HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
同人委託情報
  

とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス booth
 
読了本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!





日記ログ
■2019/09a
■2019/08b
■2019/08a
■2019/07b
■2019/07a
■2019/06b
■2019/06a
■2019/05b
■2019/05a
■2019/04b
■2019/04a
■2019/03a
■2019/02b
■2019/02a
■2019/01a
■2018/12a
■2018/11a
■2018/10b
■2018/10a
■2018/09b
■2018/09a
■2018/08b
■2018/08a
■2018/07b
■2018/07a
■2018/06b
■2018/06a
■2018/05b
■2018/05a
■2018/04b
■2018/04a
■2018/03b
■2018/03a
■2018/02b
■2018/02a
■2018/01
■2017/12b
■2017/12a
■2017/11b
■2017/11a
■2017/10b
■2017/10a
■2017/09b
■2017/09a
■2017/08b
■2017/08a
■2017/07b
■2017/07a
■2017/06b
■2017/06a
■2017/05b
■2017/05a
■2017/04
■2017/03b
■2017/03a
■2017/02b
■2017/02a
■2017/01b
■2017/01a
■2016/12b
■2016/12a
■2016/11b
■2016/11a
■2016/10b
■2016/10a
■2016/09a
■2016/08b
■2016/08a
■2016/07b
■2016/07a
■2016/06b
■2016/06a
■2016/05a
■2016/04a
■2016/03b
■2016/03a
■2016/02b
■2016/02a
■2016/01a
■2015/12a
■2015/11b
■2015/11a
■2015/10b
■2015/10a
■2015/09b
■2015/09a
■2015/08
■2015/07a
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

9/13
ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン #3

 
 大型ゴブリンスレイヤーさん(違)に既視感を覚え確認したら、3巻同士で対応させてたのね(笑)
 オッパイが確実に発育していることが確認された( ・`ω・´)
 そして俺の中の「キャラクターの外見は髪は切る前のほうが好み」という法則から逃れられなかった……!!

 TRPGネタ解説ですが、ゴブリンスレイヤーTRPGのことではありません。D&Dと関連付けて勝手に語るだけです。そしてワダツミが何の説明もなく「D&D」って書いた場合、3.5版かそれ以前のことです。たまに4版や5版の話もしますが、そのときは注釈します。多分、気がつけば。他のTRPGの場合は、流石にそのことを書くはずです。きっと。恐らく。
 あと「D&Dでこうだからゴブリンスレイヤーの描写はおかしい」という意図は一切無いので誤解して怒り出さないようにね!!
 また、基本的にあくまで「作品考察」ではなく「ゴブリンスレイヤーにかこつけてD&Dのことを話してる人」なので、記事にしている範囲内で明確に描写されていない部分に関しての「原作では~」「作者の発言では~」といったコメントはナシとさせて頂けると幸いです。これがまた「原作で○○って描写されてたのを自分なりに解釈したらこうです」と「原作で実際に描写された」のどっちも「原作では~」という流れでコメント頂いたりするので、見分けがつかなくて「原作では」「作者の発言では」情報ですら矛盾が多く、対応しきれんのですよ~。あとぶっちゃけ話が脱線しまくって際限がなくなるのも大変!!


 
 マァジックミサァァァ!!
 この世界の呪文の詠唱はラテン語ベースなのね~。
 3本飛んでいくってことは、レベル5ウィザードか!!(違
 D&Dはレベルが2上がるごとに飛んでいくマジックミサイルの本数が増えて、最大5本に。
 基本的に「低威力だが着実なダメージを与える呪文」というポジション。純魔力弾なので属性防御で止められず、非実体にもフルダメージが通り、必中という安定感。4版で命中判定が必要になった時は衝撃が走った(笑)(5版で必中に戻った)。
 そんなわけでそりゃ開幕ブッパしてもそりゃーどうにもなりませんなというシーンでとてもしっくり来た。

 
 そしてマジック・ミサイルといえば「詠唱が超短くて覚えやすかった」ことにも定評のあるアンセムさん。
 あまりにも凄まじい威力なので「これ素人がマジックミサイルと勘違いしてるだけで、絶対別の呪文だろ」と子供の頃思ってた(笑)

 
 更に余談。
 FF7の青魔法「マトラマジック」は、多数のミサイルで全体攻撃する便利なやつで、当時は「マジックミサイルってことなんだろうなー」くらいに思ったんだけど、後に「マトラ社のマジック」というミサイルが存在することを知る(笑)

 
 ホーリーライト!! 閃光呪文じゃなくて照明としても使えたのか(笑)
 ……と思ったら次のシーンにはもう消えてたけど!!
 剣先に点灯させたら眩しくて邪魔なので消したのかもしれないが、ならもっと邪魔にならないところに灯してそのまま使うほうが良いのではという気もしてしまうのであった。そーいやスレイヤーズでもライティングは照明より閃光弾のイメージの方が強かった。

 
 ブロブと言えば、昨日のTRPG部では下水道に巣食ったブラックプディングと遭遇し、うっかりハンドアクスで攻撃したら分裂増殖し、その後は前衛2人が摂り込まれて武器防具が強酸攻撃によってボロボロになり衣服は溶け去り(なんで前衛2人が男なんだ!!!)、最後はウィザードが仲間ごとファイアボールで焼き払った(笑)

 
 別の場所ではグリーンスライムがうぞうぞしている通路の奥にある鎧を取るために、「汚物は消毒だぁぁぁ!」とやはりファイアボールで大半を焼き払い、「これくらい減ればいける!」と戦士が1人鎧を取りにダッシュするも、反応セーヴで2を振ってスライムに取り付かれ「肉ごとこそぎ落とすか、焼き払うしかない」ということで、バーニングハンズで丸ごと滅菌されていた(笑)

 
 D&Dは最初こそ「選択肢の一つ。いざとなったら使えることは覚えといてもいいかもね」って程度だったシールドバッシュが、サプリメントが追加されたことで「むしろ武器を使って戦うよりも強い」という意味のわからない状況に陥った(笑)
 両手にそれぞれ盾を装備してバッシュするほうが攻撃と防御が両立されて強いってなんだよ! ジャンクマンかよ! キャプテン・アメリカもドン引きだよ!!

 
 オッパイ魔女さんが煙草に火をつけてた呪文はティンダーなのかと思ってたが、この世界ではティンダーってエンチャントウェポン系統の呪文だったのか!! ファイアウェポンかと思ったら直後にそれはそれで使われてたとも!!
 ブレスウェポンはD&Dにもありますの。武器に善属性を付与して対悪魔とか悪霊とかと戦うときにダメージが通り易くなったりするが、本能のまま生きてるだけな知能の低いモンスターは動物と同じで「真なる中立」であることが殆どである。
 子供の頃は「ブレス」って「モンスターが口からなんか吐いて攻撃すること」と思ってたんで、D&Dで「ブレス」の呪文を初めて見たとき「僧侶が口から火を噴く攻撃呪文」と勘違いしたのは秘密だ。英語だとスペルが違うけど! カタカナだし!!!
 というわけD&Dのブレスの呪文は命中と対恐怖にちょっとだけボーナスが乗る呪文です。

 
 今のD&Dは兜って基本的に鎧の中に含まれていて、魔法の兜でも装備しない限りは「鎧」のパーツでしかないんだけど。

 
 バルダーズゲートをプレイしながら、兜被るだけでクリティカルヒットに完全耐性を得られるのは強過ぎじゃないかと思えてならない(笑)
 魔法の兜の特殊効果とかじゃなくて、店売りの普及品でもデフォで持ってる機能という。

 
 ゴブスレ世界はローパワーだから、巨大なモンスターとかどうやって倒すんだろうと心配しながら読んでたら、まさかの攻城兵器投入で拍手喝采。「金とコネとはこう使うんだ!」が格好良過ぎる。
 ハイパワーな超人バトルしちゃう世界なら、人間がマッハで動いて攻城兵器級の攻撃を繰り出し、魔術師も自走砲と化すわけだけど、そうじゃなかったら巨大モンスターはこうやって対抗しないとな! 熱いぜ!!!

 
 攻城兵器といえばD&Dのプレイあるあるをネタにした同人映画のザ・ゲーマーズで、酒場の中でバリスタ使おうとするシーンがあって(笑)

 
 相手が強敵だから、盗賊が手持ちの武器でバックスタブして3倍ダメージ与えたってたかが知れてるから、もっとスゲェ武器をお見舞いしてやろうぜってオーバーキル過ぎる(笑)
 もちろん実際にD&Dでこんなことやろうとしたらルール上問題ありまくりだからいい子は真似しないようにね!!!(しない

 
 スクラム組んで突撃を受け止めるぜオッラーン!!
 って熱い展開を素直に受け止めようとする自分と、ゴブスレ世界が基本的に地に足がついてる寄り世界ゆえの「これ、前の方は両側から押し潰されて即死するんじゃ」という自分が、ハルマゲドン!! ラグナロック!!

