HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
同人委託情報
  

とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス booth
 
読了本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!





日記ログ
■2019/08a
■2019/07b
■2019/07a
■2019/06b
■2019/06a
■2019/05b
■2019/05a
■2019/04b
■2019/04a
■2019/03a
■2019/02b
■2019/02a
■2019/01a
■2018/12a
■2018/11a
■2018/10b
■2018/10a
■2018/09b
■2018/09a
■2018/08b
■2018/08a
■2018/07b
■2018/07a
■2018/06b
■2018/06a
■2018/05b
■2018/05a
■2018/04b
■2018/04a
■2018/03b
■2018/03a
■2018/02b
■2018/02a
■2018/01
■2017/12b
■2017/12a
■2017/11b
■2017/11a
■2017/10b
■2017/10a
■2017/09b
■2017/09a
■2017/08b
■2017/08a
■2017/07b
■2017/07a
■2017/06b
■2017/06a
■2017/05b
■2017/05a
■2017/04
■2017/03b
■2017/03a
■2017/02b
■2017/02a
■2017/01b
■2017/01a
■2016/12b
■2016/12a
■2016/11b
■2016/11a
■2016/10b
■2016/10a
■2016/09a
■2016/08b
■2016/08a
■2016/07b
■2016/07a
■2016/06b
■2016/06a
■2016/05a
■2016/04a
■2016/03b
■2016/03a
■2016/02b
■2016/02a
■2016/01a
■2015/12a
■2015/11b
■2015/11a
■2015/10b
■2015/10a
■2015/09b
■2015/09a
■2015/08
■2015/07a
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

8/21
ゴブリンスレイヤー #5

 
 TRPGネタ解説ですが、ゴブリンスレイヤーTRPGのことではありません。D&Dと関連付けて勝手に語るだけです。そしてワダツミが何の説明もなく「D&D」って書いた場合、3.5版かそれ以前のことです。たまに4版や5版の話もしますが、そのときは注釈します。多分、気がつけば。他のTRPGの場合は、流石にそのことを書くはずです。きっと。恐らく。
 あと「D&Dでこうだからゴブリンスレイヤーの描写はおかしい」という意図は一切無いので誤解して怒り出さないようにね!!


 
 D&Dは3版でPCとモンスターのシステムデータ上の垣根が取り外され、共通のフォーマットでデータが成立していることは以前にも書いたわけですが。成長の仕方に関してだけは一つ大きな違いが存在し、モンスターの多くは成長するとサイズも大きくなる。ドラゴンが成長するとどんどんデカくなってく様に、パープル・ワームだってアンバー・ハルクだってアボレスだって~みんなみんな生きているんだ巨大化す~る~ぞ~。
 もちろん例外は存在し、プレイヤーキャラクター用種族の様にどんだけ経験値貯めようがサイズは固定というのも存在する。人型種族の多くがそれに該当し、既に成体に達した人間がどんだけ身体を鍛えてゴリマッチョになろうと、体積はともかく身長は大きく変わらないように、ゴブリン、コボルト、オーク、ジャイアントなんて有名所もそうで、割と「人型モンスターは大体そう」とまで言い切るには例外が多いけど、まぁかなりそうだよねっていう微妙なラインである。あとアンデッドはあんまサイズアップしない。
 というわけでD&D的にはレベル10ファイターのゴブリンだろうとサイズはあくまで小型だったりするのだが、このチャンピオンさんは大型サイズはありますな。やはりこの世界のゴブリンは強い。

 
 ちゃんと装備を固めた格上の冒険者に対し、雑魚モンスターの群れはどんだけ手数が多かろうとろくに攻撃が当たらないのが現実である。
 例えばD&Dのゴブリンは近接攻撃ボーナスが+2。レベル1の雑魚傭兵と同等であるが、非力故にダメージは2/3程度。
 これに5レベルのファイター(PC)が立ちはだかったとして、そのアーマークラスはプレートアーマー(+8)、シールド(+1)、敏捷度ボーナス(+1)だけで20に達し、そこにレベル相応の+1クラスのマジックアイテムや1レベルの防御呪文が加わるだけでゴブリンはもう出目20の自動命中でしか当たらなくなるし、たまに当たってもカスダメージ。
 こうなると数の優位もへったくれもなく鏖殺されるのを待つのみになってしまう中で行われるのが、「組み付き攻撃」である。
 組み付き判定は装甲防御を無視した「接触命中判定」を行った上で、「組み付き対抗ロール」を行うことになるのだが、なんせアーマークラスが半分になるもんだから命中率は5%から40%前後に跳ね上がり、組み付き対抗ロールは「体格差」と「技量差」が存在するので大幅に不利にしたってD20という振れ幅の大きな乱数を使用する以上、5%の命中率でかすり傷負わせることに期待するよりはだいぶマシ。一度組み付かれてしまうと、軽い武器しか使えなくなる上に、2体目からさらに組み付かれる確率も上がるというデススパイラルに突入するので、数の優位が活きて来る……って寸法。無論あくまで「5%でしょぼいダメージ与える」ことと比べたらマシって程度の話で、「これをやれば順当に冒険者は押し負ける」なんてことはこれっぽっちもないのだけれど(笑)

 
 前も書いたけど、ゴブリンスレイヤー世界のゴブリンの士気の高さは尋常じゃなくて。
「ボスが戦う気を失わない限り、どんだけ味方に犠牲が出ようが刺し違え上等な特攻を繰り返し続ける」なんて勇猛果敢さは、モンスターデータの戦闘指針に特記されて然るべきレベルの強力な特殊能力。「弱いが自分が死ぬことを一切躊躇せずに数の暴力で襲いかかる」のは知性を持たないモンスターの専売特許であるからして。

 
 今までもしばしば言及してるけど、「回復呪文は物語を展開する上でとても邪魔」問題(笑)
 回復呪文で大怪我バシバシ治せる世界では「古傷」「隻眼」「隻腕」といったお約束の歴戦のツワモノ感は「本人がわざとそうしている」限り無理になってしまうというキャラクター設定上の「お約束殺し」だし、ストーリー上も消耗させるために邪魔なもんで「仙豆はもうこれしか無い」状態にするほうが楽なケースが多い。
 かくいう自分もTRPG部で使用しているオリジナル世界では「蘇生呪文は存在しない」設定で、それでもプレイ上は蘇生呪文使っていいよという、無理のあるダブルスタンダード状態。なにせ冒険者にしてみれば一番安い「レイズ・デッド(完全な状態の死体が必要)」の呪文の必要経費で約5000かかるのすらたまったもんじゃない大出費で、リザレクション(死体の一部が必要)の約10000、トゥルー・リザレクション(何もなくても蘇生可能)の約50000なんて言うまでもないのだが。なんらかの組織と敵対して幹部をようやく殺したと思ったら、「組織規模的には特に無理ではない」ってことでさらっと復活されてちゃったら困るだろうしなーという(笑)

 ただこういった方針が打ち出されたのはだいぶ昔であり、今の認識としては、蘇生を妨害する様々な手段は(半殺しにした上で主観的な時間停止状態で封印、肉体を滅ぼした上で魂を封印する等)存在するので、少なくとも死体を完全に始末すればリザレクションまでは防げるし、トゥルー・リザレクションは流石にそう簡単に使えるもんじゃなくて、これが可能な組織と戦うくらいなら、魂封印くらい出来ていいでしょうって意味で、世界設定的な蘇生解禁をするつもりではある。ダブルスタンダード状態はどうしてもロールプレイ上邪魔だったのだ( ・`ω・´)

 
 精密機器で「一箇所だけ壊れてるように見えて、実はフレーム全体が歪んでる」とかそういったわけでもなく、単純に破損箇所の鎖だけ繋ぎ直せば修理出来るチェインメイルで「買い替えたほうが安い損傷」ってどんなんだろう、と思ってしまった(笑)
 それともこれは「駆け出し相手にボッタクろうとしているシーン」ってことなのかしら? 額面通りに解釈したら「初心者なんだから無理しないで~。コスパ良いプランを提案してあげるよ~」ってことなんだろうけど。

 ちなみにどーでもいい豆知識ですが「メイル」はそれだけで「鎖帷子」って意味だったりするよ。だからプレートメイルは「鎖帷子を下地に板金で補強している鎧」ってことになるよ。

 
 昔、オリジナル世界における魔法の武具の設定を、その世界設定を舞台にした小説を書く相棒と相談してた時。
「魔法の武具と言えば特殊な素材や強化の魔術で軽量化されるのはお約束なのだが、防具はともかく武器が『軽くなってしまう』のはメリットなんだろうか? 軽くなればそれだけ運動エネルギー的に不利では? 人間殺すだけの威力が確保できれば後はどんだけ軽くなってもいい現実とは違うじゃん? それでも速度が大幅に増すなら切れ味で戦う武器ならばそれもありかもしれんが、鈍器はどうなるん? 運動エネルギーは増しても重量が減っては慣性の面であーだこーだ……」
 って話題で盛り上がって面白かったことがありまして(笑)
 まぁ結局「軽くなって失われる分の威力を補って余りある切れ味強化が為されてる」とか「慣性制御機能で扱い易くなってる」等、武器によって様々な方向でエンチャントされているので、そこに鍛冶屋の個性、得意分野が出るって感じに落ち着いた。

