HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
同人委託情報
  

とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス booth
 
読了本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!





日記ログ
■2019/09a
■2019/08b
■2019/08a
■2019/07b
■2019/07a
■2019/06b
■2019/06a
■2019/05b
■2019/05a
■2019/04b
■2019/04a
■2019/03a
■2019/02b
■2019/02a
■2019/01a
■2018/12a
■2018/11a
■2018/10b
■2018/10a
■2018/09b
■2018/09a
■2018/08b
■2018/08a
■2018/07b
■2018/07a
■2018/06b
■2018/06a
■2018/05b
■2018/05a
■2018/04b
■2018/04a
■2018/03b
■2018/03a
■2018/02b
■2018/02a
■2018/01
■2017/12b
■2017/12a
■2017/11b
■2017/11a
■2017/10b
■2017/10a
■2017/09b
■2017/09a
■2017/08b
■2017/08a
■2017/07b
■2017/07a
■2017/06b
■2017/06a
■2017/05b
■2017/05a
■2017/04
■2017/03b
■2017/03a
■2017/02b
■2017/02a
■2017/01b
■2017/01a
■2016/12b
■2016/12a
■2016/11b
■2016/11a
■2016/10b
■2016/10a
■2016/09a
■2016/08b
■2016/08a
■2016/07b
■2016/07a
■2016/06b
■2016/06a
■2016/05a
■2016/04a
■2016/03b
■2016/03a
■2016/02b
■2016/02a
■2016/01a
■2015/12a
■2015/11b
■2015/11a
■2015/10b
■2015/10a
■2015/09b
■2015/09a
■2015/08
■2015/07a
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

9/17
ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン #4

 
 ゴブリンスレイヤーを知らない人の中には、一連の「別に同じ縮尺じゃない表紙」だけ見かけて彼が巨漢だと勘違いする人もいるのでは(えー

 作中のTRPGネタ解説ですが、ゴブリンスレイヤーTRPGのことではありません。D&Dと関連付けて勝手に語るだけです。そしてワダツミが何の説明もなく「D&D」って書いた場合、3.5版かそれ以前のことです。たまに4版や5版の話もしますが、そのときは注釈します。多分、気がつけば。他のTRPGの場合は、流石にそのことを書くはずです。きっと。恐らく。
 あと「D&Dでこうだからゴブリンスレイヤーの描写はおかしい」という意図は一切無いので誤解して怒り出さないようにね!!
 また、基本的にあくまで「作品考察」ではなく「ゴブリンスレイヤーにかこつけてD&Dのことを話してる人」なので、記事にしている範囲内で明確に描写されていない部分に関しての「原作では~」「作者の発言では~」といったコメントはナシとさせて頂けると幸いです。これがまた「原作で○○って描写されてたのを自分なりに解釈したらこうです」と「原作で実際に描写された」のどっちも「原作では~」という流れでコメント頂いたりするので、見分けがつかなくて「原作では」「作者の発言では」情報ですら矛盾が多く、対応しきれんのですよ~。あとぶっちゃけ話が脱線しまくって際限がなくなるのも大変!!


 
 今までにも言及したことが度々あるけれど、ここでも「回復呪文って話作りに邪魔に思う人は多いだろうなぁそりゃ」な感じに(笑)
 こーいう格好良いシーンもD&Dだと「呪文で治せるけど?」と台無しだーっ!!

 四肢欠損や同等の肉体損傷を再生する呪文や、「すべての病気を治す」とサラッと書かれてる呪文が、然程大金を払うことなく(庶民にとっちゃ大金だけど、低レベル冒険者でも持てる一番安い価格帯のマジックアイテム買うよりは安い)、冒険者が一度の依頼で使う必要経費と比べれば可愛いレベルの金額で掛けてもらえるもんだから、「隻眼や隻腕の戦士」は「大して強くなく金が無いから治せないだけね」みたいな存在になっちゃうのよね。
 無論「因縁を解決するまでは治さない」っていうこだわり設定は可能なんだけど、「わざわざ生存率下げる自殺行為をする人」を「容易に治す手段が無い世界」と同じくらい「格好良い」と思えるかどうかは難しいところ。

 
 ちゃんとした衛生観念!! 医療レベルが19世紀前半の地球よりも進んでいる……!!!
 昨日ちょうど、冬コミのゲスト原稿で「異世界転移してきた主人公が、100億%善意で美少女修道女に『中世レベルの医療知識で治療されそうになる』ってネタを書いたところでタイムリーだ(笑)
 中世レベルの医療ガチャは十中八九「やらないで水洗いするだけの方が治りが早い」っつー恐ろしい状況だからな。
 ちなみにこのシーンの「治せる人間から優先する」ってのは、いわゆる「トリアージ」を実践しているんだけど、このシステムも近代の野戦病院の産物だったりする。
 まぁモブの間違いを有能キャラが否定しているシーンであり、この世界の常識としては近世以前のものって可能性もあるけどね。
 でも皆清潔感溢れてる世界だから、やはり「田舎者が物を知らない」だけで、都市部じゃ衛生観念がナイチンゲール仕様なのかもしれん。自分が異世界転移するなら最低限このラインはクリアーされていて欲しい(笑)

 
 ボッタクリ商店!! もといボルタック商店!!!
 鑑定価格が店頭価格の半額で、鑑定料も店頭価格の半額だから、そのまま売ると一銭も儲からんのだが、自分で司教を用意して鑑定して売るようにすれば、何の役にも立たない呪いのアイテムすら数千ゴールドで買い取ってくれる奇跡の優良店!!!
 そして鑑定料が一律じゃないことから、慣れてくると鑑定料を見ればどんなアイテムかわかるようになる(笑)
 ……ってこの店は流石に鑑定料は不明か。D&Dも買取価格は定価の半額なんだけど、販売価格の半額で買い取りは現実と比べたらとんでもない高額査定よな。

 
 モンスターマニュアル!!!
 モンスターに対する知識の共有に熱心(情報のマニュアル化が行われている)だか不熱心(割には初歩的なレベルで間違った知識で舐めプする)なんだかわからぬ世界になってきた!!!(笑)
 でもまーモンスターが日常茶飯事な世界でこーいう本が無いのも割と不思議な感じなんだよな。例えばD&Dは「知識:自然」とか「知識:次元界」とか「知識:ダンジョン探検」なんてジャンルに分かれてるのをそれぞれ個別に取得して、そのカテゴリーに含まれるモンスターに対する知識判定のみ行えるわけだけど。知識担当やるキャラなんてみんな知力がクソ高い(それこそ漫画的な表現のレベルで頭がいい)んだから、「モンスターマニュアル的な本を丸ごと暗記してます」とか余裕ってことで、「名前も大雑把な能力もわからないモンスター」とかだいぶ減りそうな感じ。
 情報化社会じゃないからそんなもん無いって割には、現実の大昔にすら「怪物図鑑」みたいな本は存在しちゃってるからなー。それに載ってる怪物が実在するかしないかの違いはあれどっていうか実在してる世界のほうがよりハードルは低かろう。全世界モンスター図鑑はやり過ぎにしても、その土地々々で「ご当地モンスター図鑑」はありそうで。もちろん公平にリアルに考えたら「大量の間違った知識が混じっている」ことにもなるわけで、対モンスターの知識判定で嘘情報を掴まされることがないことで相殺感はあるっちゃあるが。
 実際問題、プレイ中に「これから海に出ます」って流れでPCが「ここ大都市ですよね? 図書館で海に出るモンスターの情報予習したいです。無論金払う」って言われた時に、困るんだよ(笑)
 システム的には「技能ポイントを消費せずに知識技能が上昇されては困る」し、「レベルアップ以外で能力上昇はかなり特例的な処理」で、図書館行った程度でアップされても困るというか、日頃冒険してない時にそうやって地道に勉強してた結果が、レベルアップ時の技能上昇で。
 しかしマスターとしては「調べても一切知識の足しにならん」ってのも不自然で嫌なんだよねー。「このシナリオ中だけ海洋生物に対する知識ロールに+2されますがその後記憶喪失します」か。それとも「レベルアップの先取りしていいです。次のレベルアップ時に必ず知識:自然を育てるなら、今その分上昇させていいです」とかなのかねー。あとは図書館の利用料を呪文サービス並みに高額にするのもありかなー。時間制限さえなければ毎回のように予習できるような低コストだと困るからなー。