 
 き、きっと冒険者の中に手をつなぐ魔人がいたに違いないんだぜ!!!
 もしくはなんか陣形組んで防御力高める呪文的ななにかが炸裂したんだ!!!
  ■ダンジョンズ&ドラゴンズ!!!

 
 昨日はTRPG部の新規キャンペーン第2弾ということで、こっちもチュートリアル&リハビリプレイを踏まえた後に本編に入ることに。
 ってわけで特例的丸見えダンジョンを5時間掛けてセッティングしている途中のワダツミさんです。

 
 最終的な完成図はこちら。
 初体験プレイヤーは1人で、普段は5版やPathfinderをプレイしているとのこと。元々TRPG部のリプレイを読んでTRPG始めたそうな。そんなきっかけで始めて、その続編に参加するというのも素敵なめぐり合わせである。

 
 下水道の先には巨人が!!(違
 謎時空の不思議のダンジョンなので何が起きるかわからないからな!!!(おかしい

 
 ってわけでスタート地点は下水道。汚物に塗れながら進むという、キャラクター目線ではいきなり悲惨極まりない過酷な環境である。
 汚物といえばコイツ、ということで初遭遇はアティアグさん。ポイントマンを務めたガンナーのヒスイさん、相手の機会攻撃能力を見誤って早速掴み今日からの組み付きコンボの餌食に(笑)
 このあとめちゃくちゃ汚物を被った。

 
 一方ダンジョンの別の場所では巨人が財宝を見つけていた。

 
「やっぱり斥候が照明持ってるのは自殺行為過ぎる!!」
 と、アティアグを倒して得た財宝(ランダムロール振って、出た財宝価値分自由に買い物していいシステム)で暗視呪文のスクロールを買ってもらい、曲がり角の先を覗いたらなんか黒いのが。
 いつも「照明持っててバレバレなんで……」と隠れ身もへったくれもない「待ち構えられぶり」だったのが、視認と隠れ身の対抗ロールを普通に振らせて貰えることに感動するヒスイ(笑)
 見事相手に気付かれず後退し、前衛に後を任せるのであった。

 
 知識判定に成功して「あいつはブラックプディングだー。酸がヤバいからレジストエナジー・アシッドかけるよー。あと殴打武器で攻撃するんだよー」ということで、メイン武器がウォーハンマーとハンドアクスの二刀流な重戦士のナザールさんがオラオラーと二刀同時攻撃をお見舞いすると、ハンドアクスの攻撃で分裂(笑)
「なんで斬りつけたーっ!?」
 よっぽど達成値が高くないと知識判定は完全なデータを得られるわけではないので、部分的に「殴打武器が有効らしい」程度の情報だったので、まぁ取りあえずの行きがけの駄賃的に斬りつけてしまった模様。
 ウィザードのアストリッドが敵の背後を起点にファイアボールをぶっ放す。
DM「えーと、背後のなにかも巻き込んだね」
アストリッド「……え? (ダンジョンの上に被せる感じで置いてた)自分のキャラシートで見えてなかった……」

 長年のTRPG部のプレイスタンスとして、「フルミニチュアなので、情景、視覚情報の説明は『ミニチュアと食い違う場合』だけするよん」となっておりまして。立体的なものもあり。角度で見えない場合もあることも織り込み済みで、座りっぱなしじゃなくてちゃんと確認してねー」っつーわけなのですな。
 この方が「DMはちゃんと説明したつもりでいた」「プレイヤーには正確に伝わっていなかった」という、通常のTRPGでは避け難いギャップを局限出来るって寸法なわけですが。
 ダンジョンの上に物を置いたことで発生する不利益の補填はなぁというのに加え、今回のケースは角度的に見えてる対面側のプレイヤーも「いけいけファイアボールで焼き払え~」って感じで、誰も止めなかったのもあるしなぁってことで、「これがチュートリアルじゃなくて本番だったら認めないからねー」と言いつつ、ファイアボールを不発消費で済ますことに。

 このあと次の手番までに見事に摂り込まれてしまった仲間を巻き込んで滅茶苦茶ファイアボールした。焦熱化ファイアボール! 爆裂化ファイアボール!

 
 危うく壊すところだった転移装置でワープした先は、世界樹の迷宮的植物感。待ち構えるはクレイゴーレム。
DM「アストリッドはコイツから受けた傷は治らないという話を知っている」
アストリッド「治らない!? 回復呪文も!?」
DM「そういった話を知っているだけで、どんな手段でも治らないかどうかまでは知らない」

 流石に全く治らないなんて無法はあるまい、ということで。ワープする前にある程度のバフをかけていたので、そのまま前衛は接敵して攻撃を開始するも、ナザールさんが様子見で普通に攻撃した返しのターンで大ダメージを喰らってしまい「ちゃんと攻防一体使っておくんだったー!」と悲鳴を上げる。当然クレリックのセトナギグから回復呪文が飛ぶのだけど。
 呪いの傷に対して高い術者レベル判定を求められ、回復できないの巻!!
 ってわけで瞬く間にナザールさんが打ち倒される。

 
 クレイゴーレムはもう一枚の前衛セトナギグがダイス目が低調で攻撃を全く当てられないのを低脅威度と見做し、短い間ながらダメージダイスが奮いに奮いまくって1人で大ダメージを与えていたヒスイに突進。背後は壁で完全に追い詰められ絶体絶命の中、アストリッドがディメンション・ドアを唱えて室内の反対側へ。するとクレイゴーレムも反対側に走ってきて、またディメンション・ドアで反対側へ……と必死に時間を稼ぐも、セトナギグのダイス運が無常で倒しきれない。
 最後はヒスイを逃がすためにインヴィジビリティをかけたアストリッドがクレイゴーレムの全力攻撃をフルで喰らって即死。生き残った2人の攻撃でどうにか倒すも、宝箱の中身はアストリッドの蘇生費用で消し飛ぶのであった。
 いやーこのレベルのモンスターに無防備なウィザードが全力攻撃されるとヤバいな!!
 この辺、アストリッドは「赤き森キャンペーンで貧乏過ぎて呪文が乏しい」という悲しい理由があったりもする。

 
 D&Dミニチュアの新作が届いてたので、ノリの良さそうなポーズを決めるグラブレズゥと玉藻で記念撮影。
 ビホルダーと同じ脅威度を誇るグレーターデーモンも、玉藻のことは立てるしかないのである( ・`ω・´)
 お供にフレイムスカルを添えてみたよ!!

 
 さらに最上位のグレーターデヴィルなピットフィーンドさんを前衛に、左のパンクなのはザリエルさん。
 かつて九層地獄第一層の支配者として君臨していたアークデヴィルの1人だったのが、下剋上されてその地位から転落していた……のだが。第5版ではその下剋上した裏切り者を副官に、階層主に返り咲いたそうな。
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!

