしかしたことがなかった!!
  27. 『ライドンキング』の徹底したプロレスネタが好き。全陽教と新陽教って全日プロレスと新日プロレスだろとか、サンダー系の魔法が「ライガー」だとか、鳥のホッチは「鳥人」ダニー・ホッジだろとか、ポーション霧攻撃してくる院長はまんまザ・グレート・カブキだし、オークの漢字表記が「猪鬼」でボンバイエな連中かと思えば胸に星とかジャイアント・キマラじゃねーかとか、作者プロレス好きなんだなと伝わってくる(笑)
    シャイニング・ウィザードとパロスペシャルも笑った(笑)
  28. 38>話の規模はともかくチェインバーのスペックはかなり高かったはずだけど。少なくとも宇宙世紀時代のガンダムレベルよりは上だよ
    全然設定知らなかったけど、超光速技術持ち文明の量産兵器なのか。メチャ強そうじゃないか(笑)
  29. 「たばこはご遠慮ください」とされている場所でも、「禁止」ではないからオレは遠慮しないぜっていう人も実在する。
    まぁ「自粛を要請」って言い回し、スゲー嫌いだけどさ!!(笑)(関係あるのか
  30. >90 奈須きのこはFGOだとかなり開き直っている様子ですがSN執筆中は史実・伝承の英雄相手にTUEEEできるオリキャラに抵抗があったんですかね
    まぁ実際、オリキャラが史実英雄より強い展開は萎えるけど! 龍狼伝とか!
  31. >67 耐性を累積させたヘラクレスに対してセイバーも攻撃力を上げ続けたのではないでしょうか。魔力放出の最大出力が決まっているのかはわかりませんが
    こーいうのが「ビジュアルに説得力がないので好意的解釈するしか無い」ってなるのは、ちょっと残念だ。いや、普通の人にしたら「説得力あったけど?」だろうけど(笑) 「こりゃー耐性アップしててもおっつかんわ」ってくらい、ドンドンと尋常じゃなく描写がインフレしてればなー、とか思っちゃう。
  32. a. >艦これアニメ 正直大佐からTV版の記憶を消して見てほしいと思うくらいには劇場版はちゃんとしてましたよ。個人的に公式のアイスショーで無良崇人選手が提督役で出演してファンからも受け入れられてたし今回は提督もキャラとして出すのかは気になるところ。まあ時雨嫁の西村艦隊提督としては見ない理由がありませんが。
    b. 40>前作提督は作中死んで新しく別人が着任したと思っている
    まぁほんと「このアニメ企画そのものに金を落とす気が絶対にしない」ってくらいには「やっちゃいけないことを」をしてくれたからなぁ……。
  33. なんでオープニングで出しとんねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!!!(ドンガラガッシャーン>最高のサティスファクションを皆に提供できなくて残念ですな
    責任者だれだーっ!!
  34. 50>何故だ・・・それで真っ先に思い出したのがおしっこじょばじょばなのは。
    なんだよそれ!?(笑)
  35. a. 39>戦隊モチーフ  動物系:ライブマン(1988)→ジェットマン(1991)→ギンガマン(1998)→ガオレンジャー(2001)→ジュウオウジャー(2016)   恐竜:ジュウレンジャー(1992)→アバレンジャー(2003)→キョウリュウジャー(2013)→リュウソウジャー(2019)   忍者:カクレンジャー(1994)→ハリケンジャー(2002)→ニンニンジャー(2015)   車:ターボレンジャー(1989)→カーレンジャー(1996)→ゴーオンジャー(2008)   拳法:マスクマン(1987)→ダイレンジャー(1993)→ゲキレンジャー(2007)    同じモチーフでも差別化は図られているし、6年もたてば普通は視聴者が卒業しますから(真顔
    b. 39>恐竜ネタは時代を超えて鉄板ですしね。ルパパトがおもちゃ売れなかったという話も聞きますし、テコ入れのつもりではあるんでしょう。
    a.いや別に「お前は想定されてる客層じゃないから」って百も承知のこと言われたいわけじゃなくて、あくまで「自分としては短いな」と思ったことを言っただけだからー。別に「だから間違ってる」とか言ってないからー!
