HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
お知らせ
新作委託情報
 
読了済みの本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!








日記ログ
■2016/05a
■2016/04a
■2016/03b
■2016/03a
■2016/02b
■2016/02a
■2016/01a
■2015/12a
■2015/11b
■2015/11a
■2015/10b
■2015/10a
■2015/09b
■2015/09a
■2015/08
■2015/07a
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

5/26
■“豊作キャンペーン” 第7回 チャプター1

 ヴィンフリート・ベッカー ウィザード6/アリストクラート1
 リーンハルト クレリック6/ビリーヴァー1
 ヨルン バード4/レンジャー2/ファイター1
 ノア姫 パラディン6/アリストクラート1
 フェスト ローグ6/ウィザード1

 
 突如として復活したリプレイ!
 久しぶりの人! ただいま! 初めての人! ここの左の柱にある「豊作」から過去ログ読んで来て!!
 だがこれは新規プレイではなく、何年も前にテキストだけ書き起こされていたものの、それを公開用に調整しないまま、ずっと放置されていた奴のサルベージ品!!
 しかも前回が4回だったのにいきなり7回なのは、4回までは(同時期の他のキャンペーンも含めて)全てワダツミが録音や録画からテキスト書き起こししていたのを「もうこれ俺1人で全部やるの無理」 となり、メンバーの持ち回り制に変更したものの、当番になったメンバーがまったく作業しないまま次のメンバーの番になり、自分の担当を書き起こしたから、というやつだ!(笑)

 というわけで失われた期間の内容を要約すると!!

 
 粘菌に覆われた村の地下に存在した洞窟でキノコ人間軍団をサーチ&デストロイ!!

 
 キノコ狩りの聖騎士! ノア・ロイヒトゥン!!! チャッチャラーチャチャラー!!! チャラッチャラー!!!
 イェイェイェェェェェイワァァァァァァオウ!!!
 そんな中、このキノコ大繁殖には竜の勢力が関わっていることが判明する!!(画像は関係無い

 
 見事、大繁殖元と思しき存在を最深部で撃破するも、凱旋の報告の際に「竜の勢力の存在」 のことを報告し忘れ、DM的に「え、それ報告しないまま終わるとヤバいっしょ」 と、ノア姫のお兄様といろいろ質疑応答してもらった流れでそれが判明し、「一番大事なことなんで真っ先に報告しねーの?」 とお兄様に怒られたのさ!!

DM「じゃぁ、報告を終えて部屋から退出する所からだね」
ノア姫「私の浅はかな考えが、貴方たちを巻き込んでしまいごめんなさい。戦いが終わり気が緩んでおりました」
ヴィンフリート「いえ……」
DM「実際なぜ報告しなかったかって、パーティーの中でも明確な理由ないでしょ(笑)」
ヴィンフリート「みんな忘れてたというか……これはキャラのせいに出来ないというか……」
リーンハルト「言わなくて良いのーって思ったんだけど、まぁいいかなって」
DM「お前そんなんばっかりやな!」
ノア姫「後出しはずるいですよ(笑)」

 あんな大事なことを気付いてて尚言わないのが一番罪深い(笑)

ノア姫「まぁ……みんな言わなかったんだから仕方ないですね。今回の件で具体的なお咎めとかは」
DM「特にはない。ペナルティとしてではなく地下の腐海の清掃や残りの討伐があるから、休んでから手伝いすることにはなるけど」
ノア姫「じゃぁ叱られただけで?」
DM「おとーさんが『ワハハー』と笑って終わっちゃったしね。強いて言えばヴィンにはお前やっちまったなー、姫には1人だけで決めなくてもいいんだぞと」
ノア姫「うーん、決めてた訳じゃないからなあ」
DM「いや、こいつ等が姫の判断に丸投げしすぎなんですよ! 間接的にパーティーメンバーに対して言ったようなもので」
ノア姫「でも私も頼りっぱなしやしなー、お互い様やなー」
ヨルン(俺らには勿体無いなさ過ぎるお言葉じゃあないですかねえ!? )


DM「というわけで皆さんは当分再びキノコ狩りの男と化します。ロイヒトゥン領にキノコバブルがやってきた!」
ヴィンフリート「キノコ狩りの男!」
DM「チャラチャチャーチャチャラー、今回収穫されたキノコで難民になった人の食糧1年分賄える勢いだね」

 まぁ1年間キノコ食べ続けるのも大変そうだが。
 とは言ってもそれは現代人の感覚で、中世の村人なんて一生同じもの食べ続けるなんて日常茶飯事だぜ。……いやまぁ季節ごとに若干変わっては来るけど!
 そんなわけでまぁ「食糧が1年分確保されてる」 という安心感が最高にハッピーになれる勢いです。売って金に換えると、周辺地域の罪もないキノコ狩りの男たちが相場の大暴落で死んじゃいそうなんで、消費しましょう(笑)


