HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
お知らせ
新作委託情報

 
読了済みの本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!








日記ログ
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

7/5
■遊戯王 ARC-ⅤD's #60

 
 ネオ・ニュー沢渡さん、全力でピンチに陥るフラグを立てるエンターティナー。
 ぶっちゃけもっと悲惨な結果になると思ってた(笑)
 あと妖仙獣デッキでエンタメ開眼してた頃の彼のままなら、この状況で「本当にどうにかしてくれるかも」と思う余地も幾らかはあり得たんだが、シンクロ次元でスッカリ役立たずのトラブルメイカー化しちゃってて切ない。

 
 ゴヨウシリーズ、バリエーション豊富だなぁ!!(笑)
 これ、ハイスピードライダーズで一斉に追加されんのかしらねぇ。

 
 ゴヨウ・キング!! ゴヨウ・ガーディアンがさらなるパワーアップを遂げやがった!!!
 しかし最近のランク4エクシーズのぶっ壊れぶりと比べれば、これくらい普通普通!!!

 
 しかも更なるコントロール奪取効果持ちだとぉぉぉぉぉ!? 益々つえぇぇぇぇ!!!
 権現坂先生が今回も男を上げに来たかと思ったら、普通に負けちまったよ!!! しかしこれは相手がインチキ効果過ぎるぜ!!!

 
 そして黒咲さん、最早完全に定番と化している必殺のワンターンスリーキルゥ!!!!
 エクシーズのことよく知らなければ、そりゃレベルを持たないなら0って思っても無理ないよなぁ。つーかエクシーズばっか「レベルを持たないことのメリット」を受けまくってて、シンクロは辛い。

 
 そしてエクシーズが存在しない世界と同じレベルのルール認識力だった世界規模大会準優勝経験者の悲哀。
 繰り返したってことは「面白いネタだったろ」って思ってんだろうなぁ。世界のレベル低いなぁって感じる要素で辛いけど。まぁその程度のレベルの世界だからこそ、遊矢達(適応力云々だけじゃなく)が世界の代表として選ばれて遠征しているとも言えるのだが。そういった意味ならばとても納得できるんで、掌返すけど(笑)

 
 評議会! 一見して極悪そうな面構えがいないのがちょっとホッとしたものの、この格差社会作ってる人たちって意味では別に善良なわけないんだよなぁ。でも善良な人間に政治は無理だからなぁ。とにかく無能じゃなければ!!

 
 ズシンが戦ってる下で車運転してるのが、5D'sのモブ代表として定評のあるヒッピー&アフロだった(笑)
 モンタージュ・ドラゴンと手錠龍とか、もうセキュリティも牛尾さんでいいのに!!
 ってジャックウウウウウウウウウウウウウ!!!

 もうなんだ。こればっかりは次回予告アンタッチャブルの自分ルールを破るわ! 破らざるを得ないわ!!!

 
 遂に! 遂に! 遂にジャックが!! 満を持して!! キングが!!
 是非とも「待たせたな! 俺がキングだ!」と言ってくれ!!
 このポーズしてるんだから「キングは1人! この俺だ!」は確定だろうけど! 「待たせたな」と言ってくれたら「4年待ちましたよぉぉぉぉ!」って叫ぶんで……!!! 嬉ションしながら!!!