 皆ならどうします?(絶対に否定レスはしません

 
 こちらが我が家にある最古のモンスターマニュアルである、AD&D第1版のMM。
 数多の日本ファンタジー作品の「怪物」の底本として多大極まりない影響力を与えた栄光の1冊で、80年代を代表する「黎明期の国産RPGの名作たち」のモンスターは多くをこの本(及びその後に出た追加サプリメント)から頂戴している。その中でも飛び抜けたビッグネームが、ザナドゥ、ハイドライド、ドルアーガの塔、ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジー等。

 
 猛威を奮っていたロックイーターの元ネタ……というわけでは無いパープルワームさん。
 流石にD&Dでこんなのが穴掘って近付いてきたら聞き耳判定に失敗する方がおかしいので、気がついたら後ろで歩いてたのが喰われてたなんてことにはなりますまい(笑)

 
 親戚のフロストワームさんもお目見え。
 どっちも身体の多くを地面の下に残しているんで、実際には遥かに長いことに(笑)

 
 そーいや「技能参照の判定方法に困ったら冒険者レベルで判定」なソード・ワールドに対して、D&Dはキャラクターレベルがなんらかの判定に用いられることは殆ど存在しないんだよねー。何らかの呪文や特殊能力の効果を受ける際に、レベル参照して効果が変動することはあるんだけど。レベル15の冒険者が技能:生存のランク0だったら、野外活動の素人です。どんだけ修羅場をくぐって人外魔境を旅してきたとしても、その経験からなんら学習してない扱いです。現実でも「なんでその経験を活かせないの?」ってケースはあるわけで、「ゲームだから起こる変なこと」ってわけではないですの。
 ……いやまぁキャラが学習しない人だと心苦しいんで、適宜技能ポイントを振って育てて欲しいんですけどね! 世間一般的には「役割分担すりゃいいことだし、戦闘の役に立たないから要らない」とガン無視されるのが日常茶飯事です。邪神の化身をも倒す高レベルのパーティーだけど、ロープワーク技能は誰も持ってません、とかは公式リプレイでもそうです。

 
 D&Dの狼も「足払い強化」を持っているんで、駆け出しの冒険者にとっては恐るべき強敵として猛威を奮います。
 攻撃喰らって足払い強化で自動的に足払いの対抗ロールに持ち込まれ、負けたら転倒! 倒れてAC下がったところに群がられて死ぬ!!

 
 D&Dにはノールっていう二足歩行ハイエナのデミ・ヒューマンが存在しておりまして。
 灰と幻想のグリムガルの人間サイズなコボルドを見て「こいつらコボルドってよりノールじゃん」って思ったくらいには、日本人のイメージするコボルドってこっちだよなって見た目してるんだけど。実はノールよりもハイエナの方が強い(笑)

 人間より狼のほうが強いのはわかるんだが、ハイエナが二足歩行して体格が増して武装した結果弱くなってるのは笑ってしまった。


 そしてもはやゴブスレの内容とすら関係無い、完全にD&Dだけの話題を唐突にするんだけど。
 暇な人は、以下の呪文とアイテムの効果説明を、ゲーム的な解釈とかは一切気にせずにフラットな気持ちで読んでみて下さい。

 
 ロープ・トリックの中にバッグ・オヴ・ホールディングを持ち込んだらどうなると思います?(笑)
 クイズじゃないので、「正解を当てる」必要はありません。自分がマスターならどう裁定するか、という視点も必要ありません。ただ純粋に「自分ならこうなると思う」をお教え下さい。

 あ、でもここだけ補足説明しとかんといかんかも。バッグ・オヴ・ホールディングの「いかなる次元にも属さない」ってのは、多次元世界をプレインズウォークするのがそんな珍しくないゲームなんで「袋の中がどっか別の次元繋がってて、その次元の住人にパクられる危険があるわけではない」ってくらいの文脈で、どこかの名もない異次元空間ではあります。
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!

