HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
同人委託情報
  

とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス booth
 
読了本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!





日記ログ
■2020/01b
■2020/01a
■2019/12b
■2019/12a
■2019/11b
■2019/11a
■2019/10b
■2019/10a
■2019/09b
■2019/09a
■2019/08b
■2019/08a
■2019/07b
■2019/07a
■2019/06b
■2019/06a
■2019/05b
■2019/05a
■2019/04b
■2019/04a
■2019/03a
■2019/02b
■2019/02a
■2019/01a
■2018/12a
■2018/11a
■2018/10b
■2018/10a
■2018/09b
■2018/09a
■2018/08b
■2018/08a
■2018/07b
■2018/07a
■2018/06b
■2018/06a
■2018/05b
■2018/05a
■2018/04b
■2018/04a
■2018/03b
■2018/03a
■2018/02b
■2018/02a
■2018/01
■2017/12b
■2017/12a
■2017/11b
■2017/11a
■2017/10b
■2017/10a
■2017/09b
■2017/09a
■2017/08b
■2017/08a
■2017/07b
■2017/07a
■2017/06b
■2017/06a
■2017/05b
■2017/05a
■2017/04
■2017/03b
■2017/03a
■2017/02b
■2017/02a
■2017/01b
■2017/01a
■2016/12b
■2016/12a
■2016/11b
■2016/11a
■2016/10b
■2016/10a
■2016/09a
■2016/08b
■2016/08a
■2016/07b
■2016/07a
■2016/06b
■2016/06a
■2016/05a
■2016/04a
■2016/03b
■2016/03a
■2016/02b
■2016/02a
■2016/01a
■2015/12a
■2015/11b
■2015/11a
■2015/10b
■2015/10a
■2015/09b
■2015/09a
■2015/08
■2015/07a
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

1/27
ラブ・ミー・ぽんぽこ! #1

 
 基本的に動物が可愛い漫画に弱いです。

 
 少女漫画に於いて、ここまでスピーディーなヒロインの排便シーンは古今例を見ないのではないだろうか?(真顔
 流しているときの顔がいい。

 
 マジ?
 でもたぬきの肉って獣臭凄そうだから、俺には無理だろうなぁ……(真顔
 それはさておき、フルーツバスケットよりもだいぶカジュアルに学園ライフ!!

 
 というわけでイケメン二人とたぬきヒロインの三角関係になることがミエミエのスタートなのである! 俺は詳しいんだ!!!
 っていうかこの漫画の問題点として、ヒロインが普通にメッチャ可愛いし性格も個性的ではあるが悪いなんてことは一切ないので、「話の都合補正でもなければ速攻で婚活終わるんじゃないのかこれ。つまりなんだかんだ理由をつけて変に選り好みしたりトラブルに見舞われるのか」と思えてならないことだな(笑)

 
 イケメン二人は、黒いほうが動物好きマンなので、俺は一瞬で「よし、こっちを全力で応援しよう……!!」と誓うのであった。
 本人も「一生守護らねばならぬ……!」みたいな決意固めてたし!!!!

 
 ダブル面前排便プレイを強要される少女漫画ヒロインも、古今例を見ないのではないだろうか!?
 ……いや、少コミ作品なら或いは? あれ、昔は有害指定図書扱いされたことがあるくらいには少女向けエロ漫画雑誌みたいなイメージだし……?(えー

 
 ぽんこ、アホ……っていうか価値観の違いでズレたところはあるが、頑張れるいい子なんで可愛い( ・`ω・´)
 ……いや、アホかな……アホだけどいい子だよ!!!
 たぬきなんだからしょうがないだろ!! たぬきと思ったら超頭いいよこの子!!! やっぱアホじゃないよ! 知識が足りてないだけだよ!!!

 
 味覚の違い……というか食生活のぽんぽこ的……いや根本的な違いによるメシマズキャラなんだが、努力はするのだよ!!
 人間の食べ物大好きだから、きっとこれからもっと料理は上達するんだよきっと……!!!

 
 言いつけを守るいい子なのは間違いない。うん。
 まぁほんと、こんだけ可愛ければオオグイだろうとイレグイだろうとは思うYO!!!
 そこらは作品の都合って感じはしちゃうYO!!!

 
 農家はすごい!!!!
 うんうん。おいしいはうれしいよね。わかるわかる。狸の語彙力可愛いな。
 というかもうほんと、農家の婚活イベント行けばこの漫画終わっちゃうんじゃない!?(笑)
  ■プレゼントは終わりじゃなかったんだよ!!

 
 先日頂いた大量のプレゼント、取り敢えず開封は日曜にやろうと思っていたワダツミさん。
 ボードゲーム部のメンバーと共に次々とねんどろいどを開封し、俺はおっきーを開封するぜ……ってなんか入ってるーっ!!

 
 クトゥルフと……なんかねんどろいどのパーツがぁぁぁぁぁぁ!!
 えーとなんだこのキャラ!? バニー!? ハルヒ!? 違……このアホ毛はニャル子さんだーっ!?
 でもパーツの一部だけ!? バニーにして遊ぶにしても頭が無いと駄目じゃね!?

 
 ってクトゥルフの中にいたーっ!!!
 次から次へとサプライズアタックを喰らいまくる俺の姿に、ボドゲ部員達が「ネタの仕込みっぷりがスゲェ」「この人、ワダツミ君大好きかよ」と爆笑されるのであった。

 
 というわけで我が家の仲間達と記念撮影を。
 ニャルラトホテプのミニチュアは持ってなかったが、これで出せるようになったな(脅威度大魔王級なのにいつ出す気だよ

 
 そして「おっと、同梱品で盛り上がり過ぎたが、おっきーもセッティングせねば……って眼鏡装備してるぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!?」と、再び騒然となる。
 さらに「しかもこれ、わざわざペーパークラフトの眼鏡にプラでレンズ追加してない!?」「マジかよ!!」「どんだけだよこれくれた人!」と、ざわめきが収まる気配がなかった(笑)
 画竜点睛を欠くことでイマイチなイメージだったおっきーフィギュアが、完全体に……!!

 
 助手にラボメンのスーパーハカーのナビとその彼女のコスプレ声優を紹介する鳳凰院凶真の図。

 
 ゆかりんのねんどろいど、未開封新品にあるまじき指紋汚れっぷりだったので、拍手で教えて貰った洗浄手段を試すとき……!!


 
 こちらは欲しい物リストからありがとうございます!!!
 ミッドウェー海戦における飛龍の反撃は涙せずにはいられないですな。

 
 子供の頃、アニメに出てくる(ミリオタ視点で見たら)異様に広々とした格納庫が「普通のイメージ」だったもんだから、実際の空母のギチギチぶりを知ったとき、驚いたもんだよなー(笑)
 まぁ空母の模型を作ったときに、艦載機のサイズと見比べて「これ何十機も中に入ってんの? マジで?」とも思ったりしたけど。

 
 Su-17(22)って、今見ても結構好きなデザインと言うか、アニメに出てきそうな雰囲気で好き。ていうかオタクは可変翼機が好きなんだよ(シュゴデカザウルス
 
     
  “真実は見えるか”キャンペーン 第2回 チャプター5

 ダンジョンズ&ドラゴンズ3.5版をベースに「オリジナル世界設定」「ハウスルール色々」「禁止呪文・特技・アイテム多数」「モンスターデータ改造しまくり」の独自環境なので、運用や裁定が公式ルールと矛盾した場合も仕様です。厳密なことはあまり深く考えないで読むと幸せ。
 また、プレイ内容で色々と「気に入らないこと」があったとしても、プレイグループ内では合意を得て楽しんでいるものとご理解頂けると幸いです。


 チャプター1 チャプター2 チャプター3 チャプター4
 第1回まとめログ

 アルブレヒト・ヴォルフェンビュッテル 魔導師(ウィザード)4
 モニカ・ヴォルフェンビュッテル 神寵者(フェイヴァード・ソウル)4
 レーグネン 神官戦士(クレリック)4
 クラウス 魂刃士(ソウルナイフ)4
 ダスティ 巧者(ローグ)4


 
 15分ほど掛けて酒場のようなファヴを作る一同。だがこれでは明らかにファヴの事務所ではなく酒場である(笑)

アルブレヒト「仕事の話をする場所じゃなくなってきた」
モニカ「(小物を置き終えて)まんぞくした」
DM「サティスファクションした?」
ダスティ「おままごとですね」
DM「めっちゃ金が掛かっている大人のおままごと。……これシルバニアファミリーより高いからね。あれがD&Dサイズだったらどれだけ良かったことか……」
キャス「片付けたくないなぁ」
DM「これこの後すぐ片付けるからね(笑)」
モニカ「辛いぃ」

DM「……で? 何だい」
モニカ「ではお兄様が先陣を切って……リーダーなので」
アルブレヒト「どやあ」
DM「では書類を、登録名、部隊名を決めなきゃいけないんだけど、なんとか隊」
レーグネン「真実隊」
アルブレヒト「モニカと遊び隊」
DM「シャイニング・トルーパーズ。アルブレヒトが輝く男、輝く顔のフィンだから。いやでもドイツ語がいい」
キャス「ヴァイス・シュヴァルツ……」
DM「それ白黒じゃねえかよぉ~!」
レーグネン「リヒトリッターズとか」
モニカ「良いんじゃないですか?」

 光の騎士隊。目立つ気満々か。

DM「まあ登録名は後で。カクカクシカジカで登録した」
受付「……それにしてもリーダーは神寵者様とお伺いしておりますが?」
モニカ「あれ!? そうなの? お兄様の横で、え? そうだったの? って顔で」
レーグネン「ハインリーケが手配したから(笑)」
全員『あははははっ』
アルブレヒト「ハインリーケの書類だからね」
レーグネン「はい! こちらに居ります」
アルブレヒト「(身を乗り出し)いや、私は彼女の兄でね。私が真のリーダーなのだよ」
モニカ「当然ですわね」
アルブレヒト「傭兵として登録してきたばかりなんだが、仕事を探している」
受付「ああ、それでしたら。ハインリーケ様より『光り輝く男に相応しい仕事』というオーダーで承っております」