 D&Dは当然ながら様々な「ファンタジー金属」が存在し、その代表選手が「アダマンタイト」「ミスリル」なのだが(大人の事情でそれぞれ『アダマンティン』『ミスラル』だったりするけど)。アダマンタイトは武器として使えば「アダマンタイト製の武器以外の物理攻撃によるダメージを減らす」という一部の異様に頑丈なモンスターへの切り札となり、防具に使えば純粋なアーマークラスによる防御に加え、アダマンタイト製武器以外からの物理攻撃を軽減するようになる。一方ミスリルは大幅な軽量効果が際立つ強さで、防具の素材にすることで「重量が半分」「重量カテゴリーが一段軽くなる(重装鎧なら中装扱い)」、「鎧を着た際の秘術呪文失敗確率が減る(魔法戦士がより重い鎧を着れるように)」と、戦闘以外のシチュエーションでも随所でその軽さが活きて来る垂涎の逸品なのだが、武器にした場合は「重量が半分になる」以外のメリットがない。武器はそもそもそんな重いもんではなく、それで命中率にボーナスが得られるわけでもないので、わざわざクソ高い追加料金を払って買うものではない。

 ただ俺は個人的にミスリル銀という存在が大好きなので、ミスリル銀製の武器にロマンを託して宝箱から手に入る強力な魔法武器として「ミスリル銀製のグレートソード」とかそーいうの出したいと常々思っている( ・`ω・´)(出したこともある

 
 D&Dのビホルダー、名前自体は一般動詞なのでヤバいのは「デザインと名前の一致ぶり」だったりします。
 ご覧の通りゴブリンスレイヤーに登場するこれはデザインを若干変えてきているので、ぶっちゃけこの名前でビホルダーだったとしても特に問題なかったんじゃないかな(笑)
 それはさておき。D&Dと比べて大幅に冒険者が弱く、モンスターは大幅に強い(と描写からは思える)ゴブリンスレイヤー世界のパワーバランスなのですが、その例から漏れてこのビホルダーは極端に弱体化している模様。

 弱体ポイント1:ビホルダーは極めて狡賢い。
 作中のような機械的な自動砲台じみた与し易い相手ではないので、陽動にあっさり釣られたりもしない。

 弱体ポイント2:光線の命中率はもっと高い。
 光線が遠隔接触攻撃扱い(つまり装甲の上だろうがどこに当たろうとOK)なので、ネームレベルの冒険者にもコンスタントに当てる。

 弱体ポイント3:背後を取ることは不可能。
 ドワーフさんが背後から隙を突いて呪文攻撃してたけど、全周囲視界持ちな上に視認スキルが極めて高いので的になるしかない。

 弱体ポイント4:光線の種類がメッチャ多い。
 分解以外にも、石化、即死、念動力、魅了、恐怖、睡眠、減速、衰弱を的確に使い分けることが可能で、それぞれ6秒に1発発射できる。射角は周囲180度ごとに3種類まで撃ち込める。作中では極端に命中精度が低く一発も当たらなかったけれど、実際に戦おうものなら当然何発か被弾することになる。

 弱体ポイント5:少なくとも粉塵爆発如きで即死するような軟弱さではない。
 レベル10ウィザードが更に威力を底上げしてぶっ放したファイアボール喰らっても即死しない程度にはタフ。
 レベル帯を考えたら打たれ強い方ではないんだけど、若手ドラゴン並の外皮を持つし、HPもヒル・ジャイアント級である。

 
 ってーわけで古のTRPGあるある「粉塵爆発」ネタが文字通り炸裂だーっ!!(笑)
 旧世紀のまだインターネットでなんでもすぐ調べられるわけじゃない時代に、軽く聞き齧って知った粉塵爆発で敵を爆殺しようとするプレイヤーがおったそうな!!
 そしてマスターは「粉塵爆発? なにそれ?」な人はもとより、「鉱山とかで起きたそうだね」くらいは知ってる人も「そんな簡単にできるもんじゃない」ってことまでは知らない人が殆だったので、押し切られて爆発を許してしまったそうな!!
 これは現代人としての知識をゲームに持ち込もうとするプレイヤーに対し、「プレイヤーのお前は知ってても、キャラはそんなこと知らねーよ!!」問題の例題的な面も持っており、プレイヤー知識とキャラクター知識の分離問題に於いて必ず語られるネタだったりする。

 ってーわけで身も蓋もないことを言えばこのゴブスレのもやはり「そんな簡単に粉塵爆発は起きないよ」ってシーンではあるのだが、「ダンジョンを攻略せずにショートカット」と並んで「困ったちゃんネタ」として外すわけにはいかないよなそりゃ!!(笑)


 
 昨日那須へ日帰り旅行した帰りに寄った宇都宮の駿河屋で見かけて衝動買い(笑)
 統合版のルールサイクロペディアは持ってるんだけど、ボックスシステムの方はTRPGやらなくなっちゃった時期に全部処分しちゃってたんだよなー。
 ってわけで特に実用性はないのだが、懐かしさのあまり買い戻してしまった。

 
 改めて見てもシーフの使い物にならなさが酷い(笑)
 当時の自分はアッサリと「なんの役にも立たないので強化します」ってやっちゃったもんで、世間の皆さんがどうやってまともに運用してたのか不思議でしょうがない。
 罠を見つけて、解除成功する確率が1%! レベル3でも4%!!
 もちろん罠の難しさに応じて「簡単なんで+30%」とかボーナス貰えるんだが、「簡単な罠」ばかりじゃなくなる9レベルとかになっても発見50%解除46%しかないからねー。
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!