 そんなわけでキノコ狩り編終了し、次回から新エピソードへ突入するYO! チェケラ!
  ■今日もTRPG部の蔵出し画像

 
 委員長はとにかく絵が多い(笑)
 企画倒れキャンペーンにしては不自然なまでに多い。実に可愛い。

 
 これは幻の「キャラクターズ・オヴ・フローラントⅢ」表紙用のラフだな(笑)
 侍はシアンがリタイアしたから次のキャラ……だったんだが、それなかったことにして、傭兵隊続きやるときはシアン続投してると思います。
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. 巨人サイズの武器を自在に振り回したり>大佐!あったよ!!原作だと「無駄にでかい素振り用の竹刀、毎日振ってて正解だったぜ」という一文が!!!
    やはり作者の中……というかあの世界の物理法則上は、筋トレしていればあれくらい出来るって思っとけばいいのか(笑)
  2. Re:ゼロのパワー >自分は当初は この世界の重力が現実世界より小さくて こっちの世界の人間の筋力が少ないという のび太の宇宙開拓史理論で解釈してましたね。 まぁ 最近は この世界に送った”何者か”が加えた付加価値能力かもと思ってますが。 by ゴンジー
    物語が長丁場だと、宇宙飛行士が急速にしなびてくように、最初だけ強くてどんどん筋力減ってっちゃうんだよな(笑)
  3. 大佐~、「最初のRPGを作った男ゲイリー・ガイギャックス」(https://www.borndigital.co.jp/book/5873.html)なる本が出るそうです。チェック済みかもしれませんが、面白い新刊無いかなと出版社サイトを覗いたら目についたので、一応ご報告。
    ありがとう! たまたま知ってて、この拍手が届く五分くらい前に予約してた! すげー偶然!!
  4. 5>そういえば、菜々さんは2回連続の総合"7"位でスゲェ……となった。
    それは普通に凄いな(笑)
  5. a. JC眼鏡っ娘委員長さんはユニコーンの聖衣を装着してるということは、メイデン(処女)と考えてよろしいのでしょうか!?
    b. >>聖騎士委員長   ユニコーン装備!!つまりおさげ眼鏡っ子ぺたんこ「処女」委員長ということだな!! 守らねば
    間違いなく処女だな!!
  6. >38 シンジ君の初陣みたいにコケるザクがいっぱいいたのですかね、もうそれだけでも予算が飛びそう
    シミュレーターでも苦戦した、とかじゃないかなぁ(笑)
  7. >>17 バトルフィーバーも!? あ、ミスアメリカですか……同一(?)人物枠でいいんだ、あの人……
    全然違うけど一応版権上は(笑)
  8. >2 一番、キツかったのは私(プレイヤー)が想定してロール、ファンブルor失敗でまったく想定した事態を見破れない事。とてもダメなコンピューターRPGの主人公みたいになっていました。
    嘘を見抜く行為がロールプレイだけで処理されるシステムと、技能で判定するシステム、一長一短なんだよな(笑)
  9. 大佐がRe:ゼロを楽しんで見ているなんて原作読んでた人間としてはなんか凄く嬉しい。
    エミリアたんにもっとエロいお願いしたいですハァハァ。
  10. 29>キャンペーン開始しでプレイヤーという悪霊がとりつたとしか思えない展開という事になるのか
    そうそう、そんな感じ(笑)
  11. a. >>22 シナリオ面ではビアンカ推されすぎだって言われてるけど、逆ですよねえ。求婚イベントへ飛び込み参加しトップ独走しといて、副賞の盾だけください娘さん要りませんとか、言えるわけない。
    b. >22 これから主人公が結婚しようって相手の家にも一緒についていくビアンカって実はKYだったんじゃないかと思ってしまうことがある(笑)
    たしかに物凄く気まずいな(笑)
  12. a. 33>ビーム兵器系というか射撃武器は全般宇宙S地上A水中Dないし-(攻撃不可)なんじゃないかね。空気抵抗は勿論水の抵抗って半端ないしね。水中でビーム兵器撃てるのなんてだれかいたっけか?ZZだったかXだったかで威力が高すぎて大幅減衰しながらも一応攻撃できてたような描写あったきはするけど。
    b. >33 むしろロケット弾が大気中だろうと水中だろうと使えるほうが異常なのだろうか?まあ水中発射できる長距離ミサイルなんかはあるんだろうけど、基本水中用の魚雷のようなものと、対空なり対地ミサイルは全然別のものだよね?
    c. 荷電粒子砲は分かりませんが、レーザー砲は実弾よりはるかに減衰しにくいです。大気がプラズマ化するレベルになると、スモークとかチャフとかミラーとか原子でできたものは全てプラズマ化して貫きますので防げません。装甲をプラズマ化して穿孔する出力なので、大気やスモークのプラズマ化に要するエネルギーは微々たるものです。ちなみに、APFSDSと同じ直径・エネルギーのレーザーは大気を10km通過してもほとんど減衰しません。有効射程は戦車砲の数倍になります。
    d. >33 基本的にビームだの荷電粒子砲だのは超熱いから、水が蒸発するんだよ。水を蒸発させる事でエネルギーを大量に失う&水抵抗に加えて高圧の空気抵抗まで発生するので、いわゆる『威力』は落ちるわなー。ぐらい簡単に思っておけばいいんじゃないかな。
    e. 33>水中どころか大気圏内での使用には向かないんだ>Vガンダムでも「大気圏内ではビームはダメか!」的な台詞を吐くひとがいましたね。あと、小説版ガンヘッドでは、水中でレーザーを使うため、太いレーザーの中にレーザーを通すなんてものが出てきたり
    f. >>33 そもそものビーム兵器とはなんぞや?という問題が・・・ 大雑把に言うとビーム=照射なので照射する物によって効果や影響は全然変わるから何ビームかが分からないと答えようがありません。 酒ってどんな味?と聞かれても日本酒かワインかビールかすらも分からないで答えられないようなもの。
    g. >>33 ガンダムなんかのビームライフルとか“射出”するタイプは正確にはビームじゃないんですよね。ガンダムで本来のビームと呼べるものはSEEDのジェネシスといった尻切れで消えないものですね。あとレーザーは光粒子が棒状になったもので、ビームは粒子を照射したものなのでレーザーとビームは別物と言う人が居ますが結果的にレーザーになるのはほぼビームのみ(例外もある)ですね。
    h. 33>水中でビーム発振したらものすごい勢いで水が加熱されて爆発的に気化して大変なことになりそうってずっと思ってるけど実際にはどうなんだろう
    いくぜ決まり手サンダー若僧! ビームは熱さバツグン!!
  13. 41>(全話見たはずなのにそんなやり取りを思い出せない私はやっぱファンとは程遠い存在だった)ところで大佐それ何話でしたっけ?
    13話だったかな!!
  14. 43>大佐の外見も考慮にいれると下手すると一緒に歩いてるところ見られたら通報されるよなとか思ってしまったのでちょっと大佐の住所に向けて土下座しておきます。
    たまたまノア姫の中の人と街を歩いてるところを彼女の高校の知り合いに目撃され「なんか怖そうな人と歩いてたから声をかけられなかった」ってメールが来てたことが(笑)