 全員爆笑

モニカ「流石ハインリーケ様っ」
レーグネン「完全に見抜かれている(笑)」
アルブレヒト「その雑なオーダーは何なんだ(笑)」
モニカ「やはり分かって居りますわ……」
アルブレヒト「ああ、それならば私のことだな(髪の毛ふぁさ)」
受付「此処から15キロほど離れたエレル村で、夜な夜な獣の声が響き渡り、村人が不安だということで。駆け出しのクーゲル(冒険者スタイルの少数精鋭傭兵隊)が『獣ならば』と向かった所、壊滅したという」
ダスティ「エレル村!」
アルブレヒト「エレル村、リスト家の」
受付「4人中3人が死に、生き残ったものは『影が! 影が!』『空を飛ぶ黒い犬が!』と言い残して。心神喪失状態だったところを助けられ、治療費もないので今は寝ています」
アルブレヒト「まあ駆け出しであれば仕方がないな」
DM「君たちは駆け出しのワンランク上ぐらい」
受付「壊滅したのは武人(ファイタ)ー、斥候(スカウト)、流動神の神官戦士(クレリック)、魔導師(ウィザード)の4人パーティ。……なので、影が! 影が! ととのことから光り輝く男に相応しい仕事であると私は判断いたしました」
モニカ「確かに、確かに!」
ダスティ「お兄様の光で掻き消すと」
アルブレヒト「うん、任せてくれたまえ」

 
 イラスト:★Yuuki

キャス「っふ、照らしてやりましょう」
モニカ「か、かっこいい……!」
レーグネン「ど、どうしたんだキャラが急に(笑)」
DM「今、お兄様が『俺の台詞……』みたいな顔をしていらっしゃる」
アルブレヒト「……我々に任せてくれれば、その影を薙ぎ払ってくれよう」

 完全に出遅れた兄。

受付「なので、詳しいことは現地で。なにせこっちは、完全に心が壊れたのが一人いるだけだから良くわからんのです」
ダスティ「とても話を聞ける状況ではないと」
DM「君たちがお金をかけて回復呪文を掛ければ」
ダスティ「あぁ~」

 治療にも呪文レベル最低4は必要そうとのことで。これは7レベルの術者が覚える呪文です。

アルブレヒト「そういえば報酬は?」
DM「ん? 無いよ」
全員『(ぽかん)』

 前置き注意)D&Dは極々一部の特殊なケースを除いて、モンスターの死体を売って金にするルールは無い。

 獲物がいる情報を聞いた上に金まで貰おうだなんて図々しい……っとなってしまうのが、この世界。
 いわゆる「村に○○が出たから退治して欲しい」という依頼は、立場を変えた傭兵側は「鹿の狩れる山」や「マグロの穫れる漁場」の情報を「教えてもらっている側」であり、「お金を貰えば解決してあげるなんでも屋」ではないんですね。もちろん「金を払うので、魔獣○○を倒して欲しい」といった仕事もあるけれど、その場合の多くは「死体を極力損傷せずに持って帰ってきてね」という条件が付いてくる。金貰って狩場の情報貰って獲物も貰えるなんて美味しい仕事は普通無い。

 ファヴは依頼人から傭兵の斡旋料を取ることで利益を得ており、その金は基本的にマージンどころか全額ファヴの懐に入ります。いわゆる「冒険者ギルド的な組織が、十分に利益出るだけのマージンを取った上で、残りを冒険者にも報酬として渡し、彼らも困窮しない」パターンよりは、依頼人側の負担は小さい。まぁ獲物が素材として金になる世界とそうでない世界でも事情は変わるだろうけど。なんにせよ「依頼料と財宝(や獲物)の二重取り」みたいなケースは稀なのがこの世界である。
 ってーかこれくらいやらんと、基本的に高額(じゃないとPC達が困る)な報酬を中世の小規模な町村他一般人や、大して金持ってない騎士爵如きが払えるわけがないんで、マジに考えると序盤の序盤くらいしか「一般人が困ってる依頼を解決する」パターンが使えなくなるのよね。
 結果としてPC達に「村にヒドラが!! でも我々にはこれしかお金がありません!」「まぁ見殺しに出来ないから……(DMもシナリオとしては財宝用意してくれてるだろうし)」ってパターンの「キャラ視点としては不自然なボランティア」を強いることになるのが、あまり釈然としていない。ゆえにこの世界では、PCへのレベル相応に高額な報酬が不要なことの理由をつけた次第。
 それでも依頼人サイドは決して少額ではない斡旋料をファヴに支払うことにはなるものの、一般人の財力的には法外とも言える「PCのレベルに相応しい報酬」と比べれば遥かに安く済むのであった。料金が安い分「あくまで情報を組織内で掲示するだけで、解決は保証しません」「情報を得た傭兵が自発的に向かうことを期待してください」「解決するまで何組も必要になるかもね」みたいなことになる。これが解決を保証する場合は斡旋料が上がり、ファヴがある程度驚異を下調べして、相応しい実力と実績を持つパーティにオファーが行くことになる。

 ちなみにリアル中世ではその土地々々での「狩猟の権利」は貴族が握っておりまして、一般人が勝手に一狩りしたら余裕で犯罪なわけですが。それはまぁ野生動物の多くが「命を脅かす害獣」ではない世界における「貴族の特権意識」の顕れの一つに過ぎなかったのに対して、この世界では「クソ危険だがクソ高価」みたいな、一種の「資源」としての側面も持ってしまっているので、自衛の範囲でモンスターを返り討ちすることはある程度黙認されていても、「呼ばれもしないでやってきた領民外の冒険者が勝手にその辺のモンスターをハントして素材を持って帰った」なんてことをしようものなら、その土地の支配者と揉めることになります。手放しに「これで治安が良くなったよ! ありがとう!!」となったりはしません。現実問題、領内のモンスターが減ってくれた方が確実に嬉しいくらいには、日々命を脅かされまくっているわけですが、人間は「他人が自分のシマで勝手に金儲けすること」をスルーできるほど寛容なタイプは少数派です。面子が極めて重視される貴族社会ならばなおさらです。そこでそういった権利関係の煩わしいことを請け負ってくれるのも、ファヴという仲介組織の仕事です。

 色々と面倒臭い世界ですね。僕はこーいうの考えるのちょー楽しいですが。

DM「頑張って狩ってきな」
モニカ「……ああ、狩ってきて現地の倒したモンスターを換金しろってことね、びっくりした」
DM「だからアルブレヒトは、『報酬? お前は何を言っているんだ』って顔をされる」
アルブレヒト「入隊の時にこういうこともよくあるから」
DM「まあそれが基本なのでね。国がなにか、早急に解決が必要な場合とか、商人が『うちの鉱山にでたモンスターを退治してくれ~』ていう時に、『タダで狩りの権利をあげるから掃除してくれ』ってこともあれば、『とにかく急いでやってくれ!』って時は金を積むこともあるし」
アルブレヒト「驚異なんだけど金にならないモンスターと分かってるときとかもね。未解決事件とかも」
DM「未解決事件はあれだよ、死んだやつの遺品が総取りになるから皆行くよ(笑)」
アルブレヒト「3パーティが既に行方不明? 成程!」
全員『あははははっ』
DM「稼ぎどきだーって! やべえなって思う人もいれば、稼ぎ時だと思う人もいる。アイツの持っていた炎の剣、俺欲しかったんだよなぁ~って」
ダスティ「アリなんですか!?」
DM「アリだよ、そこらへんは弱肉強食だよ。ウルティマオンラインなんてパーティ死んだら遺品を掻っ払いに皆殺到したよ」
アルブレヒト「そこのダンジョンの宝は100年前の誰々さんの遺品だから返して! って言われたら困るでしょう」
レーグネン「持って帰った後に、家族とかに『それは形見なんです~!』という時に跳ね飛ばすかどうかは別ですから」
DM「だね。遺品を回収してくれてありがとうございますっていうパターンもあるから」

 フローラントwikiでもそういった記述はあるのだが、おさらいな会話でした(笑)

DM「まあ、ここで狩って良いという権利をタダで貰えている立場だからね。本来は情報料を払う立場なんだよ。今回はハインリーケが手を回してくれたけれど、モノによっては払う必要もあった」
アルブレヒト「もしかしたら金を払って行くぐらいのやつを用意してくれていたのかもしれないね。ハインリーケが『これぐらいの支度金を払うから仕事を出してあげて』って」
DM「漁師の、魚の釣れるポイント情報みたいなもんだからね」
ダスティ「うーん、じゃあ空を飛ぶ黒い犬という話で何かしら情報は……」
DM「ダイスを振ろう。〈知識:神秘学〉と〈知識:次元界〉」
レーグネン「〈次元〉8、〈神秘〉12」
ダスティ「俺はそれ以下」
キャス「私はそんな動物はいないなぁ~って思っています」
モニカ「〈神秘学〉23」
アルブレヒト「〈次元界〉15、〈神秘学〉25」
レーグネン「おお、流石お兄様」
DM「でも高いのは神秘学か……。影はともかく、唸り声による攻撃を行う、ハウラーというモンスターに心当たりがある。遠吠えを1時間以上聞き続けたあらゆる存在は、判断力に1ダメージを受けるっていう」
モニカ「永久?」
アルブレヒト「怪我と一緒で、休めば回復していきます」
DM「まあハウラーは知っている。トゲトゲしい攻撃をしてくるハリネズミみたいなモンスターです。空は飛ばない」
モニカ「わからないですよ、空を飛ぶハウラーかもしれない」
ダスティ「突然変異!」
アルブレヒト「空を飛ぶ象みたいな話になってしまう」
ダスティ「もしくは空を飛ぶモンスターと連携して、こう」
レーグネン「それぞれ別のモンスターかもしれないですね」
DM「お兄様は、次元界の知識としてはわかんない」
アルブレヒト「声を1時間聞いてどうなるのか」
ダスティ「戦ってる時はそうでもないけれど、住んでいる人たちにとっては直に食らうってことに」
レーグネン「もう皆既にアッパラパーになっているかもしれない」
モニカ「なっているかもしれない! ……それでリスト家の四男が関係有るのかな」
ダスティ「成程。そのリスト家の四男が行方不明になった件と、このモンスターが現れた時期とは合致しているんですか?」
DM「『リスト家の四男と、この事件の時期が繋がっているか?』 ……お前そんなこと聞いちゃう?」
ダスティ「え、まずいですか」
DM「ふふ……一致しているんですよ」
全員『おお~~!!』
キャス「ダスティ~~!」
モニカ「ダスティ~! やる~!」
DM「どんな関係があるかは知らないが、時期は一致している。関係あるかはしらないけれど」
ダスティ「たまたまかもしれないってことですね(笑) その時はそっすか、ってなっちゃいますけど。でも繋がっているとしたらそっちから攻めるのもありという」
アルブレヒト「まあ現地に行ったらリスト家が暮らしていて、なにか協力を仰げるかも」
DM「すげえな、テーブルトークRPGみたいだな」