  1. a. 罠発見→解除の確率は23%!>罠や鍵の方に難度を設定してないのが最大のミスかな?
    b. クラシックD&Dシーフ>そこまでとなると、鍵側とか罠側に判定がはいったら判定に+補正が掛かる様な(簡単な鍵ならロックとしてはマイナス補正、鍵開けする側としてはプラス補正的な)仕様でもないと納得できんよなー。ヘアピンあれば素人でもあきそうな簡素な鍵ってむしろよくありそうなもんだし
    難度設定あるよ~。これが「普通レベル」なんで、高レベルの遺跡探検とかすればもっと確率下がるよ~。もちろん簡単なら20%くらいボーナス付いたりもするんだけど、あくまで「普通レベルより簡単な場合」でしかなくて、それと遭遇する低レベルのシーフなんてそれ貰ったからって焼け石に水という。
  2. 10>ベテラン勢はもっと稼ぎのいい仕事をするのではないかと、魔法の武器とか高そうだし
    「揃いも揃って」と書いたんだよー。
  3. a. 21>スパイダーバースのアーロンおじさんが…あれはキングピンの銃が超弩級の威力なんだろうか
    b. 〉ジャイアントロボ 水田麻里の漫画版では対アルベルト用に集められたエキスパートらがイワンに普通に射殺されてしまいますからねー
    c. 個人的な「なんで急にそれで大ダメージ受けるの!?」展開の代表はTFザムービーですね。本編じゃ爆発したりばらばらになっても無事な司令官が普通に死ぬという。あと3作目のヘッドマスターで逆に映画ではバラバラになっても復活したマグナスが普通の銃撃で死ぬという。どちらも共通して新商品の宣伝のためという制作側の都合ですね。
    トランスフォーマーの玩具の都合による無慈悲さは凄いよね(笑)
  4. 26>五指爆炎弾(フィンガーフレアボムズ!
    そうそう、それそれ。
  5. 38>このネタって野崎くんが本でいいのかな。もっと前からあるイメージなんだけど
    テンプレ化した……というか野崎くんのが画像レスとして常用されるようになったねー。
  6. 48>依頼を受ける頻度というのもあるのでは? ゴブスレさんは毎日ギルドでゴブリン案件の有無を聞いてそうだし、作中では一度に2つ受けたりしてるし、初心者パーティの数倍は仕事をこなして(成功させて)いる気がします
    んーと、それでかなり儲かる(ゴブスレさん見る限り)なら、駆け出しじゃない冒険者がチームとしてゴブスレさんより高い戦闘力で、彼みたいに怪我して消耗する頻度も少ない状態で回転させて儲けることも可能に思えちゃうなーと多いつつ、可能じゃないから誰も他はやってないんだろうねーという気分! 結局作中で「そうなってる」んだから、そうなってるんだろう(笑)
  7. >23 本編1話で新人パーティがやらかしたミスの大半をゴブスレさんもやらかしてるんですよね。それでも生き残れるのが主人公補正
    ゴブスレさんが美少女だったら危なかった……(違
  8. >50 最初からチートなのは苦手だけど1期をクリアしてきた主人公がこういうの見せつけてくれるのは好き。いやまあジルは1期1話から実は(装備さえちゃんとしてれば)すごかったキャラではあったけれど
    らめぇ、とか今はもう懐かし過ぎる表現だなぁと観ながら思った(笑)
  9. >62 近年は死亡イベントとの兼ね合いもあって「死亡ではなく戦闘不能」も多いですけどね。あとは主人公が不死人でゲーム中の大半をグロ姿で過ごすゲームとか
    システムに守られてる不死身だが話の都合により即死する!
  10. 〉ゴブスレ世界 作者によると銃が一般的に広まったら利便さ故に弾薬も普通に広がりゴブリンが普通に入手出来るようになり普通に使いこなされてしまうのだそうな
    すまぬ。感想のところの注意書きにも書いたんだけど、「作中で描写されてないこと」はNGでお願いねー。で、それはさておき銃に関してはちょっと前にもここで話題になってて。「銃が一般的になるくらい人間社会が豊かだったら、人間側の戦力もさらに強化される筈なんで、ゴブリンが銃で武装したからって相対的な戦力差は埋まるどころか(人間側が強い方に)広がるんじゃないかなー」って話を。
  11. 〉ゴブリン退治 多分ある程度ランク上がったら「えーマジでゴブリン退治ー?」「ゴブリン退治が許されるのって超低ランクまでだよねー」と依頼に悪影響受けるくらい悪い評判立つのでは。故郷救われた戦士がゴブスレさんに礼を言うのすら躊躇うくらいだし
    圧倒的舐めプ!!!
  12. 48> ゴブスレさん数件掛け持ちとかするからね。一件の報酬が少なくても浪費せず5年も続けていればそれなりにお金はたまるんじゃないかな。ゴブリン退治にしてもピンからキリで村の近くに住み着いたハグレの始末から洞窟の殲滅まであるわけだし
    貯まった端から使った結果貯まってないから農場防衛戦で報酬支払えないんだろうなっていう(笑)
  13. 10>ゴブスレパーティーってあまり報酬に興味が無いのかも銀等級のわりに武器や防具に魔法装備がないし宵越しの金は持たないって感じでもないしそれなりにバランスとってる気がするけれどどうなんだろう?
    え、銀等級パーティーなのに誰もマジックアイテム装備してないのか。
  14. 56 盾持ってるのに盾スキル無いのは認めない >RPGとか関係ないけど、ガンダムネットワークオンライン2(GNO2)では盾装備してるMSは盾スキルなしでも盾防御発生率が50%くらいあって、ジオン側でプレイしてるとMS登場以降(2作戦目)は苦行でした・・・ジオン側はまともな盾装備機はグフ(活躍期間は短い)以降はギャン・ゲルググまで待つのに、連邦は陸ガン・陸ジム以降もGMの大量配備、RX-78-2が艦これで例えると戦艦ル級くらいのスナック感覚で出てくる(1編成で1機限定ですが)、と勘弁してくれと嘆きたくなった。せめてザク2の右肩の盾をスモールシールド(陸ガンの盾)扱いにしてくれれば・・・これをすると1作戦目(連邦はザニー以外のMSは終盤で陸ジム開発できるまでなし)が連邦の勝ち道ないんだろうけど、逆に言うとジオン側が有利に進められるのって、ここだけなんだし
    盾なんてクソ重い増加装甲を装備しているデメリットを軽視してメリットが強いって感じなのかなー
  15. >53 超思う>画面に映らないだけで部下を従えて戦ってるんだろう   アカネイアパレスとかアリティアとか、10人ちょっとで城落としてるぜこいつら!て(笑)
    マムクート数人で城を落とすとかはわかるが、人間1個分隊は少な過ぎる(笑)
  16. 青箱の思い出。盗賊の使え無さは当時から思ってた&ファイアボールとか派手に戦いたい、モンスターや罠を出したいというPC、DM双方の希望もあってLv5スタートを良くしてたなぁ。だが、グリムトゥースのトラップをノーヒントで出した事だけは許さねぇ。
    最近翻訳版が出たばかりのグリムトゥースさん。
  17. a. 2>正直、1部中盤くらいまでの絵柄が好きだった。だんだん濃くなりすぎでなぁ。あれはあれで味があるとは思うけど
    b. >2 王ドロボウJINGは最初の最初こそ正統派な少年漫画の絵柄だったのが、連載を重ねるごとに画力が進化していって、最終的に「ここまでの画風となると、流石に児童誌のボンボン向けじゃないよね」ということで、青年向けのマガジンZに移籍した異例の経歴なんかもありますね。懐かしいです。弟子はロボポン、孫弟子はデビチルと師弟関係も非常に濃厚。 by T・M
    c. 2>いうてボンボンは対象年齢間違えてるんじゃないかってくらいエロかったりグロかったりダークな作品結構あったからね(笑) デビチルも絵柄の変化すごかったな。あとやっぱりヤエちゃん
    d. 2>思えばガンガンで「鋼の錬金術師」が連載され始めた時、「王ドロボウJING」みたいな漫画だなと言うのが第一印象だった。実際はかなり泥臭い(揶揄ではなく)作品でしたが。
    「だんだん濃くなりすぎた」で真っ先に思い浮かぶのが見田竜介の絵柄(笑)
  18. 25>まあゲーム的に距離が長すぎると夜間行動は敵に即ばれと同義になりかねないから敢えて短くしているとも考えられるけど。もしくは暗視系が必須になるかだな。どの道敵側を無能にしないとなりたたせずらいという部分でもありますが。
    完全な暗闇でロウソクの灯りが30メートル離れただけで認識できなくなる世界の灯台はなぜ存在しているんだろうという(笑)
  19. a. 27>絶対に動かない指標がない以上、どこからどこまでが誰の土地かを誰が証明できるかという話になっちゃうからね、そこら辺は現在ですらもめるからね、仕方ないね
    b. >>27 集落近くなるじゃろ?水源水路が近くなるじゃろ?水少ない時は時々見に行って自分の田圃に水はいるようにするんじゃ
    水源問題はマジで殺し合いになるからな。
  20. 33>あまりに報酬がいいと絶対裏があると誰もが様子見にするけどゴブスレは関係なくつっこんでいくとかも考えらえるが、まあないよなー
    そこを一切精査してくれないくせに仲介料だけは取るギルドは仕事しろよ過ぎるしねー。嘘看破呪文とかある世界で。
  21. 5>「遠隔操作型の自由電子レーザー搭載型衛星砲」だそうです。ラ・ギアスだろうとバラルの園でも届く素敵兵器。マイクロテスラドライブをミサイルに積んで放つ1発で数十発分のコストの「MTDMシューター」と言い、だれが作ったこんなの過ぎる。ちなみにイスルギ製「サイリオン」は、そんなMTDMを一度に12発放つランチャー(×弾数10)を持つ量産機。どれだけ潤ってるんだ…
    金持ち相手は恐ろしいな!!!
  22. 66>マジックシールド 「シールドバッシュの破壊力、思い知るがよい!!」
    マジックソードよりもずっと攻撃力たかーい!!!
  23. 松明 > 日本に住むようになった外国人女性が懐中電灯を買おうとしてなぜか「日本語では TAIMATU と言うのね」と誤解し、どの家電店に行っても「うちでは扱ってないです……」と困惑される実話マンガがありました。
    店員側、誰も照明器具を欲しがってると察してはくれんかったか。外国人だと、懐中電灯持ってるジェスチャー絶対してそうなんだけど(笑)
  24. >ユイ少年の出来心を見て黒執事の孤児たちの言葉を思い出しました。「人はどんどん贅沢になるな。あのドブにくらべりゃ天国なのに、  もっともっとって考える」。ただ、盗難で得られる大金はその場限りでしかなく、その手段で確保し続けるには犯罪者になるしかない。逆に真っ当に働き続ければ量は少なくても定期的に確保できる。教養が得られなかったというのは、彼の様な悲劇を生むんですね。主人公が人格者であった事から少年は再起を許された訳ですけど
    この少年の場合、別に「これからここで雇う」って話じゃないので、「真っ当に働けば」って選択肢すらなかったからねー。
  25. >23 後から始まった過去編大好き、ロードス島伝説とか。
    本編でスッゲー強い年寄りとか伝説の英雄とかの全盛期時代の話が超好き。
  26. アニメ版このすばのあの揺れも凄いし重力にも負けてるノーブラおっぱい描写への執念なんなんでしょうね。
    あと垂れ乳ぶりが良い意味で大評判だったな……(笑)
  27. 遊戯王ヒロインは初代から順に袖あり、ノースリーブ、袖あり、ノースリーブと来たからアークファイブは普通の服だろうと思ったらノースリーブで次のブレインズが袖ありと逆パターンに。次作はどうなのかしら
    そろそろメインヒロイン眼鏡っ娘来てくれ。
  28. SFとしてどうかよりも眼鏡っ娘が眼鏡を外すかどうかの方が重要でな > 「彼方のアストラ」かな
    そうそう、それそれ。
  29. ボードゲーム部 愉悦プレイ …グルグルと歩き回ったり、されましたか? by エルドラン総受け
    残念ながらそんな広々としてない!!(笑)
  30. 中華一番!極で「黒ゴマをプラズマ化させ、宇宙気圧を呼び込んで真空切断することで滑らかにすり潰す」という何を言ってるんだか分からん技が出てきました。と同時にこの無茶苦茶さが中華一番らしくて嬉しい。
    ブラックセサミプラズマスペースプレッシャーバキュームスラッシュソリッドクラッシャー!!!
  31. 10>水の都での報酬の払い方が一人当たりなので、ソロで受けても集団で受けても一人当たりの報酬って同じなのでは? それにロード戦の報酬がゴブリン1匹に金貨1枚ぐらいで、ゴブリン退治の依頼料が金貨10枚ぐらい。仲介料で大量に削減されていないのなら、一人でゴブリンそれなりに倒せる自信があるのは、ダッグやトリオでゴブリン退治で稼ぎまくる人らがいてもいいと思います。
    貧乏な爺さんが有り金はたいて「この金額じゃ駆け出し数人しか雇えない」扱いだったんで、依頼によるのかもしれないねー。ゴブリン周回するパーティーがいてもおかしくなさそうってのは同意。……まぁいないみたいだけど!!
  32. 52>アニメでやっている辺りを漫画版で大佐がどんな感想を抱かれてたのかを読み直してみようとしたのですが、上手くサイト内検索にかかりません。タイトルを弄られていたからかな?
    感想書いてないんじゃないかな(笑)
  33. 大佐、最近更新間が開いてるわけでもないし、漫画感想あるしアニメ感想あるしゲーム感想あるし映画も見てるみたいだしTRPGもしてるみたいだけど、睡眠時間削ったりとかしてない?時間配分とか大丈夫?なんか心配になってきたのだ…。
    これからボックスガチャだぜ忙しくなるぜと思ってたんだけど、中身が全部有り余ってる素材だったんで平穏に暮らせそうである。
  34. 自然のお呼び…ビホルダーってトイレ行くの?
    なんせ生き物だからな!!
  35. リトル・ロータス> 最初「リトル・ローリタ 」と読んでしまい、「世間ではもう表紙の子くらいでもロリに入るのか」とか考えてしまった。
    高校生だしな!! そりゃーそうだぜ!!
  36. 58>ゴゴゴゴゴ・・・・
    新手のスタンド使いか!?
     
