HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
同人委託情報
  

とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス booth
 
読了本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!





日記ログ
■2020/01a
■2019/12b
■2019/12a
■2019/11b
■2019/11a
■2019/10b
■2019/10a
■2019/09b
■2019/09a
■2019/08b
■2019/08a
■2019/07b
■2019/07a
■2019/06b
■2019/06a
■2019/05b
■2019/05a
■2019/04b
■2019/04a
■2019/03a
■2019/02b
■2019/02a
■2019/01a
■2018/12a
■2018/11a
■2018/10b
■2018/10a
■2018/09b
■2018/09a
■2018/08b
■2018/08a
■2018/07b
■2018/07a
■2018/06b
■2018/06a
■2018/05b
■2018/05a
■2018/04b
■2018/04a
■2018/03b
■2018/03a
■2018/02b
■2018/02a
■2018/01
■2017/12b
■2017/12a
■2017/11b
■2017/11a
■2017/10b
■2017/10a
■2017/09b
■2017/09a
■2017/08b
■2017/08a
■2017/07b
■2017/07a
■2017/06b
■2017/06a
■2017/05b
■2017/05a
■2017/04
■2017/03b
■2017/03a
■2017/02b
■2017/02a
■2017/01b
■2017/01a
■2016/12b
■2016/12a
■2016/11b
■2016/11a
■2016/10b
■2016/10a
■2016/09a
■2016/08b
■2016/08a
■2016/07b
■2016/07a
■2016/06b
■2016/06a
■2016/05a
■2016/04a
■2016/03b
■2016/03a
■2016/02b
■2016/02a
■2016/01a
■2015/12a
■2015/11b
■2015/11a
■2015/10b
■2015/10a
■2015/09b
■2015/09a
■2015/08
■2015/07a
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

1/17
将来的に死んでくれ #3

 
 抱きつく寸前で固まってる図

 
 超イケメンの兄と普通に美少女の妹の軋轢……悩みが貴族的過ぎてまったくもってどうでもいい!!(えー
 照橋さんと変態兄貴の立場逆転みたいなもんかもしれんが、あっちと違ってこっちはブラコンではない……!!!

 
 もうマッサージネタはエロいことしか連想できない体になってしまっているんだ……!! リンパがエロワードにしかならないくらいには!!
 そーいえば行きつけのマッサージ屋にかつて女子高生がバイトとして入ったことがありまして。「ちゃんとした技能が必要」という、バイトとしてはかなり面倒な仕事を何故選んだのか、将来こういった仕事に就きたいのか。そんな疑問をストレートに顔なじみの店員さんにしたら。
「彼氏が運動部員で、マッサージしてあげたいからだそうです」
「あ、はい」
 なお、合法的に女子高生にマッサージしてもらうチャンスは一度もなく速攻で辞めてしまいました。

 
 熱があるからと外科医にみせようとすることへはノーツッコミ……!!!
 なお、ワダツミは幼少期のかかりつけの医者が家から最寄りの外科医で、たとえ風邪をひこうとそこで診察してもらってたよ!!
 そして友達のお母さんと待合室で居合わせ、「今日はなんで来たの?」と聞かれて「風邪です」と答えたら当然「え、ここ外科よ(笑)」と言われたわけだが、病院にそんな種別があるなんて耳鼻科と歯医者くらいしか気にしたことがなかったので、「よくわからんが自分は今恥をかいたのか」と狼狽するも、「でもいままでもそうだったから!」と言い返すしかないのであった。

 
 このパターンで実際に手を出すのはエロ漫画って知ってるよ。俺は詳しいんだ。
 明らかに壊れる展開につながる場合は……普通しない。だがドロドロ系作品は別!!
  “真実は見えるか”キャンペーン 第2回 チャプター2

 ダンジョンズ&ドラゴンズ3.5版をベースに「オリジナル世界設定」「ハウスルール色々」「禁止呪文・特技・アイテム多数」「モンスターデータ改造しまくり」の独自環境なので、運用や裁定が公式ルールと矛盾した場合も仕様です。厳密なことはあまり深く考えないで読むと幸せ。
 また、プレイ内容で色々と「気に入らないこと」があったとしても、プレイグループ内では合意を得て楽しんでいるものとご理解頂けると幸いです。


 チャプター1
 第1回まとめログ

 アルブレヒト・ヴォルフェンビュッテル ウィザード4
 モニカ・ヴォルフェンビュッテル フェイヴァード・ソウル4
 レーグネン クレリック4
 クラウス ソウルナイフ4
 ダスティ ローグ4


アルブレヒト「なんか、そういう枠があるらしい」
DM「所詮こんなのは、コネの世界ですよ」
アルブレヒト「まあ、何か有ればハインリーケに責任を取らされる」
DM「ちゃんとフローラントwikiのファヴ傭兵隊の規約を読んでおいてよ! キミら登録課程を免除されているよ!」
ダスティ「(規約を読んで)怖いな、査定の途中で死ぬこともよくありますって」
DM「だってハンター試験だから」
アルブレヒト「まあ確かに、ガチで戦わされるわけだから、実力が足りなかったら死ぬ」
DM「ハンター試験だって死ぬでしょ? まあ、あんなDEATH-Tみたいなダンジョンないから。……でもやっぱりアレだよ、ダスティのリーゼントが……ブロックの間に!」
モニカ「変装でリーゼントになってしまったのか……」

 まぁハンター試験ほど超高レベルなもんじゃあないですけど、それでもこの試験をクリアーできる最低練度のパーティ(3レベル4人)でも1レベル傭兵数十人分の戦力です。ゴブリンスレイヤーでゴブリン相手にレイプされちゃう新米冒険者とは比べ物になりません。

DM「このパーティは戦勝神の聖職者がいるから、戦果の過大申告は基本的にしないだろうなと信頼されています」
アルブレヒト「そっか、戦勝神がいればキルマーク水増しされないんだ。それ戦勝神は一番やっちゃいけない事なんで、神官がそれをやったら呪文を使えなくなるレベル」
モニカ「まあ、することはないでしょう」
アルブレヒト「たぶんその数値ぐらいはいってるでしょ! としても、10を殺した時に100殺したとは言わない」
DM「騙す気では絶対に言わないっていう」
レーグネン「しんかんうそつかない」
DM「絶対殺してるっていう時以外は『撃退しました!』としか言わないんじゃないかな。『あの傷なら助からないと思います、死体は確認していませんが!』ってちゃんと言う。神様が実際にギルティかどうかを判定してくれるから、信用は格段に得やすいね」
キャス「ありがたーい」
DM「ではヴォーヴェライト伯爵領への〈知識:地理〉か〈知識:地域〉」
モニカ「おお……っと(ダイスを振ろうとしてDMの湯呑へホールインワン)」
全員「えええええええ(爆笑)」
アルブレヒト「どんだけ大きく振ったんだ(笑)」
DM「やっちまったなぁ~?」
レーグネン「いい音がした、チンチロですね」
モニカ「ごめんなさ~~い!」
DM「(湯呑とダイスを洗いに行く)」
モニカ(改めてコロコロ。ダイス目1)
モニカ・キャス・ダスティ『あははははっ』
DM「また1振ったんじゃ……(笑) 駄目だな、モニカ世間を知らねぇな!?」
モニカ「嘘でしょ……酷いな」
キャス「いまのでチャラってことですよ!」
レーグネン「アードルンクより更に遠いからしょうがない」
ダスティ「誰かしら知っていれば大丈夫」
DM「モニカ様、頭良いはずなんだけれどあんまりモノを知らないよな……知力16ぐらいあったよね」
ダスティ「まあ箱入りだったから……」
DM「(ステータスを見て)恐ろしい女だ。レベル4で何を上げたんだっけ」

 4レベルごとに好きなパラメータを1上げることが出来ます。

モニカ「みりょく」
DM「よりブリリアントな女に」
キャス「橋本環奈だ」
DM「皆の基準が魅力18=橋本環奈になっている(笑)」

 ちなみにワダツミが初めてD&D3.5版をプレイした時は、DMに「魅力度18は渡辺麻友」と言われました。

レーグネン「〈地域〉20です」
キャス「〈地理〉15です」
ダスティ「24でした」
アルブレヒト「25です」
DM「たっか! 此処でこんな高い目出さなくても! ……ヴォーヴェライト伯爵領はこれといって際立った産業を持たない、平凡な土地です。貧乏でもありません」
アルブレヒト「平凡な土地だよ、はっはっ」
ダスティ「治安も普通?」
DM「そうだね。永久の森と隣接しているという意味ではデンジャラス・プレイスではあるけれど。豊富な地下資源に恵まれている隣のアードルンク伯爵の大きな財源であるフーフ山とも隣接している。フーフ山は長年、ヴォーヴェライト伯爵家とアードルンク伯爵家とライ伯爵家の三伯爵がずーっと係争地として領有権争いしています。三国志です」
アルブレヒト「今の所の実効支配しているのは?」
DM「現在のところ、アードルンク伯爵家が独占状態です。だけど支配権は流動的で、三家のみならず更に隣を巻き込んでずっと揉めています」
モニカ「さんごくしをしているってことですね」
DM「で、〈知識:貴族〉」
アルブレヒト「23」
モニカ「16」
レーグネン「ひっくぃ。6」
DM「ついにモニカが普通の数字を。レーグネンは……ヴォーヴェライト伯爵領ね、知ってる知ってる」
レーグネン「うん、聞いたことがある」
DM「で、今はヨーナス・ヴォーヴェライト伯爵っていう人が現在の当主です。歴代の中でも、フーフ山の領有権拡大に野心を燃やすことに生涯を捧げた男として周囲から見られています。けれど、15年前に下手を打って2割ほど持っていた利権を失い叩き出されています。その後も諦めずに『いつか取り戻すんじゃ~!』って野心を燃やしていますね」
全員(メモに必死)
DM「覚えることいっぱいだね。まあ皆はこのヴォーヴェライト伯爵領の首都ではなく、南側のトロイトーアという……これも〈知識:地域〉で。……ヴォーヴェライト伯爵領を知らないのに知ってたら面白いけど」
アルブレヒト「いやぁ~名古屋って愛知だったんだ、へぇ~みたいな」
モニカ「23」
ダスティ「9」
レーグネン「14」
アルブレヒト「19」
DM「今度は一番モニカが高い。レーグネンは辛うじて名前ぐらいは知っている。トロイトーアはヴォーヴェライト伯爵領の南の玄関口、領内第2の都市です。此処に向かえばモニカのカモフラージュには、それなりの距離にはなるんじゃないかしら! っていう伝説をハインリーケに聞かされた訳です。兄はともかく! レなんとかはともかく! ……この地方の伯爵領は、それぞれが基本的に関東ぐらいの大きさがあります。それの第2の都市なんで、デカイです。呪文サービスも6レベルまで受けれます。……でも、死体が残らなければリザレクションを使うから、ヴォーヴェライトの首都まで戻らなきゃいけない」

 あくまで「金さえ積めば(基本的には)誰でも受けられるサービス」というだけで、都市に所属する最高レベルの使い手が6レベル呪文までしか使えない、というわけではありません。

DM「で、250キロほど移動しているので、馬の維持費と……」
アルブレヒト「やばい、(資金が)消える」
DM「これ歩きだと宿代がもっと高いから、馬より高いんだぜ」
モニカ「あぶなかった」
DM「青春18きっぷで宿に泊まって、新幹線使うより金払った! みたいなものだからね」
レーグネン「おいくら万円?」
DM「このパーティーの1日の生活費を計算しておこう。……固定費は?」
キャス「ランニングコスト(笑)」
アルブレヒト「食後のワインが。まあ水があればいいです」
DM「食後のワインは大事だね。この世界、綺麗な水が貴重じゃないからね。金さえ払えばファンタジー浄化機がある。……上等なワインを1日1本開ければ1日銀貨10枚だよ!」