 全員爆笑

レーグネン「じゃあ耳かき……じゃない、耳栓を用意しましょう」
ダスティ「もっと聞こえるようになっちゃう!」
DM「耳の通りを良くしちゃおうかぁ~!? D&Dのルールブックに存在する耳かきは、マジックアイテムでもないくせにあらゆる音をシャットアウトするパーフェクト耳栓、スーパーアイテム過ぎるので、この世界には無いです」
キャス「じゃあココにあるパンを耳に」
DM「まあ聞き耳に-8とかで、何かしら耳を塞げば防げる系に対してセーヴ+2とかにします」
アルブレヒト「一晩中、遠吠えを聞いているのを防げるかもしれないなぐらいの気持ちで持っていく」
DM「ちなみに、耳栓をしている場合には仲間内での相談はできません。移動アクションを消費してブロックサインをし、サインを受け止める側も移動アクションを消費する必要がございます」
レーグネン「(ブロックサインをする)」
DM「受け止める側が移動アクションを消費しない場合、味方がサインを見ているかも運ゲーになるので、だいぶ面倒臭いことになる」
モニカ「書き起こしができないじゃないですか! シュッシュ! シュッシュ!」
DM「流石にプレイヤーにジェスチャーしろってなると、完全に狂気山脈になっちゃうんで! またクトゥルフに逆戻りになっちゃうんでそこは止めたい所です(笑)」

ダスティ「とりあえずリスト家に行って、仲良くなる?」
モニカ「助力を得られるかもしれないですね」
アルブレヒト「だが我々が貴族だということは明かせないからな」
DM「ヴォルフェンビュッテル家の者だが、挨拶に参った! 通してもらおうか!」
アルブレヒト「今は明かせぬが、まあ(そのうち)」
レーグネン「こいつらただの傭兵のくせに頭がたけえなって思われる可能性が十分に」
DM「隠しきれないオーラ、高貴なオーラが(笑)」
レーグネン「そこを取り直してくれるのはもうダスティしかいないから」
モニカ「ダスティしかいないから(笑)」
ダスティ「(笑いながら突っ伏す)」
アルブレヒト「村の騎士爵は貴族といっても、そんなに貴族貴族していないような人たち」
DM「下っ端。と言ってもまだマシなほうで、より下に城内騎士っていう土地すら持っていない騎士がいる。まぁでも地方の村の領主だから。アルブレヒト達の家のほうが家格的に3ランクくらい、上」
アルブレヒト「子爵家の、我々のところにも部下に城内騎士はいっぱいいる」
DM「城内騎士<騎士<男爵<子爵ってようやくヴォルフェンビュッテル家の子爵がくるわけです。レーグネンは男爵家。貴族の爵一個上は凄い差だから!」
アルブレヒト「なんせ6つしかないから!」
DM「爵の1個違いは凄い差。日本の官位みたいに大納言だ中納言だ正三位だ従五位上だとかあんなに細かく別れていないし、軍隊の少尉、大尉みたいにそこまでも別れていない。兵、下士官、尉官、佐官、将官ぐらいの差」
アルブレヒト「公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵、騎士。それしかないから大将と大佐みたいな差」


 ヴィーリオンの爵位は、上から王、公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵、騎士爵で、騎士は騎士、城内騎士、従騎士とランク分けされている。城内騎士は最下級の貴族で、従騎士は貴族ではない。日本で言うなら大名クラスは伯爵からで、子爵以下は家臣クラス。
 立地条件によってかなり差が出るのは当然ながら、平均的には伯爵領一つで人口30万人程度。子爵領はおよそ4万人。末端の騎士爵領となると200人がせいぜいとなる。
 一方敵国バーンの貴族も公侯伯子男形式なのだが、所領を持たない(で金を貰う)貴族の割合が圧倒的に高い等、内実は割と違う。が、それはまた別のお話。

 ヴィーリオン貴族はいわゆる封建領主なので、伯爵領以上はそれぞれが独立国的な立ち位置であり、表現的にも「隣の国」なんて言ったりすることが普通にある。イギリスの薔薇戦争や日本の戦国時代ほど派手にドンパチしているわけじゃないが、局地的な争いは珍しいものではない。だが彼らにも理性はあるので、「竜の勢力」という不倶戴天の敵に備える為の余力が無くなるレベルの争いは避けるのが不文律となっている。なので戦争をしても上級貴族が死ぬことは稀で、極力捕虜にとって身代金のやり取りで解決することが多い。逆に対竜戦ではバカスカ死ぬ。物凄く死ぬ。金持ちは病気で死なない世界だがそれでも補いきれないレベルで戦死する。情け無用。

 そういった「人間同士はガチらない」ことを是とする戦争様式の特殊なケースが英雄戦である。

●英雄戦
 フロウ(人間)社会における特殊な戦闘作法。
 互いの軍勢が小数の代表を選抜し、戦わせる。
 その間、他の者は手出し無用。戦勝神に誓って執り行われる為、禁を犯すことは極めて高いリスクを伴う。

 鬨の声とともに斬り込み、すべてを薙ぎ払う重戦士。
 華麗なる身のこなしで取り囲む敵を翻弄する軽戦士。
 瞬きする間に放った矢が雨となる弓兵。
 猛然と敵陣に突撃し、粉砕蹂躪する騎士。
 瀕死の重傷を負った者を瞬時に癒し、再び立ち上がらせる神官。
 攻城兵器による弾幕をも凌駕する破壊をもたらす魔導師。

 鍛え上げ、研ぎ澄まされた人の力は脅威である。
 常人の壁を越え、一人を以って一隊を征す。一隊を以って一軍を征す。
 そんな領域に達した存在を、英雄と呼ぶ。

 つまり、雑魚を戦わせて蹴散らされるよりも、お互いの英雄が戦うことで無駄な被害を出さないようにしようという考えである。
 騎士同士の一騎討ちから発展したこの作法は、軍とは本来竜の勢力との戦いが主目的で、フロウ同士の戦いは内戦・余興に過ぎないという認識において急速に浸透した。
 英雄戦に敗北した側は戦にも敗北したと看做され、即座に軍を撤退させなければならない。原則的に「全員降伏、捕縛」とはならないが、事前の取り決めでそう合意していた場合は、その限りではない。

 なお、別に大軍では小数の英雄部隊に絶対に勝てないというわけではない。
 被害が大きくなり過ぎるのだ。6人の英雄部隊を倒す為に300人が蹴散らされた挙げ句、5人にはまんまと逃げられた、なんてことは珍しくない。まったくもって割に合わない。
 それとは別に、1000対300のような状況で、劣勢側が英雄戦を望んだ場合はどうなるか。
 双方が抱える英雄の強さ(評判)によって変わる。
 仮に優勢側が7レベル程度の英雄しかおらず、劣勢側が10レベルだとしたら、間違いなく断られる。英雄戦をしたら勝ち目が薄く、数で押す方が分が良いからだ。もっとも、そのまま戦っても、700の差を英雄の3レベルの差で引っ繰り返されかねないが。
 一発逆転的英雄戦が受け入れられるケースは、優勢側の英雄が強い場合だけと言っていいだろう。

 英雄は強力ゆえに貴重。一人を失うだけで大きな痛手となるのも事実な為、熾烈な対竜生存戦争に明け暮れていた時代に比べて国家レベルでは安定しつつある昨今、兵員被害の限定という当初の目的は忘れ去られ、軍勢の戦いで決着がつくことの方が多い。人口に余裕が出たことで、雑魚は金さえ積めば補充が効くが、家中の勇者はそうもいかないという考えが定着したからだ。
(フローラントwikiより抜粋)

 
 Don't give up justice, I want to get truth! つまりこう。続く!!


●プレイヤーズコメント

・アルブレヒト
 さぁ、初仕事だ。いよいよプレイの本番が始まったと言っても過言ではない。
 となると、今までのはプロローグとなるわけだ!
 すでにボリュームが凄い、凄過ぎる!

 スチャラカ冒険者転落譚などにはならないよう、全力で頑張るのだ……!



・モニカ
 流石ハインリーケさまっ! お兄様のことをよく存じておられます! どやるキャスには胸がキュンとしました、格好良かった。
 さーいくぞっ初任務!


・レーグネン
 ミニチュア酒場すごい。雰囲気がありますね。
 そして初めてのお仕事。
 ちゃんと戦利品を持ち帰るまでが冒険(ド赤字になるので)。



・ダスティ
 情報収集で得たことが生かされて、良かった! 依頼を受けて、いよいよ最初の冒険の始まりって感じだけど、相手が厄介な能力をもったモンスターのようで不安。万全の準備をして臨みたいのだけれど……。

     
  ■新規キャンペーンのチュートリアルダンジョンハック

 
 普段のプレイは「このモンスターはなぜここにいるのか」といったレベルまで考えた上で配置するため、DMとしても様々な制約が存在して頭を悩ましたりするのですが、このハック&スラッシュは単純に「コンピュータゲームのダンジョン攻略」的な扱いのため、どんなモンスターでも出すことが出来る。
 そこで今回は「キャンペーンでは出せないモンスター」の最たるもの、「天使」と戦ってもらうことに(笑)
 全員知識判定にガッツリ失敗したので……。

 
DM「犬好きぃ?」

 
 アタッカー達が一斉に犬マンに殺到したので
DM「いけ、ファンネル!!!」
 と、独り残った神寵者にオールレンジアタックを仕掛け
DM「これがやりたかったんだ!!」
 ……と、ご満悦なDMの姿がそこにあった。
神寵者「ここはアタシに任せて皆はボスを叩きなさい!」

 
 ファンネルの攻撃力を過小評価した神寵者、3ラウンドで撃沈。
神寵者「1回目の攻撃は移動攻撃だからそれぞれが1発しかビーム撃てなかっただけで、足を止めて全力攻撃だったら2発撃てたのねぇぇぇぇ(ばたり」
 一方アタッカー達のダイス目がふるわないのと、恒例の「ダメージ減少を抜けずに手こずる」の合わせ技でボスは元気いっぱい。
 神寵者が孤立してボッコボコにされてなければ、アラインウェポンをかけて貰えてダメージ減少を緩和出来たかもなのだがー。
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!

