HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
お知らせ
委託情報

とらのあな メロンブックス
 
読了本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!








日記ログ
■2017/11a
■2017/10b
■2017/10a
■2017/09b
■2017/09a
■2017/08b
■2017/08a
■2017/07b
■2017/07a
■2017/06b
■2017/06a
■2017/05b
■2017/05a
■2017/04
■2017/03b
■2017/03a
■2017/02b
■2017/02a
■2017/01b
■2017/01a
■2016/12b
■2016/12a
■2016/11b
■2016/11a
■2016/10b
■2016/10a
■2016/09a
■2016/08b
■2016/08a
■2016/07b
■2016/07a
■2016/06b
■2016/06a
■2016/05a
■2016/04a
■2016/03b
■2016/03a
■2016/02b
■2016/02a
■2016/01a
■2015/12a
■2015/11b
■2015/11a
■2015/10b
■2015/10a
■2015/09b
■2015/09a
■2015/08
■2015/07a
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

11/17
■ゴジラ怪獣惑星感想

 朝イチの回で早速観てきたワダツミさんですよ!!

 昨日の日記に書いた怪獣黙示録はやはり物語の理解度を深める上で必読と評して過言ではないというか、Fateのヘブンズフィールでセイバーさんが「問おう」やるまでのシーンがバッサリダイジェストされたのと同じようなことが起きている。つまりアニメの最初の数分で説明される人類の敗北史を一冊の本にしているのが怪獣黙示録。


 ちゅーわけで地球を叩き出された人類の恒星間移民船が、銀河漂流バイファムに耐えられずに艦内時間20年経過でSAN値ピンチになり、もうあと8年経過したらSAN値も物資も終了の計算結果が出たので、いっそ地球に戻ったらゴジラも死んでるんじゃね。だってウラシマ効果で数千年経過しているはずだしっていう、一か八かのギャンブルで11光年をワープで一瞬にして戻ったら20000年経過してて環境激変ってのが今回の舞台、地球だ!!


 主人公は幼少期の地球脱出の際にゴジラに家族を殺された青年で、最近内通者経由で極秘とされるゴジラのデータを盗み見ることが出来て、それを基に対ゴジラ戦術を考えたゴジラ絶対殺すマン。人類は彼のプランにか細いリソースの殆どをベットしたわけだな。
 そうして集められた、実戦経験のない指揮官と極小数のベテラン兵に率いられた、素人寄せ集めの志願兵600人。

 全人類と、超光速技術持ちの宇宙人2種族が力を結集させた結果、ボコボコに負けた相手に。

 これで挑む。

 人類と宇宙人の叡智を結集しても見出だせなかったゴジラの弱点を、最近断片的で僅かなデータを見てただけの主人公が見抜き、「これで勝てる!」と。

 戦いを挑む。

 突然の怪獣出現で時間的余裕がこれっぽっちも無い中、その場に居合わせた天才科学者が起死回生の作戦を編み出す、とかじゃなくて。十年単位で世界中が戦い続けた結果、誰も思いつけなかった作戦を主人公が思いつく。

 思いついた作戦は、画期的な新兵器必須なんてこともなく、まともな資材が無い移民船でも用意できる程度の装備しか必要としない。

 はい、この時点で「うぉぉぉぉ! 熱い! 燃える展開だぜ!」ってなれた人。

 この映画を楽しめます!! 思う存分エキサイティングな時間を過ごしてくれ!!

 逆に「いやいや幾らなんでもそんなんで勝たれたらやり過ぎだわ!」ってなった人。

 仲間です!!