  15. re:ゼロ アニメ視聴組です。個人的には持てたのは鍛冶場のバカ力で、渡り合えたのは相手が殺しを楽しむタイプだったからだと解釈しています。他の作品だとこの世界に呼んだ存在(7話まで見た限りだと魔女?)がブーストしてくれてると思うところですけれど、どうもそんなことしてくれるほど優しい存在でもなさそうなので
    なんかよくわからんが持ちこたえられてる、とかは「遊ばれてる」って感じでは有るんだよねー。それどころか攻撃当てられちゃってるのが腑に落ちなくて(笑)
  16. >Re:ゼロ 小説三巻までしか読んでおらず、ここまでの範囲では何も明言されていませんが、主人公の戦闘能力と直感がらみに関しちゃどう考えてもおかしいので、何か仕掛けがあると思われます。他の部分の設定がそこそこきちんと詰められてるのに、ここだけ必要以上にがばがばなんですよ。「実は、素で最初からすごく強い」ならそれでもいいのに、そういうわけでもなさそうなあたり(アニメ化済みと思われる範囲内でも、チンピラ相手に結構あっさり殺されそうになってますよね?)
    そうなんだよねー>他はきちんと
  17. a. >19 デクが努力してないっておかしくないでしょうか? 確かに肉体面は鍛えていませんでしたが知能面では難関のヒーロー科に入れる学力で、中学校では学年二位
    b. >19a 大佐も書いてるけど、あくまで「ヒーローになりたいくせして努力してこなかった」のが突っ込まれ要素だったって話で、何もそれに便乗して努力してる時期まで否定しているわけじゃないよ。だから「どれだけ理屈をつけてもそのバッシングは今マジメにやってる奴に野次飛ばす以上の物にはならないような…」と努力してこなかった時期以外を取り上げられても、何か反対意見を過剰に悪く捉えてないかと疑問に思ってしまうね
    c. 19>一応知識面ではずっと研究を続けて来たわけで、にも関わらず肉体面での鍛錬を行って来なかったのはやはり「無個性ではヒーローにはなれない」という思い込みが元なのでしょうか。
    d. >19a 「理屈付けした形なら人の感想に何も言えない」とあるけど、「どれだけ理屈をつけてもそのバッシングは今マジメにやってる奴に野次飛ばす以上の物にはならない」と称してる辺りが、初期の努力してない時期に疑問を持つことにやけに否定的にかかっている気がするぞ? むしろ「ヒーロー目指してたのに努力してなかったあの時っておかしくね?」に過ぎないことに「今マジメにやってる奴にも野次を飛ばしてる」とエスカレートしたレッテル貼り付けてきて「個人の感想に何も言えない」には説得力感じられないかなぁ
    e. >19b 確か元の意見は「中学生だから頑張れないのは仕方ない。中には頑張れるのもいるかもしれないけど、それは頑張れたのが偉いのであって、頑張らなかったからと言って評価を下げるものじゃない」だったかな? 頑張らなかったからと評価を下げることせんでも、どのみち評価の高さは「頑張った奴>頑張らなかった奴」だから、(素行の悪さはともかく)やることやってた奴の方が、何もしなかった奴よりも説得力があるって言いたいんじゃないの?
    f. 19>世界の前提が違うから、基本ヒーローは個性でなるモノ、個性に合わせて必要能力を上げるモノ、な場合、個性が全く無い上に身体も小さく弱い人間が「取りあえず体力作り、何はなくとも筋トレ」に向かわなくても変じゃないと思うな。で、実際データベースになって自分でも目指せる可能性を必死に探ってたわけで、
    g. >19 aです。やや、それは失礼しました、読み違えていた様で。ううん、でも私個人の見解では、そこまで「変な設定」とは思わない感じでしょうか。憧れの夢があったとしても、頑張れず怠惰な日常に流されてしまう人は決して珍しくないので…。それも拍手でも寄せられた「幼少時から打ちのめされてすっかり諦めてしまった状態」なら猶更で、デクくんはそういう点で「前を向く機会を与えられなかった、普通の(だがその裏返しに、己の犠牲を厭わない危険な素養も秘めている)少年」としてデザインされたのだと思います。それが切欠を与えられて今奮起してると。ZEXALに喩えるなら『かっとビング』に出会わないまま成長した、臆病で自信のないifの遊馬、という展開もありましたし。遊馬の場合はかっとビングで明るくなって夢を得ても、何も学ばず何も考えず成長したっぽいのが問題なんですけど(笑)
    a.ああ、これは完全に俺の書き間違えだね! すまん! 直した!
  18. 14 > クロムクロのアレは技術云々以前に、体の大きな男子の体の小さな女子(しかも外見的にも細く弱そうに見えるオマケ付)への油断が最大の敗因なんじゃないでしょうか(状況も戦闘状態じゃありませんでしたし)。同レベルの体格の相手に対して警戒心を持ってる状況の場合、身体レベルの高い(というか単純に凄いパワーなだけで)相手には例え初見であっても、「技」はそう簡単に「完全に」掛からない気がします。なんにしろ、過去の実力者って実戦においての身体能力が凄く高そうなイメージなので、身体技術で対抗せず素直に電気の力もしくは銃火器を使うべきかと(笑)。
    科学の威力だ! 拘束ジーグ!!!
  19. >>44 「チンピラ街を武力で威嚇可能な巨人の爺さん」と真正面から切り結んでも余裕で勝てるバケモノ暗殺者を相手に、不慣れどころか体格だって合わないだろう初見の武器を振り回し、きっちり打ち合い時間稼ぎができる時点で、むちゃくちゃ強いと思われます。
    すでに常人を超えてるよね(笑)
  20. 放蕩TRPG部の委員長可愛い・・・凄く可愛い!!!
    かわいいよなー。このままお蔵入りがもったいないから、そのうちなんかでNPCとして出そう。
  21. ふらいんぐうぃっち…やはり箒に乗ると痛いのか。つまりあのまま乗り続けていると「もうダメ…飛んじゃうっ!!」という事に…。
    箒オナニーエロ同人誌間違いない
  22. 今更ながらスタークジェガンの戦いぶりで思うのは、対サイコミュ戦闘の傾向と対策ってどのくらいやってるんだって事なんですが。現実の戦闘(というかそれこそプロスポーツや将棋でも)「こう来たらこう返せ」的な事やセオリーはどこでも存在してるワケで。ましてや文字通り命がけなわけですし。スタークジェガンはファンネルへの自動ロックを手動で解除して一斉掃射でファンネル駆逐してましたけど、連邦もそういう対処をもっと突き詰めた上でパイロットを錬成すれば、ジェガン2小隊くらいでサイコミュ搭載機を撃墜できやせんかなとか思ったり。ストーリーの関係上難しいとは思いますけども。
    あの時点でもそこまで対ファンネル戦術は一般戦技化されてなくて、あのスターク・ジェガンのパイロットが本人が凄い強いのと、「逆シャアでアムロがファンネル相手にどう戦ってたのか」を間近で見てたから、らしいんだよね。
  23. >>7 ああいういたって真面目に頑張ってるはずの人を、やたらギャグキャラ扱いして笑いものにする風潮あるのはちょっと寂しいですね。元からそういうギャグキャラなら別ですけど、三沢やキングは本来まじめで真摯なキャラだったはずですし。