  1. a. 42>鬼父がフィルムコミックスになってたな
    b. >42 私もフィルムブックかと思いました。そう言えば、エヴァのフィルムブックは内容が細かいと言うかマニアックだったな~(笑)
    c. >>42 エロアニメのフィルムコミックはe-Color Comicとか言う名前でたくさん出てる印象。amazonでエロ漫画検索するとこれと電子の単話が山ほど引っかかるのですげー邪魔なのなんとかしてほしい
    エヴァのは資料目的に買ってたな(笑)
  2. おっきーのプライズフィギュア>それ、大佐が以前「あるべき部品が足りてなくてそっと棚に戻した」みたいなツイートしてたのそのおっきーのことじゃなかったでしたっけ?(具体名挙げてなかったけど時期的に)・・・ってよく見たらフィギュア用眼鏡?も同梱されてる!?やさしい・・・
    そんな程度じゃ済まなかった!!!
  3. 36>抜刀事件の方はまだ理解できるんだ。でも、シアン裁きの方は本気で訳が分からないんだ
    家族にも見限られる原因(笑)
  4. >13 80年代作品のゲーム化の流れ来てますねえ。バンナムさん、80年代に始まって今現在絶賛連載中のキン肉マンって漫画があるんですけど、どうです?
    キン肉マンの格ゲーはプレステ2時代が最後かぁ。
  5. >全然そっくりじゃないキャラ バンダイチャンネルで昔の作品を一気見すると、実に露骨に分かりますね。バリグナーで有名なドラグナーですが、最終回のキャラデザが誰だお前!?レベルだったり。
    作画のブレじゃなくてキャラデザレベルで別人過ぎるメガゾーン23の1と2。
  6. 田村ゆかりのねんどろいど、後ろ向いてるーっ!?>そういう仕様の商品の可能性。あの人人生全力全開の後ろ向き大爆走するタイプのお人だからなー
    最初見た時点で、思わずググって他のパッケージ画像を探してしまった(笑)
  7. リボルギャリー …頭部が、胴部のようなスポンジ増設の類が不要なレベルでジャストフィットなのは凄いです(笑)。 by エルドラン総受け
    スポンジ入ってるが、むしろこれは擦れないようにするためでは……と思っている(笑)
  8. 11>ゲーム上の戦力差を覆す追加ルール「超英雄ポイント」
    「え、その呪文使ってるってことはこのキャラ最低でも●レベルってこと!?」みたいなやつ色々あるのを無理やり説明つけるやつ(笑) まぁそれでも魔神将はゲームデータが作中描写に比べて圧倒的に強過ぎて、ベルドくらい「ステータスも超英雄ポイントもチート」な存在じゃないと厳しいというか、それでもGMの援護(基本的に敵が賢く立ち回らない)ないと無理が出るが。
  9. a. >>23 一方で、switchで出てるエロゲの一般移植ギャルゲはペイラインは超えるくらいは売れてるって話も聞いたんですよね。確か続編消えた蒼の彼方のフォーリズムがswitch移植のせいじゃないかってのの反論で聞いたんだったかな
    b. >>23 若い人に昔は1クールに1本はエロゲ原作アニメやってたって言っても信じないだろうなぁ(笑)
    c. >23 わざわざエロゲをやらなくてもエロコンテンツが充実してる、またエロの敷居というか分別意識が低くなってるのも大きいかと。特にレーティングされてない漫画やアニメですらそれいいの?ってエロシーンが割とあるのは男として嬉しくはあってもあまりいいこととは思えないんだよなー
    d. 23>一番でかいのは値段かなー(笑。
    ソシャゲにバカスカ使うが、それ以外には渋いという心理は、やはり人間はギャンブルに弱い。
  10.  この漫画を読むといつもオヨネコぶーにゃんの歌が脳内再生されてしまう>お客様!!お客様の中にガンダムで「ミネバ」って名前聞く度にとんでモンペ思い出す方はおられませんか!?みねば!
    俺は違うぞ!!(笑)
  11. a. 「餓狼伝」の「泣き虫さくら」とか
    b. 5> 木之本桜(カードキャプター) 間桐桜(fate) 真宮寺さくら(サクラ大戦) 天宮さくら(新サクラ大戦) 春野サクラ(NARUTO) サクラさん(うる星) 源さくら(ゾンビランドサガ) 野咲さくら(イナズマイレブン) 春日野さくら(ストZERO2) 芳乃さくら(ダ・カーポ) 綺堂さくら(とらいあんぐるハート) 北大路さくら(アイカツ) 大神さくら(ダンガンロンパ) 村松さくら(デレマス) 厨川さくら(KEY THE METAL IDOL) 西堀さくら(ボウケンジャー)
    c. 45>単純な知名度ならNarutoが高めだろうけれど、キャラとしての人気が良く分からない。好きな人の数なら春日野の方が多いかな?
    男はつらいよ(えー
  12. 戦いが均衡しているゆえ>作中で、作戦会議の中で中央と片翼は暗黒騎士や闇の森の蛮族戦士が主力と言われていて、残りの片翼が妖魔兵団としても、そこはカシューら砂漠の戦士団とファリスの神官戦士団で蹂躙していますが? 均衡したのにはゴブリンらの影響は小さいと思いますよ。
    つまるところ、ゴブリンは弱い。
  13. a. >馬鹿はお前だァァァァァァァァ!!!! 自分が悪だと気づいていない、最もドス黒い悪を見た……!
    b. おじさまと猫 #4 こういった人間はなんて表現すれば …「度し難き、縁なき衆生」と言いたいです。 by エルドラン総受け
    子供が不憫……!!
  14. >>10 ドッグミート!Fallout3ではDLコンテンツでヤケクソ気味にHPが強化されFallout4に至っては不死身になったドッグミートじゃないか!それにしても・・・酷いネーミングだよな、さすが世紀末
    不死身になってくれて心置きなく使えるようになった!!
  15. >44 そしてプレゼントのべっ甲の出所がキューバに大量に死蔵されてるのをKGBが小遣い稼ぎに横流ししたもので、このキューバ・コネクションを巡ってCIAとKGBの壮絶な暗闘が始まるのが第2部(グルグル目
    過去の名作ベースにして勝手に続編やバリアント作ってる作品って、そのノリだよね。
  16. 44>夫がジム。妻がデラ。…おそらく息子にはベロという名前をつける。そして夜な夜な「はやくにんげんになりた~い」と徘徊する。
    不幸じゃねぇか!!(笑)
  17. 12>年齢的にもウッソとサザキ君はタメか。ウッソの人生が壮絶過ぎる。カテジナさんも「坊主のやること!?」と言いたくなるわ。
    彼らは子供であることを最大限に利用したえげつない作戦を平然と行うから、マジで厄介な相手だぞ!
  18. a. >>24 私のおすすめは虚構推理ですね。ミステリーものだけどタイトルに虚構がつくだけあって一味違って面白い
    b. 24>今期のアニメ~ 小出しにしてないで2期を早くしての「へやキャン」、作画さえ良ければ一定の面白さは保障される「超電磁砲T(3期)」、説明不要のおねがいナックルめっちゃ勝ちたーい「ケンガンアシュラ」は確定として。  「虚構推理」不死の青年とモノノケ姫にされてしまった少女が怪異絡みの事件に挑む、といっても鬼太郎や物語シリーズと違いバトルよりも推理主体のミステリ仕立て。派手なアクション好みの人には向かない。とりあえずヒロインの琴子かわいい。  「防御力に極振り」主人公にダメージが通らないお気楽VR-RPG。正直、面白いかというと微妙だがヒロインは可愛く作画は良く、話題性は高そうなので視聴。黒に赤を配したカラーリングも好きだ、ブラックサレナ的な(なのか  「空挺ドラゴンズ」飛行船でドラゴンを狩るハンターたちの日常を描くファンタジー。なので大佐向きではない(笑) 話は面白いと思うのだが、アニメになったら作画(CG)が小奇麗すぎて違和感ある、肌や服に汚れとか全然ないし。  「ソマリと森の神様」人間の幼い少女と彼女の両親を探すゴーレムの旅を描くファンタジー。ハクメイとミコチ的なほのぼの感は楽しいが、もはや人外だらけの世界なのでソマリが人間だと周囲にバレたら殺されかねないし、ゴーレムも実は稼動限界が近くボディが壊れてきているという緊張感と切なさが。ゴーレムの顔がちょっと電王のプラットフォームみたい(笑)  「ドロヘドロ」全23巻(2000-2018)のコミックが妙なタイミングでアニメ化。トカゲ男にされた主人公がその術者を探すダークファンタジーにして、スラム的猥雑な世界を物ともせず生きる屈強なヒロインが魅力のギョーザ販促作品。暴力と殺人だらけの殺伐とした内容なのに陰惨ではないカラッとした作風が良い、「メインドインアビス」よりよほど安心して見れる(笑)  「7SEEDS」昨年、配信専用だったのが地上波でも見れるように。目が覚めたらいきなり妙な島でサバイバルというSF。好きなジャンルではあるが1話から多くのキャラが出てわかりにくい、話の展開が遅い割にダイジェスト感いっぱいという構成の悪さで原作ファンの評判が芳しくなかった出来。作画も微妙。うーむ。
    c. 「群れなせシートン学園」ほのぼのキリングバイツか下品なけものフレンズか。メスだけが人間チックな獣人で割りと可愛いのだけど、だんだん下ネタにブーストがかかるとも聞くのでどうだか。とりあえず食糞ネタと同じ回にカレー出すのやめて。  「ネコぱら」擬人化ネコちゃんズ可愛い、以上。だがそれだけでいい。  「異種族レビュアーズ」ファンタジー世界の風俗という着眼点は面白いと思うが、個人的に人間の女以外ではイマイチ興奮できないし地上波では規制も多いし、BDが無修正だったら買うかなあと思い始めている。  「ダーウィンズゲーム」FGOやヒロアカの継続もあって今期も本数多いから切っちゃったけどデスゲーム好きな人には楽しめるか?  「映像研」個性的な女子高生トリオがアニメ制作に挑むコメディ。題材がアニメだけに動きがつくと一層面白い。でも作者のツイッターはやめさせた方がいいかも…  「ランウェイで笑って」低身長(158)だがモデルになりたいヒロインと独学でデザイナーを志す高校生がファッション業界に飛び込む青春物。題材が珍しいが意外とアツい。  「マギアレコード」犬カレー空間がなつかしいまどマギの外伝、でもゲームの方をやっていないとキャラへの思い入れがなくてイマイチ…だったが4話からマミさん参戦、これで勝つる! あとEDはさすClariS。  「推しが武道館」ファン(追っかけ)の視点で描くアイドルコメディ、しかも主人公が女なのでちょっと百合チック。「ダンベル」に続きCVファイルーズあいの快演が光る。まだ無心でアイドルに入れ込んでいられた頃を思い出して涙が出そう…… しかし原作からしてそうなのだがアイドルグループのメンバーの顔の描き分けが微妙で、何で人気格差が生じるのか不思議になってしまう(笑)  「22/7」通称ナナニジ。同キャラを使ったバラエティと違ってギスギスした内容に棒読みアフレコで多くの視聴者に呆れられた怪作。だがネタ枠でしばらく見ようと思う。アイドル物なのにくせっ毛青髪ショートのコミュ障がセンター、しかもアイドルを目指すにあたって「一番やりたくないことをしにきました」と啖呵切るあたりは斬新である。そのくせ自分がセンターにされたらトンズラという情けなさ。動物園の地下に秘かに作られた巨大オフィスとか謎の壁から出てくる金属プレートの指令書とか色々おかしい(笑)