 
 CMでもジャック! ジャック! ジャックウウウウウウウウウウウウウ!!!
 唯一無二なる覇者って書いてキングとルビってくれてもいいのよぉぉぉぉ!!!
 ディメンション・オブ・カオス12箱予約してるから! 意地でもスカーライトのホロを自引きする構えだから!!!
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. これからユーフォニアムを一気見する大佐へ。眼鏡は安心してください。
    安心か!!(心おきなく
  2. メイドさんってツイッターのキャプで焼身自殺してませんでした?焼身自殺の前ですか後ですか?
    焼身自殺してるのは姉ですね!
  3. 更新滞りすぎ(笑) まあうちも漫画とTVの録画が超溜まりまくってやばいことになってるけど。ちなみに女性主人公で執事と結婚したら、声的にfateのアーチャーに口説かれてる気分になってくるわ(笑)
    これからが本当の地獄だぜ!!!
  4. 新作スリーブ>キレイなカイザー!キレイなカイザーじゃないか! 彼のラストデュエルは、個人的にはvs黒ヨハンと思い込む事にしている… vsサイコ流は翔へのデッキ引継ぎもあるしね
    異世界編がピークな気がしてならないGX。
  5. a. FEif、システムは好評ですがシナリオに関してはあまり評判良くないですね……ノリ重視で全てにおいて軽いというか、歴史の大きな流れの中を生きていく感が無いというか。キバヤシ脚本の悪いとこが前面に出ちゃってますね。
    b. if様子見してて良かった! 他所でも、覚醒みたいに「単発作品として見ればまぁ良し」とすら言ってもらえてないですねー。新・紋章の謎みたいなクオリティの新作はもう期待するべきじゃないんだろうか・・・。
    c. FEifは、最初にどちらも選ばないルートを普通に発売しておいて、その上でもし白夜か暗夜のどちらかを選んでいたら、の2ルートを追加DLCとして発売という方式なら、まだ批判も少なかったように思えます。どっちを選んでも釈然しない話を売っておいて、真のルート遊びたかったら追加で買ってね、というのは商売としては正しいのかもしれませんが、そういう阿漕な真似をして欲しくはありませんでした。
    d. FEif、前作からストーリー薄っぺらい病が治らないけど、高難易度のSLGとしての完成度はとても高くてやりごたえがありますよ。つぎ込める時間があればの話ですが猥褻
    e. >FEif 暗夜しか知らないですけど確かにシナリオの都合としか言えない流れなんですよねぇ・・・誘拐された相手に情が移っちゃって身内と戦う流れって完全にストックホルム症候群ですわ。
    f. FEif、ぶっちゃけもう片方もこれで本当に脚本家読んだん?レベルにアレでした。正直、あちら側の方は酷すぎてなんも言えねぇ状態になるものの、SRPGとしては手ごたえがある内容だったのは確かです(クリアした人間の感想)。ゲーム内容はいいけど、物語は第三コンテンツ購入しないと完結しませんってのは正直どうなんだろうと思わざるを得ない感じです。そんなちょっとしょんぼりした中、超可愛い足柄さんのカツカレー食べたい、嫁になってほしいという昂揚感でまぁ、いいか!という気分にさせてくれる辺り、やっぱり足柄さんは最高だなって!bobさn艦の新規イラスト多くて嬉しい限りです。
    ドラマの拙さ以外にも「ここに至るまでの道のりこそが修行だったのさ!」とか、本気で酷かった(笑) キャラだけ描写されない苦労をしてるっぽいんだが、プレイしてるこっちとしてはたかだか1ステージ戦った分の経験値程度で勝てるようになるんなら、そもそも勝ててるわってなる。
  6. 那珂ちゃんのお団子を揉みしだきたい
    ダブルシェイキング!!!
  7. FEは、女の子をツンツンするゲームだったのか…バレ無しとはいえ感想が短くて、非常に微妙だった感が
    褒める気にはなれない(笑)
  8. 寝取られはそこまでマゾ気質ではないので理解できず、だったら寝取りならどうだ、と思ったものの、人のものを奪い取る、という事はたとえば菜々子のプリンを勝手に食べてすんげえ美味かったと笑顔で語れるはずもなく、やっぱりテンションが上がらない。大佐はどうですか?
    「人殺しは嫌いだけど漫画の中で行われる分にはエンターテインメント」ってのと同じような感じなんで、理屈はあまり考えてないんだ(笑)