    いわゆる「なんでもかんでも意識高い系」とかいってバカにしたい人と同じ感じを受けてしまう。
  24. おー、本棚に風雲児たちがある。幕末編27巻かかってどこまで進んでいるのでしょうか。
    西郷隆盛が島流しから戻ってきて、主君を田舎者呼ばわりしたところまでだな(笑)
  25. >34 そうそう、そのポーズです>威嚇するクマ   いちいち「左舷に敵クマー!」とか「魚雷を食らえクマー!」とか言って「がおー」するのがイイ(笑)  一方で龍田は槍のようなものを振り回してその先から砲撃するという謎。元の艦これってキャラは動かないんですよね? そういう面白&萌えカットインは無いんだろうか? by 前34
    一切動かないねー!
  26. ラノベ系なのに原作話題禁止令解除とは珍しい>Reゼロ   アニメ組ですが、「格闘素人の方が力加減が出来ない」と解釈して見てます。殴ったら自分の拳の骨が折れるとか、あの棍棒シーンもリアルタイムで筋繊維がブチブチいってると思う。ファンタジーにおける自宅警備員の唯一の利点とは、ドーパミン全開で常に限界突破(ただし回復魔法が無いと翌日死ぬ)なんじゃないですかね。
    身体ぶっ壊しながら持ち上げたり、力任せに振り回せても、戦闘技術で超人バトルする人と渡り合えちゃってんだよな(笑)
  27. >3 メシマズはもういいからメシウマで個性を出していって欲しいですね。そういえば、幸腹グラフィティってアニメが深夜帯にやってて、リアルタイム視聴すると小腹にクリティカルヒットでしてね
    幸福グラフティは女の子可愛いしエロくて最初好きだったんだが、途中から「……最初のインパクトが薄れると話としては別に……?」みたいな心境になってしまって切なかった。
  28. >委員長の聖衣 セブンセンシズ覚醒でNT-D発動ですね! 相手は車田吹っ飛びで死ぬ。
    可能性の眼鏡っ娘。
  29. >14 知ってる人に古流剣術の先生で外国に指導にいくと試合挑まれて普通に勝ったりする…なんて方はいますが、その人はフィリピン武術から中国拳法、あちこちの戦闘技術を知ってるのでなんの参考にもならない…!まあ一応流派の理念としての極意…剣道でいうところの「先々の先」みたいなのがあれば理論上負けない…ことになってるのですが、まったく未知の戦闘技術に対してそれができるかは、今となっては未知数ですね。現代は良くも悪くも情報があふれていますので…。
    スゲーな先生!!!
  30. >リゼロ 原作知らないから想像だけど、そもそも1話から始まった異世界生活は1回目なのだろうか、という疑問はありますねえ
    身体が覚えていた……!!
  31. 改めて見るとダイの大冒険とか身体能力のチートっぷりがヤバいですね、あれは異世界ワープじゃなく異世界そのものだから「そういう世界なんだな」でオッケーなんですが
    だねぇ。超人バトルする作品なら、異世界だろうが現代だろうが問題無いんだよねー。「現代から異世界に飛んだ」とかだと、その辺の区切りが気になってくるけど。
  32. 丸太の重さを知っていると、あのサイズの木製棍棒を振るえる腕力に戦慄する・・・ていうかアレ構造的に叩いたら根元がヘシ折れるのでは
    実は巨人用にしては妙にグリップが細いよな、とか思っている(笑)
  33. >5 >「解散前に1位にさせてあげたい!」  おいおい、その表現だと、今回で総選挙最後みたいじゃないか(笑) と言うものの、シリーズ代表格における春香・春日というような春を連想させる名前を持つ卯月が1位取ったから、もうやらなくなっても、あまり不思議ではないかもしれん
    流石に終わらんだろうけれど!!(笑) 最後は楓さんが取って終わりそうだ。
  34. 若い頃の経験上、腕立て伏せ300回、指立て伏せ30回2セット、浅い(振動で負荷かける位で肘ほぼ曲げない)指立て200回程度を毎日やるだけでも半年もしない内に指かけ(第一関節前)懸垂や腕力だけの逆上がり位は出来るようになったのでトレーニング次第ではかなりの期待が。棍棒については直心陰流の振棒が、直径4寸、長さ6尺越えで、たしか4貫(材にもよるけどこの大きさだと水より密度小さいので木で十分作成可能、こいつを毎日2000回も準備運動で振るような人も実際居たの)漫画のカット位だとせいぜい6から8キロ、解体用のハンマーと変わんないし、4尺8㎏の鉄棒より短かそうだ。振りにくさは先の重さと長さが大きいので、どっちも素振りした感じからは、この形なら筋トレしてれば、さすがに竹刀や木刀のごとくには無理でも、振り回すだけなら問題無いと思う。
    問題は振り回すだけじゃなくて、超高速の斬撃に反応して(重さを感じさせない動きで)斬り結んでることだな(笑)
  35. 14>そもそも現代の兵隊さんは(特に自衛隊は)CQCより重要な事が一杯あると思うわけだけど。(自衛官が徒手格闘しなきゃいけない場面って戦略的にも戦術的にも詰んでないか?)そんな中で洗練されるのは「最小の訓練で最大の効果をあげる=なるべく多くの隊員が一定の能力を保持する効率」であって「選ばれた人間がかけられるだけの時間をかけて技術の向上のみを追求する高度や強度」とは違うんじゃ無いかと思うん。(武術側からすると1年や2年で何が身につくの、だし、かといって10年、20年かけたら仕事の役には立たんよね?って感じ)、さて、それは置いてもセバスチャンやソフィーはどうみても三船久蔵とか剛三とか佐川幸義辺りに匹敵するとは全く思えない、一方、剣之介のような動きや立ち会い出来る人間は雑伎や京劇ですら見た事無い。多少技があったって力任せでどうにでもなる体力に見える。逆に生身の剣之介がアレだけ出来るなら、それ抑えちゃうソフィーやセバスチャンはジオフレーム乗らない方が強くね?とな。
    とりあえず筋力が非人間的だもんな(笑)
  36. 「ウィザードリィのすべて」に掲載されているHPの概念を周知せねばなるまいて!>これは・・・キュベレイとかジ・OのHPがMSの割に高いのはこの理由なのか!!
    きっとそうさ!!
  37. >>Reゼロ スバルの棍棒術 逆に考えるんだ大佐! ロム爺ってば孫(仮)にキャッキャしちゃう御老人だぜ。つまりあの棍棒は一般人でもギリギリ振り抜けるレベルの重さだったんだよ!(たぶん
    問題は筋力だけではないんだよっ(笑)
  38. HPの概念 別のゲームですけど、「例えば料理していた時に手を滑らして包丁が足元に落ちてきたとする。HPが多い時は避けるなり落下する包丁の柄を掴めるけどHPが低い時はそういう行動が出来ずに足に刺さる。つまり、(このゲームにおける)HPとは集中力や精神的な余裕の事である」という記述を思い出しました
    全部の事例を矛盾なくカヴァーできる理屈じゃないんだけど、一つの指針として優秀なんだよなー。(回復呪文の回復力が割合じゃなくて数値だと、矛盾してしまうから
  39. 44>チンピラをぶっ飛ばすぐらいならともかく、見た感じ数十キロある巨大な棍棒振り回してるから何かしら強化されてるんじゃないかなぁと思う
    実際に何キロ有るかは謎だが、殴打武器として使用してる以上、「あの世界の固くて重い木材」だと思うんだよな(笑)
     