    d. >>24 痛いのは略 は異世界転生ものならへーきだったとおもうのですが、パッケージ購入のMMOで後発組の主人公がなんか行動するごとにレアスキルゲットして有名だけど誰も攻略してないダンジョンで初回攻略特典のワールドに1つしかないレア装備フルで1式手に入れて、全員参加のバトルロイヤル形式イベントで相手からは全ダメージ無効、主人公からは広域パラライズ+広域ポイズン、または盾で小突いたら即死で~ みたいな展開は「強い主人公おもしろーい!」より、「運営仕事しろや」に意識がかたよってちょっと見続けるのが辛くて2話目で脱落しましたわ
    e. 今期アニメは、痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思いますとショウバイロックの新作が良い腋アニメになりそうな予感がします
    f. >>24 異種族はだんだん過激というか最初からですが3話はもうエロアニメでいいんじゃねーかってなアウト寄りのアウトで、もーすこし地上波ということを考慮して大人しくしていただきたいところ。そこがんばらなくても作品としても面白いんだから
    アニメじゃないんだが、女子高生の無駄づかいの実写版がメチャ面白い。キャスティング的に不満(ヤマイが美少女感無い。ロリがロリ感無い)もあるが、それ以外は面白い。いや、マジでキャスティングの不満はデカいが。
  19. ヒ>カメラiPhoneですよねこれ・・・こんな綺麗に撮れちゃうのか・・・android機種と違ってiPhoneは全てにおいてのシンプルさこそ存在の妙だと思ってるんで個人的には三眼レンズとか文句しかない訳ですがこうやって結果出されると文句の言いようがねぇ・・・
    俺が雑に撮っても綺麗でご満悦!!!
  20. ツイッター / いい感じに撮れた …けっこうな長時間露光(秒単位)だたり? by エルドラン総受け
    2秒かな!
  21. 立場と技能の関係上仕方ないとはいえ、ダスティ&キャスの諜報コンビが走り回っている間は貴族チームは待機というパターンになりがちだな。 いざ仕事が始まっても戦闘能力の高い貴族様に任せきりとはいかず、斥候は先行しないといけないしな…(笑)
    勝手に街歩きまわって金騙し取られてもこまるやつ(笑)
  22. 32>「仮面ライダー正義の系譜」でも隕石落としてきてたなぁ。ストーリーは良いけどライダーに性能差が無く(必殺技を放つ速さのみ違う)、操作性が悪いのが難のゲーム。
    ゲームって「操作性が悪い」の一点でプレイするモチベがスゲー下がるんだよなぁ。
  23. リボルギャリー> ダダ星人のねんどろいどがあれば!
    ダーダーダダダダダダダ星のーちきゅーしんりゃくろぼっとぐんー(違
  24. 13>アニメ、ゲーム、漫画連載の足並みをもう少し揃えたらよかったのに。ソシャゲ(先の方)はひたすら引き延ばしてくるので今だにWY編だし。
    タスクオーナさんがハマってた(笑)>先の方
  25. テーブルの上の食べ物を狙ってくるけしからん獣たちは、犬なら高いところに置けばなんとかなるけど、猫だと余裕で登ってくるから、食事中は別室で待機していただくしかない(笑)
    立体機動装置つきの如き俊敏性!!
  26. 血小板ちゃん   人間じゃないから着替えたりお風呂入ったりしないだろうしなあ…
    彼女たち一人ひとりの中にもまたはたらく細胞達の世界があるんだろうか。
  27. 39>漫画の「エスパー魔美」で、主人公の女の子が授業中にトイレに行きたくなったけどはずかしいから、自分の体内のモノを友人の男の子の体内にテレポートさせて代わりにトイレに行ってもらう話があって、ギャグとして描かれてたけど凄くマニアックなことしてないかと思ったら記憶(笑)
    あれは超マニアックだな
  28. こんだけ子供が泣き叫んでも>面倒見てるのは親なんだし子供がなこうが無理だと思えば無理なんじゃないかな
    うん、別に「子供が泣き叫んだらなんでもいう事聞いてやれ」ってわけじゃないんだよ。親が、子供が泣き叫んでる理由が微塵もわかってないことが怖いんだよ。あと犬の世話をしてるのは子供で、親は金出してるだけなので、面倒を看てるのかというと。
  29. シアン、悲しみのおっぱい。お兄様が本を買ったのでハインリーケに責められるのは確定だそうですね。だが待って欲しい。この業界ではロリに責められるのはご褒美なのではないだろうか?そう考えるとお兄様はやっぱり天才なんだなって(笑) by デッカク
    怒られることは確定したねー。水牢に一週間閉じ込めるよ。
  30. こういった人間はなんて表現すればいいんだ>まあ大人に良くある「子供のいう事を本気として取り合わない」類の話ですかね。それにしたって反応が淡白すぎますが。「自分がそういうことをして平気な大人」と見られる=子供からの信頼を無くすことに対して鈍いというか。
    この親は後に、猫を「引っ越し先がペット禁止で“要らなくなった”からあげる」と子供に押し付けることになる。ぐぬぬ。
  31. 3>瓜実のスイカも汎用性高いですよね。良く考えたらアルター名が分からない。漫画は「ウォーターメロン」だった気はしますが。
    「そんなのありなの!?」となった記憶(笑)
  32. >15 大手チェーン店のカレーは牛丼等と比較すると割高な気がして、それならもう少し奮発して専門店で食べたい、ってなります
    俺の中でCoCo壱番屋がマジで「値段の割に美味しくない」ポジションなんだよなぁ。でも世間的に大人気で俺はマイノリティーを自覚している。
  33. 12>サザキ君があの時代のMSを使用するとしたら何になるだろう。リグ・シャッコーの近衛師団仕様辺りだろうか。いっそクロスボーンの方がギャンっぽいMSが多いかも。
    これが僕のギャンスパインだーっ!!
  34. a. 38>若干シーンごとの長さが変えられてるとか、歌のタイミングが異なったりとか。ラジオを聴く限り何かしら意図があるようですが、今の所良く分かりません。
    b. 38>SEEDのリマスター程度に新規カットが挟まれてたらもっと満足できたのですが、基本尺の切り継ぎと多少の作画直し程度ですしね。拍子抜け感は否めない。
    あれはかなり「釣られた」感あったわー(笑)
  35. 35>むしろ逆だなあ。子供のころは熱があったらとりあえず寝てたけど、今は、体の節々が痛くてだるいなあ、ちょっと寒気がしてきた熱測ろう、うわ38度もある、みたいに意外と平気だったりする
    「取り敢えず寝てた」が「起きてられるけど取り敢えず寝てた」か「起きてらんないから取り敢えず寝てた」かでだいぶ変わる(笑) 日本語の文脈的には前者な気もするが!
  36. このときはまだ全員知らなかったのです、これから待ち受けるとんでもない展開を……> え…まさか…また出てきてしまうのあのハートオブメイルシュトロームが……!?
    今のところは違うよ!!!!
  37. >「何回か遊んで楽しくて、今後も遊ぶなら」 この前提条件なら買えよってなるな。今は通販も手軽に利用できるから、どこに行けば売ってんだよ、ってのもないだろうし
    マジでルルブ未所持でいいじゃん派とは噛み合わない。「言ってもいないこと」に反論して「ルルブ所持しろ派はこれだから駄目」ってドヤってて。
  38. アマゾネスドットコムのムキッとした腋。そして眼鏡。 URL
    全然子供の体じゃない!!!
  39. Twitter>お、ねんどろいどニャル子も戴いたんですね。ねんどろ用リボルギャリーとみるや即座にニャル子お出ししてくるあたり流石大佐のファンは皆訓練(!?)が行き届いておられますな!
    いや、同梱されていたんだ(笑) そういや表紙が仮面ライダーネタの作品だった。
  40. >ここまで引っ張る作品はそうそうなさそうだ!!! また引っ張るのが主人公の能力やプレースタイル的に物語のタメとして納得いくのが結構凄いと思いました
    圧倒的満を持して感。
  41. >21 吉澤もけっこう癖が強いと思うが大佐的にはOKなん?
    むしろ吉澤NGの人でこの漫画買い続ける人ってどーいうことなんだ(笑)
  42. ちうごく発祥のあれ、何か思ったよりヤバくないか?  コロナウイルスとかかっこいいのじゃなくてもっと下劣な名前つけて危機感あおらないとダメじゃないか?
    こういったパンデミックの度に「(たかだか百年前に)インフルエンザで5000万人以上死にまくってたの、怖過ぎだろ」となる。
  43. “真実は見えるか”キャンペーン>マスターすらも!? え、何か思わぬことが? 楽しみだ。しかし、導入からは想像がつかぬ楽しげなことに。夢を共有したとかいう処理になるのは笑う。
    クトゥルフのモンスター相手だけに悪夢が似合う似合う。
  44. a. しゅ、シュタゲがハリウッド実写化だって! なんてこった! びっくりだ!
    b. シュタゲのハリウッド化はバタイフライエフェクトとか洋画の影響考えると逆輸入感もあるな。勿論内容は全然違うんだけども
    期待せずに待つ
  45. そう言えばワダツミさんはNew GAME読んでないんでしたっけ? 甘々な中にもマジメな話があって私は結構好きです。あと最近百合要素が強くなってきました(笑)
    アニメは観てたよ~。撃てる状態のエアガンをノーゴーグル相手に向ける人以外は好き。
     