 固定費計算中

アルブレヒト「馬の世話は、ルールブックだと普通の宿の宿泊費と同じになっていますね」
DM「馬小屋はタダじゃねぇんだぞ! ……でもなあ流石に、同じ値段を請求されたら大変なことになる。だから、君らが泊まる上等な宿屋なら、宿代の1/10でいい」

 6人で銀貨90枚、馬が銀貨9枚。餌など考えて1日の固定費は銀貨100枚という結果。

モニカ「釣りはとっておけと」
DM「やっすいチップだな(笑) それにしても結構すごいな、1日の維持費10万円掛かってるのか」
キャス「やば(笑)」
DM「宿代がたけぇ(笑)」

 まぁ現代日本で6人旅行と思ったら、1日10万円掛かったからって「ちょっと豪勢」ではあれど「貴族的な贅沢」ではない(笑)

レーグネン「やはりグレードを落とさねばなりません……」
アルブレヒト「これ普通だったら一人銀貨5枚ぐらいだから、3倍払ってますからね」
全員『あははははっ』
ダスティ「そんな贅沢をしていいんですか!?」
モニカ「まだ分からないですからね……」
DM「払う金があるうちは払うんじゃない?」
アルブレヒト「此処を削るという発想はないからね」
キャス「わあ、こんな良い宿は初めてです!」
アルブレヒト「一瞬、この程度の宿で申し訳ないと言おうと思ったけれど、そんなキャラではなかった。むしろダスティは『こいつらこんな高い宿に泊まって大丈夫か?』と思っているに違いない」
ダスティ「まあ、そうなるだろうなあ」
アルブレヒト「兄とモニカとレーグネンは何の疑問もなく泊まる」

 貴族的には贅沢どころか倹約しているつもりだからこの値段なのだろう。

キャス「すごい! 隙間風が入ってこない! すごいわね、ダニー!」
ダスティ「虫も出ません!!」
DM「キャスはそんなプアな生活はしていないと思うよ(笑) 野外生活のプロであっても、日々隙間風に襲われる悲惨な生活しているわけじゃない! もともとエイク(鳥っぽい亜人)の野外生活の人だから、貧乏暮らしは知っているけれど、キャンプが好きな金持ち。ここ5~6年で文明に溺れているだけだから」
レーグネン「もう戻れない」
ダスティ「お姉さまは墜落しました!」
キャス「(笑) 何この安い、薄い布団は!」

 全員爆笑

DM「贅沢を知ってしまった、身体に教え込んでやったぜ。もうお前の愛した姉はいないんだ! すっかり堕ちたぜ」
キャス「昔は落ち葉の中で寝ていたのに……!」
DM「というわけでダスティは1人だけ庶民シュートですよ」
レーグネン「250キロ移動なので……」
アルブレヒト「ライト・ホースの移動が32マイル」
レーグネン「5日。では一人銀貨82.5枚を引いて……後は馬の飯代を……」
アルブレヒト「(ハインリーケからのお小遣いが)丁度0になるぐらい」
DM「ハインリーケの神の洞察! 完璧!」
アルブレヒト「(拝みながら)ありがたい。でも一泊銀貨5枚で計算されてたら嫌だな(笑)」
ハインリーケ「モニカはともかく、あの兄は5枚で十分ね!」
全員『あははははっ』
アルブレヒト「『あの兄はいいけど、モニカがいるからね~、仕方ないわね』」
DM「まあね。ただキャスとダスティだけ安い部屋に泊まらされても、本人は不満は持たなさそうだよね」
キャス「それでいいですよ(笑)」
DM「それでね、兄はもっと偉そうにしてもいいんだよ。ダスティにタメ口きかれたら怒っても良いんだよ。だいぶ優しいんだよね」
ダスティ「でもバーンからとんぼ返りした時点で、雇用関係っていうより仲間関係になってるんですよね?」
DM「それですぐ切り替えられるなら貴族なんてやってらんねぇよ!」
アルブレヒト「いくら仲間でも年長者とかの関係はありますからね」
ダスティ「それもありますからね。敬意は払います」
アルブレヒト「所詮、学がないんで。敬語を知らないって思ってます(笑)」
ダスティ「それでOKならそれでいいのかもしれないですね(笑)」
アルブレヒト「難しいところです」

 内心完璧に「無学な愚民」と馬鹿にしてる関係がOKなわけないだろう(笑)

キャス「それで、私は安宿でも大丈夫ですが」
DM「安宿にしろっていう話ではなく、ロールプレイ上馴染み過ぎかもねって話ですよ」
全員『あははははっ』
アルブレヒト「お兄様は冒険物語を読んでいるから、そういうノリがあるんでしょう」
DM「どうなんですか、レーグネンさん?」
レーグネン「……」
DM「聞いてなかった(笑)」
レーグネン「あの、なんか仲良くなり過ぎだなって思いました」
モニカ「仲良くなり過ぎ(笑)」
アルブレヒト「クラウス……真っ当な従者がいれば『何だその口の聞き方は!』って言ってくれるんだけどね……クラウスは言ってくれないから」
DM「クラウスは基本的にアルブレヒトに敬意が無いからね。モニカにはあるのかと言うと、ロールプレイを鑑みるにそれもまた微妙なところだが」
全員『あははははっ』
レーグネン「アルブレヒト様のこと、結構諦めていましたからね」
ダスティ「やれやれ、って」
アルブレヒト「アルブレヒトは敬意もクソもない行動をしているからね」
DM「クラウスは……今は言うほど執事キャラをしていないよね。職を失った元執事であっても」
アルブレヒト「給料もらってないから、執事もクソもないと(笑)」
ダスティ「ギャグ漫画にある、アホなご主人さまを相手にする執事みたいな」
DM「謎解きはディナーのあとでみたいな。……問題はクラウスもポンコツ扱いされているから、お互いにこいつ使えねぇな!? って思っているかも」
キャス「バランスはいいんじゃないですか(笑)」
モニカ「ポンコツ多過ぎますよ(笑) モニカもそうだし」
アルブレヒト「本当にアルブレヒト以外はポンコツだから困る」

 全員爆笑

ダスティ「いやいやいやいや。それはツッコミ待ちですか?」
アルブレヒト「私は、あえてそう振る舞っているだけであって! やればできるから」

 閑話休題

DM「それで、お小遣いは使い切って。とりあえず、依頼料として渡された(本来はパーティ資金になるお金が)まるまるダスティの懐に入っているのは面白いんだけど」
全員『あははははっ』
DM「本来はパーティ資金のはずなのは間違いないんだけれど! ロールプレイ考えるとしょうがないんだけどね、君は仕事を果たしたんだよ」
ダスティ「初期費用も掛かっていますし!」
アルブレヒト「返せとは言わない」
モニカ「返せとは言うことは無いと思いますよね」
アルブレヒト「ここは自主的に出してくれることを待つ感じで」
DM「お兄様はダスティとパーティ組んで『仲間だー!』って平民と同じ目線に立てる人なの? 『対等な立場だ、よろしくな!』って切り替えられるものなんですかね、レーグネンさん!?」

 この辺は思考誘導したいわけではなくて、これくらいしつこく念を押しておかないと、後々「ノリで言ってただけでそんなつもりはなかった」と言われて揉めたりする原因になりかねないのでご容赦ください。この手の「別に“本当のロールプレイのつもりでしてたわけじゃない”行き違い」はマジでよくあります。
 例えば現状の「仲間扱い」を真に受けて、「アルブレヒトがダスティを仲間と扱った行動をすることでAランククリア可能なシナリオ」を用意したとします。プレイ中、いざ重要な局面に際したら「今までは流れで適当にロールプレイしていたが、いざ焦点があたった重要な局面で改めて考えてみたらそんなことないんで、アルブレヒトの認識としてダスティは部下でしかないですね」なんて言われたら、お互い困るわけですね。これが「あの時は仲間と思ってたけどいざピンチに陥ったら所詮口だけのことなので見捨てます」とかってんなら、キャラはブレてないので問題は無いです。キャラがブレてさえいなければ大抵のことはどうとでもなります。ですが「キャラがブレたので大前提からして崩壊した」が理由はいけません。興醒めです。そんなんで機会損失が発生しては盛り下がってしまいます。
 なので日頃のロールプレイに「本当にそれマジなのね? こっちはそう認識するよ?」と確認することが割とあります。鬱陶しいかも知れないけど、お互いのためなので我慢してね。

 ちなみに大昔、プレイヤー発言のつもりの軽口だろうが冗談だろうが、口にした以上はどんなことでもガチ。
 例えば「偉そうでムカつく依頼人だなぁ。ぶん殴りたい(笑)」「だねぇ」なんて冗談を仲間同士で交わそうもんなら、二人のキャラは実際に殴ろうとします。撤回したい場合は判定ロールが求められるTRPGが存在しました(笑)

レーグネン「うーん、なかなか難しいんじゃないですか(笑)」
アルブレヒト「今の所は別に仲間とは認識してません。序列としてダスティは部下扱いです
ダスティ「一応、お兄様を立てては居ます。気持ち的には仲間としていこうと」
アルブレヒト「『共に闘おう、私の手下として』という考えだろうなと」
キャス「ダスティ本人は(考えの差に)気がついていないと」
DM「だって、フレーゲルとレオポルド・シューマッハでしょ?(笑)」
ダスティ「確かにそうかも、ならいい感じですね(笑)」
DM「立ち位置的に平民と……でもそれはクラウスの立ち位置なんだよね。だけどこっちは別にブランシュバイクとアンスバッハみたいな関係じゃないんだよな。彼に忠義心はない」
モニカ「クラウスはこれからですよ」

  イラスト:★Yuuki

DM「モニカ様モニカ様というキャラでもないからね。(モニカの)さすがお兄様! (レーグネンの)さすがモニカ様! ……の、さすがの三角関係、一方通行のさすが回転!」
キャス「三すくみではなく(笑)」
レーグネン「永久さすが機関」
モニカ「永久さすが機関(笑)」
DM「お兄様は、さすがモニカと。どうなんだろうな」
アルブレヒト「さすがモニカ、鼻が高いよ」
DM「この永久機関、さすがモニカで終わってるよ!」
アルブレヒト「やっぱお兄様が一番上なんじゃないですか!」
DM「(ダスティは)さすがお姉さま! (キャスは)さすがダニー!」
モニカ「最高じゃないですか!」
ダスティ「しあわせ、平和」
アルブレヒト「アルブレヒトは、さすが我が妹、よくやってくれていると」
DM「アルブレヒトで止まっているからね、上から目線」
アルブレヒト「勝手に保護者の立場になっている」
ダスティ「キャラが立っているから良いんじゃないですかね」

 勝手も何も、ヴィーリオンの社会常識的にアルブレヒトがこのパーティーで最上位者である。
 Don't give up justice, I want to get truth!