9/16
  リトル・ロータス #3

 
 日本人の大学生が、色々あってベトナム人の女の子と同居して食堂を経営することになる漫画だ!!

 具体的に書くと、爺ちゃんが婆ちゃんと見合いする前にベトナムで働いてた頃に作った恋人がいたんだけどベトナム戦争直後の混乱で置き去りに帰国せざるを得なくて隠し子状態となり密かに生活費を仕送りし続けてるうちに天寿を全うしたもののその後両親が交通事故で死んだので自分が引き取りたいと思うが怪我して入院中の身なので主人公代わりに行ってきてと頼まれて来てみたら断られてだけど独りほっとけなくて困るーでも俺日本で就職内定してるしーでもやっぱりほっとけないから彼女(15歳)が大人になるまでこっちで一緒に暮らそう!!!

 
 というわけで調理師免許も持ってない「単なる料理好き」な主人公が慣れない土地で四苦八苦しながら復活させたヒロインの両親の食堂も、最初のてんてこ舞いが一段落しての3巻!!
 ふとしたきっかけで知り合ったストリートチルドレンに、食事をご馳走するのであった。料理漫画なのだぜ。

 
 で、主人公は彼を単に「貧乏な家庭の子供」と思って家まで送っていったら、両親いないし寝床は路上なことに衝撃を受けて。
 だがヒロインは教会で奉仕活動をするくらい「ちゃんと行動している」上で「悲しいことだけどここじゃ日常茶飯事だぜ」と、悲しい現実に悶々としている主人公を諭すのだが、大雨の日に我慢できずに保護してしまうのであった。

 
 ちなみに子供は1巻で主人公がパスポートごとリュックサックを引ったくられて途方に暮れていた時に、「こっちでごはんがもらえるよ」と、ヒロインが奉仕活動している教会まで導いてくれた子供と同一人物で、まさしく「情けは人の為ならず」な素敵展開だったことを、今回改めて1巻を読み返して気付いて泣いた。
 作中では別に「あのときの子供!」とかいう「お前そんなのよく覚えてたな」なシーンが一切なんだよ(笑)

 
 泊めた翌日はお店の手伝いを買って出るボーイ。器用で愛想の良い働き者ボーイ。
 ……そしてこのページの引きで「この先の展開」に察しが付いてしまった方もいるかと思います。俺も「あ、ヤバい」となったよ! なったさ! なったとも!!

 
 いい子だ……この葛藤も賢くていい子だ……!!!
 でもその不安が本当に「そうだよね……そうだよね……」と涙なくして見れぬ!!! その不安も最もなんだよな!!!
 こんだけ苦悩してくれるだけ立派なんだよ君は……!!!

 
 そして警察にストリートチルドレンに不釣り合いな大金を持っていることを見咎められて保護連絡が来て、事情聴取では「うちの従業員なんで彼は泥棒じゃないよ」と誤魔化し、「もう、こういうことはしちゃ駄目だぞ」じゃなくて「もう、こういうことはしなくていいよ」と言いながら連れ戻した主人公がもう最の高で。ボーイに「自分が罪を犯させてしまった」と思える君は素晴らしいんだぜ……!!!
     
  ■ボードゲーム部

 
 誕生日プレゼントで貰った聖杯戦争をしたよ!!!
 マスターとサーヴァントをランダムで選ぶので、原作通りの組み合わせになる確率は低いぞ!!
 ってわけで直接戦闘しまくるゲームなんだけど、競うのは「相手を殺して脱落させる」のではなく、勝利点の積み重ね。倒したら勝利点を得られはするものの、負けた方は「勝利点を得られない」以外のデメリットもなく戦い続けられる。
 全10ターンある中で、8ターンで3人、9ターンで2人が「勝利点が低い順に足切り」されていき、ファイナルターンで決戦だ!! ……と思いきや、やっぱり「別に戦わなくても勝利点さえ高ければ聖杯ゲット」となる。
 なので「戦闘はするけど殺すわけじゃない」のは意外なシステムであり、「具体的に誰が誰をどうやって脱落させたか」は、システム的な明示がないので妄想するしかないっていうのが、「なんか期待してたのと違う」という感はあるものの。ゲームとしてはかなり面白くて、戦闘以前の立ち回りが「シンプルだけどかなり重要」なので、腹の探り合いや口約束を裏切られて「おのれぇぇぇぇ!!」と歯噛みしたりとか、Fateを知ってる人間で遊んでると凄く盛り上がった(笑)

 
 初回プレイのワダツミは、麻婆豆腐とエミヤさん。
 ロールプレイを満喫することを念頭にプレイした結果、「偵察を行い易い」という能力を「麻婆タイム」と称して中盤まで静観し、圧倒的最下位で足切りされそうなワカメに「さすがは間桐の後継者……恐るべき使い手に育ったものだ」と言いながらわざと負けて競り合いに復帰させたり、士郎に粘着ムーヴをしたりして満喫した(笑)

 
 問題は原作知識があることで「よもや無限の剣製が、一日使って詠唱し続け、翌日にようやく効果を引き出せる」だなんてトンチキ効果だと思いもしなかったことで、足切りを懸けた決戦で意気揚々と「アァンリミテッ! ブレイドワァクッ!!」と発動するも「それでドローした手札使えるの次のターンだよ」と突っ込まれ「馬鹿なぁぁぁぁぁぁ!?」と敗退(笑)
 だが士郎&佐々木小次郎組と同着足切りだったので「ま、いいか! ここで刺し違えるのもロールプレイ的にOKだ!!」とサティスファクション。

 
 最後に残った2騎は、ヘラクレス&葛木という「魔力供給能力がカスなので中盤までのやりくりが大変過ぎるコンビ」に対し!!

 
 まさかの「やっちゃえ! バーサーカーを!!」なイリヤ&呪腕さんコンビ。
 満を持しての正面衝突でハサンが凄まじい攻撃力を発揮してヘラクレスの全力を僅かに上回り、プレイヤーの「よっしゃぁぁぁぁぁぁぁ!!」の叫びがあがるも、周囲の「いくらなんでもタイマンでアサシンが勝つのおかしくね!?」と訝しむ声によりカード効果を精査すると、勘違いによるルールミスが発覚してヘラクレスの逆転勝利(笑)
 周囲の「ですよねー」な空気の中、独りイリヤ組プレイヤーの「勝ったと思ったのにぃぃぃぃぃぃぃ!!」の声が木霊した。

 
 2戦目はワダツミだけ「俺、麻婆またやりたい!」と続投させて貰い、他はチェンジしてプレイ。
 キャスターさん引いたので、序盤は偵察と魔術工房での魔力貯蓄を繰り返し、中盤早々に陣地作成を発動してからはその効果で勝利点を地味に増やし続ける。
 足切りが始まる終盤、俺を裏切る形でトップグループ突入したイリヤ&ライダー組がプレイの手を緩めた結果一気に足切りラインに置き去りにされ脱落するのを「おやおや、これは慢心しましたねぇ」と愉悦極まりない気持ちで見下ろす。
 翌ターンは「ここで負けたら後がない!!」と令呪ブースト全開ゲイ・ボルグで待ち構える桜&クー・フーリン組をルールブレイカー(令呪が1以下の相手は死ぬ。1ゲーム1度だけ使用可能)で即死させ。
 凛&佐々木小次郎と迎えた最終決戦は、「ここを決戦地とする!」とばかりに深山町で「戦闘時の特殊能力を全部使用不可にする」という先行した場合圧倒的に強い燕返しを発動させて待ち構える2人に対し、「よくぞ勝ち残ったな、凛。しかし残念だがもう戦わずとも勝利は決まっているのだよ」と、魔術工房で勝利点を積み重ねて勝利。響き渡る凛のプレイヤーの「こんのクソ神父ぅぅぅぅぅ!!」を愉悦で受け止めるワダツミの姿がそこにあった(笑)


 
 残りの時間はこれまたプレゼントの「ふたつの城の物語」をプレイ。
 初手で最高の滑り出しを披露して超ご満悦だった(笑)
 このあとも動物関係のタイルを最優先で確保して楽しかったにゃー!!!
     