1/24
  おじさまと猫 #4

 
 この漫画を読むといつもオヨネコぶーにゃんの歌が脳内再生されてしまう。

 
 猫好きぃ?

 
 というわけで今回も、寂しく生きていたおじさまが猫に癒されサティスファクションライフする様に涙涙のもーのーがーたーりー!!
 ……なわけですよ。シュビドゥバー。
 うちの母も二代目チワワが死んでからは一気に人生のテンションが下がって近所からも「生気がない」と言われる始末だったのだが、三代目チワワを送り込むことでパワーを回復したものだ。

 
 ところでこういった人間はなんて表現すればいいんだ、と悩む俺の姿がありました。
 馬鹿はお前だァァァァァァァァ!!!!
 こんだけ子供が泣き叫んでも「あ、しまったな」となって買い戻すことすらしない人間怖過ぎる。
     
  はたらく血小板ちゃん #1

 
 イエッフー! スーパーかわいい血小板ちゃんのスピンオフだぁぁぁぁぁぁ!!
 待っていたぜ、ただただ血小板ちゃんの可愛さを堪能できる作品をよぉぉぉぉぉ!!!

 
 ……なんか違った。
     
  ■プレゼントありがとぉぉぉ!!

 
 ヨハネのデカいタペストリーは、階段降りるときに目に入るポジションにセット!!!
 常々この頭上の空間になにもないのが「つっぱり棚を大量に並べられんものか……」と思っていたりしたが、空間が活きた……!!!

 
 以下はお一人様から、ゆうパックの匿名でやり取りできるサービス経由で段ボールがどーんと!!!
 おっきーのプライズフィギュア!!!

 
 水鉄砲お嬢さんさたちのフィギュアが未開封で五個ずつ。緩衝材として入れた、とのこと(笑)

  
 ねんどろいどが……あれ?
 田村ゆかりのねんどろいど、後ろ向いてるーっ!? 開封してしまったときに逆になったのかな、と思ったが明らかに未開封だこれーっ!?
 ……ということで、エラー品だそうです(笑)
 そしてさらに俺を戸惑わせたのが助手。
「胴体がないーっ!? ってか明らかにパーツが足りてないーっ!?」
 こ、これはパーツ取りのあまった部分でも入れてくれたのかな? まぁ顔バリエーションがあればそれはそれで遊べるし?

 
 そしてリボルギャリーと眼鏡とコガネムシ。
 ……ってん? リボルギャリー? なんか変なパーツが……?

 
 意味がわかった瞬間、暫く笑いが止まらなかった(笑)
 展開してさらにもう一度爆笑せざるを得ないほどに!!!
 スポンジが増設されてねんどろいどを労る細やかな気配りとクレイジーな所業のギャップが最高にツボってしまったよ!!!
 これはネオジオングと一緒にねんどろいど強化ユニットとして今後も活躍してもらわねば。
     
  “真実は見えるか”キャンペーン 第2回 チャプター4

 ダンジョンズ&ドラゴンズ3.5版をベースに「オリジナル世界設定」「ハウスルール色々」「禁止呪文・特技・アイテム多数」「モンスターデータ改造しまくり」の独自環境なので、運用や裁定が公式ルールと矛盾した場合も仕様です。厳密なことはあまり深く考えないで読むと幸せ。
 また、プレイ内容で色々と「気に入らないこと」があったとしても、プレイグループ内では合意を得て楽しんでいるものとご理解頂けると幸いです。


 チャプター1 チャプター2 チャプター3
 第1回まとめログ

 アルブレヒト・ヴォルフェンビュッテル ウィザード4
 モニカ・ヴォルフェンビュッテル フェイヴァード・ソウル4
 レーグネン クレリック4
 クラウス ソウルナイフ4
 ダスティ ローグ4


DM「ではロールプレイを進めてくれ。宿で出来上がっている3人」
モニカ「おかえりなさい(ふらふら)」
レーグネン「おかえり~(出来上がっている)」
ダスティ「まあ、もうしょうがない、そういうもんなんだろうなって感じで、はぁって」
キャス「こっ、これが貴族……! もう、戻りましたよ~? 聞いてきましたからね、情報。ちょっと、モニカ様もふらふらじゃないですか、お水飲んでください」
DM「じゃあデメリットは与えないけど、ネタ的に頑健セーブしようか(笑)」
モニカ「14」
アルブレヒト「14」
レーグネン「21」
キャス「お酒につよい(笑)」
DM「強い! 全員気分が良いだけです」
キャス「結構飲んでいますけど大丈夫ですか? もうお水お水、ほら」
アルブレヒト「嗜み、嗜み」
レーグネン「嗜み」
ダスティ「意外としっかりしているな。呑まれるほど飲んでないのか。では、聞いてきた噂ですが……ということで報告です。リスト家の四男が失恋、というか」
キャス「リスト家はどの辺りの……」
アルブレヒト「(ダイスコロコロ)23ですね」
レーグネン「19」
モニカ「8」
ダスティ「全く興味がない(笑)」
DM「駄目だモニカ、あらゆる人間すべて『皆いい人ですわ』で終わっている」
モニカ「皆いい人ですわ!」
レーグネン「ハインリーケ以外は、もう(笑)」
DM「ではお兄様は知っている。ヴォーヴェライト伯爵領トロイトーアの近く、15キロ離れている場所にエレル村っていう場所があって、そこを領有する騎士爵、つまり下っ端貴族です」
アルブレヒト「すごいな、流石。こんな下っ端貴族を知っているなんて」
モニカ「すごい……」
DM「名前ぐらいだろうけどね。『あぁ~リスト家ね、ちょっと知ってる』」
アルブレヒト「ヴォーヴェライトの家臣に居たな、確かそんなのが」
DM「それぐらいかな、人となりは知らないけれど。本当に端っこの端っこ、番付の一番端のレベル」
モニカ「成程、それを知ってるとなると本当に天才ですね」

 この辺のレベルを全部把握してたらそりゃ凄いんだが、ダイス目次第で知ってたり知らなかったりである(笑)

DM「で、エレル村は〈知識:地域〉」
レーグネン「15」
アルブレヒト「15」
ダスティ「12」
モニカ「18」
DM「うん。……何処?」
全員『あははははっ』
アルブレヒト「エレル村がどういう村かは、知りませんけれどね(きらきら)」
DM「以上ですね、リスト家関連は」

 そりゃ何百キロも離れた土地の小さな村一つ知ってるほうが怖い(笑)

キャス「それで……もっと大変なんですけれど。……あの抜刀事件」
モニカ・レーグネン「(メモを取ってた頭を上げて)あの抜刀事件……!!」
DM「まあこの貴族の3人にはセンセーショナルな話題だからね(笑)」
全員『あははははっ』

 
 懐かしの傭兵隊時のイラスト

DM「宮廷の話題としてはトップレベルのビッグニュースだからね、あれ」
モニカ「あの!?」

 
キャス「あの、シアン様が……遂に、領内追放となったそうです」
アルブレヒト「どんなに田舎でも知らない人は居ないはず(笑)」
レーグネン「後の歴史書に載りますからね」
DM「載る載る、絶対に。桜田門外の変とかそういう感じだから」
レーグネン「二・二六事件みたいな」
DM「モニカとは別の意味で歴史に名を残しているからね」
アルブレヒト「領内追放で済んだんだ……と思う位の出来事ですよ。身分を没収されたらどうなるんでしょうねえ」
DM「追放された時点で貴族の位は失うからね」
アルブレヒト「鎧にバッテン付けられちゃう」
モニカ「出会うかもしれないってことですよ!」
キャス「気をつけないと……怖いですね」

 全員爆笑
 このときはまだ全員知らなかったのです。これから待ち受けるとんでもない展開を……そう、マスターすらも……!!!

DM「対岸の火事が目の前にやってきた! と(笑)」
アルブレヒト「シアン姫と会ったことは……?」
DM「まあ有るでしょう、シアンの家はヴォルフェンビュッテル領の隣、ロールヴァーゲ家の重臣だからね、侯爵家の家臣だから偉いんだぞ!」
モニカ「あのお姫様がとうとう……!」
アルブレヒト「花の同世代ですからねえ」
DM「同世代のシアンは別の意味で天才だから(笑) この辺の姫は一筋縄じゃいかない」
アルブレヒト「ハインリーケとは別の意味で凄まじい姫だから(笑)」
レーグネン「モニカ的には、シアンはいい人じゃない?」
モニカ「いい人ですよ! いい人なんですけれども」
DM「昔からちょっと、行動が読めないところがあったと(笑)」
レーグネン「まさかこんなことになってしまうだなんて!」
アルブレヒト「何か有ったのかもしれない、理由が!」

キャス「あとは、フーフ山にモンスターが出たらしいですね。今晩の情報はその位でしょう」
アルブレヒト「これらが今この町で話題の」
モニカ「センセーショナルな(笑)」
キャス「酒場の名前は、センテンス・スプリング」
DM「文春じゃねぇかよ(笑)」
アルブレヒト「では明日、早速ファヴに行って働くか!」
キャス「もしかしたらフーフ山のモンスター退治のお仕事があるかもしれませんからね。四男の行方を探せ……とかだったら困りますけれど」
DM「……シアンを狩れ! お兄様、ルカのキャラシート持ってきてる?」

 全員爆笑

モニカ「そもそもフーフ山の知識判定はやっていないですよね」
DM「ああ、じゃあ〈知識:地域〉か〈知識:地理〉」
キャス「よっしゃー! 振る振る」
レーグネン「いい目が出た、〈地域〉22」
ダスティ「〈地域〉23」
アルブレヒト「29」
キャス「〈地理〉16」
モニカ「10」
DM「でもさっきの説明で大概終わっているんだよね、三国志」
モニカ「でも知りたい、出そうなモンスターとか」
DM「幾らでもいるよ、竜側の奴らも攻めてきてるから、地下道で塹壕戦みたいなことになってる。この山は完全に永久の森に埋まってるから」
アルブレヒト「鉱物資源は竜側も欲しいんで。竜側にとってみちゃ、『人間が横取りしやがって!』って感じになってる」
ダスティ「ではそんなに珍しい話ではないんですね」
アルブレヒト「最近は控えめだったんだがまた出るようになったとか」
DM「またかよっとしか言いようがない。下町で火事があったらしいとかそういうノリ」
レーグネン「火山がまた噴火したみたいな」
ダスティ「じゃあ、今日は寝ましょう」
アルブレヒト「いや、早速本を買ってきてる。最近本を読んでいなかった」
レーグネン「むしろお金あったんだ」
キャス「ということは寝ないんですか(笑)」
ダスティ「明日早いから寝ましょう?」
アルブレヒト「寝落ちするかも」
レーグネン「いや……安心できないです」
ダスティ「保護者が(笑)」
DM「その金は自前でしょ? ハインリーケからの生活費は手を付けずに済んだが、それは実質ハインリーケのお金であるっていう考えはあるかなって思うけど、どう思う!?」
アルブレヒト「……いや、旅費からは取っていないよ?(あわあわ)」
DM「たぶんハインリーケに後で問い詰められるけれど、頑張ってね(笑)」
全員『あははははっ』
ハインリーケ(ダスティ)「この領収書は何!?」
アルブレヒト「いや、それは」
ハインリーケ「あんたの財布に残ったお金は、私が旅費をあげたから残ったお金、ということではないかしら?」
アルブレヒト「……」
DM「たぶんアルブレヒトは本当に悪気なく、これは俺の金だから大丈夫って思ってるんだろうけれど(笑)」
アルブレヒト「これは俺が家から持ってきたお金だから……!」
DM「だけど陪審員がいる中でやられたら、多分敗訴する」