  1. a. >42 アニメだと最終回の宴会シーンギルドの酒場に遺品を纏めて置いて有ったような覚えがあるからもう何人か死んでるとは思う
    b. >>42 深追いして運悪くチャンピオンとエンカウントした即死マンが二人、それとウルフライダーとの戦いで運悪く喉笛をやられたのが小説で一人はいたはず、なんであれ片手で数えられる程度の被害だったのではと思われます
    c. 42>アニメ版の描写だと装備と酒料理だけが置かれた長机があったので犠牲者は結構いたみたいですね。
    アニメだとそんな追加描写あったのかー!
  2. ソードワールド1.0でGMから古代遺跡のダンジョン考えてくれって言われて一生懸命考えてA4方眼紙に書いたら複雑すぎるって却下された事が・・・。まぁ色々なところでアレンジされて使用されたから良いんだけど。残念なのはキャラメイクの時ダイス目で何故か毎回筋肉ダルマになる事。無難な神官戦士しかしたことが無い・・・ by うっきー
    注文時に具体的な条件を決めなかったことに問題があるな。
  3. ゴブリンスレイヤー   ふと、「暴れん坊将軍」も出合え出合え!でみんなで弓矢持って取り囲んだら上様倒せたんじゃないかと思った(笑)
    時代的には鉄砲もいけるな。
  4. a. >子供程度の力しかないのに、2匹程度で持ち上げ移動できるのでしょうかね? 捕まえた大人を巣まで運んでいくのも、何匹のゴブリンが要るやら、結構な重労働ですよね。
    b. 24>肉の盾はそもそも子供程度の筋力って何歳だよってなるんだよね。小学生でも組体操で2人で1人を持ちあげられるからね、変って程じゃないとは思ってる
    「物語として真っ当に描写するべき」であるなら、「最大限解釈すればそう取れなくもない」という表現は避けるべきとは思うので、まぁ見た目の体格と同じくらいの人間の子供……って程度のつもりなのかなぁとは思うのだが、そもそもゴブスレのゴブリンは人間の成人よりも筋力がある(ちょっと持ち上げるんじゃなくて、あれで遠くから歩いて進軍してこれる)ように見えるので別の問題が(笑)
  5. 7>タイタンの力  力アップ知性ダウン ようするに超人ハルクになれる薬(笑)
    間違ってたすまん! 筋力25になる代わりに、耐久と敏捷が3になる薬だった(笑)
  6. a. 36>あれはセイバーと切嗣が生きた時代が違っているせいで、戦争に対する考え方が違うという描写でもあるので・・・。中世職業軍人だったセイバーと、近代国民軍のあれこれを見た切嗣じゃそーなるよねっていう。
    b. 36>ルール無用の内戦や地域紛争のほうが世紀末ヒャッハー状態でヤバいですね、無論全面戦争となったらルールの枠内で桁違いの死傷者が出るわけですが
    全面戦争で毒ガス使いまくって酷いことになったしな!
  7. D&Dプール4部作(光青銀闇)、全部やってみたいですが環境が……
    動いたとしても英語じゃないと駄目だしねぇ。
  8. 1>歴史の長いゲームだとそいういう事ありますよね。イオ系呪文なんて場合によっては光属性で違和感しかない(笑
    イオナズンが核融合爆発!!
  9. 2>実際風圧みたいのがある描写があったことは結構あった気がしたけど。まあ後の方の作品になるとソリットビジョンも触れられるレベルだから衝撃くらいあるだろう・・・デュエルでの事故死が闇のデュエルでなくても頻発しそうだが
    「風圧がある設定ではないけど、作画上は風圧があるように見える」はよくある(笑)
  10. 6>ロマサガもそのたぐいじゃないかな。2なんかでは格闘家は(ごく一部の技を除き)スライムには無力だから格闘家の総本山から代わりに倒してきてっていうシナリオがあるくらいには
    ロマサガって当時は「ちょっと別路線のファイナルファンタジー」って扱いだしねー。
  11. 16>BOWはおすすめですよ。いや本気で。時間かかりまくるのがネックだけど、フィールド馬で走ってるだけで楽しい気分になれる貴重なゲームだと思ってる。
    取り敢えず初代から再挑戦したいぜ。
  12. 20>イアソン嫌いはメディア関連ですか?
    キャスターさん好きだから、DV野郎ぶりが嫌いってのは間違いなく入り口だったんだけど、それに加えて「特に魅力的でもないのにカリスマがある扱いされているキャラ」ってのがそもそも好きじゃないジャンルなんだよねー。
  13. 24>魔法の武具のメンテは普通の武具のメンテとくらべてコストはどうなんだろうか? それによっては報酬がほぼ期待できないゴブリン狙いのゴブスレは使えないのと同義だと思うが。
    ゴブスレ世界の設定は知らないけど、もしメンテナンスコストが問題でそうなら、作中でもそう明言するほうが物語として適切だろうなーとは思う。
  14. >>20 サポ鯖を生贄を捧げてたはしゃいでるツイートを見た時も思ったけど、そういうことしてまでして使う必要あるのでしょうか
    「そういうことしてまで使う」というより「そういうことの対象として心が傷まなくて済む」って感じだな、自分は。そもそも陳宮使う必要がない周回とかにわざわざ編成してぶっ放すような手間をかける気すら起きないので。
  15. a. 35>人間関係はこれ、マスターが命じたのか、陳宮の独断(マスターの指示の範囲内で解釈可能なレベルだったとしても)かで変わるだろうなぁ。本当に必要な犠牲でマスターが泣く泣く命じたのなら、絆レベルの高いサーヴァントならまあ許してくれそうだが。
    b. 20>>なんか陳宮使って他人の好きなキャラや自分の嫌いなキャラ敢えて使ってネタにして、他人を煽ったりそのキャラ好きからしたら嫌な気分になる人間が結構いるから変な空気になってる陳宮宝具。まぁ宝具性能的に逃れられない描写だからしゃーないんだけどね。アーラシュさんのは個人で完結してるのと、キャラがサッパリしてて好青年な人格者だからそこまでいかないんだけども、陳宮のは他人を生贄っていうものだからノリが変になるんだよな。
    この辺割とこだわるので、アーラシュさんがステラ使ったのも初心者のうちだけで、その後は皆無。総回数も20回無い自分であった。
  16. a. 40>少女漫画の主人公だと割とマジでそういう目に合うイメージがあるなぁ・・・長期連載だとピーチ姫並み攫われるヒロイン(主人公)って結構いたような気がするが、私がそういうのしか読んでないからかもしれない
    b. >40 奴隷市場で売られたということは全裸か、全裸なのか
    c. >40 女性向け…なんですよね?トロフィーワイフなんてのは男根主義の現れとして批判されたりしますが、一方で女性にもピーチ姫願望みたいなものあるんですかね。
    誘拐されても即レイプされない世界は優しい世界だぜ( ・`ω・´)
  17. カシュー王とアシュラム、CD&D対戦:あまりにも松平だ(ファンロード用語)。ルールにないのは同じなのに能力の書き換えが、片方が意味のない能力で、もう片方はCD&Dでも一番ヤバイ能力とは。 by 裸ネクタイ
    書いた人には「鎧の防御力」という概念について話し合う必要があるようだ(えー
  18. 14>そういや「ワームの肉」の説明で「重い割りに不味い(空腹度がわずかしか回復しない)、その場ですぐ食べてしまうか投げ込み練習に使おう」と書かれているのがあったが、実際にあんなの何度も壁に投げてたらそのうちベチャッ!!ってなるよね(笑)
    形状的にもサイズ的にもチーズの塊投げてる感覚だった(笑)(色味はともかく
  19. TRPGネタ解説です。D&Dと関連付けて勝手に語るだけです。>…を読んだ後でライドンキング読んで駄目だった…。でも是非やって欲しいですわ。漫画の無数の超馬鹿展開にはあえて絶対にツッこまずひたすらTRPG解説のみを行う「笑ってはいけないD&D解説inライドンキング」…。
    あれって明確にD&Dを元ネタの一つにしているゴブスレほど、モロにD&Dしてたっけ(笑)
  20. 4>逃げ出すだけなら笑い話で済むからよかった、うっかりヤられる前にヤる旅人だったら後味悪くなるところだ
    確かに(笑)
  21. 11>巨大なゴブリン帝国の精鋭ゴブリン騎士団みたいな設定なら可能か…?<レベル8ゴブリンに率いられたレベル6ゴブリンの群れ
    もちろん「だが例外もある」で幾らでも自由にはしていいのである。個人的にはすべて6レベルの戦士で構成されている部隊なら、指揮官は遥かに高レベルであるほうが好みではあるけど。
  22. 34.>今の御時世に単色のが出たってどの道売れない>そうでもないっすよ。塗装済みが主流なのは事実ですけど一方でキン消しなんかは昔のあのままのがリメイクされて今も結構人気商品ですし。メタルフィギュアもですが出ればなんのかので需要は多いんですよあのへん。というかメタルフィギュアで346アイドルフルセット普通に欲しい。
    ネクロスの要塞にキン肉マンほどの懐古的なファンがいるわけじゃないので、流石に同じようには語れないんじゃないかなーとは。
  23. 43>小学生ぐらいまでなら幼女扱いにしてる場合が多いんじゃないかな、流石に中学生や高校生は幼女と呼ばれてるのは見ないし、外見上特別幼く見える設定ならロリババア(…古娘でしたか)とかもあって実年齢には寄らないかもしれませんが
    だねー。そして小学生全部幼女は無理があるという。個人的には未就学児童までだと思ってるし、百歩譲っても一桁歳までだよなーと。
  24. 45>バスタードの割と最近の方の巻数でそういう話があった気がする、あれはまだ続刊の可能性あるんだろうか
    スペルバウンドって作中で言われてたけど、これもD&D用語なんだよな(笑)
  25. >>ソリッドスラッシュの能力は再現できないから適当になんかあてはめよう。(中略)結論は出た! なんか空想科学読本を思い起こさせるやり取り。別の能力に置換した時点で実証実験でもなんでもねえ!
    そうそう。光子力エネルギーよくわからんからソーラー発電でいいや、みたいなのを感じた。
  26. >>67 持ち込みキャラの怪談その1 GMにこのキャラ持ち込んでいいですか?とキャラを見せ、OKを貰った後でセッションが佳境に入ったときに、GMが気付く。なんか・・・もらったデータより強い・・・?・・・PLに聞いてみた答えが「おっと作成直後のキャラでした、キャンペーン終わらせた今のデータはこっちです」ルールブック記載のサンプルエネミーなどは鼻息で倒すようなキャラが出てくる なお拒否したら離席するのでようするに、その日のシナリオとみんなの休日の時間が人質だ