  ■バルダーズゲート2エンハンスドエディション

 
 ダークエルフの地下城に殴り込みをかけた我々。
 敵側の「なに!? ○○が破れただと!?」みたいな描写が逐次挟まるので、気分は戦隊ヒーロー。
 そんな中、敵の中に見覚えのある名前が。お前、種族としてスペクテイターじゃなくて、スペクテイターって名前のビホルダーだったアイツか?

 
 雲行きが面白いことに。
 この軽妙な口ぶりは、やっぱりあの時のビホルダーなのではないだろうか(笑)
 こっちの強さを知った上で、自分が巻き込まれないように立ち回ろうとしている意図を感じるぜ!!

 
 もちろん「その仲間」にスペクテイターは含まれていません(笑)
 というわけでスペクテイターを殺したくないのもあり、一騎打ちに応じることにするぜ!!!

 

 やっぱりお前だったのかぁぁぁぁ!!(笑)
 もう「俺たちのパーティーに入らないか?」って選択肢が無いのがもどかしいぜ!!!


 
 そして唐突にクラシックD&Dの話だけど。
 前にも3レベルまでのリストを載せて「恐ろしいまでの罠発見→解除の確率の低さよ……」と言及したわけだけど、こっちはさらに高レベルまで載ってるエキスパートセットのリスト。
 十分に育って同レベルのファイターがロードと呼ばれて城を建て、マジックユーザーが大魔法使いと呼ばれて塔をおっ建て、シーフもマスターシーフの称号を得て秘密のアジトを持って自らのシーフギルドを組織するようになる9レベルでも、罠発見→解除の確率23%! そこらにある平均的な鍵を開けられる確率は54%!(どれも再挑戦はレベルアップしないと出来ません)
 魔法使いがテレポートするようなレベルなのに一般家庭への侵入にすら苦戦するマスターシーフのスペックは、正直なにを考えてこんな数値設定にしたのか当時から意味がわからず、プレイヤーからも「まるで面白くない」と言われ、元々D&Dでパラメータも大体同じなウィザードリィRPGのシーフのルール(1レベルから十二分に実用可能)を参考にD&Dに改造導入してプレイするワダツミの姿がそこにあった。
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!