5/25
  ■Re:ゼロから始める異世界生活

 
 最初に宣言しておくと、楽しんで観てます。毎週楽しみです。
 それはそれとして。
 主人公が「自宅警備で筋トレしてたら常人離れした怪力と戦闘センス」なのが、ワンパンマン的「そういった(常識を超えた)天才」なのか、「異世界転移時に与えられた特典的な異能」なのか、「あの世界の常識では、普通に筋トレしてたらあれくらい強くなれる」のか、悩む日々。
 もちろん「強いのはリアルじゃない」とか野暮なことを言いたいわけではなく、「自宅警備員が筋トレしてたから」だけが理由にしちゃ妙に強過ぎなんすよ。
 最初にチンピラ倒したのは、いわゆる「喧嘩慣れしてる人間と、してない人間の境界線」でもある「戦闘行動に恐怖も迷いもない」が「異世界勇者になったと勘違いして吹っ切れてた」ゆえにいい感じで戦えちゃっただけ、とも解釈できちゃう流れだったんで、「特別な力が本当に与えられている」かどうかは微妙だったのね。普通にボコられるパターンもあるしね。

 
 だけどガチでクレイジーな超人バトルできちゃう系女子と戦った際にも、巨人が使う武器を自在に振り回して、劣勢ながらも瞬殺されないレベルで渡り合って防戦一方どころか適度に攻撃も入れられちゃったりで。少なくとも「一般常識のレベル」は逸脱した怪力と戦闘センスが無いと成立しないような描写で。なんせ巨人の棍棒、見た目から推測するに、仮に普通に考えて「木の塊」だっとしたら、「筋トレしてたんで」とか「火事場の馬鹿力」でどうにかなるような重さじゃないわけで。なんらかの格闘技がトップレベルで、身体つきも室伏バリのマッチョガイとかならともかく。
 となると「それにはなんかしら理由があって欲しい」となる。
 ていうかなんの理由もなく強いと「自宅警備員だが異世界では(現実では活かせなかった)才能を活かして活躍」ではなく「現実でも超人的に強いんだがそれを特に活用することなく自宅警備員してた主人公が異世界転移して活躍」と、作品の性格が変わってくる(=見方も変わる)のよな(笑)
 いや「理由が欲しい」だと語弊があるな。
 観てる自分の心構え的な意味で「なんで強いのか」を念頭に置けたら心置きなく楽しめるんだよな、というお話。ぶっちゃけ「特に理由はない。異世界ラノベの主人公が主人公補正で強いのは当たり前」でも問題無いし、「作者的には筋トレしてればこれくらい出来ると本気で思ってる」でもぜーんぜん問題無い。「よくわらかん」のがちょっとだけ困るだけで(わからんでも楽しいけどね)。
 ってーわけでアニメ視聴組の皆の「自分はこう解釈してる!」も聞きたいし、これに限って原作話題禁止令解除で、原作組の皆の「これから先でちゃんと説明されます」や「今後も説明されません」や「アニメでは端折られましたが、こんな描写があったんで、自分はこうだと解釈してます」なんて情報を募集したい!

 
 とどのつまりなにが言いたいかというと、エミリアたん可愛いから最初にハートキャッチされたようなもんだし、ベティも好みだウヒョッヒーってことだな!!
  放蕩TRPG部のもう俺もよく覚えてない蔵出し画像編

 
 なんか新規キャンペーン始めようとして、1度くらいプレイしたあと沙汰止みになった……はずの絵。
 最早半分くらい「このキャラのプレイヤーが誰か思い出せない」という酷い状態である(笑)
 現代日本人の中学生の眼鏡っ娘委員長が何故かフローラント大陸に転移して……みたいなのを、今の異世界ブームが起きる前にやろうとしてた記憶はある。
 彼女にはキャラたちに明かされていない秘密が存在しつつも、同時に破邪神の加護を強く受けた存在でもあったので。

 
 なんかこんな感じではわわってるところをアフロに拾われ、町の教会で「おお、神の加護を受けし者よ!」と、聖騎士になって冒険に出るっつー話……だったはず。
 漫画まであったりとか、やたら気合を入れてスタートしてた模様……だな……(おぼろげ
 1枚目の画像はそんな彼女の護衛に志願した地元で英才を知られる若者達だったのだが。

 
 委員長が聖騎士になるために1年の修業を積んだ結果、冒険開始時にはこんな外見に……(笑)
 たしか委員長が持ってた少年漫画雑誌に載ってる絵から影響を受けた、とかそんな理由で。聖女様が持ってたんだから、破邪神の聖典に違いないって勘違いしてるんだよな。たしか。
 七三眼鏡がスキンヘッド番長、さらさらロングヘアーイケメンがリーゼント番長て!!

 
 ちなみにレイアウトの元ネタはこれである。
 バクシンガーと違ってアフロが主役ではない。

 
 ちなみに彼はクレリックだ。
 スキンヘッドの方は……たしかウィザードだな(笑)

 
 委員長はこの世界に転移した時から何故か魔法の箱背負ってて、コマンドワードで瞬間装着するって設定もあった気がする。単なる防具じゃなくて、これで身体能力が強化される。