  1. a. 9>書記がガチな高給取り的な立ち位置になるってことかー。識字率低いと読み書きできますってだけで超有力な資格持ちみたいな感じだったんかな
    b. >9 シャルルマーニュことカール大帝も字が読めないエピソードありますからね、日本でも鎌倉時代の武士には字が読めなくて字が読める家臣や地元の寺に行政文書丸投げしてる人とかいましたし…
    皆「読めなくても別に困らないし」だったろうからな!! 中国の士大夫は立派なもんだ。
  2. a. 10>防衛線の時は相手に農場を奪取される脅威度の理解がおいつかず、放棄する気でいたんじゃないかとか空想
    b. >>10 「俺に任せてくれ」とゴブリンスレイヤーが言ったか言わないかわからないのでなんとも、もしくは牧場主がゴブスレがどうするか理解していたので何も言わなかったか、なんだかんだでかなりゴブスレの理解者でもあるし(牧場主)
    「どうにもならない極限状態で、冒険者達が心意気で動いてくれた」とは言い切れないところは、引っかかってしまった。それでも面白かったけどね。
  3. 19>武具の整備しても結構金があまってる感じは出してましたよね、ゴブスレ。徹底して罠とかの効率作戦だから出費が抑えられてるとも考えられるけど、そもそも依頼主が金出せない事がおおい様な描写もしてるし、ギルドから補助金でもでてるのかしらね
    金を払える人のゴブリン退治の分を、貧乏人相手の依頼の経費のも補填しているんだろうなぁ。きっと描写されないだけで金払いのいいゴブリン退治依頼が……あるのか……な。
  4. 20>一方的に殺すのが悪魔的に美学か概念に反するとかで、スレイヤーズ的な理論があるとか思ってる(笑
    スレイヤーズの悪魔は舐めプ大好きだもんなぁ。
  5. 35>ところでオークって雑魚扱いか? 有名どころの敵亜人の認識だけど、オークが雑魚扱い(フィールド上ででてくる雑魚敵ではあっても)ってそんなに多いですかね。中堅~上位手前が多いイメージ。
    まぁD&Dだと「ゴブリンやコボルドよりは強い雑魚」だねぇ。ゆえにウィザードリィでも雑魚。ドラクエだと中盤に出てくる割と強い敵で驚いたー。
  6. 40>どれだけ事前の根回しでガラスの有用性を説いて回ったら一晩でできるのかと。それか主人公が既に工場をいくつも傘下においているんならまあ解らんでもない(笑
    主人公を年取らせないための加速システムは、この作品に限らず色んな所で猛威を奮ってそうだ。
  7. 「図書館の大魔術師」は大佐の好みに合うと思う
    3巻の表紙が腋だからか!(違
  8. a. 46>え?ぬりかべって割とイケメンムーブしていた記憶があるんだけど。そういうシーンばっか覚えてるからかな? 一反木綿もイケメンムーブするキャラだと思ってる(笑
    b. 46>「昔はモテモテだった」と自称していた目玉の親父が若返ったらマジでイケオジだったのには吹いた。しかも声が悟空だから強そう&実際めっちゃ強い。
    c. 46>鬼太郎をはじめみんな色ボケにされてナンパしまくる酷い回(9/8)であった(笑)  脳内イメージのロリ猫娘がかわいい
    「マジでイケオジ」を「オジマンディアス」と0.1秒だけ勘違いしたのは秘密だ。
  9. 29>ヘリが超音速出せないのは、機体形状じゃなくってローターの原理的にダメ。超音速を出そうとするとその速度以上に早くローターを回さないといけないけど、そのときに大きな力がかかって壊れやすくなるのと、浮き上がる力が出なくて落ちてしまうから。
    ビームローターじゃないと駄目だな!!(そうなのか
  10. たいまつ>火って以外と照らしてくれる範囲狭いうえに熱くて危険物だわで扱いが困るんですよね。ほんと電灯のありがたみが解る
    だねー。松明一本でだいぶ不自由なく照らせてる、とかも地味にフィクションテクノロジーなんだよねー。
  11. 34>船に乗ったゴブリン軍団は出たからなぁ。シャーマンとかロードだけじゃなく、他の知性が高いモンスターが指揮した場合も集団運用されて……って、これも定番か。
    マーモだ、マーモが攻めてくるぞ!!!
  12. a. >ラッセルくんは「同調」を覚えるので防御以外のパラメータは強い相方と組むことで補おう。エースボーナスを生かすためにも機体はグルンガスト参式でサブパイロットに熱血や魂を使えるキャラにしよう。ツインの相方はソウルゲインのアクセルがオススメだ!ちなみに第二次OGで彼を活躍させると幻の隠し武器「フリーエレクトロキャノン」が手に入るぞ!!
    b. 44>キャラとしては割と好きなのでいつも使ってあげようとは思うんですが、なにせOGは専用機持ちや新規参戦が超性能だったり、古参キャラでも矢鱈強いダンディが居たりでいつも枠から外れてしまうんですよね。後はまあ「同調」で数値を跳ね上げるしかないか…
    そして2人も答えが来る頼もしさ。
  13. >>55 血液が通販で買えるとなりの吸血鬼さんの世界もなかなか…と思ったけど、存在が社会的に保障されてる亜人ちゃんの世界が最も安心できるかな。
    まったり世界以外って条件のほうが質問の意図を汲めたのかもしれないな、俺!
  14. ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン #2 焚き火に向かって巨大な昆虫が群がってくる …現実世界では、夜のバイクや自転車で走ってる所に、前照灯に惹かれてのインセクト・ストライクが、稀によくシャレにならない場合がある、とは聞きます。 by エルドラン総受け
    コブラに出てくる、熱に弾丸のような速度で突っ込んでくる虫が怖過ぎた(笑)
  15. 17.>コーヒーもってこーい!(パッチン>そうして日本の缶コーヒーの半分は消滅した・・・JO、ベルミー、不二家、チェリオサバンナ、サンガリアカスタム、ファンタ・・・いや真面目にあったんですよファンタコーヒー。こないだコーヒーコカコーラ出たばっかだから別に驚く話でも無いけど
    コーヒーはそもそも飲まないのでマニアックなの以外すらよくわかってない(笑)
  16. 野生動物が火を恐れる>昔のドキュメンタリー番組の「ヒグマが火を恐れないのは本当か?」という検証で、ヒグマの前で焚き木を燃したら本当に近寄ってくるどころか、平気で火に手や顔を突っ込んで、楽しそうにオモチャにしてるのを見て、人類とは肉体性能が違いすぎると戦慄した。
    「あの世界の生物は火を避ける仕様」なのか、ゴブスレさんの勘違いなのか、単なるミスなのかでゴブリンスレイヤーTRPGのマスタリングに影響が出るのでは、と思ってしまった(笑)
  17. 5>超好き。原作終わって5年くらいしてからアニメ化したのは謎。ゲストヒロインに人気声優を豪華に使ってたなぁ。
    あの絵柄は当時の作画カロリーの平均をぶっちぎり過ぎてた。
  18. リッチの契約のあれですが、堕落したりはしないということは契約は絶対だから邪魔したら堕落するんでしょうか
    判定が緩いコンピュータゲームだからどの道堕落しないんじゃないかなー。TRPGでどうなるかはマスターしたいだろうけど。
  19. ヲタ>ワセダが低所得P…だと…!?ではヲタ→ワセダ→ゴツモリの三角(ではないが)関係勃発か。
    馬鹿の「ムショクプー」って言い間違いがツボって困ってる。
  20. 20年くらい昔に書かれた(後略>RPGだこれ
    惜しい! パンツァーファウストだった(笑)
  21. 17.>アベンジャーズ観て高二思考バリバリの事思ってた>特にエンドゲームはツッコミ入れ出したらもうツッコミ追いつかないレベルで山盛りですよね。なんだけどそういうのブッちぎる勢いで面白かったエンドゲーム。エンターテイメントにおいて「神は細部に宿る」は絶対じゃないんだなーというか「細部」にもいろいろ方向性あるんだよなぁと再認識させられる映画ではありました。
    俺としてはアベンジャーズは最初から細部を求めない作品だったもんなー。大雑把でエキサイティング!! イエス!!
  22. >>30 他人が素手で握ったおにぎりというと、「めしばな刑事タチバナ」ではまるで病原体のかたまりであるかのような拒否反応を示した親子が出て来ましたね
    この話題はまさにそれが発端(笑)
  23. 13>まあ20分はかかりますよね、その間に集中力が途切れたらアウトで。 誰か傍らでカウントしてくれる人を用意すると吉。
    パワプロのホームラン競争すら苦手!!
  24. 1>ロードス島の火竜山の魔竜もあえてねぐらに侵入することで、古代の魔術師たちが課した呪いの影響で飛んで逃げられないようにしてたしな! GATEでも炎龍退治はねぐらに入って寝込みを襲うぜ!
    そしてなぜか呪文を殆ど使わないのと、呪文を使えない。コレくらい縛らないと駄目だ……。
  25. 小鬼の頭を貫いて砕く  キャシャーンかな
    ゴブリンスレイヤーが殺らねばだれが殺る!!
  26. ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン #2>冒険者の自己責任はいいですけど、依頼主はそれでは困ると思いますねぇ。そして、ゴブリン退治は実入りが悪いと言われているが、新人冒険者が2~3回すれば装備を充実させる程度には稼げるというよくわからない評価ですね。最後にゴブスレは一晩中武器を振るっているみたいですが、不眠ペナルティはないのでしょうかね?
    疲労はスタミナポーションで回復できるが疲労は呪文では回復できない、という話が(なにを言ってるかわからねーだろうが
  27. そういえば「ゴブリンはもう十分に強い」ってタイトルの漫画があるんだけど、その世界の銃器はキャラのレベルが上がっても強化されないから低レベルの初心者しか使わなくて、高レベルになると普通に物理で殴ったほうが強いって設定になってた