  36. 74>ちなみに主人公のプルチノフ大統領は、作者の別作品の『ゴロセウム』に出てくるプーチノフ大統領のスターシステム的なキャラです。あくまで別のキャラですが、格闘技の達人とか騎乗マニアとかが共通してます。そもそも『ライドンキング』が、『ゴロセウム』のおまけの番外編でやった「プーチノフが異世界に行く」というギャグネタから生まれた作品と思われます。
    5巻の表紙に描かれてる眼鏡っ娘はどうですか
  37. デアゴスティーニがガンダムバイブルを創刊するようですね、どれだけ詳しく解説があるのやら
    ガンダムファクトファイル……とは違うのか!
  38. 62>元々のブロリーが性格自体はテンプレートな悪役なのに「とにかく強い」という一点で絶大な人気を誇っていたのに対し、DB超版では「父親以外には凶暴な野生生物しか居ない惑星で育ったピュアなアラフォー」「ベジータ王に対する復讐の道具として育てられたが本心では戦いを嫌っている」という真逆のキャラ付けをされたのは賛否両論ありますが、ピュアゆえにかわいらしく愛されるキャラになりました。そんなキャラが自分自身でも戦闘本能を制御できずに怪物のようになってしまう姿が悲壮感があって深みのある敵役になったな…と私は感じました。
    スーファミのゲームで「カカカカカカカロット」してたイメージだけ残ってる俺であった(酷
  39. 33>登場人物を大幅削減&キャラ改変、というアニメ版において比較的そのまま登場した田辺さんはスタッフに強烈なファンでも居たのだろうか。2週目以降裏技無しでプレイヤーにできる4人の一人とはいえ、設定上居なくてもあまり問題ないし。遠坂も何故オペレーターだったのか。
    眼鏡っ娘は大事だからな!!!!
  40. もしエリア88がアニメ化するなら、登場する機体や中東情勢とかは現代に合わせてアレンジされるのかな。その手の知識がないからわからないけど、当時より今の兵器の方が高価なんでしょうか。だとしたらシンの懐事情が原作以上に辛くなるなあ。
    当時ですら戦闘機買えるなら違約金払えるじゃんってくらいには、マッコイじいさんのバーゲンセールぶりが凄かったからなぁ(笑)
  41. ハクメイとミコチ>この作品の唯一悪い点は酒が飲みたくなること。作品自体は凄い面白いんだけど!体質的に苦手なんで辛い!7巻で言うと弔いの酒の話の雰囲気とか狂おしく好きなだけに、「もし酒を美味しく飲めたらもっと楽しめるんだろうなぁ」と欲目が。
    酒のシーンは想像するしかないな! 俺も!
  42. 75>池波正太郎氏の作品で「鰻を最もおいしく食べるには酒でもチビチビやりながらゆっくり待つこと」とか言われてたとか。「王様の仕立て屋」で紹介されてた情報なのでまた聞きですが。
    王様の仕立て屋を読み始めるも、主人公以外のメインキャラの性格が揃いも揃って苦手で困る俺の姿がそこにあった。
  43. 37>ホラーの主要人物であそこまで「こいつさっさと死んでくれないかなぁ」レベルのクズを長時間取り扱ったのは中々無い気がする。やってることの邪悪さでは津田の方が遥かに上ですけど、こう無自覚から来るリアルな嫌悪感というか。
    死ぬ前「不愉快過ぎる」 死んだ後「さらに不愉快な情報が追加された!?」 終盤「バカは死んでも治ってねぇ!!」
  44. 46>むしろその方が普通というか、男がいつまでも母親大好きだと気持ち悪いと言われるけど、女の父親好きはそうでもないよね
    いわゆる「女々しい」ってやつが、女性なら「いやだって女だし」ってことだしなー。
  45. >>11 当時の庶民のパンはバターも使ってないようなふっくらしてない固いパンなので、今のフランスパン(20世紀初頭頃から現在のタイプに?)tブリオッシュ比較しても食感以外の差は小さいかもしれないですね
    美味しく進化しちゃってる!!