●プレイヤーズコメント

・アルブレヒト
 プレイのときは『ダスティは仲間じゃない』とバッサリ切っているけど、決して冷たくあたっているわけではないのだ。
『アルブレヒト隊の隊員の一人』を指す呼称として『仲間』という単語を使っていたのだけど、『ダスティをソウルブラザーズ的な意味での仲間と思っているのか?』と確認されたので『(そういう意味の)仲間ではない。部下だ』となったのである。

仲間うちの斥候です』とか『もう仲間同じパーティーだからいいよね』としておけばよかったかもしれない(笑)


 極端! なぜ一言も口にしてないソウルブラザーズなんて重いレベルの確認をしたことに(笑)
 貴族の自分と「同じ階層に生きることを認めた存在」と認識しているかどうか、程度だよ。そうじゃないなら、「使用人」「手下」「雇い人」だよねってだけ。


・モニカ
 お兄様に敬意を表すのはなにもモニカブラコンだからという理由だけではなく、普通に、お兄様が一番偉いからですね。
 クラウスにはがんばってもらいたいです。


・レーグネン
 キャスの手のひら返しが炸裂。なんだかんだ、ダスティ以外はいい生活してた。
 そんなダスティとアルブレヒトの仲はどうなるのか。レーグネンにとってもダスティってどんな関係なのという話でもあるので、しっかりしないとなあと!


ダスティ
 パーティー結成時は、そうでもなかったと思うけど、DMの指摘もあって、貴族界隈の方たちとダスティの間で意識に差が……。レオポルド・シュー マッハは有能だし良いキャラなので、喩えられて「いい感じ」と言っちゃってるけど、シューマッハの苦労ぶりを考えると……良くは……ない?

 フローラント大陸ヴィーリオン王国中心地図
 

 上記地図四角枠内拡大簡略図 解放歴730年度版
 
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!