 全員爆笑

DM「『生活費から出された金には手を付けていない!』『ちゃんと貯金から払ったんだ!』って思ってるから、純粋に」
アルブレヒト「そうだ(深く頷く)」
モニカ「お兄様は天才だからしょうがない」
アルブレヒト「……皆そう思うって!」
レーグネン「本はね、また売ればいい。ちゃんと寝ていただかないと明日に響きますよ。本は没収です!」
アルブレヒト「はわ」
モニカ「没収された!」
レーグネン「明日、アルブレヒト様のお力が発揮できないと大変な事になる可能性があるんですよ!」
DM「まあ呪文はセットしてある、使ってないから徹夜してもいいんじゃない。疲労状態になるだけで」
キャス「まってください! 模擬訓練のようになりますよ!?」

 
 卓上の盤面に置かれた練習バトルの名残、無残なキャラクターの死体を見て。

DM「ウィザードが疲労状態になってもあんまり変わんないって~」
ダスティ「いやいや」
キャス「……その晩、モニカ以外は恐ろしい夢を見たとさ」
モニカ「この盤面は夢だったのか」
DM「そうだよ、今晩見た夢がこれだよ。ウワーッ! って皆うなされていて」
キャス「鼻に! 鼻に!」
DM「レーグネン以外、皆1回死んでいるような気になってる(笑)」
レーグネン「皆、中身が! 中身が出ている!」
キャス「ダスティの肺が!」

 練習バトルではレーグネン以外の皆さんミ=ゴに解体されてました(笑)

DM「……というわけで朝ですよ。目の隈を擦りながら降りてくる。グッドモーニン、グーテンモルゲン、諸君」
モニカ「おはよう御座います!」
DM「辛い朝です。ちゃんと寝たけど眠りが悪かった」
ダスティ「うう、あんな事にならないよう、皆で協力して頑張りましょう……」
キャス「ううう」
モニカ「一体何が……!?」
キャス「ちょっとした夢を見ただけです、はい」
モニカ「夢ですか……」
レーグネン「やはり我々にはモニカ様が必要なようだ……!」
DM「レーグネンは(模擬戦で)一人だけ活躍してるけどね! だって……この夢のせいでアルブレヒトがダスティを見る目は冷たいからね」

 全員爆笑
 以前も書きましたが、ダスティは模擬戦でミ=ゴに組み付かれたアルブレヒトを助けようと容赦無く急所攻撃を叩き込み、1/2の確率で発生する誤射を見事アルブレヒトに炸裂させ、彼を瀕死にしました(笑)

ダスティ「夢ですから! 夢! 夢!」
アルブレヒト「いやあ、ちょっと……期待はずれだった(つめたいまなざし)」
DM「『あいつ躊躇なく俺を撃ちやがった!』って(笑)」
レーグネン「あいつはそういう奴だ! 『テヘペロ☆』って言ってた」
全員『あははははっ』
モニカ「まあ皆様、同じ夢を見たのね!」
アルブレヒト「ドラクエⅥみたいになってる」
DM「ほんとそれだよ。もう……」
キャス「夢と現実が交差している(笑)」
ダスティ「では朝食をとってファヴに行きますか」
キャス「日銭を稼がないと」
DM「そうだね、皆あと3日ぐらいで金が尽きるでしょう」
モニカ「やばい、やばい」
アルブレヒト「よし、では行こう」
DM「モニカは1人、プレートアーマーをガシャっとやって。顔を晒さないように」
モニカ「がしゃ!」

 だ~れも知らない知られちゃいけ~ない~。
 Don't give up justice, I want to get truth!


●プレイヤーズコメント

・アルブレヒト
 まさかシアン姫の話題が出るとは! しかも、よりによってこのニュース。
 いずれノア姫の活躍の話も聞ければ良いなぁ。

 今更語るでもなく、本は知識の宝庫。
 知識を蒐集し、それを武器とするのは魔導師の本分。
 よって私が本を読むことは我が隊の戦力を高めること。
 つまり自費で本を買うのは、呪文の巻物を買うのと同じなのだ……無罪!



・モニカ
 あの抜刀事件……!
 それはそれとして、お兄様とダスティは面白いかみ合い方をしてるなぁーって思います。



・レーグネン
 モニカがダイス目ふるわずに皆さんいい人止まりになっているの、不思議とぽさがあって面白いですね。
 シアンはもうすっかり生きる伝説みたいに。
 お兄様は目を離すと本を買う。覚えた。


・ダスティ
 チュートリアルの時とも違い、摸擬戦は色々雑でしたが、それがこんなところに影響するとは……。誤射したのも、相手がアルブレヒトだったのもたまたまだったのですが、身分云々以前にダスティとアルブレヒトは、相性が悪いのかなぁ。
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!