    一般的な超人バトル作品における銃のポジション過ぎる。
  28. a. 50>外輪船もあるし、都市部は普通に19世紀ぐらいの世界観だったような? 古い街が中世の外観残してるとかなんじゃないかな
    b. 〉オーフェン世界 でも通信技術が無く伝書鳩使ってるんだよね
    b.電信技術はまず発電技術が「一般化」しないといかんからねー。
  29. バンダイチャンネルのセリフ検索が面白いですね。検索元が字幕なので字幕対応してないタイトルが出なかったり、青椒肉絲で陰陽大戦記がチンジャオロースでカウボーイビバップとらんま1/2がヒットしたり微妙に使いにくかったりはしますが。
    Netflixの字幕はヒアリングで書き起こしてるから時折面白いことになるものの、あっちもセリフ検索機能欲しい(笑)
  30. >23 このすば劇場版、揺れるらしい。とにかく揺れるらしい(なにが?) 笑える映画も貴重よねー URL
    めぐみんは小さいから他2人か……。
  31. 56>『里見の謎』の序盤の称号(「なりわい」)、てつだい→ふつうびと→よわむし→じゃくしゃ→どしろうと→ざこ→したっぱ よりはだいぶマシな気がする(当たり前です
    ふつうは弱者より弱い
  32. a. >>35 金床が最初にギルドに尋ねてきた時の台詞に有りますが実はオルク=オークでつまりあの世界のオークはエルフによるゴブリンの別名なのです、まあしいて言うならホブゴブリンとかチャンピオンが他作品の一般的オークのイメージに近いと思います、まあそれでもあの世界だと精神性の根本はやっぱりゴブリンでオークに見られる勇猛さとかは無縁なんですが…
    b. >35 オルクボルグでゴブリン殺しだからオークはゴブリンに含まれそう。コボルドは鱗かな?ふさふさかな?
    指輪物語のオークが、ホビットの冒険じゃゴブリンだったことのネタだろうねー!
  33. 30> 個人の気分の問題でしかないから否定はしない。ただ、「普通」とか「当たり前」とか「当然」とか「同調」を求められても困るし、他者にケチつけて否定するなよって感じですね。
    確かにそうだね。ごめんね。自分は、元のイメージが「殺す気か!」ってオニギリ叩き落とす人だったから、そのままそのイメージで扱ってしまった感がある。
  34. ゴブリンと言えば、富士見ドラゴンブックのモンスター・コレクション書籍では「ドワーフの王国がゴブリンに滅ぼされた」話を出すくらいだからねー。確かに奪う事しかほとんど知らない連中ではあるけれど、理由もなく雑魚扱い出来る存在ならそもそも冒険者に依頼が出されたりないしね。長年ファンタジーで雑魚として敵方の先兵を飾ったりもしない。その辺りのバランスよなー。
    コレクションシリーズは大変お世話になったが、D&Dのメテオスウォームを隕石降らす呪文だと書いて俺を勘違いさせた罪は重い……!!
  35. ヲタ>ショートパンツのひもがリボンに見えたせいで白パンを空目してしまった……
    パンツにしては食い込みが足りなかったな!!(そーいう問題ではない
  36. ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン #2 『【異世界】一般人が中世ヨーロッパに転生』「半径3キロメートルの内側で一生を終えるのが当たり前」 …日本的な風景なら、住民数戸(十数人)・畑・山・川、な感じでしょうか。あとは年数回の移動商人。 by エルドラン総受け
    流石に人数はもう少し多いかと思われる。
  37. 54>お祭り物のガンプラ作品ってことで偏見から期待してなくて、たまたま初めてまともに見たのが15話だったのは良かったのか悪かったのか。まぁおかげで一気にドハマりしたんだけど勿体ないことしてたなぁ
    リアタイで観れないの後悔することあるある。
  38. ゴブスレ世界にも照明魔法ありますよ。ホーリーライトが そうですね。使用回数の関係と魔法でしか出来ないことをやるというゴブスレの方針から松明カンテラで済ませてるうえにほぼ閃光魔法としてしか使われてないですけど、水の都編で1回だけ照明魔法を囮目的として使ってますね
    おおぅ、漫画だと削られてるだけで使ってたのかー。……俺が読み落としてるなり忘れてるだけか!?
  39. 「ヴァンパイア・ザ・マスカレード」:社会の掟は整っているけど、不老の存在ばっかりなので生まれが下っ端だと(基本的には)永久に出世できないという怖い世界でもありますね。 by 裸ネクタイ
    TRPG部で使ってる世界には、市長がエルフで居座り続けてることに業を煮やした部下がハジけた行動に出てしまうのがあったなー。
  40. 引用>アルターが怒ったのは回収したい部位まで吹き飛んじゃったから?
    そうそう、それそれ。
  41. 新規キャンペーン   お、アストリッドちゃんか?
    そうそう、それそれ(パート2
  42. 毎日大量の依頼が持ち込まれて>これの恐ろしいことは、新人冒険者が2~3回でゴブリン退治は卒業ということを考えると、1週間ごとぐらいで5人ぐらいの冒険者があの町のギルドに常にやってくるという、どういう人口と密度なのだろうと思う。神殿のあった街にもギルドがあってそこまでの日程が数日ぐらいだったわけですし。
    食生活も豊かだから、現実の中世より生産性が高くて人口も多い……多い……そして裕福な農民が冒険者に……でも依頼者の農民は貧乏で……(グルグルグルグル
  43. 江戸時代のいっき、と聞いて思い出すのが「カムイ伝」 カリスマある指導者のもと複数の村が協力して事実上の共産主義を構築、と思ったら些細なトラブる(領主の仕掛け)であっさり崩壊、という物語当時学生運動のビラにすら描かれたりしたな
    歴史上の革命とかも基本的にそのパターンだしねー。いざ自分たちの手に「共同体を運営する立場」が回ってくると、手に余らせて崩壊。
  44. ヴァンパイア・ザ・マスカレード > これのPCゲームで大人しい眼鏡っ娘のヒロインを従者にできるんだけど、この子が主人公への忠誠を暴走させて、途中から会いに行くたびにゴスロリファッションだったり、パンクファッションだったり、ビッチな娼婦ファッションだったり姿が次々と変わる(もちろん眼鏡も外す)。「こ、この格好ならご主人様は喜んでくれますか?」と健気に聞いてくるので、否定する選択肢も遠回しな言い方になり、なかなか元の姿に戻ってくれない(笑)
    全力で否定する選択肢もあるんだろうね?
  45. ハイヴ・マザーと同じ画面に居る、シカやリスはどうなっちゃいました?木こりの人も、何でこんなのが出現する出来事に関わってしまったのでしょう。
    動物は範囲攻撃呪文に巻き込まれて吹き飛んだなー。蓋を開けたらダークエルフがPCを誘い込むために仕組んだ罠でしたー。
  46. セッティングされましたダンジョンの中央辺りに転がってる、カラフルな袋?は何ですか。誰かのお菓子の袋か、もしかして重要アイテムですか?
    あれは……なんと……プリキュアのグミです。
  47. ゴブリンスレイヤーTRPGにも「光明」という照明魔法はあるんですが、呪文一回分使うし達成値で持続時間が左右されるしで、駆け出しが探索で使うにはちょっと燃費の良くない印象でした。 レベル上がれば一日中明るく出来るから便利そうなんですけども。
    最大でもたった8回しか呪文使えないシステムで照明呪文に割くリソースはないよなぁそりゃ。効果時間が24時間になってくれるなら、前日かけておけるんで使い放題だが。
  48. ゴーバスターズ、久しぶりに見ても眼鏡っ娘オペ子ちゃん可愛い……
    眼鏡オペレーターは素晴らしいキャラが多い。
  49. 15>前半で離脱したけど3期の覇王辺りで復帰した。マリシャスデビル大好き。
    遊戯王だから許される盛大な尺の使い方、引っ張り方よ。
  50. 32>「矢が…(ヤングマン)」や「旦那とヒモ(どんなときも)」みたいな短いフレーズが良くツボに入った。
    「便座ない!!」
  51. >2 なるほど、下着の中身の形がわかりやすくなると!……ところでこの絵みたいな二次元特有のお尻の割れ目にしっかりに食い込んでるパンツは汚れやすくないか心配になる。ちゃんと清潔にしてるか脱がせてチェックしないと……汚れてたらやっぱりお尻ペンペンしないと……・URL
    特有、ということもなく食い込むのではなかろうか(笑) 常時かどうかはともかく。
  52. ゴブスレさん、兜のツノが片方ないのはアルデバランみたいであるな(笑)
    今回もう片方も折られた模様(笑)
  53. 16>中国人が日本語を勉強する際「同じ漢字を使う言語だし楽勝だろ」と考えるそうですが、だいたい音読み・訓読みで挫折するそうです。「なんで一つの漢字に二つも三つも読み方があるだよ!」とツッコまれるとか。
    そして音読みにも訓読みにも該当しない特殊な読み方のオンパレード!!!
  54. 葡萄もいかんとは!  https://news.yahoo.co.jp/byline/ishiimasumi/20190913-00142018/
    そーいやちょうどこのまえ、貰い物のマスカットを食べながら「ハナコはダメ!」と遠ざけたな(笑)
  55. 41>「残機x99」にもなぜかチンコ付きがまじっていたな。  それよりも、邪悪な眼鏡っ娘が多いマンガだったが(笑)
    3巻の自己中眼鏡が本当に酷かった(笑)
  56. 12>ゴブリンが新たな巣穴にしようとした洞窟は奥が古い遺跡になっており、そこには赤い扉が……!
    進化する銃が手に入る!!!
     