    出禁にしろー!!
  27. オリハルコン>そういえばスプリガンではバーサーカーのレーザーで溶けてましたね。それはそうとあの時代に、拳銃にSIGを持ってくるマニアックさは凄いと思いました。
    あれは単一性能の金属じゃないから、対熱戦兵器様に精製すれば防げたりするのかもねー。
  28. >28術者中心で移動できそう ゴブスレTRPGだとプロテクションがそんな仕様でしたな。まあそれだとロードにやったみたいな挟みこみとかできない気もするけど。
    わざわざゲーム化したのに、なぜ作中と矛盾するルールに(笑)
  29. 20>イアソンは取り敢えず宝具だけは鑑賞する事をオススメします。 あぁ、胸のすく思いだ・・・。(笑
    あれだけは公式動画で観てるねー。
  30. >39常備軍って基本的に無い ただあの世界というか国?一応魔王軍との戦争中なんですよね。戦争がどういう形態かわからないしゴブスレ町は後方っぽいからやっぱり軍はいないかもしれないけど。でも魔物が割と常時うろついててそれに対抗できる野良の武装集団も街中によく出入りしてる状況で領主が確保してる武力が無いてのは怖い気もする。
    怖いですよねー。中世なんかも野党や傭兵なんかが暴れまわってヒャッハーと略奪してるのは日常茶飯事だったんですが、それでも常備軍は置いてなかったんですよー。お金がかかるので。
  31. >43 元々は「ロリータコンプレックス」とは少女が中年男性に関心を抱くことを指していたなんて話もありますね。
    逆!!
  32. >>44 オルクボルグだのの呼び名からするにあの世界にもゴブリン殺し用の魔剣とかあったっぽいしなぁ。それがあったうえであんだけ見下されてるのも謎だけど。
    そういえばソード・ワールドの小説には「ゴブリンスレイヤー」って魔法剣が登場してたな(笑)
  33. 動員してる間に攻め込まれちゃうんだと思う。>無法者な冒険者が数十人集まるような大きな街に、その街の治安維持するためや他のモンスターの相手をする兵士らが全くいないとは思えないのですが。
    もちろん「全くいない」わけではなく、治安維持用の戦力は存在するんだけれど、彼らが討って出てしまうと「治安維持用の戦力がいなくなってしまう」ってことだね。この世界の設定は知らないけど、まぁ一般的な中世的なものでイメージすると。
  34. >3.c. 「アメリカン・ヒーロー」、懐かしい~(笑) 主人公(CV:富山敬)が「UFOマンッ! 」の掛け声と共に颯爽と飛び立つけど、飛行姿勢を上手くコントロール出来ず「あぁぁぁぁぁ~っ!!」と叫びながら墜落・不時着の飛行シーンがお約束だったなぁ
    なんか数回だけ観たことある記憶がおぼろげにあるんだよなー(笑)
  35. サイクロンスカル>凄い見たい。ただサイクロンメモリのオートリジェネとスカルメモリの「死んだも同然の状態になる」効果は両立できるのだろうか。単純にスカルの格闘能力がスピードアップでも強力ですが。
    サイクロントリガー(おやっさん版)はデザイン変わらないんだろうけど、サイクロンスカルはフィギュアだけでも出して欲しい(笑)
  36. 俺がガンダムだ!>当初は刹那が言う度に笑ったけど、「ガンダム」の意味が明かされるに従って刹那を凄く応援したくなりました。スパロボでヒイロや騎士ガンダムなど様々なガンダムと触れ合えるのも素晴らしい。
    最初ギャグだけど終わってみたら格好いい決め台詞ってパターンは好きだわー。
  37. 7 「嘘はついてないが騙そうとはしてる」> 「ウソはつかないけどホラは吹く。だます気は無い」という NPC はどれほど困りますか
    騙す気はないなら、騙されないのは特に困らないのでは(笑) 「なんで俺のギャグに騙されないんだよ!」と怒るタイプの人なら困るだろうけど。
  38. つられて始めたバルダーズゲート、2やってたら新キャラのハーフオークとねんごろになってベッドイン、なお当方男キャラ
    昔も最初から最後まで全部作成したパーティーメンバーで遊んでたから、ロマンス系のネタは一切なかったんだよなー(笑)
  39. 品質がまばら…「こんなに形の揃ったガラス器が大量にどれだけ優秀な職人がいるんだろう」でしょうか。
    そんな感じ(笑)
  40. 凝り性なGMだと買った武器がルルブ通りの性能かどうかがサイコロで決まったりするんでしょうかね
    まぁ毎回都市部でそれやられても面倒だろうけど、辺境を冒険してて武器壊れて、急いで代わりの武器が欲しいって状況のフレーバーに使うとかは俺やるなー。
  41. 8 クレイジーロリコンギャグ漫画「U12」 > 連載中の幼女漫画だと「うわようじょつよい」(作:派手な看護婦)というのが……(汗) URL
    アレは昔出てた単行本は読んだねー。
  42. 32>小説版ドラクエVのスライムナイトは「スライムの額から騎士の芽が生える」という設定でした。騎士が育つとスライムと自我を巡って争い、スライムが勝つと晴れてスライムナイトに、負けるとスライムは抜け殻になってメタルライダーに、と言う解釈が面白い。
    内なる生存闘争!!!
  43. 12>メタルギアソリッドVでは野生の熊と戦えるのですが、突撃を喰らうと大体瀕死にされます。熊を上手く誘導して敵兵と戦わせたら、アサルトライフルの十字砲火で何もできないうちに狩られてました。ちなみに麻酔やゴム弾で眠らせるか気絶させ、フルトン回収すれば基地で飼えます。
    ああ、実にそんな感じになりそうー。
  44. 6>パラサイトイヴ2のは「アメーバ」だけれど、物理に超強い代わりに毒の呪文で即死、ただしアメーバの攻撃を受けると沈黙効果、と言う知ってれば雑魚だけど気づかないとかなりの強敵でした。
    汚物は消毒だーっ!!
  45. 幼女…?も多いけどロリコンて設定になってるキャラクターや現実での自称ロリコンも君絶対ロリコンじゃないでしょってパターン多い気がする
    ああ、そうねー。あるある。
  46. >3 牡羊座もありなら、星座モチーフヒーローであるグランセイザーのセイザーミトラスは牡羊座の戦士!だが、デザインは白鳥がモチーフなのでアウトかな(笑)。星座とモチーフが一致してたの、牡牛座と山羊座だけでした。
    冷静に考えたらキン肉マンって「なにを考えてこれを超人に……」と思うようなののオンパレードだな。ピークアブーとか(笑)
  47. 至高神の神官> 劇場版ドラえもんに出木杉君がいるとハプニングがすぐに解決できちゃうから同行させないでね的な
    そうそう、それそれ。
  48. なんです?そのアシュラムを勝たせるための前提変える検証ごっことも言えない何かは
    なんか他のRPGシステムでも検証しててカシュー王全敗らしいけど、これが酷過ぎて他読む気が失せた(´・ω・`)
  49. FGOのストーリー上のクラス相性>>まぁ夏イベというか、ギャグイベの発言は基本与太話と思ってるかなぁ個人的には・・・
    だよねぇ……(笑)
  50. ライトファンタジーの衣服>異世界ファンタジーもの見てると中世風世界なのにメイドだけ産業革命後の19世紀くらいのメイド服着てるのがすごく気になるんですよね by 三途安岐
    だが待って欲しい。実は他の服装も「現実的な中世」よりもハイレベルな恰好なのではないだろうか(笑)
  51. >>19 あのビホ・・・名前を言ってはいけない怪物が何故弱かったかは何等かの理由で台座のある部屋から動けなかった事だろうなぁ、もし追ってきたら一人また一人と追い詰められて殺されていくと予想する
    強さ的にはビホルダー・ゾンビくらい( ・`ω・´)
  52. センス・イービルに関してはなー(笑) もう、そこまで含めてネタみたいな所もあったよね。そういえば、今の新しいシステムだと対策とか取ってたりするのかしら? 一方でセンス・ライに関しては世界観にも寄るけれど「嘘は見抜けるが黙っていることは見抜けない」っていうこともあったりして。バブリーズがラノベ化した時なんかはこれに言及していたね。アーチーが「私はこの呪文を信用していない。確かに嘘は見抜けるが真実の隠匿までは見抜けないからだ。さあ、真実を話してもらおうか」って。感情の忖度という自分から設置してしまうトラップの恐ろしさよ。
    「確実に嘘を見抜ける手段が存在する世界の尋問術」というテーマで一文書けそうな勢いである。
  53. 56>もう半世紀も前の話ね。 重火器を使ったトド駆除が春の風物詩みたいにニュースになっていた時代もあるらしいけど、国によっては絶滅危惧種になっている現代ではそんなことをしたら非難轟々。どうしても漁業に被害をもたらす害獣であるため現在は空砲で追い払うか猟銃で地道に倒しているそうだが。食べて応援トドカレー。  https://www.j-cast.com/tv/2019/04/05354532.html
    絶対にノゥ!!>食べて
  54. >無責任過ぎて引く。  迦楼羅の行動的にも呉一族的には当たり前って感覚なんじゃ?
    あ、これ多分書いたときに全く別の作品のこと考えてて、それと勘違いしてるっていう意味のわからんコメントしてた!!!
  55. >>ファリスのプリーストがいちゃいけない推理シナリオ  いいですね、しかしながら事件解決に熱心なファリス・プリーストのために二通りの展開を用意して一つは推理、二つはスピード解決して残党が逃げる前に追う。何がやりたいかって?PLに爽快感を味わってもらいたいだろ?それが事件解決に熱心なPLなら尚更だ
    シナリオ内容は完全に忘れてるんで、無慈悲にセンスイービル使ったらどこで破綻するのか全然覚えてない!!
  56. >ソウルクラッシュ ペルソナ4に同名の武器があって、「衰弱の状態異常付加」(衰弱は行動するたびにSPが減少)という性能でして「お、ちゃんとオマージュしてる!」と嬉しくなった記憶がありますねえ。
    なんと老化が遅くなるという副作用も!!(目の色の変わる女性陣
  57. ワダツミさんのΛとJの引きの良さが申し訳ないけどすっごい羨ましい!こっちは最初で水着獅子王来ただけで後は散々だったもの・・・。
    8万溶かすのが羨ましいならぜひ代わってもらいたい。
     