  1. 39>ただ実際の所取り調べの所までは辿り着いてるんだから時間切れでバッドエンド行っちゃうのは「おくすりで思考能力奪われた結果正しく記憶を辿れず妄想に囚われてしまった」だけなんですよね。良かった薬漬けになって身体を売る会長は居なかったんだ…。
    エロ同人誌探さないと……!!
  2. 腋とおっぱいとケツ。こいつは使える(笑) URL
    腋が毛で隠れ過ぎ惜しい!
  3. “真実は見えるか”キャンペーン 第2回 チャプター1 ヒゲ …ゴルドルフ所長から、その若かりし頃、にジョブチェンジ(ジョブ?)。 by エルドラン総受け
    ゴルドルフ所長、普通に20代の若者だから(笑)
  4. “真実は見えるか”キャンペーン 第2回 チャプター1 DM「きらびやかな、都会の香りに包まれた、田舎の都会です。…全方向に建物しか見えない程度には人口が集積して土地開発が進んでる感じ? 郊外型スーパーとかパチンコ屋のネオンや看板、街の中心に天蓋付き商店街とか(最寄りの県庁所在地を思い浮かべて)。ファンタジー中世系だと、それなりに整備された街道が通じる堅固な城壁に囲まれた直径数km規模の、区画整備がやや崩れてたりする都市、とか? by エルドラン総受け
    中堅どころの県庁所在地くらいですね。
  5. 21>オークなどのむつくけきモンスターがわんさといる世界で、負けたヒロインがイケメンとしかセックスしないと「違え!」となる。
    イケメンしかいない、異世界おじさんのファンタジー世界め……!!
  6. >引き眉 あれって引き眉っていうんだ!マロ眉という俗称しか知らなかった…。
    マロ眉の方が適用範囲が広いな(笑)
  7. a. 24>キャプテン翼(ゲーム版)におけるセリエAは、翼・日向・若島津・ミューラー・ミラン最強カルテット・ストラット他が集う魔境。次節から松山も移籍するし、もう一息で若林も。当時の人気に忖度し過ぎと言う気もする。
    b. 24>Ⅳ発売が湾岸戦争の後なので、スタッフの反戦思想が反映されたのだろうか。それだと日本サッカー界の立役者になんて技使わせるんだという話になってしまうか。
    キャプテン・サワダの必殺技とは別の方向にヤバいな(笑)
  8. 41> 「そんな貧相な棒で僕の大事な玉に勝てるとでも?」 「まだボクのタマはすべてを出し尽くしたワケじゃないッ!!」 「ボクのタマは2つある!」 漫画版の社長は露骨。
    キャラ視点でもわざと言ってるとしか思えない(笑)
  9. 67>「じなんくそやろう」が妙にツボに入った。後はナイフを咥えて首を掻っ切ってくる犬。怖いけど可愛い。
    ヴォーパルドッグ
  10. 71>妹大好きお姉ちゃんがまた「豚野郎!」と罵りながらダイエットさせてくれるのに花京院の魂を賭ける。
    そういや先日紹介したドイツ語翻訳の本に「豚野郎!」も載ってたな。
  11. a. 32>ToHeart、スパロボ、ガンパレ、スターオーシャン、ヴァルキリープロファイル…かつての充実ぶりが嘘のようだ。
    b. >>32 この間買ったアリスギアのアンソロジーは初めて読んだのにアンソロジー独特の雰囲気を感じて懐かしさがあった(笑)
    c. 32>そこで、アリス・ギア・アイギスのアンソロジーをオススメしてみる私。
    昔は、学生時代にアンソロジーをしこたま買ってその玉石混淆ぶりに疲れて「もういいかな……」となるまでがセットだった……! 今みたいにネットに二次創作溢れてないのもあり(そして作品の平均レベルも今ほど高くない)、最初はとにかく飛びつくんだ……!
  12. 26>「シャミ子が悪いんだよ」は原作でもアニメでも言ってる場面が描かれていないだけなんだよ! という無敵理論が主張されています(笑)。
    さおりんは「やだもー」なんて言ってないんだ!!
  13. なでしこ、主人公なのにキレンジャー!!
    モモレンジャーと融合
  14. 48>なつかしいなエステバン。フランスとの合作で、契約の関係で元のVTRをNHKが破棄してしまったから放送時の状態ではもう見ることができないという。  現在のDVDは放送から十数年後にフランスから逆輸入した映像に再アテレコした物で、主役の野沢雅子以外はCVが一新されてしまっているのだ、佐々木功とかいたのに……
    昔の作品はそういった保存の関係で惜しいことになってるの色々あるよなー。
  15. へやキャンのカレーちょっとずつ食べて削ってるんだなーと見てたら、明らかに量戻ってるタイミングがあって設定ミスったのかな?と思ったら…なでしこさん流石です
    一皿で足りそうもないと思っていたら……!
  16. >潔癖なサキュバス サキュバスだけど潔癖とか男が苦手とかにしておけば簡単にコンプレックス作れるしそれを克服しようとするだけでお話が作れますもんね。雑。
    もうよくあるあるある!!
  17. >30 温室や画質の違いは実際に経験しないと分かりづらいものではありますね。PS3でHDMIにした時に、ちょっと綺麗になったけどいう程じゃないなと思いアナログに戻したら、余りの画質の悪さに今までこんな低画質でプレイしていたのかと愕然としました
    パソコンのディスプレイがまだCRTだったころ、パソコン知識がない人は十中八九低リフレッシュレートで使ってて、「なんでこんな目がチカチカするの平気なの?」となったのを思い出す。
  18. 放蕩TRPG部> 「ウォー・ロバ」のイラストで吹き出した後、「ウォー・ポニーなら居る」でトドメを刺されました。本当にいたのかウォーポニー!
    大丈夫、この世界の日本的な国ではちゃんと普通のウォーホースで騎兵しているから……!!
  19. KILLER APEが気に入ったなら同じ作者のバンデットもお勧めです、鎌倉末期の武士のヒャッハー漫画です、これを打ち切ったモーニング編集部は武士を舐めています。
    打ち切り漫画だとその時点で「中途半端に終ってそう」で身構えてしまうのだけど、どうなのかしら。
  20. P5SがP5Rの続きではなくP5の続きらしいような情報が流れていて。P5をまだ未クリア時にP5Rの予告が出た時に投げ出した私としては「あれ? 早まっちゃった?」みたいになっている。うごごご。
    世界線が違う……!
  21. ふ、ふんわりおさげが好み……かな!?←
    美容室一回で銀貨50枚!!
  22. “真実は見えるか”キャンペーン>こう、なんというか。知識ロールで失敗すると何も知らん的なアレにいつも生暖かい目になる私。最近のTRPGでは知識以外なら割と判定に失敗しても「それなりに時間が追加でかかったが成功」みたいな判定にされることもあるけれど、知識はどうやっていいのか本当に分からないね!
    違う、そうじゃない。例えば達成値30出せば完璧に知ってることを、15出しても少しは知ってる。10切ったら流石に何も知らない、という処理なんだ。
  23. 傭兵も特別高収入じゃない>「戦闘機と武装は自腹でよろしく」なエリア88のブラックぶりよ(笑)やはりマッコイじいさん驚異の良心価格だからできる体制なのか?
    良心価格(不良品多数
  24. >戦闘力は大抵のフィクションのゴブリンよりも遥かに強い最強種過ぎる!! 本当にそれよな。お前らどこの特殊部隊だというレベルのゲリラ戦能力を持ってるやつらが旺盛な繁殖力をもって身近にいて、かなり積極的に襲ってくる上に、謎の「あいつら雑魚だから」という理由で駆除はおざなりになりがちという。……ゴブスレいない地方の村とかどうやって生き延びてるんだろうか
    新米冒険者が幾らでも無尽蔵に湧く世界故に可能な対消滅システム
  25. 14>ドイツの軍用レイバーとやらを3機もネコババした企業もいますし(笑)
    まさかの自社製品
  26. >66 天狼星シリウスが元ネタですね。確かに発音はそっちのが近いといえ、わざわざ変えたのは誰だ
    尻アス
  27. 真実> ヒゲを剃る、そしてウマ娘を買う
    ウマ娘……! 馬系亜人を人身売買すれば……(やめろ
  28. 43>描くのが面倒になって「あひるの空」状態に(笑)
    表紙描かなくなった理由が「見た目や上辺だけで判断するような人間が嫌いだから」ってスゲー飛躍してるの吹いた。
  29. 5>呪腕、全身毒、複数と能力がバレたところでマスターを殺すに十分な能力の持主がどこに居るかわからない状況への対策はちょっと思いつけない。ハサンがガチでマスター殺しにかかると話作りに制約がかかるという作者の都合を感じてしまう。気配遮断を無効にでも出来るんですかね
    マジで全種類のハサン対策完全に備えた状態のマスターが全員ってのを不自然さ無くちゃんと描く聖杯戦争とかどうなるんだ(笑)
  30. なかぬきパラダイスってあの中抜き?かわいい絵柄で凄いテーマですね。ソーシャルゲーム開発ってことは最近なのか
    去年出たゲームだから新しい!
  31. そういえば、異世界作品で地球由来の固有名詞が使われている問題にも近いと思うんだけど、ジョジョのスタンドみたいな元は登場人物の一人が独自に付けた呼び方をその後からは全く繋がりがないはずのキャラや組織も普通に使ってたりするのってなんか気になっちゃう。漫画的な分かり易さならそれで正解だとは思うんだけど。ワンピの見聞色の覇気とマントラみたいに名称は違うけど後から同じものだと気付くような描写の方が好み
    ディオ「スタンドとかマジかっけぇ。広めないと……!!」
  32. 突然ですがワンダーウーマンの初期装備「見えない飛行機」ホントに機体が透明なだけなんで側から見るとなんかに座ったポーズの派手な女がスッ飛んでいくようにしか見えないという。
    あれは「今の目から見たらギャグ」であり「当時は格好良い」だったんだろうか(笑)
  33. >>15 ロードス島戦記(OVA)が初ゴブリン、凶悪な怪物としか思えませんでした、あれがとにかく数が多くて村のすぐ近くに巣を作ってるとかロードス島は魔境かよと。次はTRPGを知り始めた頃のソードワールド、2レベルファイターなら意外と苦戦・泥仕合する程の強さでこれは一般人には手に負えないとつくづく、また大人の事情を理解し一般人ですら村の働き手として重要と思うようになると誰一人欠けずにゴブリンの巣を倒さなくてはならないと思うと村長の立場からすれば「冒険者雇うだ、冒険者雇ってゴブリンさ皆殺しにしてもらうだ!」と安全策を打とうとするのは当然かなと、出来ない村は滅んで淘汰されていく・・・と思ってます
    わかるわー。俺もOVA観たときまず「小説版の描写よりも体格がデカい!?」と驚いたし、村襲うシーンは呪文で操られてて凶暴さ増してるからよりヤバいし。ソード・ワールドも「小説版の描写と比べて強いな!? てかフォーセリアの(TRPG上の)一般人データが弱過ぎる! NPC兵士とかゴブリン相手にも苦戦するレベルじゃん!? 弱いけど数が多いから厄介って設定どこいったの!?」と、同じ世界とは思えないギャップに翻弄された(笑)
  34. a. 50>五つ子だということを知っているはずの教師が、髪型がそれぞれ違って格好だけ似せた5人を順番に“同一人物”として通すってエピソードは、実際はそっくりなんですよって言われても無理があると思った
    b. 50>変装による入れ替わりも、「声優が頑張って別の人を演じている」状態なのでファンには丸分かりという。なまじ人気声優を揃えたからより分かりやすくなってしまっている気が。
    遊戯王ARC-Vで全然そっくりじゃないキャラが次々と「そっくりだ!」と扱われる展開の不自然さを思い出す(笑)
  35. a. 18>「よつばと」14巻が出たのはもう2年近く前の2018.4.28ですよ。 15巻は2019年内に出したいと言っていたのがちょっと間に合わなかったようですね。 なんとか1巻分(7話)のストックはたまっているはずですが…
    b. 18>よつばとの新刊(14巻)は2018年。年は明けました(笑)   2019年のうちに15巻を出す予定だったと聞きますが、休載が多いから話が足りなかったのかな。 病気でもやる気がないわけでもなく、ネタ出しに苦労しているとか。
    c. 18>最新巻は2018年4月だから気がつけば結構経ちました    まあ特に目的もないほのぼの日常物、主役陣が学校を卒業とか舞台となる店が閉店といった区切れもなさそうだから最終回があったとしても特に何もなく、作者の気が向いたらいつか続きも…みたいな感じになるのじゃなかろうか。  あるとすれば真の両親がよつばを迎えに来る……かな?
    そういえば今2020年だった
  36. メイド腋。メイドさんかなぁ・・・? あと腰細い(笑) URL
    エロメイド……!!
  37. >36 そもそも、高難易度ミッションを達成する殺しのプロってのがいるのかどうか。数撃ちゃ当たる鉄砲玉なら安くもなろうとは思う
    ゴルゴみたいなのはともかく、単なる鉄砲玉には留まらない殺し屋はいるねー。その人達は高いんだろうなぁ。
  38. 1>一瞬ギャラクシーエンジェルと風雲たけし城の放映時間または期間が被ってるかと思って調べてしまった。
    惜しい!!
  39. 49>「バッジ」「パンツ」。見間違えても無理はない…かな?
    オフタリサンとフタナリサン
  40. 71>しかもあんな食欲減退の変な色のカレー……!!
    「見た目の割に普通」までは想像できても「美味しい」は想像しづらい……!
  41. ヴォーヴェライト伯爵領  これさらに南部には誰かの領地があるのかな?    永久の森との境界線が長いと警備が大変そうな
    http://www.h-opera.com/img/201912/2019120407.jpg メッチャ他の領地あるよー! 拡大図はほんの一角です。
  42. デュエル!!  相手は白猫か。  どちらもバイクに乗ってやったら試合どころじゃなさそう(笑)
    なぁにDホイールにはオートパイロットモードが有るさ。
  43. 引き眉が好きなら望月あざみもいけるのではないか
    あのキャラはそこ以外の外見要素が全く趣味から外れていて残念。
  44. >>16 縄が通してあって、それにもたれかかって寝る  ・・・よく理解できなかった(脳みそが理解を拒んだ的な意味)ので調べてみた。画像を見た。再度脳が理解を拒んだ(苦笑) あれで金取るの!?洗濯ロープに干された洗濯物だってもうちょいマシな扱いじゃん!?壁によりかかって寝た方がいいんじゃねぇの!?(パニック状態) ・・・同様の格安宿にあった「棺の中に入って寝る」が甘美なことに見えてくる
    浮浪者は捕まったり襲われたりする可能性があるから、それ回避するのが最低限が機能だな(笑)
  45. お兄様ダイス29モニカダイス1で声出して笑った。兄妹で知識に差がありすぎる!・・・ダイス目が逆なら納得したかもしれん(非道い)
    ダイス目が29じゃないから! 振ってるのD20だから!(笑)
  46. ダスティが不穏を通り超して笑うしかないレベルになってきた!プレイヤーズコメントからしてもう「裏切らなかったら嘘だろお前」レベル
    ガチ犯罪者のダスティに対して皆最大限優しいのに……!!(笑)
  47. >27 メドゥーサが受け身で我慢強い性格ってのも相性が悪い一因っぽいんだよなぁ。「うるせー馬鹿マスター!お前の指示に従ってたら勝てるもんも勝てねーよ黙ってろやぁ!」くらい言えるサーヴァントのほうが良いのかもしれん。慎二は令呪使って自害させるほどの度胸は無いだろうし(勝ち残れるとは言ってない)
    ワカメはモーさんと組ませよう。
  48. >55 尺の都合とわかってるけど「何でそこカットしちゃうのー」ってのはありますね。最近だと「女子高生がニンニクラーメン食った直後に同級生たちに会って、陰でこっそりブ○スケアを渡されて羞恥に悶える」というシーンが「ニンニクラーメン食って終わり」に短縮されてて「えー」ってなった(笑)
    なんだと……!?
  49. >68 アーニャは星7つ雷7つのダブルリーチになると予想してる。そしてその状態で雷クラスのトラブル起こして、次回に続く。 さて、当たるかな(笑)
    そして大活躍して雷7、星8みたいな例外が!!
  50. アーニャに援護防御(違)した程度ではフレーゲル男爵(だから違う)扱いは変わらなかったか(笑) お前にならアーニャを任せられるぜ!レベルになるにはどこまで進化すればいいんだろう。キルヒアイスくらい?(ハードルが高すぎる)
    キルヒアイスなら文句ないな。ミッターマイヤーでもいいぞ。
  51. 55>会話の内容はほぼ同じなのですけど、アニメでは鬼娘の背後に突如現れたしのぶさん、蹴り倒して馬乗り状態で話すのでアクションはだいぶ変わっています。前半はほとんどしゃべるだけな一方、「拷問」のくだりでは実際に鬼娘の目玉に指突っ込もうとしたりおなかを指でつーっとなでる仕草を。
    過激にした結果なのかー。
  52. 「ねんどろいど」について調べようと検索したらカタカナになってしまい、地震の元を踏みつぶして台風の目に体当たりする奴が出てきて驚きました URL
    今年の台風シーズンに求められた存在
  53. “真実は見えるか”キャンペーン 第2回 チャプター1 ろばーんっ …胸の白い部分が某ランドのメインキャラを連想させる形なのは子年である印? by エルドラン総受け
    関係ないと思うよ(笑)
  54. ゆるキャン△9巻 「海老ィ!!!!」はともかく、このまま旅グルメマンガになりそうですね
    チビ子レギュラー化を
  55. “真実は見えるか”キャンペーン 第2回 チャプター1 ゴールデナームント(略)ライトアップがビカーっ(略)すげーゴージャスな雰囲気の、悪趣味な …日常的に使用可能な光源として、燃える火ではない魔法的な(?)ものがあったり? 建物の壁や屋根に、銅や真鍮やトタンやブリキが魔法的な保護とか掛けてピカピカとか? 木材もヒノキとかの見栄えする高級材? by エルドラン総受け
    魔法の明かりは普通にある存在ですわよ。
  56. 真実>身元がバレないように、硝酸で顔を焼こう!(えー
    この世界で、明らかに金持ってる(プレートアーマーでフル装備、軍馬も持ってる)パーティー(つまり呪文でいくらでも治せる金がある)なのに傷残してるのって、超不自然に目立って詮索されまくる(笑)
  57. ヤフオクにこんなの出ましたよ  URL
    おあああ、ありがとーーー!!
  58. 34>だから逆にアルブレヒト側が「それバーンの人間じゃないか!」と言われてダスティらを切り離さざるを得ない状況が訪れるのではないか? これ以上庇うと自分らも斬られるみたいな。
    マジな話、なんかしらトラブって余罪を追求されるような自体は極力避けるよう気を遣うべき関係だね。
  59. 「ダスティは仲間」があまり強調されると子供を投げ捨てる劉邦の図が頭に思い浮かんでしまうのですが……(笑)
    外国人の犯罪者と、同胞の貴族……違いは歴然……!!
  60. 34>うろ覚えだが『銃夢』だったか、体制側に楯突く勇気が持てず「俺は自由よりも犬の首輪が欲しいんだよ」と涙ながらに主人公を裏切るおっさんが印象的であった
    マジな話、フィクションでよくあり、同時に多くの共感を集める「一人(少数)の人間の自由と尊厳のためなら何人犠牲にしてもOK」という思想は、「結果オーライを保証しないよ」「実行したらマジで君のキャラに色々と返ってくるよ」と念を押した上での「TRPGの行動」としても行い得ることなのか、ってのは好きなテーマである。
  61. 【一応男の娘or女装少年注意】タグに男の娘とか女装少年と書かれてないと、普通に女の子にしか見えない。だがそれがいい(笑) URL
    かつてうちのコスプレ売り子に女装した人がいたが、サークルスタッフ全員、俺が「実は男なんだ」と言うまで女と思い込んでたのが面白かった。
  62. ハーラル3世>「大物ぽく出てきて小物ぽくやられるところもジャギさまじゃん」と思ったら「お前はもう死んでいる」で畳み掛けられた(笑)
    時代考証無視した鎧着てるんだから、フリントロックピストルくらいも持っててよかった(よくない
  63. 中世の女性って毛の処理してたんですかね?
    現在残っている多くの絵画に描かれている女性に腋毛が描かれてないことがほとんどなように、実のところ大昔から育ちの良い女性はムダ毛処理する文化が存在したりします。
  64. 存在しない名字で驚いたと言えば涼宮ですね。あのラノベの影響を無視しても普通にいそうななのですが
    日本人は響きだけで付けたカタカナ名前大好きだが、自国の漢字名前ですら創作しまくりである。ブレてない(笑)
  65. >カレーライス大盛りで四枚! カレーって一枚二枚で数えるのか!ずっと一杯二杯で数えてたわー。
    いや、キレンジャーが言ってただけなんで、「当時はそうだったのかも」くらいな気がする(笑)
  66. KILLER APE …解説感想文を読んでから第1巻の表紙絵を見て、もしかして装備の重さにプルプル震えながら、それを隠してカッコ付けてる絵だったりするのかな? と思いました。 by エルドラン総受け
    本編ではこんな格好一度たりともしない(身も蓋もない
  67. 偽名……ふむ……(クラウスの話とか、ホフマンを否定したくだりを振り返りつつ
    まだプレイ始まったばかりで本名すら定着してないのに偽名とか、プレイするメンツですら紛らわしくなるんで省略!! ここばっかりはプレイアビリティ優先!
  68. 遊ぶ友人がそんなにいないからあまり気にしてなかったが、そういえば4人が上限のボードゲームの多いこと。
    そして殆どない「このゲーム三人までしかできないんだよ」。今まで一個しか見たことない(笑) あ、軍人将棋とダイヤモンドゲームもか。あと「ルール上多人数でも遊べるんだが、正直4人より多くなると待ち時間が多くなったりゲームバランスに問題が出てくるんで、事実上4人が上限」みたいなゲームは超ある。
     