9/11
  ■ヲタ

 
 
 あまりにエロいのでまた見返してしまった……!!!
 いやうん、リリィのお洒落講座回の微笑ましさとあいつの我慢強さと乳を揉んだ手の匂いスーハーしてるのも感動したけど。
     
  ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン #2

 
 好きだぜ……このオッパイポーズ……!!

 TRPGネタ解説ですが、ゴブリンスレイヤーTRPGのことではありません。D&Dと関連付けて勝手に語るだけです。そしてワダツミが何の説明もなく「D&D」って書いた場合、3.5版かそれ以前のことです。たまに4版や5版の話もしますが、そのときは注釈します。多分、気がつけば。他のTRPGの場合は、流石にそのことを書くはずです。きっと。恐らく。
 あと「D&Dでこうだからゴブリンスレイヤーの描写はおかしい」という意図は一切無いので誤解して怒り出さないようにね!!
 また、基本的にあくまで「作品考察」ではなく「ゴブリンスレイヤーにかこつけてD&Dのことを話してる人」なので、記事にしている範囲内で明確に描写されていない部分に関しての「原作では~」「作者の発言では~」といったコメントはナシとさせて頂けると幸いです。これがまた「原作で○○って描写されてたのを自分なりに解釈したらこうです」と「原作で実際に描写された」のどっちも「原作では~」という流れでコメント頂いたりするので、見分けがつかなくて「原作では」「作者の発言では」情報ですら矛盾が多く、対応しきれんのですよ~。あとぶっちゃけ話が脱線しまくって際限がなくなるのも大変!!


 
 TRPG的にはホームタウンに次々と適切な難易度の依頼が舞い込んでくることは別段珍しくないわけなので、TRPGであるこの世界でも特に問題はないわけですが。それはそれとして。
 野暮なマジ目線で見てしまうと、(具体的にはわからぬのだが)神殿の依頼を受けに行ったら街の規模に驚いてたことから鑑みるに、都会と言うほどではなさそうなこのホームタウンで、毎日大量の依頼が持ち込まれて冒険者達がそれに群がり、街に常駐している顔ぶれが存在するということは供給が安定しているということであり、新米だって贅沢を言わなければ仕事にあぶれちまうこともない。言い換えれば世の中にはそんだけスナック感覚でモンスターが跳梁跋扈しており、危険がウォーキング状態なのだが。一方で街の外に済んでる一般人が「ちょっと町まで行ってくるわー」って護衛も付けずにホイホイ行き来もしている。

  先日読んで面白かった記事
 やはり現実はモンスターが存在するライトファンタジー世界よりも危険だ!!!
 いわゆる「モンスターがいるような危険な世界」というフレーズだが、現実もジード軍団みたいなのがヒャッハーしてたようなもんなんだし、実際問題村々を襲撃して略奪しまくるし、それを退治してくれる冒険者なんて存在しないし、それで国が滅ぶこともあるしで、「モンスターを生身でぶっ殺すような超人が存在しない世界」にしてみたら、現実の危険ぶりは負けてねーのである。

 
 やはりこの作品の呪文の名前ってD&Dよりはソード・ワールドよね(笑)
 ソード・ワールド自体がD&Dの「ルールを簡単に、PCを死に難くして、精一杯間口を広げたD&D」で、データ上の名前なんかの殆どがD&Dと共通しているんだけど、その上でソード・ワールド独自の呪文(ちょっと名前変えてるけど効果はほぼ同じ、は除く)も存在してて、その中でもスネアは公式リプレイにスネ吉もといスネキチがいたのもあって代表的な存在だな(笑)
 しかしこの世界では、ウンディーネを絡めて泥水に足を取らせる呪文になってるのは新鮮な感じだぜ( ・`ω・´)

 
 このゴブリン、(死ぬまでに)「揉みたかったなぁ……」と思いながら最期まで諦めなかったんだろうな……(おかしい
 揉めればそれでいい、くらいの不退転の決意がなければ、こんな勝ち目がない状況で死んだふりを辞めて揉みに行く意味がないからな……!! 絶対揉みたかったはずだ!!!

 
 清潔感があることを義務付けられる空気を、「よくある石鹸の香りがするライトファンタジーだから」と片付けるよりは、ギルドがバリバリに中間マージン取ってる世界なら、加盟者の義務として清潔さを保つこととされているのではと思いたい(笑)
 それはさておき、TRPG部世界では魔物を解体して素材として売るのは基本行動なので大変である(少なくとも日本語版D&Dにはそんなルール無い。でも英語版のサードパーティ製まで含めたら知らない)。ダンジョンに宝箱を置いてもスルー等、「見つける必要がある」タイプの収入をガンガン回避されまくって困った末に編み出した、「絶対に最低限度の収入は得てもらう」手段である。元々世界設定的には「モンスターをハントして素材を売る」という狩猟文化は存在してたのだが、TRPGのルールとして導入されたのはD&D3.5版プレイの途中からである。

 20年くらい昔に書かれた、TRPG部で使っている世界を舞台にした小説の時点でも素材をふっ飛ばして大騒ぎするシーンがあった(笑)(以下引用

 砲と共に武器として持って来ていた木箱を開け、中に四本入っていた杖の一本を取り出す。先端には大きな魔宝石が付いており、杖の部分との接合部に呪符で封がされている。その呪符を剥がすことで、先端に篭められた魔力が発動した。
 勢いよく杖から飛び出した魔宝石が、一直線にヒドラを目指して飛んでいく。
 斬り落とされたヒドラの首の悪足掻きを難なく躱したアルターは、イリスの取り出した木の棒を怪訝な表情で眺めた。その先端から飛び出した何かが、矢の速さで真直ぐにヒドラの胴体へ着弾する。次の瞬間、轟音と悲鳴が同時に上がった。
「な、何だぁ!?」
 ヒドラは胴体に大穴を開け、完全に息絶えていた。即死だ。
 着弾した魔宝石は前方、つまりヒドラの腹へ向けて巨大な熱量を吐き出し、ヒドラの内臓を灼き尽くした上に吹き飛ばしてしまったのだった。いくらヒドラが強い再生力を持っていようとも、これならば無意味だ。特に強力な再生力を持った亜種ですら即死させられたのではないかと思うようなどうしようもない威力だった。
 思考を含めいかなることにも機敏な彼には珍しく、アルターは呆然とヒドラの死体を見つめていた。彼であっても目の前の事態を即座に理解出来なくなるような、唐突過ぎる幕切れだったのだ。
 やがて、我に返ったアルターはすぐにヒドラの死体の検分を始める。その顔には焦りが浮かび、徐々に怒りへと変換されていった。

 
 この先の展開を読んだ上じゃなく、最初に読んだ時点で俺わかってたんだよ!! この笑顔は絶対ろくなことにならない前振りだって!!!!
 そ、それはともかくとして。
 先日ボードゲームのBGVで指輪物語流して、モリアの坑道におけるレゴラス無双に「やっぱレゴラスは最高にかっけぇなぁぁぁぁ!!」となったワダツミです。でもまぁあんな達人でもなきゃ、屋内で飛び道具はそりゃ使いづらいわな。ドラゴンバスター2みたいに跳弾を使いこなすゲームじゃあるまいし!!(笑)
 D&Dでも精密射撃とか遮蔽抜き射撃とかの特技積んでかないと、狭所の集団戦じゃ当てづらいよにゃー。「近接戦闘中なので-4!」「間に味方が立ってるんで-4!」と、この2つが乗るだけで絶望的に。

 
 スライムに奇襲されて頭から溶かされている……そんな風に考えていた時期が私にもありました。
 ところでD&Dでは常時あらゆる方向を警戒している扱いなので「上を見ると宣言がなかったので奇襲されたよ」「背後を警戒してないところをいきなり攻撃される」「いちいち言わなくても常時あらゆる方向を警戒しているに決まってるだろ! 俺はマスターシーフだぞ!!」みたいな不毛なやり取りはしないで済む。
 ……済むのだが。これによって「気がついたら最後尾がいない」も、上画像みたいにヤバいのとか意地悪の意図はなくて、「単にシナリオ上の盛り上げポイントを目的としているだけ」のお約束展開も不可能なので痛し痒し。
 ちなみに当然常時全方向に視界があるわけではないので、視認判定で低い目が出た場合は「あらぬ方向を見ていた」って感じにイメージすることになる。