 えーまーそんなわけで、素人集団相手に翻弄され罠にハマり、見事ゴジラは倒されてしまいます。味方にも多少損害は出たものの、それにしたって大半は生き残っている。
 主人公のゴジラ絶対殺す作戦が通じるとか通じないとか以前に、素人600人を相手に、延々と時間をかけるようなゴジラが、どうやって対ゴジラの軍勢を壊滅させ、人類何億人も殺したんだよってならざるを得ない。
 そもそも怪獣黙示録の時点で、「熱線攻撃を使うのはゴジラだけ」という特殊性が明記されており、とどのつまり他の怪獣の殆どは「ゴジラや巨神兵がビームで薙ぎ払うなんてことはせず、物理的に壊して回るだけでその都度数百万人を殺す(+破壊の影響によるインフラ崩壊で数千万人が死ぬ)」っていう「原子爆弾の犠牲者より一桁、二桁多い」なんて「ある種の荒唐無稽さ」をもっていたのだが、それでも「戦闘シーンが映像として描写されたわけじゃない」ので、「それはそれ、これはこれ!」ってなもんだったが、いざこうやってアニメで描写されると本当に説得力がない。

 そんなわけで、見事ゴジラを殺して「イヤッホォォォォォゥ!」となるキャラたちとはコントラストを描いてオレのテンションは微妙なことになっていたのだが、そこに「今倒したのなんてミニラみたいなもんですわ」と言わんばかりに、全長300メートル超えのゴジラ登場!! そうこなくっちゃなぁぁぁぁ!!!!