8/20
  ゴブリンスレイヤー #4

 
 TRPGネタ解説ですが、ゴブリンスレイヤーTRPGのことではありません。D&Dと関連付けて勝手に語るだけです。そしてワダツミが何の説明もなく「D&D」って書いた場合、3.5版かそれ以前のことです。たまに4版や5版の話もしますが、そのときは注釈します。多分、気がつけば。他のTRPGの場合は、流石にそのことを書くはずです。きっと。恐らく。
 あと「D&Dでこうだからゴブリンスレイヤーの描写はおかしい」という意図は一切無いので誤解して怒り出さないようにね!!


 
 ファミコン版のD&Dとして最も高い完成度を誇り、ゲームとしても素晴らしく面白いことに定評のあるファイナルファンタジー1なわけですが。
 ……いやマジで! 公式に「ファミコン版のD&D」も「ヒルズファー」「プール・オブ・レイディアンス」「ヒーロー・オブ・ランス」「ドラゴン・オブ・フレイム」と4作も移植されているんだけど、アクションゲームだったり、アドベンチャーゲムだったり、ちゃんとD&DしてるRPGなんだけど低レベルで打ち止め(連作の1作目しか移植されてない)だったりで、武器防具モンスター戦闘呪文どれをとってもD&Dなファイナルファンタジー1が「駆け出しから魔王を倒すまで冒険できるD&D」として一番エミュレートできている印象なのよねー。つーか洋ゲー移植のは小学生には理不尽に難し過ぎるってのもあったけど。
 で、そんなオフィシャル製品よりもD&Dしているファイナルファンタジー1なわけですが、「回復呪文を使うクラス」の性能が違ってて。D&Dのクレリックはいわゆる「十字軍の戦士」みたいなイメージなので、刃物は装備できないけどウォーハンマーやメイスを振り回しプレートアーマーとシールドでガッチガチに完全武装した上で呪文まで使える「強力な魔法戦士」だったのに対し、ファイナルファンタジー1は皆さんご存知の白魔術師さん。HPは高い方だけど、攻撃力や防御力は後衛職。ドラクエ3の僧侶の方がD&Dスタイルなのね。
 そんなわけでRPGには魔法戦士型と、後方支援型の2パターンに分派することになるのであったわけですが、呪文があまり強くない(プロテクションは異様に強いが)世界だと、確かに「もうちょっと体鍛えた方がいい」のかもしれん(笑)

 
 プレイヤーが洞窟の入口で火を炊いてあぶり出して攻略することに味をしめて繰り返そうとすると、マスターは次第に「それを見越して通風孔がある」と設定し、プレイヤーが「迷宮の壁を呪文で突破して一直線にクリア」すれば、マスターは次から「壁の間に毒ガスが充満してるダンジョン」でそれに対応し……と、血を吐きながら続ける悲しいマラソンをすることになります(笑)
 これを「せっかく考えたのにマスターはズルい!!」と思う向きもありましょうが、「マスターが攻略して楽しんでもらうために手間暇かけて用意したダンジョンを身も蓋もない方法で無視しようとするプレイヤーも大概である」ってことでもあり、「プレイヤーはなにをしても許される。プレイヤーの奇襲に対応できずに簡単にクリアされるシナリオやマスタリングが悪い」と思うようではいかんのである。
 マスターはプレイヤーに献身的に尽くす責任があると勘違いしているプレイヤーにありがちな考えなので、実際には「お互いが楽しませる責任を持つ」と認識し、「努力、知恵を絞る方向」を間違わないようにしたいよね( ・`ω・´)
 あ、もちろん「なーにまともに攻略しようとしてんだかー(ニヤニヤ」みたいなマスターも、「搦手をとらせるように十分な示唆を与えなかった」場合は落第である。

 
 ソード・ワールドの推理系シナリオで「このシナリオは至高神の神官がパーティーにいると、センスイービル使われて破綻するんで、いないパーティーで遊んでね」って注意書きがあったのが(笑)
 D&Dでも「ゾーン・オヴ・トゥルース」を筆頭に様々な占術、心術が取り揃っているので、「公的権力がガチで調べようと思ったら、もう絶対抵抗できない。そのうち屈する」ことになる。もちろん「それに対する偽装系、打ち消し系呪文」も存在するのだが、偶発的に起きた探り合いで威力を発揮するものであり、「捕まって念入りに調べられる」状態にまで陥ってたら、「容疑者が高レベルで、実力が隔絶している」や「田舎でろくな術者がいない」とかじゃない限り詰みである。
 ……が、冒険者の場合は「偶発的な探り合い」がメインとなるので「ゾーン・オヴ・トゥルースの影響下で嘘ではない結果となったけど、偽装呪文で誤魔化されただけかもしれない……」って疑念は中々晴れないことになり、結局確かな証拠を積み重ねる方が無難になることが多々あるのであった。

 一方の「宝のネコババ」はねー。
 往々にして「被害を分散させるためにしょうがないよねー」って宝箱の近くにローグだけ行かせて、他のメンバーは遠くから見守ることになるわけなんだけど。
 これ、宝箱の中身を「ローグのプレイヤーにだけ教える」ようにすると、パーティーメンバーの態度がガラッと変わって面白かったことが(笑)
 キャンペーン始まって間もない、お互い信頼関係がまだ無い状態から「お前盗賊なんだからそれ当然」って態度してるとしたら、ネコババされてても割と文句言えないことを自覚するようになるのよね。

 
 小学生の頃は「酒で酔うのも毒の効果を受けてるのと同じ」という認識がなかったので、ウィザードリィの小説で二日酔いを解毒呪文で治すシーンがあった時、「なるほど!」と目から鱗だった記憶がある(笑)
 D&Dでも解毒呪文を使えば二日酔いも麻薬中毒も一発で完治するので、健康を損なうリスクが一切無い以上、悪い金持ちって現実よりも遥かにカジュアルに麻薬に手を出してそうなイメージが有る。

 
 割と忘れがちなのが、「ルールブックに掲載されているカタログスペック通りの装備が当たり前のように手に入る」ことは、決して「当然なこと」ではないってことよなー。ソード・ワールドのエレミアなんて「安定してカタログスペック通りの商品が手に入る、とても凄い都市」って設定だもんな。
 もちろん世界設定次第なことではあるんだけど、「スタンダードな中世風世界です」だとしたら、安定しているわけがないという。そういった意味で、ライトファンタジー作品で「普通に品質が安定している世界描写」をされると「この世界の技術水準はとても高いんだな」と思いがちであり、だが作者としては別のそんな意識はないってことは幾らでもあるんだろうな(笑)
     
  ■バルダーズゲートエンハンスドエディション

 
 触るなよ! 絶対に触るなよ!!!

 
 漂着した先の島で深きものどものならぬライカンスロープの魔の手に!!!
 彼らも島で平穏に暮らす派と、外に討って出る派で揉めている模様。

 
 出たぜ、俺の大嫌いな「ルール上あらゆる毒を治す解毒呪文は存在するけどシナリオの都合上この毒には効かないぜ! 特に理由はないがな!」だーっ!!(笑)
 これがまぁギリシャ神話のヒドラの毒みたいに、もはや神レベルの呪いに近い威力の毒とかならわかるが、チンピラが使える程度の毒でそんなことやられても興醒めである。

 
 都市の下水道にゴブリンならぬキャリオンクロウラーを率いるオーガメイジが。
 流石にこんなのに「ネズミ退治」が精々な新米冒険者が送り込まれても死体が増えるだけだな!!

 
 これ原文どうなってんだ!?
 マジで元から快傑ズバットみたいなやりとりしてんだろうか気になる(笑)

 
 犬が迷子だって!?
 それは大変だ! 今すぐ私達が見つけてこようじゃないか!!
 ってことで引き渡したわけですが。

 
 オイィィィィィィィィィ!?
 普通の犬だったよねええええええええええええ!!!
 ヘルハウンドかなんかだったの!?

 
 都会育ちを鼻にかけやがって!!!
 ちなみにウォーターディープはこの世界最大の都市で、「壮麗なる都」と讃えられる大都会。
 高レベルのキャラが大量に暮らしてるんで、エンシェントドラゴンが5匹くらい同時に攻めても返り討ちに遭う気がするくらいにスゲー都市。


 ところで先日、ちょっとD&Dの調べ物をしてたら、たまたま「ロードス島戦記のカシュー王とアシュラムをクラシックD&D上のデータで戦わせたらどうなるか検証」をしている記事が目に付き、カシュー王大好きワダツミさんとしては非常に興味深く読み始めたら「ソリッド・スラッシュの相手の防御点無視する効果はクラシックD&Dには無いので、取り敢えず対ドラゴン時に威力が増す強力な魔法剣にしておこう。アシュラムが着ている鎧は魔法のスーツアーマーだから極めて防御力が高いので、カシュー王の攻撃は半分も当たらないなー。アシュラムのソウルクラッシュの精神力吸収効果もクラシックD&Dには無いけど、エナジードレイン能力にしておこう。カシュー王に勝ち目無いなー」となってて「……は?」となったワダツミです。こんにちは。
 ソリッド・スラッシュは装甲防御(鎧に留まらず生来の外皮も)を無視するチート魔法剣なんだから、鎧によるAC強化を無視する能力にすればいいじゃん!!
     
  ■久々にデュエルをしたので

 
 今ナウなヤングにバカウケなタピオカ召喚した(違
 フィールド上でもっとも高い攻撃力を持つモンスター+100の攻撃力を常に維持し、相手は2ターンの間魔法・罠を発動できない邪神である。
 隣の2枚は、攻撃力3000で、魔法・罠の効果を一切受けず、10未満のレベルとランクのモンスター効果も一切受けず、どんな耐性を持つモンスターだろうと一切無視して絶対に1ターン1体は墓地送りにする能力と、特殊召喚されたモンスターは攻撃力が500ダウンする能力を持つモンスターです( ・`ω・´)
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!