 
 D&D3.5版の後継作であり実質D&D3.75版のPathfinderRPGでは、武器のHPが半分を割ると「破損状態」となり、命中とダメージに-2でクリティカル能力も低下するんだけど、そこまで損傷してもその程度の性能低下なら、「何人か斬ったら使い物にならなくなる」なんて大袈裟だよなーというゲーム脳に(色々と間違った理屈
 そーいえばクラシックD&Dにおける国内プレイヤーの聖典「D&Dがよくわかる本」では「ゴブリンが使う、手入れをしてないので錆びついてるショートソード」のペナルティはダメージ-1だけであった。
 基本的にパワーレベルが低くて然程超人バトルするわけでもないゴブリンスレイヤー世界なら、「普通の武器」が5人斬ったら使い物にならなくなるのはそんな致命的でもなさそうな印象ではある(笑)
 そーいやソード・ワールドの魔法の武器は形質保持の魔力が付与されてて「溶岩に投げ込むなどの極端なことをしなければ傷つかない」という、実に頼もしいタフネスを誇っていたわけですが。マジックアイテムが超貴重な世界で壊れられても泣いちゃうから、優しい世界である。

 
 野生動物が火を恐れるってのは昔からよく言われていることだけど、ヤバい肉食動物が恐れると思ったらそーいうわけでもない、とうのもよく言われることであるわけですが。
 TRPG部の世界でパーティーが野営時に火を炊こうとするときは「現実の肉食獣が最弱の部類で、魔獣や妖魔が巨人が存在している世界なんで、焚き火なんてやったら『ここに餌がいます』と全力でアピールするようなものだからねー」と伝えるようにしています(笑)
 てーか焚き火に向かって巨大な昆虫が群がってくるだけでも十分に悪夢だよなー。

 
 フィクションだと照明って割と省略されてて、誰も灯りを持ってない地下道でも薄暗く周囲が見えてるケースが日常茶飯事なわけですが。
 やはりこうやって冒険者が松明を持ってダンジョン攻略している光景は絵になるぜ……!!
 まぁ片手塞がって不便なんで、D&Dもソード・ワールドも最初から照明呪文使ってくんだけどね!! 低コストだしね!!! D&Dは呪文使わなくても陽光棒なんつうメッチャ明るいサイリウムみたいな使い捨て照明(松明の1.5倍の照明距離)があるんで、それを身体のどっかに挿しておきゃいいからな! 松明と違って燃えないから!!
 それでも松明は「スウォームを焼き払う」といった火力が必要なときに出番があるって意味ではマシな方で、ランタンなんてマジで使われない。精々、範囲は狭いが距離が長い投光式ランタンが使われる程度である。
 というわけで閃光呪文はあっても照明呪文がないゴブリンスレイヤーの世界は実に不便そうであるが、俺としては眩しく映ってしまうぜ……!!!
     
  ■バルダーズゲート2エンハンスドエディション

 
 
 娘の魂がリッチに奪われて仮死状態になっちゃってるんで助けてよーってことなわけですが。
 そこらのパンピーをカジュアルに手にかけるほどリッチは身近な存在じゃないはずなんだけどな(笑)
 だがアニメのヒロンレベルの美少女キャラだったら、起こり得ることかもしれんな……!!!

 
 リッチに事情を聞いてみると、どうやらサクセスストーリーを手に入れる代わりに、20年後に魂を差し出すという契約をしたのに、いざとなったら命が惜しくなって踏み倒そうとしているらしい。
 このゲーム、依頼者の言い分を鵜呑みにしたまま突っ走るとそれは口車でした展開が一度ならずあるので、常に「え~? ホントにござるかぁ?」の精神が必要にある(笑)

 
 契約したんならちゃんと守らないとねーということで、依頼主に「おいこら本当のことを話すんだ」と問い詰めると、彼も覚悟完了。

 
 もちろん自由なゲームなので、リッチが娘の魂を返した途端に裏切ってリッチをぶっ殺すことで、依頼人を助けることも可能である。
 まぁ俺は「散々良い目を見たんだろうから、約束は守らないとね!」と契約の履行を見届けましたけど!

 
 ゲームも終盤に突入し、たかが野盗と思ったらとんでもないやつらが待ち構えてたりでしゃれになっていない(笑)
 ハイヴ・マザーとか「超強いビホルダー」だからな。街が滅ぶ。

 
 ダークエルフの根城に攻め込んだわけですが、敵の奇襲が無限湧きと気付かずに延々と殺しまくってたら凄まじい量の敵を倒してしまい、ドロップアイテムの量が尋常じゃない。画面外にもゴロゴロ転がってるよ!
 拾うだけで30分くらいかかるヤバさであり、マジックアイテムだけで100個以上。魔法のクロスボウボルトは2000本を超えた(笑)
 もう金なんて有り余ってて意味がないので無視すればいいのに、ついもったいなくて!!!
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!