  46. 眼鏡があったから即死だった.....!!>ゆうべはお楽しみでしたね
    即死した!!!
  47. ゆうべ実写>世の中には我らとは真逆に「ヒロインが眼鏡ならいらない」という人もいるらしいので、最初から「実は眼鏡です」と示してくれるのは親切なのかもしれない
    普段からさんざん優遇されてるんだから、たまには我慢しろとしか言いようがねぇ(笑)
  48. >73 種運命で仮面ムウ+3バカを乗せたファントムペインの艦(ガーティー・ルー)を、出くわしたミネルバからすると正体不明なので便宜上「ボギーワン」と呼んでいたような(笑)
    ほんとにミリタリー用語のボギーワンが元ネタでも驚かんかも(笑)
  49. a. >>61 細かいところを言うと95式の完成を祝福されたのはマッドサイエンティストであってターニャではないですね、まあ同じようなもんですがあの時使ってたのがヴァイス君だろうとヴィーシャだろうとかまわなかったのですね、まあ、たいしてかわんねーじゃんといわれたらそうなんですが。
    b. >>61 95式使うと精神汚染というか本人が認識できないレベルでいつの間にか聖句を唱えるのが日常になってた、とか、いつのまにかロザリオを身につける習慣が出来てた、とかなので、非常に忌避して、現在の自己認識のあまりにも剥離した消失を死亡と同列に考えてるターニャは95式の使用を死と天秤にかけるくらいには嫌がってるので基本的には部隊員と同じ97式を使用してるのでつまりまあ、火力なんかは部隊最下位レベルが通常の編隊編成時のターニャです。ので、部隊員が心酔してるのは戦略眼や指揮能力なのです。もちろん現代の軍事知識から導かれた「常識」に基づいて安全策ばかりとってるわけですが、あの世界のまだ空戦が未熟な世代からみたら英雄的行動にみえたりするわけなので、そのあたりですね。けしてウイングガンダムゼロカスタムみたいな砲撃やローリングバスターライフルみたいな殲滅だけで突き進んでるのではないのです
    c. >>61 なんというか大半の転生系のなろう主人公は自身ができる事すら把握してないんですよね、いや転生直後とかならともかく、何年も生きてて何も知らなすぎる。しかも周囲が驚愕してる渦中で、これってふつうじゃないの?とかのたまってるのがとてもしんどい読んでて
    d. 61 「神からチートアイテム与えられたけど、使いこなせてるのは本人の努力な部分が大きい」 >アニメしか観てない作品ですけど、このチート(魔力)も神が嫌がらせで与えたような印象でしたよね。魔力があったから軍で出世できたけど、あまりにも強すぎたために戦果を出し過ぎて常に最前線で命張る目に・・・なければないで、現代目線で一般常識的な知識を使って安定した職で生きていく(で、情勢悪化前に少しでも安全な地域に移動。第二次大戦ならアメリカが一番安心安全?)ことも可能だったろうに。まあ、孤児院に残る道があっても、奴隷同然の扱いをされる家に引き取られる、流行病に罹ってもお金がなくて治療してもらえない、とかもありえたから手っ取り早く孤児院から脱出するのは悪手ではないとは思いますが。
    e. >61 幼女戦記がなろうかー、個人的にはそう言われたくないなー。あれは完全に戦記物と言う認識。どちらかと言えば現代の知識先取りで戦術&戦略勝ちしてるって感じですな。大佐の言及しているアイテムは主人公しか使えないけど、「神に祈る」必要性があるので主人公的にはSAN値削りながら使ってる「呪われたアイテム」扱いであまり使いたくない扱いされてます。