 
 これ、なんで半裸になってんだろ(笑)
 とりあえず初起動時にこんな感じになって、ハートキャッチプリキュアした……みたいな流れなのか。
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. a. >>38 そして当時の担当に鈴木さんなど存在しなかったというオチまで含めての都市伝説、実際はD.Sに対応してS(uzuki).D(ogezaemon)だったらしいですね。
    b. 38>担当の鈴木さんがホビージャパンに出向いて土下座 あれ?当時の版権はTSR新和じゃなかったでしたっけ?当時、「版権管理厳しすぎるんじゃないのん~?」って思った覚えありますなあ。
    結局確かな情報が謎なんだよねー。アレでダメなら99%D&Dなファイナルファンタジー1なんてどうなるんだよってなるし(笑)
  2. >>6 SWで遊んだ時に「依頼人が実は悪人」のシナリオでPLの出自が偶然に盗賊×4+草原妖精になった時は全員がノリノリで酷かった、誰ひとり最初から依頼人を信用していない(俺たちみたいなパーティーに依頼して来るとか絶対裏があるぜ!)なネタプレイをしていたら本当に依頼人が裏切って…準備万端過ぎて困ったのはGMだけだったという(最後はGMもノリノリでしたが)。
    頼れる仲間は~皆目が擦れてる~!!
  3. >23  作品云々ではないですが変わったといえば自分はメシマズネタですかね。子供の頃は笑ってたかそこまで意識せずスルーしてましたが、大人になって自炊しだしてからは調味料の加減や焼き加減ミスるぐらいはまだしも、それ以上(クリーチャー化毒物化)は笑えなくなるどころか不愉快に思えてきて。それの流れでエロ漫画でも食ザーネタは萎えたり。
    メシマズと理不尽暴力ヒロイン(正直コレはどっちも同じような存在だと思ってる)は、「元々面白いとは思ってなかったが、それに加えて飽きた」から「ていうか性格悪いよこいつ」に(笑)
  4. a. 54>現代日本にもアイドルなのに一次産業全般のプロなTOKIOがいるから
    b. >54 ワルキューレは「戦術音楽ユニット」なので民間企業所属では有りますが普通に特殊部隊ですよ。ヴァール症候群を鎮圧するために結成されてますし。
    c. 54> 作中でも戦術音楽ユニットであってアイドルグループとは呼ばれてない筈、多分。特殊部隊というのも間違いではないかと、鎮圧が主目的であって芸能が最優先ではない筈ですし
    d. 54>彼女らは「戦術音楽ユニット」ですからねー。最初から軍事活動を前提に結成されてるのでポジション的にはファイヤーボンバーよりむしろジャミングバーズに近い。
    取り敢えず俺はマクロス好きな人はAKB0048も観て欲しいと常々訴えていきたい。下手な「戦争風アニメ」よりよっぽどガチで凄いぞ。ヒロインがテロリストになることの重さとかちゃんと描写したりで。そして夢に努力する女の子たちの姿も魅力的だ。
  5. a. >15a 最低が15位のウサミンの菜々はともかく、みくはそこまで安定してた印象ないかなぁ。アニメ始まった後の4回目・5回目は2位と8位とかなり上位だけども、それまでは28位・33位・22位と4回目・5回目と比べちゃうと低めだし、1回目に至っては圏内が30位までだからギリギリな上に、途中経過じゃ当時声付きの10人(凛・杏・かな子・楓・莉嘉・蘭子・みく・きらり・美嘉・卯月)の中で唯一の圏外と微妙にネタにされてた覚えがあるせいか。もっとも、結果ではちゃんと圏内皆勤だから「安定してる」と言われても違和感があるわけではないし、個人的には「言うほどじゃないかな」程度だけども
    b. >15a キュートは今回卯月がそうなるまで、誰も1位になることなかったから「今回こそは」ってのもあったんじゃないかと思う。元々の人気に加えて
    「解散前に1位にさせてあげたい!」っていう、キャンディーズのようだな(笑)
  6. >22 幸子や智絵里とか他にもそう言えるアイドルいるけど、特に推さなくても上位取れちゃうアイドルの筆頭だしなぁ。むしろ「ほっといてもどうせ上位だろうし、他のアイドル推そう」になっちゃってそうで、逆に1位じゃないのに納得してしまっている(笑) 1位は何かしら推されてること多いし
    テニプリの跡部の「推しキャラに投票はするけど、それはそれとして跡部様にも納税投票しないと」って存在が得意過ぎる(笑)
  7. >20 ふと思ったけど、大佐って何というか公式で弄られ要素持ってるキャラを好きになること結構ある気がしてきた。モバマスじゃ幸子に思いのほか食いついてたし、遊戯王シリーズもジャックとか三沢がトップクラスだしで
    たしかになー(笑) 「本人は真面目に頑張ってるのだが、周囲からしたら滑稽」って存在の「その真面目に頑張る精神性」に惹かれるのかもしれない。まぁでも斉木楠雄の海藤瞬はいわゆる「狙ってる痛いキャラ」だから、今度のアニメ化でどんだけ弄られてても「さすがにしょうがない」と思うかも(笑) 俺はそんな海藤の「小さな子供の前ではキャラを演じることをやめて、真面目に助けようとする姿」や「どんなにヤバくてもクラスメートや仲間を見捨てない姿」に惹かれるわけだが。それはまぁ「痛い姿あってこそ映えてる」ではあるしな!
  8. >7 対潜用の短魚雷だからあまり威力も期待できませんしね。対艦ミサイルはダメコンの上手い下手で生き残るか沈むからなのか、最近は「つめるけど、あえて載せてない」と言う艦も多いので、昨今の海軍は水上艦との戦闘ってあまり考えてない気がします
    最強の敵は空と水面下だもんなー。
  9. UC>尺の都合とはいえ前回のおさらいが毎度長いわ~  バナージが「でも!…」と言い出すたびにイラっとするわ~(笑)
    その度にダグザさんに論破されるのがちょっと楽しい(笑)
  10. 「ハイスコアガール」連載復活、待望の6巻が7/25に。しかし1~5巻も加筆つきの改装版が出るようで、買いなおしか……。
    SNKが存在しない世界線に修正されるとかTwitterで流れてたけど、マジなのか(笑)(マジで横目で見ただけなんで鵜呑みにしないでね
  11. 大佐、春イベクリアおめでとうございます。こちらもなんとか本日全甲クリアなりました……資材は壊滅的なことになりましたが。自分は回数でこじ開ける方に進みましたが(熟練度付けも剥がされることがままあるので)やっぱり今回みたいなマップは時間かかってでもフルコンディションが正解なんでしょうかね。
    可能な限りのベストを尽くして、それでもダメなら改めて愚痴ろう、くらいの心境だっただけともいう(笑)
  12. 全部キャラ名表記に変更しました>マジで!?凄いぜ!!さて読み直すか(ゴゴゴゴ
    そして傭兵隊初期メンバーなのにいつの間にか消えたサムライの謎(えー
  13. 11b>マウスの主砲並みの大砲が2つ並んでるんだぜ!? って思うと水上艦やっぱすごいなぁ
    まさに機動要塞
  14. 56>400年前のサムライに初見で現代のCQCを完璧に捌けというのは酷な話な気がする…
    ゲートの時にも話題になったんだけど、「女性自衛官が近接戦闘でファンタジー世界の人間相手に無双するのはおかしい」っていう。これに対する異論が「現代の戦争技術のほうが洗練されてるから、過去の戦士や騎士より強いはず」で、実際の自衛官曰くは「ハルバートやフレイルとかそんなの持ってる敵相手の戦闘訓練なんてしないから、無理。教えられる人間もいない」と。実際に戦ったらどうなるかなんて確証はないけど「最新の技術は過去のすべてを網羅しているわけじゃなく、現代存在するものにだけ対応している」って考えは、的外れじゃないと思うのね。そういった意味では「戦国時代の超実戦型古武術+超人的身体能力」は、やっぱり凄く強いんじゃないかなーってイメージに(笑)
  15. 64>上半身だけ見ればスクミズ焼けのように見えるけど、全身見るとちょっと間の抜けたノースリーブ短パン焼けなのに、ビキニをつけることであんなにもエロく見えるなんて。それまで双葉をエロ目線でなんて見てなかったのに日焼け跡の魔力すごい
    他のキャラのも見たかった!
  16. 51>なるほどなるほど……って、今かーい!(お約束) つまり謎なんですね……(遠い目) 回答ありがとう。おのれイギリス(ぁ)
    詳しい人にあったら聞いてみるよ(笑)
  17. a. 60 東映版すら内包し50人以上の平行世界のスパイダーマンが登場 > どなたが思いついたお話しなのか知りませんが、きっとものすごく懐の広い人に違いない