1/14
  ■へやキャン∀

 
なでしこ「カレーライス大盛りで四枚!」
店員「え? ……言っちゃあ悪いけどねあんた。うちの大盛りは正真正銘の大盛りなんだよ。四枚なんてとても食えたもんじゃないな。二枚にしときな」
なでしこ「んーん、四枚お願いします!!」
店員「頑固だねぇ、あんたも。ホントに食べるね?」
なでしこ「うん、食べるよ!!」
     
  KILLER APE

 
 たまたまKindleで1巻無料だったので読んだらメッチャ面白くて一気に全巻購入してしまったやつ( ・`ω・´)

 
 ポストアポカリプス……とまではいかないものの、無線通信が壊滅したことでカタストロフって大幅に文明後退しつつも生き残った都市で暮らすYouTuber的ヘタレ主人公が、視聴者数稼ぎのためにノリで軍隊に入隊したら、歴史上の戦いにフルダイヴして「生き残ってこい」って訓練をいきなり受けさせられるところから始まるマンガ。

 
 漫然と放り込まれた部隊についてったら死ぬだけだーってことで、歴史改変して生き残る道を模索するのがオモシロポイント。
 ちなみに初回だけは身体能力に下駄を履かせて貰ってて、パワーもタフさも申し分ないことになっている。

 
 で、2巻のヘイスティングズの戦いに出てくるハーラル3世が「ジャギじゃねーか!!!」と思ったら、セリフも完全にジャギで吹いた(笑)
 なお、この時点では「身体能力も元のママ」で中世の行軍に追従する為に物凄く苦労し、メッチャ体鍛える羽目になっていた。
     
  ■プレゼントありがとうございます!!

 
 先日、筋トレしながら観ていたごちうさの劇場版を観終えたことをTweetしたら届いた一団……!!
 俺は願望器でも手に入れていたのか……!?

 
 ご注文はうさぎですか?
 いや、ゴブリンだ。

 
 これは聖杯ではありません。

 
 これは再開したP5Rで双葉可愛い可愛いとTweetしたら届いた逸品です。
 取り敢えず好きそうなのでデュエルディスクとカードを持たせてみた(笑)

 
 デュエル!!!
 カメラが引くとギャラリーが居ます。

 
なかぬきパラダイス
 ボードゲーム部では頂いたボードゲームを色々プレイする予定だったのだが、当日の参加者が5人に対して尽く4人までで!
 唯一5人までOKななかぬきパラダイスをプレイだ!!

 
 初期手札として1~5億の中抜き額カードをランダムで3枚配られたところからスタートし、ターンプレイヤーが「今回の中抜き案件」を選び、順番に「裏側で中抜き額を提示」することで、「ギリギリまで中抜きする」ことを目論むゲーム。バーストすると一番高額の中抜きを目論んでいた人のカードが捨札になる。パスすれば手札補充できる。
 俺、先日磨伸映一郎とこれプレイした時は、パス時の手札補充が1枚だけだったんだけど、その認識のままプレイしたら説明書読んでるメンバーから「間違ってる。3枚補充って書いてある」と突っ込まれ「な、なにぃ!?」となり、気を取り直して正規ルールで遊んだら、一度に3枚もドロー出来るとリソースが潤沢過ぎて駆け引きの緊張感が大幅に薄まり、ぶっちゃけ「このまえ遊んだときと比べてつまらん」となった結果、「俺は1枚ドロールールで遊びたい!」と、途中からそっちに変更を強行するのであった。
 どっちが面白いかどうかは個人の価値観に委ねるとして、「リソースの管理、相手の手札状況を読んで攻勢タイミングを見極める」シーンは比べ物にならないくらい圧倒的に増えて、駆け引きしゲームとしての緊迫感は確実に上だったことは間違いない。
 逆に「ゲームはゆるく遊びたい人たちの場」や「初心者相手の接待」なら正規ルールのほうがいいと思う。
     
  “真実は見えるか”キャンペーン 第2回 チャプター1

 ダンジョンズ&ドラゴンズ3.5版をベースに「オリジナル世界設定」「ハウスルール色々」「禁止呪文・特技・アイテム多数」「モンスターデータ改造しまくり」の独自環境なので、運用や裁定が公式ルールと矛盾した場合も仕様です。厳密なことはあまり深く考えないで読むと幸せ。
 また、プレイ内容で色々と「気に入らないこと」があったとしても、プレイグループ内では合意を得て楽しんでいるものとご理解頂けると幸いです。


 第1回まとめログ

 アルブレヒト・ヴォルフェンビュッテル ウィザード4
 モニカ・ヴォルフェンビュッテル フェイヴァード・ソウル4
 レーグネン クレリック4
 キャス レンジャー4
 クラウス ソウルナイフ4
 ダスティ ローグ4

 第2回が始まるまで間が空くかと思った!? 残念、即座に続くのだ!!!

 
キャス「前回までのあらすじ!」
DM「冒険者ってか傭兵登録自体は余計な詮索をされずにハインリーケの紹介として行えば終わるから、その後さらに南西のヴォーヴェライト伯爵領へ行けばモニカの顔をちゃんと知っている人は殆ど居なくなるかもね。地域の住民はもとより、旅人にしたってそもそも数がとても少ない。本来は出歩かないからね普通の人たちは。貴族だってわざわざ領外まで頻繁に出歩かないから。旅の冒険者とかが知っている可能性はちょっとあるんだけど、その可能性も、遠ければ遠くなるほど薄まっていくわけです」
ハインリーケ「まぁ、モニカと違って兄は隣のアードルンク程度の距離でも充分だけれど」
ダスティ「さすがアイドル、さすが橋本環奈」
ハインリーケ「それからそこの腰巾着、あなた別の用事があるからちょっと残りなさい。モニカ、少しだけ貸してもらえるかしら」
モニカ「はい、それはもちろん」
DM「断られたら困るしな(笑)」

 なぜならクラウスのプレイヤーが欠席だからです(笑)

モニカ「はいもちろん大丈夫です!」
DM「あとはもう馬買ってはよ行け」
アルブレヒト「旅立ちます」
DM「そんな近所でもないから」
モニカ「クラウスは後から来るってことですよね」
DM「そう、後から。たぶん。きっと」
ダスティ「お馬さんはもう終わり? 買ったと言うことでいいんですか」
DM「そーゆー作業を今からしてください」
キャス「馬を買おう」
DM「フリーター、家を買う。みたいな感じで」
キャス「貴族、馬を買う」

 普通だった。

DM「そうそう、キャラデザを別々にしないといけないと思うんだよね。今描いている絵が冒険に出た後の姿だとするなら、出る前の姿はそれはそれで必要なのではないかというか」
キャス「髪型とか変えたり」
DM「さすがに変えないとやばいからね。冒険で手柄を立てれば立てるほど目立つよ」
キャス「じゃあ、ヒゲは後から生やしたってことですね」
アルブレヒト「剃ったのかもしれない」
DM「ヒゲは基本的に生えてる方が偉そうだからね。偉いから生やしているんでしょっていう。だってこの人偉そうだよ」
アルブレヒト「まぁ偉いしね」
モニカ「お兄様は偉いですからね!」
アルブレヒト「不死鳥って言われてるから」

 自分からゴルドルフ所長とイメージを被らせに行くアグレッシヴプレイが炸裂だーっ!!!

レーグネン「フェニックス・アルブレヒト」
ダスティ「なんか一輝みたいだよな、そういうと」

 というわけで馬を購入。

キャス「よーしよしよしよし」
アルブレヒト「傭兵やるにしても、馬が必要になることもあるし、必要無い時もあるしって言う」
ダスティ「買うお金を持ってるんですよね。まぁ、自分のほうは自分で出せますけど」
アルブレヒト「自分で2500稼いでるからね」
ダスティ「あれ本当はパーティー共有財産の方だったから、ね? て思うところはあるんですけどね」
DM「君の成功報酬だよ?」
ダスティ「まぁそうなんですけどね(笑) シナリオの流れで必要になってるっていうか」
アルブレヒト「もう仲間だからいいよね」
DM「共産主義は禁止だよ!」

 アルブレヒトがここでもダスティを仲間扱いしていることを覚えておいてください。

DM「そういえば乗合馬車とかはルールブックだと気持ち悪いぐらい安いんだよね。このフローラント世界だと1マイルあたり銀貨0.5枚。ルールブックだと1マイルあたり0.03枚」
ダスティ「一般人が利用していると考えるとそのぐらいになるんですかね」
DM「色んな公式世界設定や小説の描写を鑑みるに、『D&Dの世界は安全だから現実と比べて気軽に出歩いちゃいます』とかは無い気がするんだよな……小説でも都市間移動中は大抵なんかに襲われてるし(笑)」
キャス「死ぬから……」
DM「マジで死ぬから……現実の時点で危険なのにモンスターまで跋扈してるから……」
ダスティ「リアル中世の一般人は村の中だけで過ごすって言っていまいたね。まあ行商人とかは行くんだろうけれど」
DM「なんにせよ1.8キロメートル500円と思ったら、フローラント版でもPCが困るような高さじゃないでしょ。……1マイル銅貨50枚」

 ルールブックの料金、ひょっとしたらそれに護衛代が加算されるのかもしれない(そんな記述は無いが
 普通レベルの宿屋(大部屋の床に雑魚寝。食費別)の宿泊料金が、専門訓練を受けた職人の日給の1.7倍、日雇い人夫の日給の5倍したりとか、D&Dの金銭感覚周りは壮絶に雑なので、基本的にガン無視して再設定する方針です。

レーグネン「馬は資産だと思って」
アルブレヒト「まぁ馬はあまり戦闘に使うとは考えずに。クラウスにはお金を渡しておこう」
DM「クラウスの分も買ったことにしないとめんどくさいよ」
アルブレヒト「お金で渡して(自分で買ってもらって)合流しよう」

  イラスト:★Yuuki

DM「……お兄様はロバでいいんじゃない。安いよ」
アルブレヒト「貴族たるもの、ロバには乗れんな」
DM「(ダスティを指差し)こいつはロバでいいんじゃない」
ダスティ「なぜ!?」
DM「ロシナンテって名前で」
ダスティ「それはロバに見えるだけでロバじゃないでしょ! ……馬とは何が違うんでしょう」
DM「戦闘力と速度と可搬重量」
ダスティ「運べる荷物の量が違うんですね」
アルブレヒト「ロバに足を合わせるとみんな遅くなるってね」
DM「だから全員ロバでいいのでは?」
レーグネン「ウォー・ロバ」
DM「ウォー・ポニーならいる(笑)」
キャス「お財布は誰が持つんですか?」
モニカ「今お兄様に渡しました」
DM「一番持たせてはいけない人に」
アルブレヒト「あーじゃあ頼んだレーグネン」
レーグネン「預かりましょう」
キャス「安心のレーグネン銀行」
アルブレヒト「財布から金を出すのは下僕の仕事だから」
DM「別にレーグネンが金勘定得意かっていうとそうでもないんだけどね。ボンボン具合は変わらないからね。で、クラウスが得意かと言うとまた別問題だからね。彼だって身の回りの世話をしたところで、金勘定は仕事じゃないから」
アルブレヒト「確かに、彼は買い物をしたら城に請求する位か」
DM「この中で世俗的な金銭感覚を持っているのはダスティだけだよ。てか極端なんだよ! ガチの富裕層か貧乏か。アルブレヒトは買い物=三越とかの人なんですよ」
アルブレヒト「この時代スーパーとかないから、ソレとソレとソレを頼むと言えばお店の人が持ってきてくれる。自分でとって回るなんてね、もっと未来にならないとないかもしれない」