  1. 40>ゲームの都合で飛行と言っても戦闘中は武器の届く範囲の低空飛行しかしない上に度々降りてくれる奴でも飛ぶとうざったいからなぁ。リアルに飛行可能な敵との戦闘とか考えたくもない
    D&Dやべーんだよ。ドラゴンの飛行速度が速過ぎて、フライ+ヘイストでも追いつけない(笑)
  2. a. >34 小説家のおかゆまさき氏は過去にブログで「それはきっと等高線」とコメントしてました。つまり下着の中のアレコレの形状が、下着表面の縞の曲線や狭さ太さに影響を与えて表れてしまうのでえろいのではなかろうか、という見解ですね。
    b. >34 アニメ絵においてパンツとそれ以外の水着やなんかの区別は白無地や花柄なんかの定番柄(現実ではともかく)に頼りやすく、その中でも縞は柄自体の曲線で包まれている部分の丸みなんかを表現しやすいからじゃないですかね。
    縦線と横線で効果が違うんだよな!!
  3. あそびあそばせ>今回の感想内容だけだとオリヴィアが常識人の天使にしか見えない(笑)
    マジ天使。泣いた。腋臭とか些細。
  4. あそびあそばせって尻にビーム兵器詰め込めるからヴァンパイアくらいは普通という認識でした。それにしてもオリヴィア兄とオリヴィアの兄妹愛は尊いにも程がある。
    尻ビームと比べたらまだまだ平穏だよな。
  5. 31>「王ドロボウJING」の熊倉裕一先生は露骨にマイク・ミニョーラの影響を受けた画風でしたねー。
    おーおー、発表当時絵柄が特徴的過ぎて驚いたやつ。
  6. 仮面ライダーゼロワン>カバンストラッシュをアバンストラッシュと空目して「版権的に大丈夫なのか!?」となった。
    三条陸さんならライダーのライターだし(そーいう問題ではない
  7. 拍手でも既にあるかもしれませんが、漫画ゴブスレの冒険者ギルドに登録する冒険記録用紙は5版のキャラシートですね
    マジで。ルールブック付属のとは違う感じだけど、あーいうバージョンも有るのか。
  8. 2>あの効力でファイター?レンジャー?なゴブスレでも使えるともなれば便利アイテムですよね。内容を書き換えてるみたいなこといってたけど、生産はどうなのかはきになるところ。そう簡単に手に入らないとは言ってたと思うけど。
    D&Dだと魔術師が自分の経験値を削って製作するので、生産系魔術師は一生同じレベルで足踏みしてそうである(笑)
  9. a. 12>字が書けない貴族ってどうやって仕事してるんだ、と思ったけど、書類とかが必須である事が前提の現在の価値観でしかないのかな? いやでも領地管理に筆記用具類なしって無理じゃねと思ってしまう
    b. 12>狼と香辛料の続編「狼と羊皮紙」で、主人公が聖書の俗語翻訳をするにあたって政治的・経済的・権力構造的な障害が多いと言ってたなぁ。
    a.筆記文化は宗教家のものなこともあって「当たり前」ではなく、読み書きが必要な仕事は、読み書きが出来る人に人にやらせるんだよ(真顔
  10. a. 17>あの伯父さん、実は結構な富豪なのに趣味であの規模の農場やってると妄想してみたり。実際金回りは大分おかしいと思う。
    b. >>17 精神を病んでて完治していない年頃の娘が居るので迂闊に信用できない人間を牧童に雇うわけには行かないけど伝手を頼ろうにも故郷は壊滅してるしてで、雇おうと思えば雇えるけど信用できる人間を雇うとなるとハードルが高いって感じですかね、まあ姪との関係良好で数少ない頼れる働き盛りの男が居候のゴブリンスレイヤーなわけですが
    牧場防衛戦で身銭切って冒険者を雇う気が全く無いとかもあり、与えられた情報の数々が矛盾を起こしまくってて、経済力の実態がまるで読めない。
  11. 19>そういう決まりだから仕方なくやってるせいで意味のなくなる決まり事って結構ありますよね、衛生だけでなくセキュリティーの面でも。デスクトップに使ってるパスワードの一覧がありますとかその尤もな物だと思ってる
    レディ・プレイヤー1を思い出す(笑)
  12. 25>壊れきる前に新しいのを拾ってくるなりして銃と弾を補充するとしても、弾も管理は必須だし、銃本体は整備なしだとどれくらい持つものかねぇ。勿論銃の形状、素材によっても変わってくるだろうからファンジーな銃だから破壊されないと整備不要だと言われたらそれまでだが
    ゴブリン驚異のメカニズム!!!!
  13. 30>唯一とれなかった最強武器。あれでコレクターとしての己の在り方が歪んだと思ってる(笑
    取る気にすらならなかった! 面倒そう過ぎて!
  14. 8>切りのいいところだと「ファリン復活したかと思ったけどやっぱりダメでした、取り戻すために俺たちの冒険はまだ続くぜ!」(6巻38話)までじゃないかな、1クールじゃ無理2クールだと余りそうで尺が中途半端だけど。
    そして開催されるダンジョン飯コラボカフェ。
  15. 「大いなる力には、大いなる責任が伴う」遊戯王GX第三期ユベル編の大きな転換点である佐藤先生も引用してましたね……大いなる力を持ちながら、それに伴う責任を自覚せずにそれまで通りの自由気儘な態度が、どんな影響を及ぼすか……ヒーローの礎となった名言を、HEROを愛する少年への皮肉として用いるセンスも素晴らしいですね by T・M
    GXはホントマジで「リアルタイムで観てたら絶対に前半で脱落してた。一気に観て良かった。俺にとって後半の深みがあってこそ過ぎる」と思える作品。
  16. 12>20世紀半ばですら、GHQが日本の庶民の殆どはこんな難しい文字読めないだろうと思ってたとか聞きますしね
    江戸時代が凄過ぎる。
  17. 19.15>> 手袋をしたまま会計もそうだけど、手袋のまま扉やら色々と触るのが本当に多くてウンザリする。>やめてぇぇぇアベンジャーズ観て「これ敵も他の人も金属手袋した指でやたらいい音の指パッチンさせてるけどそういうサウンドギミックでも付いてるの?てかこの人らなんでみんな『指ひとつ鳴らすだけで○○』って例え話を額面通りに受け取って必死に『指パッチンするorさせない対決』やってるの?」とか高二思考バリバリの事思ってた俺の悪口はいやぁぁぁぁ(<誰もそんな話してない
    コーヒーもってこーい!(パッチン
  18. あそびあそばせ>オカ研が用意した1~3番の血が何の血か気になる。池に居そうな鯉、生贄用の鶏や蛇・カエル辺りだろうか。
    たしかに俺も気になった(笑)
  19. >1 ゲームプレイヤーとしてはまともになって行く話なのかもしれんが、あの世界の人間として考えると命がけの稼業で非効率的になってゆくというのは考え物だな・・・いや過去のマンチ行為が効率的だったのかというのも疑問だけれど。あの世界内的に考えると、神々がゴブスレさんの(正確にはそのプレイヤーの?)マンチ行為を許容する負担は減っている、ってことかなぁ。そう考えると外付け制御装置の一人目が神官であるのもそういうネタだということになるのか
    一般的な冒険者だと「圧倒的格下を狩り続ける」ことの安定性大歓迎な中、一部の奇特な冒険心に溢れたメンタルの持ち主がPCや少数派のNPCとして存在するって感じなんだけど、この世界だと皆PCだから安定を全然求めないって意味でも特殊なのよね。ゴブリンスレイヤーさんが大金を家主にぶっ込んでる感じ、別に「ゴブリン退治はそもそも生活費すら稼げない」というわけではなかろうし。
  20. 40>わざわざ下りてきてくれるレッドアリーマーは親切な方だったんだなあ(遠い目
    飛行能力に制限があり、短期間で殺す必要があって肉薄してきてるとかもあるかもね。ゲームボーイのレッドアリーマーみたいに(笑)
  21. >2 村人の武装はともかく軍とかは普通に銃装備しててもおかしくない世界だったのか
    大量運用してなんぼな武器なんで、多分「兵士が皆プレートアーマー装備している」くらい金持ってる組織じゃないと意味がないかもー。
  22. a. 25>ゴブスレさん「ゴブリンは愚かだが無知でない」的なことを言っていたような。ゴブリンに使えるわけ無いと思いこむのはゴブリンを雑魚と侮って洞窟に入る初心者冒険者と同じことな気もする
    b. >25 使い方がわかれば盗んできて機能してる間は使えるけど整備できないから使えなくなる、そうなったらまた盗んでくるの繰り返しでどうにかするみたいですね、なので人間社会に銃が普及していれば使い方を学習したゴブリンが居れば使えるけど作れるわけではないので銃が人間社会からなくなればゴブリンも銃を使えなくなるというそういうことらしいです、ゴブリンスレイヤーの新たな発想を与えてはならないという言葉を考えれば、作るという発想や作らせるという発想を得た個体が居ればまた別なんでしょうが
    c. >25 まあなんぼ銃が有効性の割に簡単だと言っても、投げナイフよりは難しそうだわな
    人間の鉄砲足軽が「指揮官が適宜指揮しないとまともに扱えない」くらいには運用が面倒な武器だったりもするのだけど、「ギルドの嘘情報でゴブリンは子供並みの知能と腕力と言われてるが、その実態は人間(無学な一般人)より学習能力が高くて、身体能力も高いんだ」と言われたら「実際そう描写されているし、その方が納得できる」ことではある(笑)
  23. このすばの映画がえろかった。直接的な描写はないんだけど、めぐみんの台詞や表情というか、シチュエーションがとにかくえろかった。そして今年既に映画館で10本以上見てるけど、一番笑えた作品になると思う。
    そーいえば天気の子を「毎週月曜が映画が安いから、その時観よう」と思いつつ毎週月曜に予定が入って観そびれていたので観ないとなー。このすばも興味はある( ・`ω・´)
  24. >40 実際のところヒロイックな「剣士VSドラゴン」をやるにはどうするのが適当なんでしょうね。剣士の方も飛べるとかビーム撃てるようにする、洞窟の中なんかの飛べない状況、先に飛び道具で翼にダメージ、くらい?
    マッハで動いて剣圧が地を割るとかじゃなくて、地に足がついた強さの剣士でドラゴンを相手にするのは中々に難しいよね。ロードス島戦記の「ギアスで縛られてて飛べない」状態のシューティングスター戦も、ソード・ワールドでデータ化されてから考えると異様に弱いし、OVAはイベントアイテムで倒しただけだし、テレビ版も戦闘力描写が恐ろしく温いのよなー。あと火竜相手に援護しろと言われてファイアボール連発するセシルと、溶岩で焼け死ぬ火竜はギャグ過ぎる。
  25. >>3 マジか…ふぐの肝を食うようなものか
    「死ぬほど美味いが、喰ったら死ぬ猛毒」はD&D世界のガチ飽食家には障害にならんだろうなぁ(笑)