  1. 俺はTRPGのリプレイを読んでいたと思ったら何時の間にか5D'sの話になっていた。 何を言っているかわからねーと思うがとにかくサティスファクションしろよ
    これから皆シグナーに覚醒するんだな(だが竜は人類の敵
  2. “真実は見えるか”キャンペーン 第2回 チャプター3 "抜刀事件" シアン姫 追放 …背景に横線が等間隔に引かれて所々に数字が書いてあり・手には日付や場所が記入された黒板を持ち、な「収監写真」風味を幻視しました。 by エルドラン総受け
    まぁ本来投獄されるようなことを権力でどうにかなっただけではある(笑)
  3. a. 10>特化タイプには勝てないって言っても精製ビフくんのハンマーを真っ向勝負でブチ抜けるんだから大したもんですよね。カズマや劉鳳ら規格外除けば太刀打ちできるアルター使いはそうそう居無さそう。
    b. 10>主人公であるカズマに負けたのはともかく、エタニティエクストラショットがビフ君に力づくで無効化されたのが印象悪いのかなぁ。端から洗脳されてる奴に洗脳を仕掛けたので効かなかった、とか有るのだろうか。
    わざわざ相手の得意な戦いしないことに徹すれば、大抵勝てそう。
  4. ダスティ関連がキナ臭すぎてやばい 頼むぞダスティ信じてるぞダスティ!きっと君はやればできるやつなんだ! by デッカク
    別に今でも駄目なやつじゃないよっ(笑)
  5. a. 42 > 全部違う「さくら」? 厨川さくら(KEY THE METAL IDOL)、木之本桜(カードキャプターさくら)、真宮寺さくら(サクラ大戦)、諏訪さくら(男はつらいよ)、佐倉杏子(魔法少女まどか☆マギカ)、あとだれが(汗)
    b. 42>カードキャプターは確定として、可能性が高いのはサクラ大戦か。後はストリートファイターかfate辺り?
    前二人は誰でも良かった(笑) 歌はサクラ大戦。
  6. a. 60アメリカでDNAによるルーツ探しが流行ってて金持ち黒人が「あなたのルーツはこのあたり」というところにいったら未開の荒野で「ご先祖様奴隷になってくれてありがとう」って思うことがあるそうな
    b. 7>「社員でいるなんてイケない、みんな起業して!」「うん、無理」
    割と「いやうん、君は才能あるからそりゃ都合がいいだろうけどさ。世の中の代弁してるつもりになられても困るんだ」って展開あるんだよなー。
  7. 抜刀事件シアン姫、顔よりでかい…だと?
    どたぷ~ん
  8. 59>私も数年前にかかった時は一人暮らしだったので、寝ていても辛く友人を呼び出して「病院に連れて行ってくれ」と頼まないといけませんでした。幸い投薬後は割りとすぐ復調しましたが、会社の規則で平熱に戻った後も数日は出社禁止でゲーム三昧(笑)でも有休が減ってしまう     なお同僚に陽気(というより脳天気)な女性(Aさんとする)がいて会社でインフルエンザが流行っていた頃も、いくら病気したことがほとんどないAさんでも気をつけないとと言ったら「馬鹿は風邪をひかないからな!」いや風邪とインフルエンザは違うし「馬鹿はそんなもの区別つかんのだ!」
    本来の意味は「病気になっても、それを病気と認識できるだけの知能がない」なのにっ(笑)
  9. 44>おそらく個別戦闘力でなく、組織戦において優位性があるということではないでしょうか、ゲーム的に捕らえると妖魔は攻撃対象ランダムで、民兵は対象を選択できるみたいな、知能も低いと人間並みとかに別れてたと思う
    普通に中世レベルの民兵と指揮系統だとすると、個体戦闘力が種族レベルで上回ってて、撤退したら殺すレベルの軍律で縛られてる敵相手に、倍の戦力差を覆すことが可能とは思いづらいんですよねー。ってのと、そもそも「数が揃わないと弱い」「非力な妖魔」とは言われてても、「1体でも十分、並の兵士より強い」という明言は無いってのが。
  10. a. 11>無敵では無いので撃たれたり切られれば普通に瀕死になりますが、死の直前に回収・治療されるので不死身では有ります。痛々しいので出来るだけ傷つけないようにはしますが。
    b. >11 死にはしませんね。死にそうになったらフルトン回収されたような(なお兵士は瀕死でフルトン回収されると死の危険あり)。あれ?そういえば屋根のあるところで死にかけるとどうなるんだろDD
    c. 11>他のお供は馬・痴女・武装したセグウェイ、という極端さ。それぞれ強みが有るので適宜入れ替えたいのだけど、作戦中に交代するとセグウェイ以外好感度が下がるという罠。
    Fallout3のドッグミート、うっかりすると死んでロストするのが怖くて連れてけなかったんだよねー(笑)
  11. a. >>36 呪われた島はロードス島戦記やロードス島伝説を基準にするとレベル10超のモンスターが頻出するあたりやっぱりこの島呪われてるな…って思う、なんか短編集で未だに魔法王国時代のノーライフキングがまだ生き残ってますとか言われるし次の世界の住人たる終末の者が出始めるし…
    b. 36>特に魔神戦争編の六英雄辺りはね…魔神将をタイマンで倒すドワーフ王とか。
    色々とTRPGのデータをガチで運用すると勝ち目がないんだよなー。「物語の世界内でも、ガチ手加減接待してます」とでもならいと。
  12. a. 41>ラストのサビ前だけ「ビクトリー」ではなく「ビクトリッイー」みたいに歌い上げるのが好き。
    b. 41>サビ前に「ヒャッホー!」みたいな感じで跳ぶウッソ、画面奥に飛び去ったと思ったら上からフレームインしてくるV、結構細かく動くサンドージュ戦など見どころが多くて好きなOP。というかVの曲は全部素晴らしい。
    もうジャンプしてるウッソがサザキくんになる呪いから逃れられない
  13. なにィ、キャプテン翼の新作ゲームがPS4とスイッチで出る…だとォ!?PVを観た限りいい感じの迫力なので惹かれるなぁ。
    頭身と真顔が気持ち悪いソシャゲは忘れたい
  14. >>15 年代と媒体が違うのでまるで比較にはなりませんが(旧)プリンセスコネクトのストーリー動画をユーザーから提供受けて公式が公開したってのは今どきだなーとは思った。逆に終わったゲームとは言えデジタルデータのはずのソシャゲのストーリーの動画を自前で用意できないのかとも思った。
    そんなことあったのかー。無いもんなんだなー。
  15. ちなみに大佐、ゴーゴーカレーは召し上がられたことあります?
    特別好きではないけど、5回くらいは食べたことあるよー。
  16. 55>なかぬきパラダイス>GMマガジンの連載で磨伸先生が紹介してましたね。お話の登場人物が末端クリエイター(中抜きされる側)のため、やたら生々しい話になっていて、この物語はフィクションですと二重に書かれていたのが印象的でした。
    うちに遊びに来る際に「オススメの小箱系ゲームを何個か持ってきて」と言ったらこれでした(笑)
  17. >51 そこへいくと潮吹きは放尿の亜流と考えられなくもないのか……
    らめええええ
  18. >15 その幸運なケースのひとつが『プリンプリン物語』ですね
    あれはビッグラッキー、グレートだよなぁ。
  19. TRPG部>この一枚絵は卑怯すびませんかね(笑
    もうエロい体しか財産がない
  20. >43 ビシッとした印象を与える眼鏡っ娘が油断する図だと思うと興奮しますな!
    まったくだな!! イエフー!!!
  21. 大佐でも「惰性67%」新登場の眼鏡っ娘は好みの範疇から外れそう
    あれは確かに好みではない(笑)
  22. 真実は見えるかキャンペーン>そうか冷静に考えれば5D'sって銀英伝並の話数だったな。教養として見ろは中々のハードルですよ、何しろ4ガンダム近いわけですし。そして、シアン姫は見返すと、もうね笑いかしない。リアルタイムで見てた当時は読み進めるごとに「こいつはマジで何を口走ってるんだ、早く止めろよ他の連中!」とロールプレイと現実が曖昧になるほどのショックだったのに。人間こんなに華麗な墓穴と回収を高速で行えるのかという。
    「わざとじゃないんですよね?」「本気のロールプレイの結果です」
  23. エロゲの売り上げがどんどん減ってるという話ですが原因として、1人材がラノベやアニメに流れた、2同人ゲームの向上、3いわゆる紙芝居と言われる状態から抜け出せなかった、4コンシューマーからギャルゲが消えて、入り口が無くなった、5前述の理由も絡みますが流行の中心がアニメやラノベやなろうになった。というところでしょうか。minoriが解散したのにはびっくりしましたが、時代の流れなのかなと。エロゲ原作のアニメも見かけなくなりましたしね。このまま立ち絵動かすだけで、シナリオのボリュームとかcg差分増やすだけじゃ限界が来るし、同人ゲームの質が上がってきたら対抗出来なくなるって予想してた人が居ましたが、その通りになったなと。
    エロゲに限らず「趣味の多様化」の影響はデカいだろうねー。
  24. 今期のアニメは何を見てます?俺のイチオシは「異種族レビュアーズ」と「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います」です。前者は地上波の限界に挑戦したエロギャグ作品で後者はなろう系の皮を被ったきらら系で面白いですよ
    斉木楠雄の新作は全話2周した(そこなの!? とりあえず色々1話を消化中(遅
  25. >4 「巨乳メガネ」のアンソロジー買ったら紙魚丸が表紙だけだった悲しみ
    釣られるの辛い
  26. 劇場版ハイスクールフリート見てきました。鈴木さんが関わってるだけに熱くマニアックな中身で楽しめました(笑)ワダツミさんはTVシリーズ見てたか分かりませんでしたが、TVシリーズ知らなくても楽しめると思いますよ。私もソシャゲキャラは知らなかったし、大和型4隻の砲撃は劇場で見るべきです(笑)
    TVシリーズ観てたよ~。
  27. ヒ>プレゼントにヨハネタペストリー頂いたー!>ヨハネ輝いてる素敵・・・自分ももう少しこう・・・贈り物はSAN値下がらない方向性にすればよかったかな・・・ (<不穏!)!
    見上げながら階段を降りて危ない(そりゃそうだ
  28. 60.>数千個持ってるD&Dミニチュアの古いやつの中にもベトつきだしてる個体がちらほら>これ先の拍手でもふれましたが、塗装済みフィギュアの場合、剥き出しのフィギュア群をまとめて1つの箱なんかに放り込んでた場合は1つのフィギュアから染み出した可塑剤が塗装を溶かしでベトベトになった塗料が周囲のフィギュアまで全部駄目にする危険性があるのでせめて管理は強化しておいた方がいいです。自分も昔これでガシャフィギュアまとめて駄目になって泣いたことがありますので・・・しかし数千個単位・・・清掃するにも一大事業ですね・・・
    数千個と言ったな。あれは嘘だ。多分1万個超えてるんで、実に厳しい戦いである。
  29. 牽引にハーフトラック4輛連結しないとダメ  >これって、修理できなくて自走できないからなの? それとも自走するより牽引したほうが燃費マシだからなの?
    写真をよく見ると、右側の履帯がないことがわかったりします。修理のための後方搬送中の苦労が忍ばれる写真。
  30. ビルドファイターズ漫画版のチャンピオンの如く、メディア先生の作ったゼネラルレビル(大量のMSガンプラ搭載)を圧倒的騎乗(?)センスで使いこなす征服王と、後ろで必死に各ガンプラのダメージや武器の状態とかをチェックしまくるエルメロイ2世…
    カイザーポジが征服王、ガンプラバトルスタイルが似合い過ぎる(笑)
  31. 民兵隊が戦力の均衡保ててたくらいなので>作中にそんな描写ってありましたっけ? 決戦の時にエイムが民兵率いて戦ったけどダークエルフがいたからズタボロにされたというぐらいしかなかったような?
    最終的に総大将の一騎打ちにもつれ込むレベルで泥沼化してる戦場は、戦いが均衡しているゆえと解釈してたのよー。
  32. イカデビル>本家のあいつ何気にメテオストライクを使えるという。でも頭になぜか爆弾が。
    仮面ライダーみたいにエピック級の超英雄と渡り合う大幹部ならメテオくらい使えないとな。
  33. カレー>何気にサンバルカンの撮影の消えモノのカレーはくそまずく気の毒に思った嵐山長官役の岸田森がお手製のカレーを持ち込んでたとか
    カレーのグリンピースで弱体化する話が記憶に残り過ぎている(笑)
  34. るろうにシアン、抜刀災(笑)
    るろうにになってしまった……(笑)
  35. 59>…フラグですか?さておき、歳を食うと風邪の辛さが増しますよね。子供の時は38℃後半でも平気…とは言わないけど、教育テレビを楽しむ程度の余裕は有ったのに。今はひたすらしんどい。
    明らかに治りが遅くなった。
  36. 悪夢のような抜刀事件、いや・・・悪夢で済めばどんなに良かったことか、もし現場に居合わせたモブとしてロールを要求されたら「あの時起こった事をありのまま話すぜ」とポルナレフ調に語る他ないだろうな
    これだからTRPGはやめられないぜ!!!
  37. この「無口な図書委員とセックス漬け」ってのがエロかったぞ。挿入待ちでお尻ふりふりしてるコマがアナルの描きこみその他最高だったぞURL
    買わないと。
  38. 今TVでやってるリゼロの新編集版、何をどう新編集してるんだろうか? 新規カットがあるとか、そんな風にはみえないけど。しかしOPや序盤でのレムの扱いが普通の脇役すぎて笑う。まさか将来レムのフィギュアがここまで大量生産されるとはスタッフも思うまい。
    ガンダムUCのTV版、もっと色々新規カットあるかと期待しながら観始めた思い出(笑)
  39. 51>おしっこ我慢してるのはエロいが実際に漏らされるとさめる、っていうかむしろ引く(わがまま
    ウンコ我慢してるのはエロイと思うが、現実に漏らされたら興奮どころじゃないだろうなぁ。
  40. kindle>長期作品で途中から電子版を買い始めると既刊分がオススメにズラっと並ぶのも邪魔くさいな
    以前の巻は読んでるの前提でしょ、と思わずにはいられない(笑)
  41. >昔のは全然知らないのよー 最近でもたまーに登場したりする。大昔の設定が今更出て来るのはアメコミにありがち。
    なるほどパトリチェフ!!!
  42. 昔あった「アニメを漫画形式にコマ割りして、吹き出しを入れて漫画っぽくした本」って、何て呼べばいいの? ムック本? ビジュアルコミック? 昔は結構あったはずだけど検索にかからなくて困ってる
    フィルムコミックのことかなー。
  43. >17 力士の髪結いの様な伝統色が冒険者ならあったりするのでしょうか? 髪の毛あればカースやデパフ沢山、掛けれそうですし。 by 黒い人
    そーいや相手の体の一部を手に入れてあーだこーだって、ないわけではないんだが、あんまルール的に目立ってないな(笑)
  44. 髪を切って売った>元ネタ的には短編小説の「賢者の贈り物」ですかね。
    べっ甲の櫛~
  45. 札、歌、蟲は当確として、サクラ死天王のあと一人は誰だ?杏子は佐倉とは滅多に呼ばれてないし…
    旧世紀ならうる星やつらだったんだろうけどなー(笑)
  46. ダスティにはダークシグナー編までだけでもぜひ観て欲しい。カーリーっていうメガネ娘がめっちゃ可愛いから!
    カーリーなのさは今何をしているんだろう……。
     
 
 
 
 
 

サイト内検索っぽいモノ