 ちなみにフローラント最大の魔導都市ファクセリオンには国営の大規模商店が存在します。

モニカ「でもダスティに持たせたらダスティ逃げちゃいますよ」
アルブレヒト「だからそこでレーグネンですよ。ダスティが一番適任なのはわかってるけど、選択肢には入っていない。……いつかダスティが財布を握り任せてもらえる時代が来るかもしれない」
ダスティ「信頼を上げていく」
アルブレヒト「誤射されたからね……」

 一同爆笑
 ダスティは、モニカのプレイヤーが遅れて参加するまでの暇潰しに行われた練習バトルで、敵に組み付かれたアルブレヒトを誤射した際に急所攻撃を炸裂させたのだった。

DM「そんな訳で、傭兵登録できるゴールデナームントまでは30キロくらいなので、1日で行けるね。何故かみんな乗れる馬。ダスティなんか絶対馬と無縁な生活をしていた癖に。密輸業者してたダスティはむしろ山岳部隊だよ。鹿に乗ってるかも。もののけ姫みたいな感じでヤックルに乗って」
ダスティ「それは崖に登れますね」
DM「ヒャッホーーイ!」
キャス「山賊だーっ」
アルブレヒト「乗馬は貴族の嗜みだよな。とっとこ。だって凄いよ〈脱出術〉〈忍び足〉とか……」
DM「抜け出すための! まぁ確かに乗馬は貴族の嗜みよな、最低限持ってないと」
アルブレヒト「大征伐とかで馬に乗ってるのに、『アイツ超へっぴり腰だよ~!』なんて言われたら……隊長の面子というものが」
DM「あ、エンストした。みたいになるからね。会合にフェラーリでやってくるんだけどすっげぇエンストしてるみたいな。駄目だアイツにはマニュアルは早いみたいな感じになっているかもしれない」
アルブレヒト「下手したらフェラーリに運転手付けて隣で座っているだけかもしれない」


DM「それでは目的地はゴールデナームントという、光り輝くエルドラド。此処は俺達のゆめのあとさき」
モニカ「今ゴールデナームントに向かっていると……?」
DM「向かっていいのね? 予備知識ゼロでいいのね? その設定を把握せずに行くのね?」
モニカ「行く予定ってことですね!」
DM「まあ其処で行かないのも君たちの自由だけれど。やっぱりバーンに行こうぜ! っていっても自由だから」
ダスティ「此処でひっくりかえす」
レーグネン「自由過ぎる」
DM「テーブルトークは自由だー! って。今から永久の森でハントしようぜー! って」

 まぁキャラ視点でおかしなことじゃなきゃ大抵のことは受け止める姿勢です。「今回はこういったシナリオを用意してるから、ここから外れないでね」とかは言いません。

キャス「……ところで私はバーン出身なのですが、ゴールデナームントがどういう土地なのか全然わからないのです」
DM「〈知識:地理〉を振る。あんたあるだろ! プロだろ!!」

 フローラント世界の聖衛士(レンジャー)は野外版パラディンみたいなクラスです。
 直接戦闘力で一歩譲る反面、ユーティリティプレイヤーとして優れています。なので冒険の水先案内人に求められる〈知識:地理〉や〈知識:地域〉がクラス技能。

レーグネン「(ダイス目を見て)……ひどい」
キャス「ひどい、なんにも知らない」
DM「なんにも知らない知られちゃいけーないー♪ ヴィーリオンの土ー地ーなーんてー♪」
アルブレヒト「29」
全員「おー!」
モニカ「さすがお兄様!」
DM「さすがお兄様っていうかお前ら知らなきゃおかしいんだよ。早く振りなさい!」
モニカ「(コロコロ。ダイス目1)」
DM「……まあまあ、知ってる知ってる、名前は知ってる。ジモティーのモニカとレーグネンは……『あの、あれだろ? 渋谷の2コ隣の駅だろ?』みたいな、そういう感じ」
レーグネン「ああ、あの辺あの辺、よくは知らない」
キャス「降りたこと無いけど、みたいな」
アルブレヒト「流石に来るのは初めてだよね」
DM「ゴールデナームント? この引きこもり貴族が来ているとは思えないね」
アルブレヒト「来ないね、こんな田舎に」
DM「いや君ン家のが田舎だけど(笑)」
アルブレヒト「おお、此処がかの有名な……!」
DM「フローラントwikiに書いてあるとおりです。これをお兄様がいまドヤ顔で語っている」
アルブレヒト「……ゴールデナームントはアードルンク伯爵の有名な居城で、鉱物資源が過剰に惜しみなく利用された堅城だ」
DM「朗読しているぞ、こいつ(笑)」


●ゴールデナームント
 アードルンク伯爵居城。
 領内で産出する豊富な鉱物資源が惜しみなく利用された、堅城。過剰な自衛力を追求した金持ち拠点。
 当然ながら?一度ならず永久の森から飛来した竜による襲撃を受けたこともあるが、大損害を受けることはあっても、落城を許したことはない。
 城下町も当然豊かで、物流の拠点として伯爵領の内外問わず人と物が集まって来ている。もちろん、中央の大都市と比べれば小規模という補足説明は付くが。あと税率高めなのが玉に瑕。
 もっとも勢力が大きい神殿は戦勝神で、完全にひとり勝ち状態。大きく水を開けられて、練磨神が続く。
(フローラントwikiより抜粋)


アルブレヒト「まあ金さえ有ればウチの城もそれなりにしても良いんだが。……いや、ウチの城、ウチの城な。……ああ」
キャス「思い出しちゃった!」
DM「ああ、もう帰れない。……真実は見えるか」
モニカ「真実は見えるか(泣)」
アルブレヒト「まあウチの城とは性質が違うからな(けろり)」
DM「ああ、みんなね、知識ロール振ったときに何に対して幾つ振ったかメモっといて。将来的に何かあった時に『前に振ったよね?』とかあるから」
ダスティ「といっても此処で教えてもらったら(理解できる)……っていう事実もある訳ですよね?」
DM「ある程度は。だが教えてもらったところで出目29分の知識を口頭でガーッとやったわけじゃなくて、あくまで掻い摘んだ分になる。教えてもらったからといって知識の出目29相当の知識を持っているというわけではない。教えてもらった知識を完全に理解した、と主張したい場合は技能ポイントを振って知識技能を成長させておくんなまし」
アルブレヒト「産業はこれらこういう~……」
DM「授業が始まるからね!? 教科書の15ページを開いてもらいます~とかってなるわけですよ」
アルブレヒト「歴史としては、これこれこうで。いやぁ、竜に襲われるのも日常茶飯事で」
モニカ「なるほど、戦勝神の町なのですね?」

 戦勝神はヴィーリオン王国の主神でもあるので、「その都市において最も勢力が強い神殿」という意味では、9割以上がそうなる。

アルブレヒト「そうなんです。モニカはもしかしたら顔を知られているかもしれないが……どうだろうな、ふふん」
キャス「ほうほう、金持ち拠点なのですね?」
DM「金持ちですよ。でもここ、一泊したら通過だけどね(笑)」
ダスティ「事件が起こるわけでもなく」
DM「ハンターズライセンスを登録しに行ってるだけだから。(ダスティは)オレでなきゃ見逃しちゃうね、とか言ってるわけですよ。癖になっているんだ、身元を隠しながら生きているの、って」
アルブレヒト「まあ、ファヴの登録しに行くだけだから」
キャス「あ、あれが! ゴールデナームントですか! 見えてきましたよ!」
DM「ライトアップがビカーってなって、エルドラドって感じ。すげーゴージャスな雰囲気の、悪趣味な」
キャス「ものすごい悪趣味な町が見えてきました!」
レーグネン「悪趣味な!」
アルブレヒト「悪趣味ではなぁ」
DM「きらびやかな、都会の香りに包まれた、田舎の都会です。……みんな、不思議の国のバードは読んでね。明治の日本を旅したイギリスの女性冒険家の冒険記のコミカライズなんだけど。要は金持ちキャラがワイルドな生活に投げ込まれたときのカルチャーキャップロールプレイの参考にめっちゃなる」
モニカ「あれですよね、たまにリプレイに画像が載っている」
DM「たまに画像が載ってるやつ。キワモノの宿屋とか」
アルブレヒト「明治でアレだから絶望的ですよね」
DM「イギリスの上流階級のお嬢さんが……まぁ史実だともっと歳なんだけれど、明治時代の秋田とかを旅して、やべえ……! 汚え……! 虫ばっかだ……! とかカルチャーギャップに苦しみながらもワイルドに頑張る話。まあダスティは必要ないかもだけど、貴族キャラの清潔な環境で生きることに慣れたキャラのロールプレイの参考にはなる。ダスティはガイドのほうかも。でもそのガイドすらも途中で音を上げるからね!」
アルブレヒト「まあ、早速登録に行こうか!」
DM「うむ。ずんずんずんずん。というわけで、変装する」
ダスティ「ダイスは振らなくて良いんですか」
DM「それはもう出目10扱いで。まぁ見破られるときは見破られるよ。あの胸の大きさ、きっとモニカ様だ」
モニカ「こわぁ」
DM「この匂い、モニカ様だ。あの光、きっとアルブレヒトだ」
アルブレヒト「ふっ、知性の光が」
キャス「あんな髭、付いてたか~?」
DM「もともと髭は生えてるのを剃ったんだよ。高貴さを隠すために。モニカも、高貴さを隠すために毛を剃ってるんですよ」
モニカ「……」
キャス「……眉毛を」
DM「逆に高貴になっちゃうね!? 引き眉してんのか。青の祓魔師に出てくる引き眉の女の子が見た目すげー好きなんだよね」

 
 この娘。なお、作品内容自体は主人公が兄弟モノということ以外全く知らない。

 
 モニカの新髪型バリエーション

アルブレヒト「髭が。さっぱり」
DM「……というわけで登録自体はロールプレイの甲斐もなく普通に終わります」
アルブレヒト「あれ、偽名は使うんだっけ?」
DM「設定上は偽名使うんだけどロールプレイ上はめんどくさいので、設定上の偽名はきっとあるんだろうと」
アルブレヒト「紹介状に名前が書いてあったりするんだろうね。我々の選ぶ余地もなく」
DM「空条Q太郎とか」
キャス「大門太郎って書いておきます」
アルブレヒト「ハインリーケが面白おかしく偽名を考えて付けてくれたに違いない」
ハインリーケ「輝くデコのアルブレヒト」
アルブレヒト「変わっていない……!」
レーグネン「ダスティ、名前が3つあるんだな」
ダスティ「そうなんですよねぇ」
DM「ダスティはダスティでいいんじゃない? ダスティとキャスはそのままでいいんじゃないかと思う」
ダスティ「でもダスティのほうが知れ渡っているわけでしょ」
DM「いつからそんな有名になったんだよぉ」
レーグネン「じゃあ、ダニエルにしましょう」
ダスティ「本名なのに偽名になっちゃう」
キャス「ダスティの本名はダニエルって書いておこう」
DM「キャスはダニエルって呼んじゃだめだよ! 愛称はダニーなんだからね!」
ハインリーケ「(ダスティの偽名)ダニー! (レーグネンの偽名)グレッグ! (アルブレヒトの偽名)コンバット! (モニカの偽名)クリムゾン……(キャスの偽名)進化する銃、デスクリムゾンで登録しておいたわ!」
キャス「どこを略したらキャスになるんですか?」
DM「そういうわけで、ワケアリなことをを含めた上で登録完了しました」

 そんなわけで今後も特に偽名を用いずにキャラの名前そのままでプレイします。面倒臭いから!!!
 Don't give up justice, I want to get truth!