  26. >>5 大佐はお嫌いでしょうけど、異世界に包丁持って行ってトマトをスライスしたら「ベテラン調理師でもないのにトマトペーストにならずにトマトのスライスができるなんて!」と驚愕する人々を想像してしまいました
    異世界なら包丁+1とかあってくれてもいいよな。
  27. 「ガルパン軍事読本14」委託店舗にて購入出来ました。劇場版解説、堂々の完結ですね。せっかくなので休日に全巻揃えて劇場版のBDを鑑賞してみようかと思います。出来れば完結編の方も続刊でお願いします! by 取手呉兵衛
    ありがとうございます。完結編もやりますよー( ・`ω・´)
  28. FANZAとdlsiteの50%OFFキャンペーンを利用して色々エロ同人に手を出してみたのですが良いのがあったのでおススメです。Iris artさんの「佐々木夏美の子宮が堕ちた日」です。ド直球のタイトル通り人妻夏美さんがエロおやじの巨根とテクニックの前にエロエロにとろけちゃう話なんですがこれがエロかった。アヘ顔とかトロ顔ともちょっと違う感じ過ぎて理性がドロドロにとろけちゃってる様が大変エロいです。凄い絵がうまいということはないんだけど描写が上手いんでしょうね、表情がエロかったです。あと尻。本番中の尻肉のたわみが大変エロかったです。おススメです。
    そこのサークル大好きで全部買ってる!! 実に素敵なエロ本だ!!
  29. エアーウルフ>超音速攻撃ヘリ!懐かしい。子供の頃は超音速飛行できると信じてました。実際はヘリの機体形状では衝撃波が干渉して超音速は事実上無理なんですよね。スーパーヘリではブルーサンダーも好きでした。
    ビーム撃てるしいけるいける。
  30. a. 他人の握ったおにぎりかぁ・・・特に気にならんな。ただ、運んでくる際に親指がお椀の汁物に浸ってるの見ると気にしてしまうな・・・なんだろ?気分の問題かなぁ?
    b. 20>どのみち主観でしかないから作り方が認識できるかってのが重要だよなぁ。気にする人にとっても手作りと店売りの差ってぶっちゃけそれだけだと思うし。まぁプロなら衛生面でも素人よりは信用できるってのはあるかも
    c. なんだか他人が握ったおにぎりからの話で盛り上がってますがああいうのは本当に衛生的かどうかではなくて当人達にとっては精神的な面が大きいですからね?科学的根拠でのロジックはあまり意味がないと言いますか
    気分の問題以外の何物でもない( ・`ω・´)
  31. 城塞と砲のいたちごっこを自分はCivで知ったんだけどワダツミさんはやったことある? なんか好きそうな印象あるけど
    4とRevolutionは時間泥棒された。
  32. 雨は夜更け過ぎに 嵐に変わるだろう (うるさくて寝れません
    兄は夜更け過ぎにユキエに変わるだろう。
  33. すまん……兄よ……変態だと思っててすまん……。>なんかもう色々ガガーンショック
    変態紳士だった……!!
  34. 25>いつかは気球や飛行艇に乗ったゴブリン部隊が…!!
    グレネーダーが突っ込んでくる!!
  35. ところでゴブスレ世界では三大ザコ亜人のあと二つ、オークとコボルトはあまりいないのだろうか
    ゴブリンでこんだけ強いんだから、コボルトはグリムガル並みにデカくて、オークも指輪物語くらいヤバそうだ。
  36. 23>肥満で得られる耐久力って被弾を減らせる俊敏性を犠牲にするほどのメリットがあるのだろうか
    ゲーム的にはビルドの相性次第なんだけど、それはそれとして。アメリカのゲームなので日本人ほど敏捷度を評価してない(笑)
  37. a. >21 美少女フィギュアは見るなりバカにしてわざとゴミ扱いしてやれ、って人もいそうですが箱を開けたってのはもう、最初から金目の物を狙って開けたら理解できなくて腹いせに捨てたんじゃないかなぁと。被害届出して欲しいけどもう関わりたくないというのも解るし、相手もそれ見越して雑な犯罪やってるんだろうなぁ
    b. 21.>意味がわからな過ぎて凄い。>一方で被害者の方が店名晒せって声に慎重なのはすごく正しい。現代は割と狂気を正義と断言する勘違いさんおるので正しいことするとしても油断しない方がいい。ホテル名晒したせいで理不尽な報復とか逆にホテルが全く関係無い第三者からの「報復(それこそ異常者に放火される等々)」うけたりとか。とは被害者にならないよう自衛すべきってレベルの話じゃないですがこれ。
    c. 21>その従業員だけの問題かもしれないが、日常的に客の荷物を物色しては時々ガメていたけど今回は壊しちゃったのでごまかし切れず捨てたとか言い出した説が濃厚か
    トリガーの「他人を侮辱して、怒った相手に殴られたら殴った方だけ犯罪者なのはおかしい」に代表されるような、「被害者に理性があるから、手痛い反撃を受けずに済む」ことに調子に乗った犯罪者とかタチ悪いので厳罰に処してもらいたいものなのだが、当人がその気ないならしょうがないなーと思いつつも、だから凝りずにまたやるんだろうなーという気持ちもあり、もう黙って見守るしか無いのであった。
  38. オリヴィアちゃん、「牧場物語」で遊ぼう…(笑)
    殺伐要素から逃れられない宿命の乙女。
  39. 36>世界が燃えつきる日! ランドマスター!          なお昔Amazonで間違えて『地球が燃えつきる日』を買ってしまったのは極秘だ!!
    シャドゥボーダーの元ネタのひとつなんだろうかねぇ。メガテンストレンジジャーニーもそうだろうけど、その元ネタ自体がランドマスターっぽいしなぁ。
  40. そういえば主人公に特殊能力はありません、可能なのはスマートフォンが異世界でも自由に現代の電波を拾えるので現代知識を調べることができることですタイプの作品で、Wikipediaでガラスのページを見る→一晩でガラスの量産体制が整う、はいくらなんでも省略しすぎじゃない!?と思った
    量産体制はやり過ぎだろ(笑)
  41. ワダツミさんに男の娘をお届け。大丈夫、噛みついたりしないから(笑) URL
    俺は別に男の娘は好きじゃないよ!? 嫌いじゃないだけで!? 可愛いなー男の娘なのかーこれでチンコなきゃいいのになーとか思っちゃう、好きな人にとっちゃクソ野郎よ!?
  42. あそびあそばせ #8 「どんな姿でも ずっと 私のかっこいい お兄ちゃんだよ」 …人類の集合的無意識の時空間に、これを見た人々の「いいね」が集積してブラックホール化しそうな程の尊さを覚えました。(厨二的表現 by エルドラン総受け
    三馬鹿の中で可愛さが飛び抜けてしまった……!!
  43. アビー;額の鍵穴からデコビーム     ところで『ノブナガン』の人の新作『カムヤライド』も顔からのビームで怪物に鍵穴を設け、ライダーキックの要領で足先の鍵を突っ込むことで封印するヒーローのお話。舞台はヤマトタケルの時代だが。
    美少女に足先を突っ込まれる話だと!?(違
  44. 39>時にラッセルはどう運用すると良いのでしょう。資金&PPを注ぎ込むor参式のサブ以外で。ゲシュだと余程弄らないといけないし、ガンドロだと射撃値が物足りないし。OGMDだとグルンガスト弐式2号機に乗せましたが。
    まさかの相談!!!
  45. >18 バカよりもヲタだ! 眼鏡付きで! というかあそあそですらフィギュアになってないのにあの地味なキャラデザでお呼びが来るか! ちおちゃんは奇跡的にねんどろになったが後の二人は2期でもないと……
    そうか……オリヴィアとヲタのフィギュア欲しい……。
  46. 鬼太郎>こなき爺が砂かけ婆を(塗り)壁ドンする姿が見られるとは。別に見たい物ではないですが。猫姉さんが可愛すぎる以外にもイケメン化した上にえらく流暢に口説くぬりかべなんかも面白かったです。
    イケメン……ぬりかべ……想像が追いついてない
  47. 13>まあロボットアニメにおける「量産化されなかった理由」は大抵コスト・安全面・ピーキーさ辺りに大別されますよね。ガンダムに限らず。
    戦車兵上がりのベテラン用の機体として量産しよう!(諦めろ
  48. 2>「甲龍伝説ヴィルガスト」にも銃が有ったなぁ。名称としては「ライフル」。クロスボウより威力が低い(というか全体でも然程強くない)奴。
    マスケットをすっ飛ばして!!!
  49. 蘭子ちゃんにこんな服を着せたらティッシュの売り上げが大幅に上昇してしまう。 URL
    コケティッシュとコキティッシュって似てるよね。
  50. そういえばオーフェン世界もファスナーや日焼け止めがあって複数の企業が市全体に電気供給する発電システムのコンペに参加してたりするんですよね
    あの世界は中世も近世もすっ飛ばして近代のイメージだった(笑)
  51. 真のバカが現れた以上、華子たちを三馬鹿と呼ぶのも気の毒な気がする(笑)
    真馬鹿と三馬鹿……!!
  52. 大砲の前には無力>コンスタンティノープル陥落に使われたウルバン砲を思い出します。でもあの大砲滅茶苦茶運用に難があったとか。
    物理的な影響力は然程無いんだけど、心理的影響力が戦いを変えるケースだね( ・`ω・´)
  53. クレイジー>北海道すら30度・・・くるっちょる
    そして今日は土砂降りよー!!
  54. a. 32>まぁ名勝負だらけで全部入れたらきりないし特定キャラとの対戦入れちゃうと角が立つのかもね。15話最高は同意
    b. 32>12話はライバルたちとの共闘・ガンプラバトルの楽しさ・ニルスの心境変化にアイラとのいちゃつきなど面白いんですが、どうにも会長が不快で仕方ない。それを抜きにしても、15話は全ガンダムシリーズでもトップクラスに好きな回です。
    c. 32>『俺の作ったガンプラが…ウイングガンダムフェニーチェが!一番強いんだと!世界に向かって叫ぶためだ!!』
    15話はガンプラバトルで大事なものが詰まってるからな( ・`ω・´)
  55. 自分がヴァンパイアになったとして、一番マシに生きられそうなのは「ヴァンパイア・ザ・マスカレード」の世界かな。ヴァンパイア社会の掟が、がっちり決まってるぶん、やんちゃしなけりゃそれなりに平和に過ごせそう。
    亜人ちゃんは語りたいの世界かなぁ(笑)
  56. なんでレベル1がベテランなんだよ>10レベル以降のやっつけ具合も酷い
    個人的にこの称号システムは「このタイプの色んな職業の名前リスト」という知識としてが最も役に立った(笑)
       
 
 
 
 
 
 
 

サイト内検索っぽいモノ