    オレ個人は「なろう系じゃん」とかバカにするつもりもないし、そもそも日頃から「なろう系」を一括りにバカにした発言自体したことはないので、「なろう系がどーの」って話題とは別として書くんだけど。幼女戦記が「主人公が凄い力を得て、大活躍する作品」というイメージは、どうしたってあるのね。大前提として「そーいうジャンルの作品」で、「嫌がらせで与えられた力だし。デメリットあるし」「努力してるし」「アイテム強いだけで本人はそうでもないし」」ってのは、一個チャートを進めた先の枝分かれ要素というか。なので「皇国の守護者みたいな話と思って読んでたら新城直衛が目からビーム出して敵軍を薙ぎ払った」「A君の戦争みたいな話と思って読んでたら小野寺剛士がドラゴンに変身する宝玉を発動して無双した」みたいな「え、期待してたのと違う」という感情はどうしても持ってしまったわけです。で、「違う」は決して「だからつまらない」ではないので、作品をディスってるわけじゃないよ、と。「こんなアンジャッシュ作品とは期待してなかったけどオモシレー」とかはある(笑)
  50. a. >90 ヘラクレスがかませにされるのは物語的に相手のヤバさを表現するのに便利というメタ視点は置いておくとしても、黒化しているセイバーオルタは魔力供給が∞状態で常時エクスカリバーぶっぱなのでまともにやりあえる鯖自体がいないという。筋力回りも魔力放出でブーストしまくってるから半端ないしなぁ。ゴッドハンドの耐性については表記ブレがあるので難しい所
    b. >90 まぁバーサーカー状態でヘラクレスの強みが下がってるからしゃーないってのはあるんだけどねぇ(裏切りを無くすためにそうやったってのもまぁ分かんだけども)。個人的にはその状態で魔力無尽蔵状態の生前よりもヒャッハーしてるアルトリアさんにあれだけ戦えたから・・・うん・・・と納得するしかないんかなぁ・・・いつか盛りに盛ったキノコが設定したアーチャーヘラクレス見てぇなぁ。
    c. >90 ヘラクレスの耐性設定は(作中の凜の説明やゲーム中のTIPと違いますが)さすがにそのままでは作劇ができないとが判断されたのか「耐性とはいったが防御力+100だ。累積するがそれ以上の攻撃力で突破できる」に大幅下方修正されました。かたくなに真っ当なヘラクレスを出さないのロマン枠にとどめることで最近のスペックインフレへの逃げ道にしているのだと思いますが、巨漢スゲー勢の自分としては寂しいところですね。
    設定変更した結果、他のサーヴァントにも殺される余地が格段に増えてしまったヘラクレスさん……好きだから悲しい……。
  51. a. 〉87 どんな立場でも今は「自分はタバコの匂いが苦手だから自分と同じ部屋では吸わないでください」とお願いするくらいはいいんじゃないんですかね。喫煙者の方だってそういう層が増えた(正確には口に出す社会的ハードルが下がった、でしょうが)ってことくらいは知ってると思うので気分害することなく配慮してくれる可能性は低くないでしょう。もし「嫌だよ」って言われても、主催の人に理由を話せば部屋替えに応じてもらうには十分な理由だと思いますし
    b. >87 なるほど難しいところですねえ。私の尺度だと「マジでしんどい人がいるなら他所で吸うべき」だと思うんですけど、問題は「相手がそういうことを考慮してくれる人間性を持っているか」、持っていたとして「大佐の辛さがちゃんと伝わるか」だと思ってます。先述のように喫煙者には非喫煙者の苦しみが伝わりにくいと思いますので。そういう場合は、私見ですが一度の説明で伝わるとは思えませんので、言葉を尽くして辛抱強く丁寧に説明するのが吉じゃないかなとは思いますね。
    10人位で旅行……というか「温泉宿でダラダラする」ってやつで、寝る部屋は二部屋なんだけど、過ごすのは片方の大部屋なんだよねー。なんでまぁ「旅行で寛いで喫煙もしたかろうしねぇ」とは思ってしまうので、「じゃあ俺が我慢して、来年は参加しなくていいかな!(毎年開催されてて、俺はまだ参加二回目)」みたいな心境が今(笑) あ、でも流石に寝る段になった時は「この部屋タバコ臭過ぎて寝れないので、もう片方に替えて」は主張した。
     
 
       
 
 
 
 
 
 
 

サイト内検索っぽいモノ