●プレイヤーズコメント

・アルブレヒト
 ハインリーケとの別れは名残惜しいが、我らは旅立つ!
 まとまったお金も入ったので意気揚々である。
 危機感や悲壮感に欠けるきらいがあるが、初めての修学旅行的なテンションということでご容赦願いたい!



・モニカ
 毛の処理って言われずとももうやってそうですけれどね?
 ともあれ馬を買い新しい場所への移動!しかし、モニカのダイス出目はいつもどうして、こう……!


 でも自分でやったことなさそうじゃない?(紳士顔


・レーグネン
 顔が知られてない地に南下!
 ファヴにもつつがなく登録されて、ハインリーケ様の段取が完璧ですな。
 ゴールデナームント、光ってそうな名前……!



ダスティ
 今までの生活を捨てて、新たな地で再出発! お金とかロバとかで「ん?」と思ったりしたけれど、パーティーの仲間はみんないい人達。キャス姉もいるし、俺は俺のやれることをがんばろー! なんてことを思っていたはず。
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!

  1. a. >>54 自分はスーパーピンチ回が初見だったので最初勘違いしそうになりました
    b. 54>初めて観た無限のリヴァイアスがこずえレイプ回でした。夕方には重すぎるわ!と敬遠したけど、今や全アニメでもトップクラスに好きになるのだから世の中分からない。
    初めてギャラクシーエンジェルがやってるタイミングでテレビ付けたら風雲たけし城してて、観続けることにした。
  2. SPY×FAMILY #3 ピンクの戦闘機 / MiG-21F-13 ぽい …検索すると、中華なコピー(?)機のJ-7(殲撃七型)の、アルバニア輸出型F-7A とかも。マッコイ爺さん(中古市場)的には、どれが入手し易いんでしょうね(笑)。所属陣営(おつきあいしてる相手)によって難易度は変わる気もしますけど。 by エルドラン総受け
    あれは後方窓の有無で違う感じです。
  3. a. >57 別世界では副指令だしな(笑)
    b. 57>キャラ的にはプリキュアなんだろうけど(笑)  ドキドキプリキュア(2013)を最後にほぼ離れちゃったから最近のはよく知らないが、暴力的な殴る蹴るのアクションは封印される傾向にあるのかと思ったら「物理つかいブリキュア」「魔法つかえブリキュア」などと言われているところをみるとそうでもないようだな
    c. 57>「店の前に硬化ベークライトを流しとけ」とか言いそうな司令だな(笑)
    「(珈琲が)温いな」
  4. 確かに代表格と思われると問題だからあのキャンペーンは「底抜け傭兵隊」にでも改題すべきだな(笑)
    落とし穴に絶対落ちるのがあのパーティーだけの特性ならノータイムで採用したのに、全部のキャンペーンで落ちてるんだよな。
  5. 37>前にも話題なったけどハズレ扱いされるほど誰にでも出来るアサシン対策って具体的になんなんだろうね
    食事に毒混ぜられるのは攻撃扱いじゃないから気配遮断ランク落ちないとか、幾らでも殺せそうで怖い。
  6. “真実は見えるか”キャンペーン 第1回 チャプター14 これにて第1回終了 …次回のプレイ、最大の難関は、各プレイヤー氏のプレイ可能時間(日時)の調整でしょうか(苦笑)。 by エルドラン総受け
    フハハハハハハハハ!!!!!
  7. “真実は見えるか”キャンペーン 第1回 チャプター14 …ここは地の果て流されて傭兵。ハインリーケ様の側でも、キャラとしての行動・思考・用心とかで、アルベルト一行の言動とかへの〈真意看破〉的な確認はしてる気がします。ハインリーケ様の、アルベルト一行への配慮は、神寵者(フェイヴァード・ソウル)の人知外の「正しい行動」が、不明・不穏な現状への突破口になればいいかな、という期待? とか想像したり。 by エルドラン総受け
    まぁ神寵者補正は「やめろ、それはガチで神の教えに反する!!」って行動だけはDMが止めてくれるって程度に思っておいてください(笑)
  8. 47>ああ! 終盤、レイジ・ドレイクを使って傭兵隊と交戦した時の大男! 最後にしか名乗らなかったからすっかり忘れてた
    あの事件からほとんど間が開かないままこちらに参上!!
  9. a. >46 パイパンだとわからない……と思ったがそういう人は恥ずかしいからなかなか男性をホテルに誘うとかしにくいらしく、つまり彼女は違う…!!
    b. 下の毛は何色かで判明するな>頭髪と眉毛の色が違う人種では下の毛は眉毛と同じ色になるという噂を聞きました。是非確認したい!
    c. 頭髪と眉毛と陰毛の色の噂について書いた者ですが、調べてみると「頭髪と眉毛の色が違う人種」などというものは存在しなくて、頭髪も眉毛も陰毛も同じ色ですが、頭髪だけ細いので明るめの色に見えるってことで、眉毛と陰毛の色味が同じに見えるということのようです。
    日頃目にする髪の毛と下の毛で色が違うキャラは、染めてると解釈する方針。
  10. ラノベは文章内のキャラ描写と表紙や口絵のカラー絵で色が全然違うのがしょっちゅうだからな…
    文章「黒髪の貧乳」 イラスト「茶髪の巨乳」
  11. a. 36>『打撃天使ルリ』みたいな話かな。
    b. 36>面白かった。ありがとう
    面白かったんで最初だけ読んであとは単行本出たら買って読むわー。
  12. >37 Apoの世界で一通り召喚されて宝具も全部判明する程度に使われた後で暗殺ヤバいとなって対策必須になったという特殊環境での話ですね。FGOの世界だとどの程度の情報まで把握できてるのか不明なので何ともですけど
    ハサン無双時代が他だと無いだろうからなぁ(笑)
  13. この腋から下をエロいと思うかキモいと思うか、嗜好の違いが大きい(苦笑) URL
    エロい!!
  14. 超高額の高級車よりは安い機体>戦車もクソお高い主力戦車じゃなくてヴィーゼルですな、それにしても並の高級スポーツカーより高いと思いますが、あと入手経路が謎すぎる
    ドイツ軍からどうやって引っ張ってきたんだろう(笑)
  15. >49 TRPG困ったチャンあるある詰め込まれてるのがゴブスレ世界だとすると、某困ったちゃんまとめにあった「ゴブリンが子供捕まえてたというだけで陵辱ネタだと言われた」あたりが元ネタかもなー、とか思ってみたり。まあ指輪のオークとゴブリンが同一というところからオークのネタ持ってきて、名称はより雑魚的イメージの強いゴブリンにした、というだけかもしれませんが。
    弱いイメージでゴブリン……だが戦闘力は大抵のフィクションのゴブリンよりも遥かに強い最強種過ぎる!!
  16. 羊皮紙一枚で矢を防げる>文字通りの紙装甲が作れるね
    羊皮紙+5で鎧の装甲に使われる厚みの鋼鉄並みの硬度になるな(笑)
  17. 15>そして1でもわかってたけど、2でも自分のセンスの無さに絶望するという個人的な流れ。でも作りたいものはいっぱいある
    そして俺はD&D用のダンジョンを構築するぜ!!
  18. 20>あれはそろそろ完結したのかしら? とか思う今日この頃
    去年新刊が出たっきりだな!
  19. 32>根はいいやつと言われるってことは、現状悪事ないしそれ相当の事を働いているって事ですからね。現状をみるに根しかいいやつじゃないのかって事にしか聞こえないよね
    ディオみたいな悪人でもない限り適用される無力なフォロー
  20. 37>百貌前対策って維持費すさまじい事になりそうだが、セキュリティだけにしても
    相手がトップクラスのサーヴァントばかり、みたいな状況でもなきゃスゲー強そうだからなぁ。
  21. a. 49>オークが多かったイメージはあるけど、ゴブリンもそれなりになかったっけ?ゴブスレ以前でも。オークより小柄だけど数で攻めてくる輪姦ばっかなイメージだけど
    b. >>49 表立ってで有名になったのはゴブリンスレイヤーさんかな? エロファンタジーの多数相手の竿役としてなら昔からよく見るシチュエーションでしたね、こんな数だけが取り柄のザコなんかにっ、て奴で
    エロネタでエルフや冒険者をレイプするのはオークの仕事だったイメージが強い(笑)
  22. >49 FF5の気絶したレナがゴブリン二匹に連れてかれるやつとか?(笑) そういやレナとファリスって設定上は金髪だったな……
    ゲームグラフィックと大違い!!
  23. 「ピンクの戦車」の方は元ネタなんだろう?
    リロードすると見えるかもしれん!! というかなんでこの時間の投稿で戦車ナシ版を見てたんだろう(笑)
  24. 9>キャプテン翼4に「KAZU」名義で出てたなぁ。スプレッドミサイルやらクリアボムやら物騒な必殺技。そしてTECMOの提供をバックに放つ「コンプリートスマッシュ」。…説明してて自分でも何を言ってるのか分からなくなった。
    戦闘サイボーグかな?
  25. 21>アニメから入ったので、ロビンは青でアシュラは肌色派。
    わかる。
  26. 正月休みで溜めてたアニメを何作か「1クール一気見(5時間かかる(笑))」した結果、『まちカドまぞく』がとても面白かった。でもネットでたまに見てた「シャミ子が悪いんだよ」って台詞が一切出てこないじゃないか! 誰だこんな台詞流行らせたのは!(怒)
    なんかそのうち見ようかなくらいには思ってたやつ!
  27. 42>逆に互いにマイナスでしかないコンビだと、慎二&メドゥーサ組かな。正規ではないというのも含めて。雁夜&ランスロットも中々絶妙な相性の悪さか。…どっちも蟲爺のせいな気もするが。
    クソ強いバーサーカーは基本的になんらかのチートで常人離れした魔力供給が可能じゃないと使い物にならないって意味では、仕方ない面もある。フランちゃんみたいに「バーサーカーの性質上搦手が困難だから、相性良くても絶対的な力の差は埋められない」っていうケースが普通にあるだろうし。
  28. 安売りされてた旧型のEchoを入手したので、Amazon MUSIC Unlimitedに加入して片っ端からライブラリに放り込んでるけど、アーティスト別のページで関係ない人が混じってる事故があるのが辛い。特にアルファベット表記のシンプルな名前の人。アニソン歌ってるYURiKAを探すと小文字のyurikaでページが作られてて、大文字のYURIKAとか漢字の由利華とか優利香とか混じってきてカオス。ダウンロード販売サイトだけど、Moraとかはこんなに滅茶苦茶じゃないんだけどなあ。やはり海外の人がシステム作ってたりするとその辺が甘くなるのだろうか。そういえば、XがX JAPANになった時に「そんなに間違えられる?」と思ったけど、この状況を見ると改名して正解だったなあ。
    これ、音声認識がだいぶ頼りないんで、エコー端末でしか利用ができなくなるエコープランって、安いけど使い物にならん気がしてならない(笑)
  29. >>10 部屋出て山梨巡り…ヘヤでもキャンプでもないぞこれ
    カレー!!!
  30. 19>> 最大の問題は、(音響機器に興味がない)普通の人が使ってる普通(何かの附属品や安物)のスピーカーではそのDVDより下のCDの音質ですら満足に出せないという事を知らない事だと思いますね。ハイレゾの曲を買って聴いてるという人がスマフォで直に鳴らして「ね、いい音でしょ。」と言われた時は理解不能でしたよ。