  1. 仮面ライダー913のスピンオフ漫画…だとォ!?風都探偵は主役だから分からないでもないけど、15年以上前の作品のサブライダーでやるとは。
    予想外の展開過ぎる!
  2. a. 17>名画をテーマにした回で本当に名画を叩きつけて来たのには畏れ入った。作者を探し出して正式に電子書籍化を成し遂げてくれた赤松健には感謝しかねえ。
    b. >17 王ドロボウJINGの美麗すぎる絵柄が、今は亡きコミックボンボンに連載していたというのがある種の奇跡でしたな。
    c. >原作終わって5年くらいしてから そのころマガジンZでKING OF BANDIT JINGと名を変えてというか第二シリーズというか連載してたような。
    d. 17>金貨の集合体の敵にジン「小銭(バラバラ)に崩してやるぜ!」→敵「あいにくと細かいのが無くてねぇ」とか、敵のどてっぱらに風穴を開けるもゾンビなので平気→キール「腹痛とか感じませんか?」→ゾンビ「片腹は痛ーぜ!」など小洒落た言い回しが好き。
    e. 17>原作終了後のアニメで印象深いのが「人形草紙あやつり左近」。金田一やコナンに対抗するために連載されるも、小畑氏の高い画力で怖すぎたのか推理過程が腹話術なのが受けなかったのか4巻で打ち切り。その割にアニメはWOWOWとはいえ2クールじっくりと、かつきっちりと終わらせてくれた良作でした。
    そうそう。「スゲー漫画があるんだよ!」と単行本を貸されて「これどこ連載? ガンガン?」「ボンボン」「は?」ってメッチャ驚いた(笑)
  3. 26>ドラゴンボールブウ編終盤で、デンデ「(悟空の体力を回復させたいので)下界に連れてってください」界王神「すまない…元気玉に体力を使ってしまって瞬間移動は無理なのだ…」と似たような話かな?瞬間移動はMP的な物を消費するんだけど、界王神がうっかりでMPをHPに変換した上で全部元気玉に注いでしまった、と勝手に思ってますが。
    読んでて「多分スタミナポーションのこと忘れてんじゃなくて、ゲームのパラメータとしてのスタミナと疲労が別扱いなんだろうけど、わかりにくっ!!」となった(笑)
  4. 夜に明かりに飛び込んでくる虫は、元々は夜でも一際明るい月を目印に移動していたんだけど、地上にも明かりが増えたんで月と勘違いして突っ込んで来るんだってチコちゃんで言ってた
    思わず「飛んで火に入る夏の虫」の語源がいつのことなのかをググり出す俺がいた(笑)
  5. a. 12>質問した者です。同調か…強力なのは知ってましたが、アクエリオンのエレメントシステムや修行+合体ロボでのPP稼ぎなどと同様に仕様の穴を突いている様で若干抵抗が有ったのですが、使ってみるとします。ありがとうございました。
    b. 12a>特定のマップまでにレベル50以上、4ターン以内にラッセルが15機以上撃墜しつつHP18000で撤退する敵ボスを撃墜と言われなきゃ誰もやらない鬼の条件。手に入るのはバリア貫通のALL武器で強力だけど必要気力140、EN90消費が重く、射程も歪な換装武器。
    フリーエレクトロキャノンって自由電子レーザー兵器なの?(笑)
  6. このすばって地上波の時からも、おっぱいがバルンバルン揺れますよね(笑) オパーイエローイとなると同時に、ギャグっぽさもあるなのでなんか笑えてくる感じ
    「あかほりが作ってないあかほり作品」というのが第一印象だったからなぁ(笑)
  7. 「これ、前の方は両側から押し潰されて即死するんじゃ」> ハンニバル率いるカルタゴ軍に包囲されたローマ軍の歩兵部隊の事ですか? by うっきー
    あれ中心部分じゃん!
  8. a. >>4 うーん、スレイヤーズの魔族は精神生命体だから人間如きに本気出す(人間じゃ干渉する手段がないアストラル側から攻撃するとか)と存在が危うくなる、ですから舐めプ大好きってのとはちょっと違うような。どちらかといえば誓約と誓約?
    b. スレイヤーズの悪魔は舐めプ大好きだもんなぁ>舐めプが好きなわけじゃないですから。人間相手には舐めプをしないと衰弱死しちゃうだけで。
    c. スレイヤーズの魔族は舐めプ大好きというより、人間相手だと舐めプしないと死ぬんで……
    d. >スレイヤーズの悪魔は舐めプ大好きだもんなぁ あの世界の魔族は舐めプしてないと死ぬ生き物ですものね…割と文字通りの意味で。アストラルサイドからの攻撃したら人間の能力では防ぎようがないのにしない理由とか、案外と整合が取れてましたよね
    すまぬー、マジでそうじゃなくてメタ視点のネタ(話の都合上舐めプしないといけない立場、みたいな)で言ってる(昔も言ってた)つもりだったんが、文面だけ見てたら完全に設定勘違いしてる発言だな。ごめんね。
  9. >そこのサークル大好きで全部買ってる!! 実に素敵なエロ本だ!! 大佐とオナネットがそこまで高評価するなんて…。と思って既刊サンプル見てみたら火の玉ストレートのタイトル群の中でも「アイツが買ったゴムのサイズは俺のより デカかった」という気になるタイトルが。このシチュ友人が実際に体験したんですが理屈じゃない問答無用なダメージあるらしいです。別れたの吹っ切れてても大きさなんて大した問題じゃないというのが分かっててもガツンと来たそうです。エロ漫画的にはありそうでなさそうなシチュですが実際になるとキッツいですねえ。
    NTR嫌いの人が読んだら死ぬサークル!
  10. 3>ゴブリンスレイヤーさんはソロだったから報酬全取りできたけど、パーティで分配したら割りに合わないとかなのでは
    このことは自分も思ったんだけど、「贅沢しないけど金は持ってる描写」がかなりのもんだし、「ソロだったら十分儲かるわー」なら、他のベテランが揃いも揃って「割に合わないから避ける」理由にはなりづらい気もするなーって印象に。
  11. ゴブスレ:イヤーワンのいい笑顔の女の子がどうなってるのかが気になるので、次のページ見るためだけにコミックス買おうか思案中。
    計画通り……!!
  12. ブラックプリンが話題になったのは、小学生の頃にFF2プレイしてだなー。本当、あの時代はまだそこまで厳しくなかったからOKなんだけど、今じゃアウト案件が多すぎるな(笑)
    今でも全然アウトじゃないねー。世間で大袈裟に言われてるだけで、別にD&Dのモンスター出すのはそんなヤバいことじゃないよー。バスタードのビホルダーもアメリカから怒られたってソースは存在しなくて、むしろビホルダー以外にも絵の構図そのまんま頂戴とか色々しまくってたりで、他に怒られる理由があり過ぎる。今も極々一部のモンスターを除いてD&Dのオリジナルモンスターは他の作品に出すの自由。世界のファンタジーのイメージ基盤になり過ぎてて、今更「オリジナルなんで使用不可」されても困ることをメーカーも自負してて、オープンにしてるのだな。
  13. a. エアーウルフは超音速飛行時はロータがフリーローテーションに切り替わって、斜め下向きのジェットエンジン推力とブレンデッドウィングボディみたいにボディ形状による揚力で浮力を得るという設定があります。でもロータがボディの作るマッハコーンの外に出るので現実的な材質ではバラバラになりますが。
    b. 超音速回転翼機はビームローターでなくとも一応、可能です。ざっくり言うとヘリのローターは概念的には円形翼みたいなものなんですが、速度が増せば増すほど後ろに向かって回転する翼が全く揚力を生み出さなくなるから実質翼が片方だけの半分になり、バランスとれなくなって落ちる。のを二重反転ローターで補えば両方が半円翼になってバランス取れるわけです。あとはジェットエンジンなりで前進する推力を増してやれば超音速ヘリは理論上は可能になるんですが……事実上「ヘリ」というより翼の中という重要な燃料タンクの置き場所の無い「飛行機」になるわけで。ただでさえ燃料ドカ食い足の短いヘリに更に燃料ドカ食いの超音速用のエンジンで航続距離短くした機体の使いみちが思いつかねえ!……というのが現状ですね。なのでビームローター二重反転にすればMS本体の背部エンジン吹かして超音速出すの普通に出来ると思います。超音速時はビームローターより普通の翼(ビームウイング?)作ったほうが楽なんじゃないかとも思いますが。
    メールフォームでも1話で言及されたという設定を丁寧に教えてもらった! ウェーブライダーだったんだな! ……とか書いてたらちょうどテレビ番組のBGMでエアーウルフのテーマ流れてきて吹いた。
  14. マジック・ミサイル>ヴァルキリープロファイルの「プリズミックミサイル」が使い易いし強いし美しいしで好きだった。
    D&Dには「プリズマティックスプレー」という呪文ならある(どうでもいい
  15. 8a>何期か忘れたけどアニメのぬっぺらぼう(ぬっぺふほふ?)戦で大穴あけられてたのが一時期トラウマになった。セメント詰めるみたいに補修されてたのはちょっとかわいかったけど。
    原作読んでると鬼太郎ファミリー簡単に死ぬんで、耐性がつく(えー
  16. ワダツミさんのたまに出てくるバスタードネタが好きです。新刊出てほしい!出来ることなら完結まで!
    あの世界の冒険者のスピンオフとか読みたいなーってのと、ベニー松山の小説版の続きまだー。
  17. 3>金払いのいいゴブリン依頼となると、娘を攫われたいいとこの家の人からとかかねー。たとえ娘が救出されても政治的に表立っては依頼だせないけど的なのが居てもおかしくはないとか思う
    攫われた時点で確実にレイプされてて、あとは妊娠してないことと生きてることを祈るしかないって辛過ぎるな。
  18. 6>年齢を重ねる問題は後々に響くのは解るんだけどね。そういえばこれと並べて話題にしていいかは微妙だけどドクターストーンは驚くほど一気に時間すすみますよねー。最終的には何歳になるんだこれ