  1. 昔のドラクエだと即死呪文のザキの説明が「対象の血液を凝固させる」って説明でしたね。体内爆破のギガデインも即死に入れていいような気もしましたが。
    エターナルフォースブリザード!!
  2. 今更ながら遊戯王、ライフにダメージ受けたり、なくなったりするとみんな叫び声上げて吹っ飛ぶ、ないし膝をつくことが多いけど何か衝撃でも来ている設定なんだろうか。
    あんなにクールなシャークさんですらふっ飛ばされる演技をしてくれてたんだぜ!!
  3. a. 38>羊のショーンはヒーローでもなんでもないけど普通に仲間に入れても良いのかな? 牧羊神パーンは何故か山羊系だしなぁ。
    b. 38>牡羊座の聖闘士とか……あと十二支をモチーフにしたキャラなら…「十二大戦」はじじいだったな…
    c. 38>アメリカには胸に㊥って書かれた赤いスーツのヒーローもいたから「羊」って書かれたやつもいるかもしれない(笑)
    d. 羊のヒーローは干支を含めてグーグル検索すれば、そこそこ出てきますね。
    c.日本にも額に「中」や「米」がいるしな!!
  4. 曹操と呂伯奢>これって類型寓話が結構あるみたいですね。自分が子供の頃読んだ日本昔話だと、農家に泊まった旅人が「全殺しにするか半殺しにするか」という会話を聞いて逃げ出すも、全殺し半殺しはその地方で、こし餡・つぶ餡を指す言葉で、旅人をもてなす餡ころ餅の相談をしてただけという話でした。
    よくTwitterで「半殺しにします」の画像を見かけるな(笑)
  5. >13 三国志を題材にした「決戦2」ってゲームのムービーで、カタパルトで射出された兵がグライダー展開して城壁を強襲してたシーンを思い出した。
    映画グレートウォールの世界に通じるな(笑)
  6. スライムを的確に表現したコンピューターRPGっていうとFFが有名だろうか。物理攻撃が中々通らなくて。後のシリーズでは大分通るようになったけれど。FF2辺りではMP使わずに倒したかったらクリティカル狙うしかなかった気がする。
    スタート地点からすぐ南の突端歩いてたら遭遇して一瞬で殺された(笑)
  7. a. >怪しい商人 河田・行徒の「ヴァン・ヘルシング」の古物商かい。いや、「嘘はついてないが騙そうとはしてる」となると、猿の手的に重大なデメリットを隠してるとか、ただの偽物より悪辣かも?
    b. 「タイタンの力のポーション」というとグロースポーションかジャイアントストレンクスポーション?
    メッチャひどいデメリットあった(笑) strメッチャ上がるけどint3になった。
  8. クレイジーロリコンギャグ漫画「U12」が完結しました。あまりの馬鹿馬鹿しい話の連続に、何度雑誌を抱えて笑い転げたことか。最終刊は近いうちに発売されますので、思う所はいろいろあるかも知れませんが最後まで読んでみて欲しいです。本当に最高に頭のおかしい漫画でした(超褒め言葉)
    マジか。買わないとな!!
  9. a. 29>ミスリル/オリハルコン/アダマンタイトといった超常物質はもはや特殊な魔法で加工しているようなイメージがあったのですけど、やっぱり熱(熔融)なんですかね(笑)
    b. >29 なんか魔法の炉とか魔法の火とか使ってそうではある。ドラクエビルダーズだと鋼を作るのにすら神鉄炉が必要だったなぁ。そして2ではただの炉でオリハルコンだろうがブルーメタルだろうが作れる。なんかバランスがおかしい気が
    D&Dだと「ドワーフしか使えない特別な魔力炉はべらぼーにボーナスが得られる」って設定があり、ただでさえ鍛冶に種族ボーナス得られるのに、設備でも圧倒するもんだから、「人間の鍛冶屋とか……」みたいな差がついてしまい、「ドワーフのほうが才能の水準が高い」ならまだしも「ドワーフに人間は勝てない」みたいなのは好みではないので、その設定は無視している(笑)
  10. いよいよFGOの今年の夏イベントが開始とあいなりますが、結局今回も沖田さんは水着になれず。 なんかもう「沖田さんが水着に着替えたらFGO最終回」みたいな感じになってきました(俺の脳内で)
    ピックアップ1にないだけで2ではあるっしょーと思っていたら、案の定公開されたOPで確定した! おめでとう!
  11. レベル8ゴブリンに率いられたレベル6ゴブリンの群れ、みたいなのもあったりします?
    400人規模のゴブリンには6~8レベルのリーダーが1人、4~5レベルの副官が1~2人だねー。あとは2~3レベルのちょっと強いのが20人に1人の割合。
  12. 現実の軍隊>ドラゴンでなくともオーガ、オーク相手じゃ5.56㎜なんて無意味な気がする。熊でさえアサルトライフルなんて効かないのにあんなの大型動物用の猟銃でもなきゃ倒せるとは思えない。
    熊にアサルトライフルが効かないわけじゃなく、「1人で森を歩いてて遭遇戦が発生したら、射殺する目にクマの間合いに捕まる(つまり熊が一方的に有利な条件で戦った場合)」ってだけの話だよ。別に「あらゆる銃撃を跳ね返す」わけじゃなくて「多少貰ったところで致命傷には至らない」ってだけなので、分隊からフルオート射撃喰らったら当然ながら死んじゃうよー。そしてさらに言えば、アサルトライフル以外の武器をもってないわけじゃないしねー。
  13. >>13 例の他人の命でステラは生贄対象がガッツなら自ターンで安全にHP1に出来るとか言う利点も出来てしまいましたね
    土方さんと相性よさそうなのがなんか嫌(笑)
  14. 18>部屋の中で延々とプレートを投げて忍者レベルを上げよう!
    ときの声を上げろ!!
  15. 放尿ネタ>もるです
    夕映好きだったなー。
  16. 22>「リンクの冒険」ラスボスの手前付近で上からでかいスライムが落ちてくるのは初見で本気でビビって悲鳴が出た(笑)
    そーいや俺のゼルダ歴はリンクの冒険の中盤で終わっていた。やりたいとは思ってんだけどなー。
  17. >>8 真意看破のスキル、もしくは人生経験もさることながらと思いますが本質を見抜ける英雄として振る舞ってもいいのかと安心しました。またヴィコニアのような他にも友好的ダークエルフがいる事にも安心しました。やはり自身がダークエルフ物語を読んで世界観を知っとかないとダメだな、世間知らず未熟者ロールになってしまう
    D&Dはルール的にも「真っ当な高レベル聖職者なら、必然的に高い判断力と魅力を備えている」ことになるわけだしねー。他人を上辺と固定観念だけで判断するような人間には務まらぬ。
  18. a. ゴブリンスレイヤーが巨漢に見えますが~>肩に小っちゃい幼馴染乗せてんのかーい!?(笑) 尚単行本カバー裏では小っちゃい小鬼殺し殿が(再笑)
    b. ゴブスレ3巻>この表紙ねー(笑) 私も最初肩に乗せてるのかと思った、ゴブスレさんエンラージパースンでもかけてもらったのかと
    戸愚呂兄弟
  19. ゴブリンスレイヤー世界のゴブリンは恐るべき敵>…あの世界何がイヤって、人類の脅威の内では最弱のゴブリンすらあれ程厄介なのに、それを十全に対処出来ない(初心者PT何回か送り込めばその場の駆除は出来るベー)レベルでもっと厄介なのが他にゴロゴロいるらしいというのが。
    冒険者は全体的にかなり弱い世界なのに対して、モンスターはかなり強い世界な印象だねぇ。まぁビホルダーは恐ろしく弱かったけど。
  20. 13>イアソンと陳宮見てて思ったのが、戦闘アニメで知り合いサーヴァントによる援護攻撃が入るようになったのが凄く『カルデア所属のサーヴァントっぽいな』と思ったり。正規の聖杯戦争じゃ一時的な共闘位ならともかく、史実(元ネタ)上関係ある者同士で連携して戦うとかまず見られないだろうなぁ、と。
    イアソン大嫌いだから一度も使ってないけど、あいつもそうなんかー。あ、陳宮の砲弾として使えばいいのか。
  21. 〉薬剤師 昔何かの漫画で、優秀な医学生が主人公の悪意なき失敗のせいで道を踏み外し「ヤクザ医師」に成り果てた、というのを見た
    やくざいし、か(笑)(理解するのに一瞬間が空いた
  22. 大佐!石原まこちん先生はムー民でした! URL レス不要
    まっつんがUMAネタ好きだったのはそーいうこいとか(笑)
  23. ダークエルフのエンターテイナーへの台詞に「死ね!ドラウエルフ」という台詞があって物凄く安心した、これだこれ・・・これがドラウエルフに対する普通の台詞だよと。しかし実際どんなシーンなのか、悪ではないドラウエルフが人間相手に笑いを取るために言ってる台詞だったらと思うと・・・とね
    なんか以前はもっと強かったけど今は能力を失ってる身らしい(笑)
  24. ゴブリンスレイヤー #3>魔剣使うのはアホだとかって、なんでゴブリン以外のモンスターに出会わない前提で話しているのでしょう? その上、もう一人の発言は最初は防具についてで、ゴブスレの防具じゃあゴブリンの攻撃を完全に防げないのだから、わざとダメージを受ける鎧を身に着けているのならその方がアホですよね? 肉の盾ですが、子供程度の力しかないのに、2匹程度で持ち上げ移動できるのでしょうかね?