    b. 60>コミックボンボンの「スパイダーマンJ」すら網羅しているのに慄いた。あれも地味に入手困難だから復刊 or 電子化してくれないものか…。
    a.マーベルは様々なパラレルワールド作品に世界線の番号が振られてて、東映スパイダーマンは当然だし、バトルフィーバーJやマブカプの世界にも番号あるんだぜ。
  18. a. 17. Win10 …私の主機では、2015年8月時点では日本語入力ソフトとFlashの動作がダメで、Win7に戻しました。2016年1月に試すと大丈夫だったので、時計表示やカレンダーをWin7用からWin10用に変えたくらいで、それからずっとWin10ですね。 by エルドラン総受け
    b. 17>自分は一部のエロゲが動作しなくなった程度ですね。>Win10 まあ、職業的にそれなりに心得がありますので、その程度でヘイト撒き散らすようなことはしませんが。
    c. win10で不具合が困るから直ぐには変えられないのは どちらかといえば株や金融関連の取引をPCでやってる人と、会社備え付けのPCだと思う。取引先が未対応だと目も当てられない。
    d. 17 > 自分もWin7からWin10移行を終えました。不具合というよりインターフェース関連の不満を多くてなかなか完全移行できなかったのですが、フリーウエアでほぼそういうのを潰せた(操作性や視認性をほぼほぼWin7にしただけですが)ので現状満足度80%といったところです。後は標準でAeroGlassさえ使えるようになればな~。
    e. >>17 自分の所のWin10にした場合の不具合はWin10がWin10であることが不具合。という場合もあるのです。色々ありますが致命的というか対応が大変なのは視覚障害用PCですね、専用ソフトは100%といっていい確率で対応してないので動かない。音声読み上げソフトが使用不能になった新OSのパソコンは視覚障害ユーザーが自力で元に戻すとかは元の職業がSE系だったとしてもしんどく、つまり「勝手にインストールされた」は「勝手にパソコンが漬物石になった」のとおなじという感じ。音声読み上げソフトは標準であるとか言う話じゃなく、見知らぬ土地、言語も通じない、土地勘も無い地で、辞書だけ持って地図も無しでスタートするのと専属現地ガイドが居るくらい違う。専用ソフトがあれば画面見なくても十分パソコンは使えます、まあ、イラストは視れませんがね当然ながら。
    f. >>17 世間の評判の元は大事なソフトが対応してねーんだ、勝手にアプデすんな!勝手にアプデすんな!古い方じゃないと困るんだ! というのが主でしょうから、あの強引なアップデートさえなければここまでひどく言われてなかったんじゃないでしょうか
    g. >>17 仕事で多数のWindows7をアップグレードしてますが、明らかにハードウェアが対応してないくらい古いとか、特殊なソフトを入れている、といった類を除いて進めているせいか、致命的な問題は発生していませんね。ただ一般ユーザーの場合、使用している機器やプログラムが大丈夫かどうかを調べる事も難しい可能性があるので、一概にアップグレードしなさい、とも言えません。…こういった話を色々と聞かれる側の人間なので、自分が使用している環境くらいは把握していてほしい、というのが本音ではありますけど(苦笑
    f.あー、いや自分が8.1導入した時にも同じように叩かれまくってたんで「え、実際に導入したけど凄い快適」だったなぁっていう。もちろん「不具合でないのが当然」とか言うつもりも全然無いけどね(笑) 事実として不具合は存在する(主に互換性で)けど、それに困る人がこんなにいるんだなぁって思うくらいには、自分が使った感覚とのギャップが。
  19. a. >30 まあこれに関しては「これまで頑張れてなかったデクくんだけど、具体的な手段と目標のお陰で今は普通に努力している」でいいんじゃないでしょうか。鍛えてなかったけど誰に迷惑掛けたわけでも、かっちゃんみたいに不良やってたわけでもないんですから。ケジメつけるような過去がない(強いて言えばこれから才能溢れる雄英生徒たちに必死に食らいついてかなきゃならないのが、努力しなかったケジメ)以上、どれだけ理屈をつけてもそのバッシングは今マジメにやってる奴に野次飛ばす以上の物にはならないような…(勿論、「今日まで怠けてた奴がタナボタ的に手に入れた力でヒーローを目指し始めた。ご都合主義だしそんなスタートではこの漫画を楽しめない」という評価を具体的に理屈付けした形なら、個人の感想に何も言えませんが…)
    b. >30a それに関しては複数前の拍手で、「鍛えて頑張れた奴は偉いが、だからと言って出来ない奴がダメなワケではない」と、意見を述べた方が仰られていたような
    c. 30> 皆さんのコメントを見てると、ヒロアカは初期設定をミスっちゃったんだな~と。緑屋少年の初期設定としては、「ヒーローになれる可能性は殆ど無いけど、それでもあきらめず体だけは超鍛えてるキャラ」か「ヒーローになれる可能性が無いのが分かった時点から徐々にあきらめモードの人生を暮らしてきた(ただし、心の奥にまだ秘めてるものはある)キャラ」の何れかであれば問題は無かったような。
    d. 初期のデクの話題でいつも思うけど努力してなかったことじゃなくて、挫折を自覚してるのに現実逃避してる所なんじゃないだろうか。だからこそ現在のノーブレーキ状態なんでしょうが
    a.最初の話題だと「あんだけヒーローに憧れてたのに、体鍛える努力してなかったのっておかしいよねー」みたいなのだったんで、別に今の努力を否定したいわけではなかったんだよね(笑) 「子供の頃からデュエルチャンピオンになるのが夢だった! けれどちゃんとした努力なんて一切してきませんでした! 当然今も弱いです!」ってキャラは「変な設定だ」って感じの。
  20. a. >5 今見返してみるとモンシアとビーチャとモンドの不快感がパないですね…否、これもう不快感とかいうレベル越えてるますね、子供の頃はなんで普通に見れてたんだろう
    b. >ビーチャとモンド リメイク版では敵に捕まってカプセルに入れられ、ジュドーの目の前でカプセルを割られるとかどうでしょう。ジュドーはハイパー化、敵は死ぬ。
    c. >>5 リメイクZでロザミィがただの敵の1パイロットでおわったりしてますし、エル以外のメンバーはジュドーの友人ってだけですぐフェードアウトしていきそう
    d. >5 ガンダムAで連載してる外伝漫画(時代的にはユニコーンちょい手前?)に大人になったビーチャとエルが出てきた時はビビった。しかしモンドはともかく、イーノはどこいった?
    e. ZZは、小説版読むとビーチャ艦長もあれはあれでありな気がしてた。アニメ見返すと「なんでそうなるんだよ」って思うけど。
    グーグルの検索候補が「ビーチャ モンド」「ビーチャ クズ」「ビーチャ モンド クズ」とかあった(笑)
  21. E-7甲クリアおめでとうございます、自分も続きたいものです。トドメが霧島さんなあたりが流石というか(笑) レア艦堀はホント資源が飛んでいく……未だRomaに会えない提督です
    本当の地獄はこれからだ過ぎなんだよね(笑)
  22. a. 俺も1週目は好みの問題でフローラだったな。子供の髪の色はビアンカの方が当たりだけど
    b. 俺が子供の頃にフローラ選んだ時の理由なんて>私めは兄が選んでいた理由でフローラですよ!!
    c. 初回プレイでフローラ選んだ理由・・・いくら良いと言われても当初の条件を違えて無料で天空の盾を貰うのは気分的に無理だった
    三つ編みよりストレートロングが好みだったんだ……!!
  23. 25>個人的にアニメ版ユニコーンで1、2を争うくらい好きなシーンが4巻のシャンブロ戦でユニコーンがガンダムに変身した瞬間にモニターしていた連邦軍司令部でざわめきが起こるシーン。ああいうのを見るとやはり「ガンダム」というのは特別な存在なのだと感じ入ります。
    シャンブロはタケコプターで浮かせてるのが「やっぱりファンネルは大気圏内じゃあまり都合が良くないんだ!」って嬉しくなった(笑)
  24. >久々にガンソを観返している俺がいた。   ガンソは双子戦が好きですねー。子供故の色々とどうしようもなさが何とも… その話の前辺りにあった水着王国は違う意味で酷かった!
    ロバ