    千空が生きてる間にやらなきゃいけないことが多過ぎて、彼の知識がアーカイブ化されないとどの道人類ヤバいのではという危機感(笑) 石化から回復させたって食料供給能力やインフラおっつかないと意味ないから、どうしたって100年以上かけて順次ってことになりそうだし。
  19. >3  安いであろうギルド報酬であんなに金持ってるはずがないのなら、純粋に「ゴブリンが人間や特に冒険者から奪ったお宝を溜め込んでた」じゃダメなの? ゴブリンにそういう習性があるかどうか知らんけど、金や宝石を結構持ってて、それをゴブスレさんがゲットしてたのなら辻褄は合うのでは。
    それが「普通に起こり得ること」なら、「割りに合わないから」と徹底して避けられて初心者使い潰されるような状況にはならんと思うんですよー。もちろん「例外的にゴブリンスレイヤーさんはそうやって裕福」という理屈も可能なんだけど、特例に頼ってそれを説明すらしないのは物語としてはあまり収まりがよくないというか。
  20. >10 FE新作でもたいまつで視界を広く出来るけど1ターン事にどんどん狭くなるし、何よりそのキャラの攻撃の機会を逃すのであまり使い勝手は良くない。普通に堅いヤツを1人霧の中に突っ込ませて、敵にぶつかったら他のキャラで秒殺で大抵どうにかなる(笑)
    爆炎攻撃呪文はあっても照明呪文がない世界!!
  21. >27 超人バトル作品の代表格ながら、拳銃が最強格にも通用するOVAジャイアントロボ。視聴当時から「銃弾よりもはるかに強力な攻撃受けてたよね!?」と割と混乱したのを思い出しました(笑)
    コレに限らず俺はこの手の「なんで急にそれで大ダメージ受けるの!?」展開は話の都合臭が強過ぎて好きじゃないんだよなー。「不意を打たれたから」で納得できる人に文句は言わないが、それで納得することをこっちにも求められても困る。
  22. はいてるところなのか、脱いでるところなのか、いずれにせよ黒ストと白い肌とパンツのコントラストが美しい逸品。太ももに顔埋めたい URL
    パンツも足の裏も汚れてないので穿いているところなのでは(真顔
  23. イヤーワンは現在ベテランだった連中の新人時代ってだけで面白いなあって思うわけなのです
    この頃はこんな迂闊だったんだなーとニヤニヤ(笑)
  24. 大佐が好きそうなメガネ女子もいるこういうイラストはお気に召しますでしょうか? by うっきー URL
    あんま好みじゃないですな。
  25. >10 松明に限らず燭台やランプでも、(和製?)ファンタジー世界の火って全体的に光量でかいよね。でもファイアボールとかの光源効果は低いかな?
    一方、D&Dに「照明をどれだけ遠くから視認できるのか」のルールがあるんだけど、死ぬほど距離が短くて「お前本当に暗いところで遠くにある灯り見たことあってこの数値設定したの?」と問い詰めたくなるレベルで本当に酷い(笑) 完全な暗闇かつ途中に障害物が無い状況で、冒険用ランタンの灯りを認識できるのが180メートルって。
  26. >34メテオスウォーム え?違うの?
    違うんだよ。指先から爆発する岩を4つ飛ばしてストライクダメージとファイアダメージ与える呪文なんだ。
  27. そういえば中世ってどうしてそんな集落が点在する形になってたんでしょう?わざわざ前の集落から遠く離れたところに開拓しに行かなくても近場をもっと開拓したら?と思うのですが 前の時代(古代ローマ)でもっと人に溢れていた地域が暗黒時代に小規模化することで県庁所在地だけみたいになって各地にポツンポツン、て感じですかね?
    ここで説明するには長くなり過ぎる壮大な話なので、取り敢えず一個だけ言うと「隣の集落との境界線は曖昧だったので、それが問題になると死ぬほど揉めた」
  28. >53 松明・・・え?そっちがマツ?みたいな
    逆じゃないの!?だよな(笑)
  29. >むしろ武器を使って戦うよりも強い 世界樹シリーズだと盾役ジョブに元々そこそこ強い盾殴りのスキルがあったけど、最新作のXだと非常に防御力が高いけど耐性と状態異常耐性が下がる盾が出てきたのと過去作で猛威を振るった追加攻撃スキルが大幅下方修正されたせいでソードマンはシールドマンになった方が強いとかだったなあ…
    D&Dのダブルシールドバッシュは、攻撃も普通の武器で殴るのと遜色なく、防御は当然高いというチートに……(笑)
  30. 39 市長がエルフで居座り続けてる > 定年退職したら延々と年金をもらい続けるのでしょうか
    定年退職という概念は無いな(笑)
  31. バスタードのDSvsカルは「それっぽい理屈でハッタリ効かせるバトル」では最高峰だと今でも思ってる。……この方向で最後まで行ってくれてればなぁ……
    「絶対零度より下はないが、高熱に上限はない!!」
  32. 私も切る前のキタローヘアの方が好きです リアルだったら絶対に違和感しかないのになぜ片目隠すと可愛く見えてしまうんだろう…?
    お前、バーソロミュー・ロバーツだな!!(FGO脳
  33. 金払いのいいゴブリン退治依頼>水の都からの依頼が金貨一袋とかだったので絶対にないとは言い切れませんが、報酬の言いゴブリン退治がそこそこあるのなら他の冒険者が我先にと依頼を受けるんじゃないでしょうか?
    「ゴブリンかよ。報酬が良くても割に合わないからゴブリンスレイヤーさんどうぞ」とはならんよなぁ(笑)
  34. せいぜい家畜や作物の被害で済む野生動物と違って、ガチで滅ぼされる魔物が跋扈する世界で、貧乏で小さくて人口密集地域から離れてる村って存在率低そう
    現実も傭兵や野盗が余裕でヒャッハーして来るんで、魔物が跋扈する世界に負けないくらいヤバかったから、死にまくってたよー。
  35. 「キャラクターの外見は髪は切る前のほうが好み」>超分かる・・・ロング娘が髪切ってまた髪伸ばす作品は一つぐらいしか見た事無いぜ
    ろくでなしBLUESが思い浮かんだ(笑)
  36. >>あまりにも凄まじい威力のマジックミサイル(アンセム) でも手加減したから忍者たちは誰も死んでないんですよね、確か
    だねぇ。一撃で戦闘不能に留めといてやったぜ!!
  37. Windows版「ルナティックドーン」には黄金兜・黄金鎧といったレアアイテムが登場する。守備力も高いし敏捷性にマイナス補正もかからないマジックアイテムなので純金製ではないのだろう。 最大の売りはそのまばゆい輝きで辺りを無制限に照らすためダンジョンでランプや松明(和風文化圏だと提灯)が不要になること。…だがリアルに考えるとこんなのを着た仲間と一緒に歩くのはすごく目が疲れそうな…。
    D&Dにもメリットでもありデメリットでもある「常時光ってる」のがあったなー(笑)
  38. 42>「作者の人、そこまで考えてないと思うよ(真顔)」
    このネタ、大元は「本当に作者が何も考えてないの知ってるから言ってる」のが、ネットだと別の意味で使われてるのが苦手なんだよなー……と思いつつも、この話題に関しては「ま、まぁそう……かも……」と思ってしまうのであった。
  39. あの銅級冒険者。最初は重戦士の言葉通りいけ好かないかなって思ったら「金とコネとはこう使うんだ!」と名セリフ言ったり、一緒に盾構えて先陣切ったりとカッチョ良かったです(掌クルー
    俺は信じてたぜ! そんな安っぽいキャラを今更出さないだろうな、って!(メタだった
  40. TRPG部>キャス狐ばっかり大きく扱われてる陰で黙って背中で語ってる魔法少女アイさん素敵。暴力と耐久力全振り系魔法少女!
    初っ端に触手モンスターを出したのに捕まらない怠慢。
  41. 「ファンタジー世界で現代兵器のミサイルネタ入れたマジックミサイル」>逆?に超大型ミサイルに攻城兵器の名前冠してるグレートバリスタ大好き。肩上に超大型ミサイルといい前後入れ替え式巨大砲といいロボになるコアブロックシステムといい、グレートダ・ガーンGXはほんとサンライズアニメ最高の機動戦士やで・・・もっともグレートバリスタは劇中1度くらいしか使ってないんですけどね終盤の敵強すぎで通用しないし・・・
    コーヒーの話題でいつも「バリスタ」に反応してしまっていたのは秘密だぜ。
  42. >もしくはなんか陣形組んで防御力高める呪文的ななにかが炸裂したんだ!!! ムーフェンスだ!ムーフェンスがいい!!
    ラピッドストリームばっか使ってた記憶。
  43. ガルパン戦車読本、ようやく14号を入手し全部そろいました。お疲れ様です。ところで13の後書きで触れていたコトブキ飛行隊軍事読本は今後予定されているのでしょうか。
    されてないです! ごめんね!
  44. 新装版機獣新世紀ZOIDS2巻が届いたんだけど、1巻は上山先生が当時HPに掲載していた原案だけだったんだけれど、2巻にはインタビューがあってどんな風に書いていたかとか指定を受けていたかも加わってた。流石に……当時の日記で言っていたような恨み言は書いてなかったけれど(苦笑) 私はあの恨み言でも冷めなかった方というかむしろ同情的に思ってた方なので、色々と面白く読めてる。でもきっと、確かにあの激怒した勢いで書き綴った件によって冷めちゃった人もいっぱいいるんだろうなー。読むと、それで漫画まで読まないのはもったいないと思うんだけれど、そういうので冷めちゃうと幾ら中身が良くてもそうは見れなくなっちゃうんだよね。ネット時代の恐ろしい所じゃ……。
    メッチャ冷めた上でも読むは読んでたが、再評価する気にはなれないという感じ。
  45. でも依頼者の農民は貧乏で>ゴブリン退治以外も依頼されていますから、大量の裕福な依頼人がいるわけですよね? あと、村を襲うのがゴブリン以外もいないわけないので、貧乏な村がそういうモンスター退治を依頼しても依頼料が足りなくて受理されてないってのもたくさんあるのでしょうね。