    本編だとゴブリン以外と遭遇してピンチになるのを繰り返す演出だから気になるのだが、彼のこれまでの人生ではそんなハプニングはほぼ起きてなくて、「舐めていた」のだろうか。もちろんスクロールという切り札は用意してたからこそ、一度目はそれで対処できてたわけだけど。それ以降も「切り札はないが装備は強化しない」だと、「メチャ慎重でダイス目に左右されない」って印象にはならないなー。
  25. 26>> まあ盾役って壁となって後衛を守るのが仕事だから吹っ飛ばされて後衛を下敷きなんてしたら壊滅まっしぐらだし仕方ないんじゃないかなあ。
    この世界のタンクは一定以上の膂力が持つモンスターには絶対に一撃で殺されてしまう存在になってしまうので、「盾や装甲の角度で受け流す技量がなかった」と思いたい。
  26. a. 1>「破壊神を破壊した男」に対する様に恐れたのか、ひたすらに阿ってくる様子に嫌気がさしたのか。LIVE A LIVEの中世編でも似たような展開になってたしテンプレ的ではあるんだけど。
    b. 1>ダイ大はそれで国が滅んだ実例あるからなぁ
    c. >1 ご機嫌取りに走るならともかく少しでもその気になられて反抗されたら全く勝ち目ないのに嫌がらせしたり喧嘩売ったりする展開ってフィクションだとよく見ますよね
    d. マトリフは胸揉んだり尻触ったりとセクハラが酷かったからそれで追い出された可能性が高いんじゃないか。セクハラを許してくれるマァムとかが優しすぎただけなんだな。
    エロいことするならチャームパーソンとかドミネイトパーソンとかやりたい放題なのに!!(D&D脳
  27. >21 愛してはいるがその人類に脅威なゴブリンは配置するぜ!
    愛しているから配置しているんだよ! 喜ばせようと思って!!
  28. >ゴブスレミサイルプロテクション 神官のプロテクションが有能過ぎてその劣化版に見える…効果範囲とか効果時間とかで有利なんだろうけど。
    設置型じゃなくて、術者中心で移動できそう。
  29. 2>そういえば『アビスレイジ』はご存知でしょうか。恋人を拉致した敵(オカマ)を追って、「囚人たちを殺し合わせて始末する」という名目のバトルフィールドな監獄に身を投じた盲人格闘家のB級アクション。割と面白い、ながら4巻以降はKindleのみの発売に。
    おわー、最近ホント増えたなそのパターン。でも今までなら「採算が見込めないので出しません」で未単行本状態で終わってたと思えば、マシだろうけど。
  30. 牧場の娘がフリル付きシャツとか女神官ちゃんの毎度ゴブリン汁まみれになる法衣が袖にフリル付きとかあの世界衣服の価格がかなり安い……?
    ライトファンタジーだとよくあるよね、こーいうの(笑)
  31. >BLOOD-C 進撃の巨人もビックリな勢いで~、は最終回に出てきた八頭身モナーみたいなウサギですかね。一話に登場したお地蔵様から変形するカマキリのようなものを始め、全体的にクリーチャーデザインが秀逸なんですよねあれ。
    そのシーンの動画だけたまたま見て「こえええええええええええ!?」ってなった記憶が!
  32. >39 「科学的に存在しうる~」というのは知らないけど、「モンスターの生態の独自解釈」なら久正人作品が面白い。実際、「スライム=群体生物」という解釈はそっちにもあったし、他に「ツチノコは縦に関節が曲がるので蛇ではなく哺乳類」「ケンタウロスは角が人の上半身に擬態した鹿の仲間」なんてのもあった。作品としては「エリア51」がお薦め。
    ケンタウロスの解釈が斬新過ぎる
  33. 15>一般的には「不定形の流動性のあるゲル状生物で物理的な攻撃は効きにくく、接触した物を取り込み溶解捕食するが、餌を求め危険を回避する程度の知能しかない(本能行動のみ)」といったところじゃないですかねえ。 個人的には魔法が使えるほど知能が高いというのはしっくりこない。誰かさんのように人間に化けられるのはワーアメーバじゃないかと(笑)。   ドラクエ系もぶよぶよしているのはまだわかるけど、エンペラーやその色違いどもはもはや鉱物のイメージなのでスライムじゃないですね。 エヴァのラミエルをスライムと思う人はいないだろう(笑)
    D&Dだと「疑似呪文能力」という「なんらかの呪文に似た特殊能力」って扱いの能力が存在してて、モンスターが生来から備えてる超常的な能力はこれに含まれてるね。ゆえに「ファイアーボールっぽい火炎攻撃をしてくるスライム」なんかも成立し得る。魔力攻撃扱いでルール上は呪文攻撃とみなされるので、カウンタースペルなんかも出来る(が、詠唱などの予備動作がないのでやりづらい)。魔力攻撃扱いされない火炎攻撃をさせたいなら、ブレス攻撃能力を与えましょうって感じ。
  34. 41.>でもネクロスの要塞とかバトラーの聖剣とかはあのチープな単色PVC人形でこその味わいといいますか。逆に彩色済みフィギュアで商品化した時の事考えれば「生産コストハネ上がって売れる主要キャラしか商品化されず多彩なキャラが揃ってこその世界観の豊かさも活かせぬまま死んでゆくいつもの」ですから・・・ほんと完成品フィギュア商売は今オタク向け商売の基本になってるキャラクター大量投入商法とほんと相性悪い
    今の御時世に単色のが出たってどの道売れないって意味では「どっちみち駄目ならより自分が欲しい物の願望を垂れ流したい」ってことぢゃよー。
  35. >13 とあるサイトで陳宮の宝具について存分に解説した後「ところで言峰のサーヴァント化実装はまだかな?」とおもむろに言い出して吹いた。何をする気だ(笑)
    実際これで砲弾にされたサーヴァントとの人間関係はどうなるんだろう。
  36. Fate/zeroでセイバーが戦争にもルールがある。なければならない!って言って切嗣から一笑に付されるシーンを思い出した。まぁルールやモラルを気にする余裕があればそもそも戦争始めないよね・・・<人間の盾
    いやいや、戦争にはルールもモラルもあるべきだし、ありますよー。あるから「この程度」で済んでるんです。
  37. Fateにあるスキル「矢避けの加護」を映像化するとこんな感じなのか?敵弓兵からするとクソゲーだなこの軌道は!(笑)<プロテクション
    このキャラの元ネタがそもそもクー・フーリンだから、パロディなんだろうね(笑)
  38. 金を渡さない選択肢を選び続けると襲いかかってくるので彼は死ぬ  「本物のリッチになるのを手伝ってやろう、死人にするところまでだがな」
    「手伝ってやろうか? ただし真っ二つだがな」
  39. やはりゴブリンスレイヤー世界のゴブリンは恐るべき敵なのである>冒険者らが驚く100匹のゴブリンの討伐話をなんであの町の領主にまず話さないのでしょうかね? 所詮ゴブリンってことで領主は動かなかったのでしょうか?
    動員してる間に攻め込まれちゃうんだと思う。中世レベルだと、常備軍って基本的に無いもんなんですよー。
  40. 35>『王家の紋章』考古学大好きなアメリカ人少女・キャロルが古代エジプトと現代をタイムスリップしながら若きファラオ・メンフィスとラブイチャするロマンスですけど、1976年からの連載で現在単行本65巻、その間キャロルは実に20回(+未遂6回)も拉致監禁されるピーチ姫ぶり。犯人は主に横恋慕するヒッタイトの王子イズミルとその手先ですが、たまに墓荒らしの盗賊団とかアラブの富豪とかミケーネ海賊とか。奴隷市場で売られてしまったことも。
    それだけ攫われてたら、大変なことになってなそうだな!(もちろん、性的な意味で
  41. 23> ターニャ「『少女戦記』だったらもっと売れたのではないだろうか…」
    俺的には幼女戦記で一番気に入らないのがタイトルなのだが、多分このタイトルだからこそ注目を集めたであろうことも認めている。
  42. ゴブリンスレイヤーのロード戦、アニメではざっと200匹はいたな、チャンピオンも2匹に増えてたし
    結局この戦いで冒険者側の被害が具体的にどうだったのかが気になるんだぜ。直接描写された即死マンだけなんだろうか。
  43. >23 鉄血のマッキーとかレオンとかあるけど、そもそも語源の「ロリータ」からしてそんな話だったような?それはそうとして少女と幼女と童女の区別は大事。
    大抵「それは少女!!」ってのまで幼女とオタクは言いたがる。
  44. >>ごぶりーん 弾薬代がかかる系のサイバーパンクなどで雑魚にミサイルを持ち出すのはただのバカでしょうけど、変異種とか強化種とか居る可能性があるうえに上の方は本気で危険な領域なら、むしろゴブリン専属だからそれ用の魔剣とか所持しておくべきではないのか・・・?
    毎回苦戦してるしねー。ゴブリンベインのショートソードを用意しろ!!
  45. >>25 こういうのが高じてくると、ミサイル・プロテクションかけた戦闘機と、それを打ち破るための魔法迎撃システムとかの話になる。