 ってわけで、主人公が倒したと思い込んでいたのは地球を滅ぼしたゴジラとは別の雑魚個体で、こっちが本物です……って素直に思っていいなら、最高なのだが。

 そして「こちらが地球を滅ぼしたゴジラです」ってのは、正解なのだが。

 問題は「20000年経過してさらにデカくなった存在」であって、残されたゴジラのデータや、実際にゴジラを見たことがあるキャラクターの認識的には、地球を滅ぼしたゴジラのサイズも強さも「倒された雑魚ゴジラ」のそれっぽいのだよなー。
 そりゃ「記憶やデータよりも小さいが、今この地球で生存しているゴジラは代替わりしてこの程度ってことなんだろう。倒すぞ!」とかやったらテンション上がりきらないだろうってのはわかるけーどーさー。
 実はミスリードってか、不自然だろうとなんだろうと「キャラにそう言わせなかった」だけで、「冷静に考えたらデータと食い違ってた……」って展開があることを祈るしかないんだろうか。
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. 映画のギャバンってそんな発言してたのか・・「スーパーヒーロー作戦」のギャバンもあれだったらしいけど・・どうしたギャバン
    「ギャバンはそんなこと言わない!」過ぎて最低の映画だった。
  2. >13 そもそも城戸家に沙織さんが引き取られない以上、本編のブロンズ勢で聖闘士になる人間がどれくらいいることか。氷河と紫龍は普通になりそうですけど聖矢は微妙なラインですよね。姉探しは城戸のおっさんが普通にやってくれそうだし。とりあえずユニコーン邪武の誕生はなさそう。
    12宮の戦いで「なんでこいつらまで敵に回るんだよ。そんなバカじゃないだろ」みたいな黄金が敵に回ることに不満しかなかったから、その辺が改良されたレジェンドオブサンクチュアリは大好きだったのだが、漫画版の世界線だけに限るなら、良識ある黄金が敵対したことで鍛えなかったら、未来がピンチだったのか(笑)
  3. a. 20> 確か『のぞみウィッチイズ』の主人公は驚異的な動体視力で避けまくるタイプのボクサーでした。序盤ラブコメものですが面白いのでおススメですよ!
    b. >20 「自転車漫画の主人公はクライマー」と同じくらいボクシング漫画の主人公はインファイターばっかりな気がしますね・・・
    のぞみウィッチィズはタイトルと「ボクシング漫画であること」しか知らなくて、表紙を見かけるたびに「なんでボクシング漫画でこのタイトルなんだ……」と不思議な存在だった(笑)
  4. >36 おぉ? 大佐がNGを出す腋って一体どんなんだったのかな
    腋というか、全身ムダ毛ボーボーでそれをドヤ顔で見せつけてる絵。サバイバル生活とかデスゲームとかでムダ毛処理する余裕なくてそうなった、とかなら好みなんだけどねぇ……。
  5. 7> なんと!その設定は知りませんでした!!どうも失礼致しました・・・
    全然失礼じゃないよっ! 設定多過ぎて完全把握なんて無理だし!!
  6. 23> 士郎はDEEN版での猪突猛進熱血馬鹿主人公化の影響も大きいでしょうね。心理描写が全然ないし、ルートごちゃ混ぜにしたもんだから「一人になるな」「ああ」→次のシーンでイベント起こすために一人で外出とか。最近「当時にしては頑張ってた」とか「あれはあれでよかった」みたいな再評価する声もあるけど、やっぱり残念な出来なのは変わらないと思う。
    その辺酷かったよなぁ(笑) 原作クリア済みで観てはいたのだが、その辺の酷さを感想で書いてたら「原作プレイしてください!」系のフォローを拍手でされまくった。
  7. 獅子劫さんやカウレス君は言わずもがなだけど、ゴルドさんも最初と比べてだいぶ印象良くなった。なんせ最初は「ああ、足引っ張るだけ引っ張って途中で死ぬ役だなこのデブ」程度にしか思ってなかったから(酷
    思ってた思ってた。
  8. 23> 100の力なところを5どころか固有結界発動前はおそらく1も出していなかったかと。なにせあれだけ圧倒的な力の差を見せた上にチート宝具のアヴァロンを持ち出して漸く勝てたセイバールートでさえも舐めプ状態でしたからね~。士郎ではなくアーチャーが相手だったら贋作者への怒りもあってもう少し本気を出したかもしれませんが。
    そもそもヘラクレスの反応速度を持ってしても、迎撃しきれずに次々と被弾するレベルのゲート・オブ・バビロンに対応できるってどーいうことよってなる(笑)
  9. あふぁーカウレス君は素敵過ぎる、途中のをちょっとだけ見た時の彼は主人公だと思い込んだ程です。
    黒の主人公カウレス君、赤の主人公獅子劫さん。
  10. 「味方を売って保身に走る卑怯者」>唐突にマクギリスを売って生き延びようとしてたことの違和感が凄まじい
    マクギリスが最後まで裏切らなかったこととの対比で余計情けないし。