    昔、CDからMDに録音したやつを再生しながら「さすがMDだな、(CDより)音が良い!」とご満悦な友人を見たときの気持ちを思い出す。
  31. 餞別はいいけど金貨だと使いにくいのではないだろうか、銀貨1000枚の方が……
    どうせ全員分の馬と馬具買ったら一瞬で消し飛ぶから、銀貨をクソ重い量を渡されるより親切よ(笑)
  32. そういえば最近ゲームとかのアンソロジーないな。柊聖亜とかアンソロジー専門の漫画家どうしてるんだろ
    昔みたいになんでもかんでもやたら出るようなことがないだけで、艦これとかFGOとかメジャータイトルのは出てるねー。
  33. よその領地2つぐらい挟んで離れているとはいえ、ハインリーケでもまだ状況が把握できないなんとかロート城の怪。つまりは2ヶ月たってもまだ「公式発表」もないのであろう。燃え跡の城には今誰がいるのか?   城に入ったとたん「ウィザードリィ6」が始まりそうな予感(笑)
    ハインリーケ「……いや、ここはまだ言うべき段階ではないわね」
  34. >3 「君は良い仲間であったが……君のお父上がいけないのだよ!」「はかったな、ダスティ…!!」いずれこうですかわかりません
    しょせんは敵国人……!!
  35. 1>セリフのフォントカラーは同じだもんな(笑) ノルベルト=ハインリーケ
    これ、本当は個別に変えたいんだけどさー。読みやすいフォントカラーってなると選択肢が思いの外狭いのよな。
  36. 海外のニュースで、殺し屋組織の下請けの報酬が5万円くらいって聞いたことがあるから、現実はやっぱ実行犯は使い捨てって感覚なんだろうなあ。
    傭兵も特別高収入じゃないしなー。
  37. 子供に戦車とか戦闘機与えてどうすんの(笑) 結局誰かに乗せてもらわなきゃいけないんだから子供の物として買ってやっても意味ないよ。単なる金持ちの道楽なんだろうけど
    この子供が喜んでないだけで、男の子が自分が操縦できるわけでもない戦車や戦闘機を貰えたら普通に喜びそうだけどな(笑) プレゼントとしての意味はそれで十分じゃないかな。
  38. a. P5>イゴールの仕掛けは声優事情に詳しい方が騙されるんだよな。口調や態度が明らかに違うのも全部伏線だったという。引き継ぎにしてももっと似た演技できる人いるだろうに、とずっと思いながらプレイしてたからしてやられたわ。Rで同じ事情になっちゃった千早はそっくりだったな
    b. あのイゴールの正体知ってると最初から選択肢でおもいっきり反抗したいんだけど、Rの一周目だと大体「度胸が足りない」で選べないという
    「随分と声もキャラも変わったなー。相手が違えば別の顔もあるってことかー」くらいに思ってたら!!
  39. そういえばP5は3周したけどP5Rで初めて主人公死亡と悪堕ちのバッドエンド確認した。冴の説得失敗する選択肢選ぶときしつこく確認してくるのちょっと笑った
    薬漬けルートとか怖いわー。
  40. “真実は見えるか”キャンペーン>「貴族は友達思い」っていうことは、庶民は生活的余裕の意味でそこまでは思えない、のかしら? 中世ベースだからそれでもおかしくないと思ってしまう自分が怖い。いや、友達思いの人はきっといるだろうし、金銭的なあれこれが出来ないだけだと思うけれども。
    まさしく、それだけ余裕があることが美徳って意味の言い回しだねー。貴族が実際に友達思いかどうかは不明。
  41. 54>ビッグ・マグナムとエタニティエイトは2大下ネタアルター。深読みすれば常夏三姉妹もかなり業の深さを感じる。
    チンコとタマキンだもんなー。
  42. オッパイがデッカイ!!!>私服がゆったりしてるのが多いから分かりにくいけど、けしからんスタイル。と思ったけど初登場から結構露出度の高いドレス着てたな。
    オッパイが最後の視界で殺された人が多そうだ。
  43. SPY×FAMILYって今すごい綺麗な表紙の流れだけど4巻目以降どうなるんだろう?
    普通にキャラが戻って別の装いでも問題ないかも。
  44. 32>翼に向かって「死ね!」と言いながらシュートやタックルを敢行するポブルセンを「根は良い奴」と評した若林君の目は節穴。あの世界では登場時の印象が悪い奴は概ね改心するというか丸くなるのが常な所、最後まで悪態を吐いたままなのは珍しい。
    ディオもビックリ
  45. SPY×FAMILY #3 感想 >戦車や戦闘機に元ネタがちゃんとあったのか・・・あのテキトー絵は作者が手癖でそれっぽく描いただけかと思ったけど、ベッキーの曖昧な記憶力なのか、頭の中を覗いたアーニャのイメージなのか。そして、何故ベッキーは戦車だの戦闘機だのをご褒美でもらったのか・・・この世界にも戦車道みたいなものがあるのかしら?
    面堂終太郎のように兵器コレクションするボンボンもいるのかもなー(笑)
  46. >15 そういうビルド系が好きな人には「わたくし、秘境の市長になりました。」という動画が面白いですぞとお勧めしてみる。Cities:Skylinesというゲームの実況動画なんですが作り込みが凄い
    スカイリムのシティビルドゲームでもあるのかと誤読した。
  47. 痛いのは嫌なので防御に(以下略)が主人公の装備がノースリーブの軽鎧なのでぽんぽん腋がさらされてる感じでした、まあ装備を手に入れるのは一話ラストなので本番は二話からですが。内容は、きらら系統のラッキーマン?敵を倒せばレア泥で行動すればレアスキル条件達成、くらいのあれですが
    マシュ
  48. >“真実は見えるか”キャンペーン 第1回 チャプター14:ダスティコメント:NHKアニメ「太陽の子エステバン」の主題歌を解説無しに投入して分かる人がどれだけ残っているのだ!? by 裸ネクタイ
    俺気付いてなかった(笑)
  49. SPY×FAMILY 「これ見よがしにパンツ見せびらかしちゃってさ」と空目して、「普通あれ付けたまま学校こねーよな」で、どんなエロパンツ!?ってなった。
    痴女過ぎる!?(笑)
  50. 『五等分の花嫁』はヒロインが一卵性の5つ子ながら髪色が少しずつ違っているが、劇中では全く同じ(変装すると見分けがつかない)という設定である。最初期のカラーイラストは同色に塗られていたが識別しやすいように変更され、アニメもこれに倣っている。このためアニメでは冒頭で主人公の将来の花嫁の髪がちらっと映って「あれ?」ということになったのだが…。  またコミック1巻発売時のPVでは5人のCVをあやねるが一人でやっていたのにアニメでは別々に、だが劇中では全部同じ声に聞こえているはずである(汗
    全員染めてるのだな。
  51. a. Booklog 『ペイルココーン』 …「ジアーラ参上、ジアーラ解決」。本屋さんで立ち読みした「月刊OUT」(だったかな?) で、そのシーンを読んだような(うろ覚え orz by エルドラン総受け
    b. ペイルココーン!これ、連載時はもっと凄まじかったんだぜ。
    途中から急にギャグになって戸惑いを隠せない俺。
  52. 貴族様一行、ファヴ傭兵隊へ!  野宿とか大丈夫なのか……
    なにげにキャンペーン開始最初の数日しか野宿してないという。ノイエ・エイファスにガイドされてる間は魔法の宿呪文使ってもらえてたし。
  53. dアニメ、1ヶ月無料で試してみたら、ラインナップ豊富すぎて絶対継続しちゃうヤツだ…… アマプラと違ってDL数制限無いのも良い
    クソ安いしねー。
  54. 33>「豊作」キャンペーンのノア姫、チームリーダーながらパーティではダントツの最年少。一番年の近い、彼女が拾った泥棒猫・フェストでさえも6つ上のいい年した大人である。    意外にもアストリッドはノア姫よりさらに1つ下だが。 そしてロリ枠ながらスティーンは結構年を食(ry
    実はキャンペーンプレイ時の年齢は16歳なんですよ、ノア姫。ここは2年後の世界なのです。
  55. 鬼滅の刃で好きなシーン>アニメでは改変されちゃってしのぶさんが「だめだめ」って首振るシーンはないんですよね
    なんだってー!? 大好きなのに!!
  56. DM「馬買いなさい」 グリフォン「ゴチになります!」 上から来るぞ気をつけろ!
    倒せば大儲けだ!!
  57. デレステの限定SSR前川みくで無料十連や割引石などの踏み台があったとはいえ新年早々天井にごっつんこしたので腹いせにみくにゃんのエロ絵で抜こうかと思ったけどいいのが見つからなかったのでこの文香さんで抜くことにしたURL
    どっちでも抜こう。
  58. 潔癖なサキュバスって意味わからない   URL
    いやマジでそれはサキュバスじゃないだろ(笑) いやまぁ「この世界のサキュバスはこうなんです」なんだろうが。
  59. 乳!腋!水着からはみ出るケツの割れ目!これは千歌ちゃんちゃう、エッチカちゃんやURL
    そして肩紐と身体の空間が空き。
  60. 白いおしっこかけるしかないでしょこんなんURL
    どんなシチュだよこれ!?(……ふぅ
  61. 56>ファンタジー世界だと小型犬ぐらいはあろうダニや人間にのしかかるサイズの南京虫がわらわら出てきたりするのでは……
    ナウシカの世界みたいな蟲が余裕でいるね(笑)
  62. あれ、ショイフェーレ男爵にアホ毛がない(笑)  
    今日は湿度が低い
  63. なぜメガネをかけると陰毛がなくなってしまうんだ!せっかくいい感じの陰毛だったのに!URL
    陰毛をリリースして眼鏡を召喚したのか……。
  64. ワダツミさんのお好みかとー URL
    クソぅ、エラー画面だ!!
  65. なかだしパラダイスかと思ったら違った
    エロゲー
  66. シリアス腋。シリアスという船があったんだろうか? URL
    イギリス海軍の防空巡洋艦にありますねー。
  67. 「せんそうはやめましょうデズモンドさん」「せかいはへいわになった」「わかれようフォージャーけはおしまいだ アーニャもすてよう」アーニャの思い描く未来絵図が笑わせてくれる(笑)。でもこの子なりに世界と家庭の平和について考えているのだと思えば、笑っては悪いか
    たいきょくてきしや!!
  68. アーニャ、最速記録で星ゲットだが入学式の暴力事件で雷いっこ食らったのも恐らく最速記録。これから伝説を築きそうな気配がひしひしと(笑)。
    最速の女伝説
  69. メイドさんは食べるだけって漫画読んでたら、ミントエキス自体には色がないため普通に作ると真っ白なアイス、チョコミントをなぜこの色にしたのか実はよくわかっていないぞってなってて割と驚いた
    ホワイトミントアイスも出てたもんなー(笑)
  70. 大ボリューム(物理)なボードゲーム「グルームヘイブン 完全日本語版」の紹介がありました。事前準備とルール・遊び方の把握だけで一ヶ月は要りそうですね。 >> https://gigazine.net/news/20200113-gloomhaven-contents/ by エルドラン総受け
    ゲーム内容の説明がなくて吹いた
  71. a. ホント、なでしこは良く食うな~
    b. へや(じゃない)キャン>カレー食いすぎなでしこ、これではまた太る……!
    どたぷーん(腹が
     
 
 
 
 
 

サイト内検索っぽいモノ