    D&Dの高位レベルの戦いって、ECMとECCMの戦いじみてくるからねー。多重に張り巡らされた防御呪文を一つずつ抜いていく作業。
  46. 男前オカマキャラ>シュラトのレイガが好きだったなぁ。普段の余裕綽々な態度と、決める時のイケメンさが良い。
    同時期のオカマキャラなテッカマンブレードのレビンが特に好きじゃなかった(嫌いでもない)のに、レイガのことは大好きだったことから鑑みるに、その頃から好きだったんだろうなぁ(笑)
  47. 6>その母が17歳前後の時にはらませた30歳前後の父。うらやまけしからん。
    無責任過ぎて引く。
  48. 食べ物漫画がお好きだったと思いますので、こちらをオススメします。家庭料理をテーマにしたコンビニ本シリーズで連載されていたので、家庭料理をテーマにして心がほっこりあったかくなるようなお話が多くてオススメです。あと、準レギュラーの眼鏡っ子小学生がかわいいです。 URL
    買ってみたよー。後で読むー。
  49. バルダーズゲート、NPCキャラ追加されて出てたんですね2以降はインフレっぷりが凄くて好きでした
    D&Dの超高レベルまで育てられるゲームって夢の存在だったわー。
  50. 34> ちょっと違うけど、アニメ版ギャラクシーエンジェルのOPは全編歌詞のパロディでお腹を抱えて笑ったなあ、作品のノリ的にあのシーンが本編に登場してもおかしくないのがまた凄かった。
    後のスペースダンディであるってくらいにはなにしても許される作品だったな!!
  51. FGOバベッジ  こいついざとなったらキャストオフして中からなんか出てくるんじゃないのか
    マトリョーバベッジ
  52. カードゲームのマンチキンってあったよなーって調べてみたらめちゃくちゃ拡張出ててびっくり。人気あるんだなー。
    基本セットだけ日本語版持ってるわー。
  53. 真意看破判定って、相手(DM側)も可能なんですよね?こいつらはこちらの言う事を信用せず、疑ってかかってるな。よし、敵対的行動を取ったと認める!なんて判定がなされるんじゃないか、というのは被害妄想ですか?
    誰であろうと可能です。なのでNPCに対してプレイヤーが「こいつ疑わしいな」と思った場合、DMとして「プレイヤーは疑ってるようだけど、キャラクターはどう思ってるの?」とまず確認し、「キャラも疑ってます」と明言した場合は、DMが真意看破判定し、数値次第では「あ、コイツ俺を信用してないな」と見抜くことになる流れだね。なので「疑ってることを隠したい」なら、「はったり技能」で対抗ロールを行うことになるので、相手に本音を見抜かれたくないのならはったり技能をちゃんと育てましょうってことになる寸法。とどのつまり、被害妄想でもなければ、嫌がらせマスタリングでもなく、至極順当に「疑ってるのがバレたら相手は相応の態度を取る」ことになるねー。
  54. ワーウルフと言えば、お約束の通常武器無効。ダメージ0表示はそのせいだったりしません?経験値が入っているので、倒してはいるのですよね。
    さすがにそんな初歩的な勘違いはしない(笑) 徹頭徹尾ゲーム開始以来あらゆる戦闘がこう。……で、今は解決手段を見つけて対処済みー。
  55. あの世界はマーシャルゴブリン・アドミラルゴブリン・アークゴブリン・ゴブリンタイクーン・ゴブリンエンペラーなど色々いるのかもしれない(笑)
    スーパーウルトラグレートデリシャスワンダフルゴブリン
  56. 突然ですが。大佐の宿敵たるトドって駆除の為にハチロクことF?86セイバーが出動した事があるそうですね
    別に宿敵じゃないよ!?(笑)
  57. 『将棋指す獣』はご存知でしょうか。 何か過去にわけありの眼鏡っ娘がプロ棋士を目指す将棋マンガ、作画とキャラ造詣にだいぶクセがあって好き嫌いは別れそうですが話は面白そう。 対局中は眼鏡外してしまうのが難(笑)
    外すんかーい!!!
  58. 19>割合的に意外と低いと思ってしまった。掛かりつけの皮膚科の先生がお年を召してらっしゃる(配慮)ので、2割くらいの確率で調剤薬局で確認されてしまいます。薬の本数とか種類とか。
    十倍!!!
  59. サーヴァントVS.サーヴァントの仮想戦闘に定評のあるワダツミさんに質問です。赤司、葉山、実渕、根武谷、黛の洛山チームVS.黒子、青峰、黄瀬、緑間、紫原の奇跡チームが本編終了後に試合をしたらどっちが勝ちますか?毎日暑いので水分しっかりとっりつつ教えてください!
    いくら赤司さんでもそれは流石に無理なんじゃ!?
  60. マンチキンとは>自分はコンベンションとか行かないし身内プレイのみなのであからさまなそういう「破滅的なオレツエー」なプレイヤーとは出会ったことはありませんが、仲間内でTRPGを始めたころにはだいたいみんな「いわゆるオレツエー」をしてましたね(笑)。プレイヤーが「ルールの隙をついてGMをやりこめる」と「GMが隙なくデータを詰めてきすぎてプレイヤーが詰」んで、っていうのを繰り返してだんだん「オレツエーで自己満足するより、全員が一番気持ちいい展開を経てシナリオを達成する」ことが楽しくなってきた感じですね。 あと俺は「データで活躍するよりプレイで楽しみたい」系なので、キャラづくりにこだわりすぎて弱いデータでゲーム始める(まったくの役立たずにはならない様には気をつけてますが)という、ある意味困ったプレイヤーです(自覚あるからなお始末に悪い
    TRPGは身内で認められてるならなにやったっていいし、それを外野が口出しするのは野暮の極みだしな!
  61. 現実の軍隊がドラゴンと戦っても一切歯が立たない>なるほど即竜破斬!はいそこ詠唱始めない!そう聞けばそりゃリナはほんと出鱈目性能だったんだってなりますなぁ・・・全然関係あるようなないような話ですがソードアートオンラインのアニメでヒロインの母親が娘が遊んでるネトゲにやってくる話があったんですが、その母親役が林原めぐみさんがあてておりまして、まぁ、その回の放送時には日本中あちこちの視聴者のお宅から な ぜ か 「黄昏よりも昏きもの以下略~」の詠唱が上がったという・・・
    D&Dのスレイヤーズサプリメントでも、ドラグスレイブの威力が尋常じゃないぞ(笑)
  62. 犬はキャベツ食うけどオクラは食わないのか
    いや、犬全般の話ではなくて個体差な気がする。
  63. 15>「ジャーナリスト」と一緒で「俺はスライムだ」って言えばスライムなんだよ!
    俺がガンダムだ!!
  64. いやあおっきーがマジで林檎柄の呼府五枚めまででなかったんですけどこんなもんですかね?星5ですらないのにこんなにでないとはFGO舐めてたメルト用の弾が追加予算になってしもーた
    星4を1枚欲しいだけでそこまで沼ったことは俺はないかもなー
  65. a. 33>本編1話だと若干挑戦的と言うか好奇心が抑えきれない感が有る言い方でしたが、今なら「街を泣かせたりおやっさんの死の遠因となったフィリップの罪に対する贖罪の心」が入り混じった良い表情になりそう。
    b. 33>あのくそ強いおやっさんが死んだ理由づけも、翔太郎が子供の時から風都大好きマンだったことも、フィリップがおやっさんとの邂逅で感情を揺さぶられている様子も、全部最高でした。後は園崎家の不仲っぷりも。
    c. >33 むしろ本編の展開にモヤっとするものがたまにあったので、「キターッ」でした。脳内nobody's perfect流れまくり。
    そして「サイクロンスカル……それはそれで見たい」となった。
  66. まあ、実際。ゴブリンスレイヤーの原作でもそう書いてあるらしいが。身近な脅威であるゴブリンを進んで根絶やしにしてくれる存在がいれば、それはRPG的には讃えられないアンサングな行為であっても、身近な弱者にとっては感謝すべき人ではあるよね。華やかではないいけれど。
    むしろ「RPG的」という表現ならば「プレイグループ内で認められてるなら、なんであれ認められる行為」だと思うわー。
  67. 日本では「オレツエー出来ればそれでいいプレイヤー」>やべぇ
    コンベンションには「持ち込みキャラ」という悪夢も存在しての……!!
  68. a. 鎌倉武士「肉の盾ごと射殺せばよくない?」
    b. >>人盾 あー、鎌倉武士相手にやってみたら、意に介さなかったので重いだけで意味が無いどころか「あいつらあんなことするってーことは、あれやられたら嫌らしい」てことでやり返されたりした人盾じゃないか! 個人的にこのシーンみて思ったのが、あれ並べて進軍できるならやっぱゴブリンてかなりフィジカルモンスターな種族だよなー。重心は全て盾側にかかってんぞあれ。とかでしたけど
    c. 流石にその肉の盾は抜けないにゃー← 個人的には下手に肉の盾に攻撃すると周りの目がめんどくさいよね。となると、正攻法だったら側面からの挟撃辺りをまずは考えるな……。
    並の大人以上の筋肉描写が困る(笑)
       
 
 
 
 
 
 
 

サイト内検索っぽいモノ