  9. >原作知らずにアニメだけ見てたら、それが不愉快で見るの打ち切るレベル  逆によく原作の方乗り越えられたな(笑)
    拍手で序盤のきつさは我慢してくれ的フォローされてたからだ(笑)
  10. 大佐…艦これ運営アイコンの足柄さんが足柄さん史上最高に可愛いです…しかもカレーまで持って…
    どっちも食べたい
  11. 月にカレー食べるランキング、日本思ったより少ないな。てっきり4~5回と週一以上の割合かと思ってたんだが
    自分がカレー外で「週に一度は食べる料理」って、案外思い浮かばないかも知れんので、10日に1回食べてるだけでも結構多い印象になる(笑)
  12. そういや、放蕩スリーブに描かれたアイマスキャラって蘭子が初めてだっけ? だとしたら、ちょいと黒猫のスピンオフとコラボしただけで、ここまでの影響を与えるようになった蘭子が凄いのか、そこまで行くきっかけを作った黒猫が偉大なのか
    アニメで可愛かったからだな(笑)
  13. アニメのドラゴンといえばレッドドラゴンを原案としたカオスドラゴンはどうでしょう、あれはそれなりに強いはず
    全然知らないのです!(笑)
  14. やったぜ大佐。アフロ田中の新シリーズが始まる。 by どくろ
    終盤のリア充田中のままならまるで面白くないから辛いんだが、どうなるんだ(笑)
  15. 「え、ウォーマシンとファルコンの空中コンビネーション防空戦するんじゃ!?」>自分もローディー来たときそれ期待してたので残念でした。
    空中戦でファルコン出ないなんて、そのほうが思いもよらなかったぜ!!
  16. FEは死んだら除隊、武器も消耗品というシステムが、「弱い戦力でもひたすら育てれば一矢報いるくらいには強くなるし最後まで戦える」ように育成したい主義の自分には苦手でSFCのどれかやってから今日まで忌避してきてたんですが、最近の見てると楽しそうだからマジで困る。でも先述のSFCのやつで馬に乗って槍か何か持ってたかっこいい爺気にいってたけど、囲まれて死んで戦力なくなったトラウマからまだ踏ん切りがつかず。かっこいい爺ととなりのお姉さんか憧れの従姉属性に弱い僕の背中を押すプレゼンお願いします。
    わざわざプレゼンする気になるほど面白くなかった(最低のプレゼン
  17. 今週とうとう沢城みゆきがプリキュアに…。最近は色っぽい演技が多いけど回想シーンのロリ演技の破壊力もやっぱすごい。
    目からビームにゅ
  18. >>GATE 奇襲を受けた後は自衛隊無双でしたね。というか相手に魔法使いが居なかったような。TRPGになりますがGURPSなんかは攻撃用の呪文を覚えるためには前提呪文を多数覚えないといけなくて火をつけるだけとか風を動かすだけとかから公式にチャート本が別に出るくらい覚えてって一般的なファイアボールである爆裂火球を覚える頃には「呪文を唱える-火球を手にチャージしたまま相手に狙いをつける-投げる。この際攻撃を受けたり受けそうになって避けたりして手から落としたら足元で炸裂」をやるより前提で覚えたりその枝で覚えた感覚操作や音や光を出したりする方が便利でよく使うという話が。切り結んでる最中に「痒み」「ひきつり」の地味な肉体操作や「間抜け」「恐怖」のそれだけで致命的とまでいかない精神操作、嫌がらせレベルといわれようと交戦中にペナルティやら考えたら嫌なもんです。潜入や諜報に使えるものもですね。結果、攻撃魔法使うよ!とか言うのは初心者ばかり。あと知力体力精神力有利な特徴にチートがきく敵。
    ネタバレになるんでこっから先読むのは自己責任コメントなんだけど         この作品世界のファンタジー成分には期待しない方がいいです(笑) 見た目ファンタジーっぽいけど実質単なる中世でしかない要素のほうがはるかに多いんで。。
  19. エイジオブウルトロン見てきたワダツミさん>衛星軌道上から投入されるハルクバスター換装用空中キャリアとか、相変わらずアイアンマンスーツのギミックはガチな社長でしたな!つかあんだけゴツイバスターがユニットごとに交換可能とかスゲエ。んで、そのバスターにあんだけ殴られて歯が折れて、ニヤリと笑えるハルクはもっとスゲエ。 by 気分はゴールド
    ハルクバスターのパンチ連打シーンで変な笑いでた(笑)
  20. 大佐のスカーライトの第一印象をお聞きしたいです(外見、効果込み込みで)
    外見は「いったいどんな理由で負傷しているんだ!?」で効果が「さすがの殲滅力だ! これぞ手負いの王者のパワー!」だった(笑)
     