  25. >ノア姫の中の人のポーズ  バルキリーを手のひらで遠隔操作してるやつだね!?
    バルキリーとは関係無いんだけど、ノア姫の中の人、最近押井作品にハマったそうで「天使のたまご大好き!!」とか凄い豪の者になってた(笑)
  26. >TRPG部員募集した時 過去に募集されてたんですね。もっぱら遊戯王の方で募集されてると思ってました。今あれば参加したかったなと思いつつ新たな冒険を楽しみにしています。 by ひのき
    もう10年前のことなんで、まだその頃は遊戯王してなかったね(笑)
  27. 艦これ春イベクリアおめでとうございます。流石はできる眼鏡っ娘霧島さんですね。 by 忠義の名前
    美味しいぜ霧島さん!!!(ふんすふんす
  28. 効果音だけで >作家毎のキャラが驚いた時の反応の違い 『ゲェー!?』『げぇっ』
    ゆでたまごと横山光輝だっ!!
  29. a. >36 マジですか!? 理知的な印象だったのに! でもそれはそれで流石の魅力度といったところか
    b. 「シアンのキャンペーン開始前の姿」……って、えぇ!? これが!? あの!?
    魅力度高いんで、設定上は領民からも慕われていたはずなんだが、それをプレイでぶち壊してしまったという(笑)
  30. ガルパン4DXマシマシ版、大佐はもうご覧になりました?
    観てないなー。昨日は遊戯王の大喝采上映行ってたよ。
  31. 突然アニメ出演で声がついたキャラは凄いサプライズ>そりゃあもう、狂喜乱舞でしたね。2話はアニメ新規の人には説明回やらキャラ紹介回でしたが、Pにとってはいきなりのサプライズ回でしたからね!千枝ちゃんと春菜が喋ったことは全P達が驚きの声を上げたとか
    「眼鏡好きの娘が出てる!!」とは思ったが「声が付いてるスゲー」じゃなかったもんなぁ、オレ(笑)
  32. > 5 個人的に、ZZは最初の放映時が一番視聴がツラかったですね~。Zもあまり好みでは無いのですが、ZZは初期がどうにもキツくて。後半は割と好きなのですが、ハマーンと「ジュドー」でお話の決着をつけるのがまたなんともノレなくて(泣)。ZZのイイ部分を注出して、後は大幅改訂を施した「新訳ZZ」やって欲しいですね~。
    新約ZとUCを無理矢理繋げる新約ZZ作って欲しい(笑)
  33. SF作品に出てくるビーム兵器ってだいたいが水に弱いイメージがあるんですけどあれってどういう理屈なんですか?実はそもそもSFのビーム兵器の理屈自体よく分かってなかったりするのですけれども
    実はビーム兵器どころか実弾兵器も水に弱いんです。大気よりも遥かに抵抗が強いんで、ライフル弾なんか撃ちこんだら自壊しちゃうくらいに。ビームの種類によるけれど、例えば荷電粒子ビーム(つまり荷電した粒子を超絶凄まじい勢いで放出する)を水中でぶっ放したら、物理的に水にぶつかって物凄い勢いで減衰しちゃうんですね。装甲を粉砕するはずのエネルギーが水を押しのけるのに使われちゃう。実は大気中でも空気でやっぱり減衰しまくってるんで、水中どころか大気圏内での使用には向かないんだ。宇宙だとそういった「邪魔な障害物」は少ないんだけど、宇宙空間を漂う他の荷電粒子の干渉を受けて曲がっちゃうから、直進させるのが大変だったりするけど。……と、大雑把に解説したけど詳しい人に添削してもらわないと不安なんでまだ信じないで、これ読んだオナネット仲間の添削待ちだ(笑)
  34. ここだけの話、球磨がかわいいんだクマー。正直に言うと元絵はあまり好きなタイプではないんだけど、アーケードで3Dになった球磨は顔や髪のバランスが非常にグッド! 攻撃する度に「クマー!」って言いながら『がおーのポーズ(謎)』するのにやられた(笑)  あと暁の「お子様言うなー!」も可愛い。
    威嚇するクマのポーズをとるのか!
  35. 大佐は桃好き? クレーム ド ペシェをコンビニのもも水で割ったらすげぇうまかったですよ。 by はわわ URL
    カクテルに手を出すことになるのか俺は!!
  36. a. >デク 多分この場合とは違うんだろうけど、蔑称としてのミッキーをキャラクターにすることで蔑称ではないものとして定着させた、みたいな話を思い出した。
    b. >27a 本人の実力や意識の成長次第で変わりようがあるのにプロになっても同じ名前だった時のことまで考えても仕方ないような。まあ本編で描かれていないことを想像するのは別に悪くないんですが
    a.出久が「今はただの悪口だけど、これをヒーローの代名詞にしてみせる!!」とか言ってたら、まだマシだったかも!
  37. >28 ・・・ま、まあ彼も顔はイケメンだし?運動能力もすばらしいし?とっさの機転、判断力だっていいときはいいし?・・・あとまあゲーマーモードのときはある意味冷徹なんじゃない?
    Re:ゼロもそうだが、同じくヒキニート……どころか筋トレすらしてなかったSAKAMOTOの身体能力の高さは超人的だよな(笑)
  38. >42 統合整備計画の設定のおかげで、それまでは(整備計画が必要なくらいには)操縦系統なども統合されていなかった設定がありますしねぇ。まあ「映像優先の法則」からすると、コクピット内設定が同じならあんま変わらないかも?とも解釈できるかもしれませんが。
    「新兵ではザクを歩かせることも困難だったから、ホバー移動のドムは歓迎された」とか、どんだけマニュアル操作だったんだよってなる(笑)
  39. 知らん間にEAT-MANの新シリーズが始まっててびっくりしました。
    ふーたりばーにんぶるぅぅぅぅぅぅ!!がとても好き。
  40. ライガットは何度か命令違反で上手くいく事もありますが、基本失敗して味方に迷惑かけてますし 弟は助けられたけどジルグ失ったことで軽くトラウマ入ってるみたいですね 自分の部下の命令違反にも強く言えてないんでそのうち痛いしっぺ返しがきそうです ゼスが最初に攻めてきた時と逆にゼスを生かしたせいで部下を失っててきな・・・
    ほんとねー。なんかありそうよねー。
  41. ゼーガのイラスト、改めて見るとカミナギのスカート短いな、とか変な感慨を覚えますね。
    「エロいな」って言ったら「ありがと♪」って返してくる清純系ヒロインとか最高だった。
  42. a. >9 まず。モラルがあるなら犯罪行為になるような放火ではなく法の範囲内で火をつける、といってたのは英語版デザイナー(というかルール担当)ですので、日本語版の記述がひどい、という話は「そうですね」で私も別に異論ありません。で、-5CPの特徴を設定だけで無効化するなんて話は私もしてませんよ。「CP払ってないんだからゲーム進行に与える影響は一切全くなし」という話があったので、そういう、いわばCP至上主義で裁定するGMなら、同様に「5CPしか貰ってないんだから5CPに見合ったペナルティ」となるようにGMは裁定すると期待(信頼)していいんじゃないの、という事です。私がそう裁定するって話じゃありませんし、ガープスの標準的な裁定方針だとも思ってませんよ。
    b. >9 続き ちなみに、放火魔の話から離れますが、0CPだからゲームに影響を与えない、という部分を「私は」どう裁定するかの話をすると、基本的には当然と思います。とはいえ、「基本的には」であって、実際のセッションではもっとファジーに判断してますし、ガープスは「すべて選択ルール」の精神で厳密に裁定する時としない時とをメリハリつけてプレイした方が楽しいと思ってやってます。
    確かに「同じ-5CPなのに、これ重過ぎだろ!」ってやつを「重過ぎるんで、別にそこまで執拗に歪んだ性格ロールしなくていいよ。他の-5CP程度の歪みでいいよ」って処理するのは妥当だよなー。逆に「正直者と同じくらい、他の-CP特徴も致命的に作用する」とか言われたら、もう無理過ぎる(笑)
  43. >49 相手が18歳以下と知っていながら淫らな行為に及んでいたのか…!(誤解を招く表現
    隙あらばセクハラしてたから、大分教育に悪かったろうな!!(よく今も付き合いがあるな
  44. Re:ゼロの主人公あれ、強かったけ?原作だと腹きられたり食われたり粉砕され過ぎて腕力とか魔力とか駄目駄目だったような・・・頭以外は
    相手が悪過ぎるだけで、客観的に観てやってることは凄い(笑)
     
       
       
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サイト内検索っぽいモノ