    裕福な依頼人も大量にいるくらいに世間に魔物が溢れてるけど、気軽に個人が共同体間を移動できるくらいには治安が良いみたいだねー。んでまぁ、ゴブリン退治を依頼する人間に裕福な人間がいないとはいわないが、基本的にゴブリンが襲うのは抵抗力の弱そうな貧弱な共同体がメインなんじゃないのかなーってところ。
  46. ワダツミさん! デモンエクスマキナが一般向けに振ったアーマードコアって感じで面白いよ。作ったの、フロムでACを作ってた人が主導だし。肝心な中身としては、月のかけらが地上に落ちて月から発生したフェムト粒子と呼ばれる物質によって汚染されたAIがイモータルという名前で人類を脅かす世界で、アウターというアーセナルと呼ばれるメカに乗る能力者の傭兵になって活躍する感じ。アセンブルが出来る5mくらいの人型強化外骨格に乗って戦うのが基本なんだけれど、アーセナルから降りてアウターが肉体で戦う事も出来る。んで、特殊能力を得るために人体改造というか身体を義体化することが出来て、能力を得るためならば脳髄以外は残らないまでの身体改造が可能。見た目も解像度によって変わるという。あと、一定のお金を払えば脳髄からでも普通の人間の体にすら戻れる。あと、間違った日本観にまみれたスシだのカワイイだののデカールもあったりする(笑) ソフトにセーブデータを持ち越せる体験版もあるから、興味が湧いたらやってみるといいよ。
    一般向けに振ったということは操作が難し過ぎてテンパることはない感じか(笑)
  47. 坑道にバリスタの持ち込みはなんであれ結構賭けだったろうな、ロックワームがそっち行って作戦がオジャンという可能性もあったろうし。それはそうとスクラム組んでロックワームを押し込むシーンはやはり最前列に被害者が出てた模様、その中に総指揮者もおり彼は片腕が折れるハメになったそうな
    その程度で済んだということは、やはりマジカルフォーメーション効果で被害を大幅に軽減してたのか(多分違う
  48. 3>金払いのいいゴブリン退治依頼  モンスターの種類や状況ごとに相場はあるのだろうけど、より早く確実に、を期待して依頼者が多めに出すことはありそう。他の依頼の補填に回せるほどギルドの取り分が増えるかは微妙なところだが。
    ゴブリンスレイヤーさん、初心者がヒィヒィ言ってる装備の維持費にも困らず、毎月スゲー金額を牧場に払ってるから、割とコンスタントにないとダメそうな気がして、そんな頻度であるなら他の冒険者も仕事受けそうだなーって感じにも。
  49. 32>「ダンジョン飯」のゴボルトは完全に黒柴っていう感じだな(笑)
    和風コボルドは根強いぜ。
  50. 攻城兵器>ゴブスレの方はエンチャントされてるし同じ威力ではないだろうけど、アニメドルアーガの塔2期でジルが割と普通に大石弓やカタパルトを弾いたのは凄かった。
    先日久々にドルアーガのアニメを2話だけ流して「そーいや1話は夢オチだったな」と懐かしい気持ちに(笑)
  51. 前にやったガルパンの戦車を分かりやすくガンダムのMSに例えるやつ、D&Dでもやってくれないか。D&Dとかソードワールドとかクトゥルフとか、素人にも分かりやすく(?)ガンダムで例えて欲しい。どれがファーストでどれが08小隊でサンダーボルトでジョニ帰でアグレッサーな、それぞれの世界線の連邦軍のMS開発技術レベル相当なのか!(笑)
    ソード・ワールドはまぁ殆どD&Dなんで分けてやる意味が薄いけど、クトゥルフの怪物はD&D版のデータもあるから一緒にやれるなー。基準点としてオークをザクⅡF型くらいにして比較は可能だ。
  52. Dr.Stone>流石に効果音「ゴーリラ ゴーリラ」は表現できなかったか。千空がスイカに「それはド近眼だ。病気じゃねえ。欠陥でもねえ。」と言うのが大好き。欲を言えば「良く見やがれ。顔に傷とかでも超絶不細工とかでもねえよ。その2つだろうと隠す必要もねえがな。」はカットしないでほしかった。
    それをカットは割と怒りを覚えるレベルだったりするぜ!!
  53. >もしくはなんか陣形組んで防御力高める呪文的ななにか   FE風化雪月にはキャラの周りに「騎士団」がいて、1ターンだけ敵の攻撃を防ぐ陣形とかあるぜ! つーか騎士団システムが強すぎてゲームバランスが少しやばいまである(笑)
    昔から「冒険者の局地戦ならともかく、国家同士の戦闘でこの人数はあまりにも不自然だから、画面に映らないだけで部下を従えて戦ってるんだろう」とは思っていた(笑) ラングリッサーやドラゴンフォースも懐かしいぜ。
  54. 以前 劇場版ジオウをオススメした者です。 ほぼ公開が終了した今だから白状すると 劇場版ジオウを勧めた理由は、短時間ながらもかなり重要な役回りで仮面ノリダーの木梨猛がサプライズゲストで出てくるんだ… パンフレットのクレジットにも載せない徹底ぶりで。 肝心のストーリーもメタ色が強くて、平成ライダーを2作品以上観たことがあれば「ああ、そういや平成ライダーってそうだったね」と楽しめると思います。(むしろ現行ライダーしか体験してないであろう今の子供達は どれだけ内容を理解できたのだろう…?) テレビ版ジオウで未来ライダー達の誰もが「お前、本当に常盤ソウゴか?」と質問してくるのも、1話で初対面のウォズが 最高最善の王になるというソウゴの宣言に「はぁ?」と間の抜けた反応を見せたのもこの映画に繋がっていたんだなと感心しました。
    すまぬ、観なかったけどレンタル始まったら観るよー。
  55. ーリーライト!! 閃光呪文じゃなくて照明としても使えたのか(笑)>駆け出しの見習い騎士戦士がこの呪文覚えたら、まずぜったい「輝く伝説の剣を持った俺かっこいい!」と伝説の勇者ごっこしそう (中二脳
    駆け出しの騎士見習いで呪文まで使えたら、多少調子に乗っても許される才能なのではなかろうか(笑)(世界にもよる
  56. この蘭子ちゃんを描いた絵師様がファボ数最高記録だって喜んでたから、腋の時代きてるよ URL
    腋ネタはAVになったりもしてるが、なんかこれといって「こいつだ」と思える起点もないまま、「そういった作品」の数が増え続けている感がある。
  57. >56 ゴブスレさんの場合武器特性見抜いて倒しゲットしたとしても「自分から奪われて(なんでだ)使われると厄介だな」で破壊しそうなのが怖い。つまりサイコガンが最強
    サイコガン、職人が死んで予備を使っちゃって、これからどうなるのか心配だった(笑)
  58. 下水道の先には巨人が!!    そういえばポール・バニヤンのねんどろは買ってもらえてないのか(笑)
    野暮なことは言いっこなしだぜ!!
  59. ねことじいちゃん>実写映画やっと観られました。猫の描写と島の雰囲気と食べ物が美味そうなのは素晴らしかったです。ただやけに強調された恋愛模様が少し邪魔だったかな…
    あ、そうだ。結局観そびれてて、このまえU-NEXTに来てたから観るリストに入れておいたんだった。
  60. 19>11話が普通にいい話過ぎて逆に戸惑った。ワセダ落とすならJDになれば(リクルートスーツ好きなら就活時期まで待つ必要あるかも)行けるって!問題は就職後に興味持ってもらえるかという事と、そもそも大学受験受かるかという事か。4歳児相当の偏差値はマジメ評で、バカとヤマイ以外は割と普通に感じますが。
    たとえ話下手だけど、それはそれとしていいやつだった隣のデブがミュートされたのが不憫だった(笑)
  61. >酒場でバリスタ クロちゃんの千夜一夜とかにあった、頭おかしいプレイヤーの例よりやべぇ。
    あれで一番やばいのは、認めるマスターか、それが認められるシステムか(笑)
  62. ゴブスレの描写見てると普段してるRPGの描写はホントならこのくらいになるのかぁ・・と思わされますね。魔物にかじられてものまれても吐き出してくれるし、仮に致命傷受けても蘇生剤飲ませれば生き返るし。
    コンピュータRPGだと蘇生がスナック感覚だから、ギャップが凄いねー。
  63. 49>深夜の時間帯だと1・2クールが当たり前、それ以上だとまず分割されることを思うと、年単位で放映できるのは強みですね。東映版が例外的に半年でしたが。
    5D'sもライフ・ストリーム・ドラゴンの引っ張りぶりが盛大過ぎた(笑)
  64. まあ、弓だって近接戦で使うこともあるし、バリスタを地上戦で使用しても…使用しても…何処かにそういう例があると面白いんですがねー。
    バリスタは攻城戦のほうが適した武器だけど、野戦でも使われてたよー。敵の鈍重な密集陣形にぶっ込む。
  65. 大佐ぁ~大佐は「空の青さを知る人よ」観に行く予定ありますか~?自分『あの花』も『ここさけ』も敬遠してた人間なんでどうしようかと(長井監督だと視聴してたの鉄血とゼノグラシアくらいか)・・・いや「ならこれもスルーしたら?」って話なんでしょうけど今回のこれは・・・ふとまゆ・・・眼鏡・・・! >https://soraaoproject.jp/
    僕はもう長井龍雪と岡田麿里の作品は観ないよ。絶対に一生気が変わらない、とまでは言わないけど。
  66. ゴブスレのいう盾の打撃も有効ということを、初めて実感したのがブラピが主演したトロイの殺陣でした。盾だけに。映画的な仰々しい演出はあったものの、ただ構えて防ぐだけという役割だけじゃないんだなって、かっこいいなって思ってから以降、キャラメイクあるゲームでは盾職を愛用する人生。でも盾持ってるのに盾スキル無いのは認めない
    BD買って吹き替えなくてしょんぼりしたまま放置してるんだけど、最近配信で吹替版があることに気付いて見返したばっかだったりする。パリスが実に困ったやつである。
       
 
 
 
 
 
 
 

サイト内検索っぽいモノ