7/1      
  ■夏コミの新作スリーブ告知

 
 半年間新作出してなかったのだが、夏戦線に一挙投入である!!

・放蕩スリーブ No.48 那珂ちゃん&軽巡棲鬼
 那珂ちゃんが48番なのはかねてよりの確定事項。ダーク那珂ちゃんこと軽巡棲鬼と仲良し妄想である。

・放蕩スリーブ No.49 カイザー亮
 カイザー大好きなんですが、GXで最後に戦ったサイコ流がチンケな敵過ぎて「こんなのがラストデュエルの相手じゃ……満足できないぜ……」となってるよ?

・放蕩スリーブ No.50 チーム5D's
 WRGP優勝記念ショット風! 素晴らしい絵だと確信するとともに、どんなデッキに使おう……と悩んでいる。

・放蕩スリーブ No.51 ジャック・アトラス
 ARC-Ⅴ版の不満足ジャック! 背後にはレッドデーモンズ・ドラゴン・スカーライト!!

・放蕩スリーブ No.52 クロウ・ホーガン
 こっちは5D'sのクロウさん。遂にピンで登場である。セクシィなデュエルマッスルアピール。

・放蕩スリーブ No.53 幽鬼うさぎ
 幽鬼うさぎは女の子。いいね? 呪符がデュエルディスクをイメージな展開していたりする。

・放蕩スリーブ No.54 アロマージ-ジャスミン&ローズマリー
 カナンガが男の子だったなんて……。が、それはそれとしてこの2人で出すよ! 可愛いしな!!

・放蕩スリーブ No.55 天使! 悪魔! 堕天聖!
 キャラ作り系アイドルトリオという、俺の私利私欲だけで結成されたユニットである。超可愛い。ちなみに黒猫はPS3版でちゃんとアイドル活動してるんだよ。衣装はそれのだよ。

・放蕩スリーブ No.56 DressingPafe
 アイドル特集第2弾。カメラを下げればレオナのパンツが見えそうである……だが、男だ。シオンにセクハラしたいイゴ。

 第3弾はみくにゃんを予定していたが、これも「そっち系」としてにこにーと組ませたら楽しそうとか思い出した。


 
 虎の穴さんで委託予約受付も開始中。
 いつもこの特設ページのトップ画像がどう作ってもらえるか、楽しみなんだよな(笑)
     
  ■ファイアーエムブレムif

 更新が滞っていたのはコミケ作業とコイツが犯人です!!! 俺は悪くない!!!

 
 聖戦の系譜以来の超久々プレイをしたら、なんかギャルゲーになっていた。
 いや聖戦の系譜の時点で「ときめきファイアースタリオンエムブレム」とか俺の周りでは呼ばれてたけど!

 
 そしてラブプラスだった。

 
 でも結局結婚相手に選んだのはメイドさんでした!!
 まぁドジッ娘メイドは好きじゃないどころか苦手なんだけどね!(笑)

 ネタバレ無しの感想。
「バージョン分売方式だけど、実質どっちも買わないとダメな構成してる」のが、スペシャル版買った自分には実害無いとはいえ、一般的には別々に売るなら「どっちかだけでも楽しめる」にするべきじゃないのかなぁと思う程度には「まっとうに楽しみたかったらもう片方も買えよゲーム」ぶりである。
 正直あまり楽しいストーリーじゃなかったなぁ。「これ、もう片方もプレイすればちゃんと面白いんだよね?」と心配になるくらいに。全体的に「キャラが納得してるけど俺は……」な感じでサティスファクション出来なんだ。
 白夜も暗夜も両方「いい人」として描写されてる上で、それが主人公と戦う理由がすんげーチープなんだよなぁ。「そーいう話の都合なんで」と言われてる以上の感情が出てこない。
     
       
       
       
       
       
       
       
     

サイト内検索っぽいモノ