  11. 41> 個人的にはシャリオスが「全部バハムートを滅ぼすためだったんだよ!」で正当化されて終わったのが納得できなくてもやっとした。悪魔に対する弾圧とか、今までの悪魔の所業や人間第一で考えればわかるんだけど、エピローグで普通に穏健路線になってるし。バハムート討伐のためというにはどう考えても必要以上の争いを生んでる。失明程度じゃ釣り合わんし、死んどけばまだ自己犠牲精神を認められたのだが。そもそもなんで秘密裏に行動する必要があったのか結局説明なかったし
    失明! カテジナさん!
  12. 23>死に戻りじゃないけど、毎週バッドエンドになって、記憶引き継ぎとかなしに翌週時間巻き戻して別選択肢でお話を続ける作品とかアレば面白いかもしれないと思った
    リーディングシュタイナー無しだと、そーいうの確かに知らんなぁ。
  13. 14>すみません、1年放送された物(呂布が矢尾一樹で割と普通)とスペシャル番組とで記憶が混同してました。無茶苦茶なのは後者でした。曹操が金髪碧眼、于禁が女性で曹操に惚れている、孫権の妹がくノ一兼パンチラ要因、趙雲が盗賊、曹操に切り殺される張飛…とキリがありません。アマプラで見られるようなのでよろしければ。
    ソッチの方かよ!!(笑)(観たことはある
  14. 18>そういやネロはその話だとどれになるんだろう 「召喚前に皇帝特権でステ補正してセイバーになってる」のか「召喚時点では低ステセイバーだけど、皇帝特権で能力アップしてる」のか 後者なら"低ステのセイバー"が存在することになるが…
    ネロは「低ステータスのセイバー」なんだけど、取り敢えず「皇帝特権ばりのチートスキル持ってるけどステータスは低い剣豪や剣士のサーヴァント」は例外と思いたいんで許してください、だな(笑)
  15. 33>死因が概ね油断or舐めプなのは正直萎える。その程度の判断力で良く名うての殺し屋になれたもんだ。
    ああいった能力者が彼ら以外にもそれなりにいる世界でなお達人だったのだろうしなぁ。
  16. 大佐、日本が1941年の時点で三式中戦車程度の戦車が主力だったら負けたにしろマシな戦車戦が出来たんじゃないかな?それより輸送とか運搬、揚陸の方が問題かな? by うっきー
    1941年の時点で三式中戦車を量産できて問題なく運用も出来る国力があると、他のことも全然変わってくるんで、仮定としては大掛かり過ぎる。リソース配分を戦車に偏らせただけ、なら結局なにも変わらないしねー。
  17. >23 ふと思ったのですが、原作の数多ある士郎死亡の中に、ギルに負けるルートもそれなりにあるのですかね?たまに聞く話だと他では結構「難所」の話を聞く割に、VSギルに関しては「あの対戦なら勝ち確定」みたいに聞くことが多い印象なので、ひょっとしたら他ではよく死ぬ割にギル戦では死ぬルート無いのかなと。
    ギル相手に「オレの能力は、他のヤツ相手なら無理だが、お前相手なら勝てる!」と啖呵切ってるのを真に受けてる人も多そうである。実際には「お前が超絶手抜きをしてくれてるなら、オレの能力でギリギリどうにかなるかもしれないぜ!」だが。
  18. 36> なら、くどくないコレならOK? by うっきー URL
    だから「わざとそうなってるのは好きじゃない」って言っただろぉぉぉ! くどいとかそーいうことは言ってねぇ!!
  19. >3 自分も思うところがあって鉄血2期色々考えたんですが、所感としては「1期であった政治的要素」がぽっかり抜け落ちたと言うのが大きな要因かなぁと思いました。駆け引き殆どないし・・・。行き当たりばったり感がなんだかなー感が。クーデリアを参謀にでも置けばだいぶ違ったと思うんですけどね。まあ結局、脚本に殺されたようなもんですね・・・。
    クーデリアのあそこまでの蚊帳の外ぶりは実に意外だった(笑)
  20. >24 あ、あれ?恥ずかしながら、作者による道士郎打ち切りじゃないよ発言は、ちょっと聞いたことがなかった話ですね……!どこか公式にソースがあるのでしょうか……?でも相手がヤクザと設定されてしまったなら、健介殿が未成年で養われの身である以上、真の意味で勝利することは不可能(だからああして投獄によって時間を稼ぎ、危険が及ばない社会的身分を得ることで勝利、という「同じ大人としての喧嘩」のステージでの勝利を目指す他ない)ではあり。道士郎の戦闘力がどんなに高くても、健介殿がどれだけ聡明で勇気があっても、少年主人公としての限界を暗に示してしまった、という意味では描くことがなくなってしまったと言うのその通りかもしれませんね。
    あとヒロイン可愛かった(素直な感想 面倒なキャラを上手く魅力的に描くというか、それを周囲も引き出せてて。
  21. >自衛隊の戦闘機パクって市街地の上空でド派手に空中戦したり、宝具で大爆発起こしたりビームぶっ放してもOKレベルなら  その当事者達は聖杯戦争中に大半お亡くなりになってるしなあ ビームぶっ放したセイバーのマスターの切嗣はどうなんだろ・・・早晩死ぬの確定してるから放置した? 鯖側で秘匿なんて知るか!ってのが横行するなら「お前らの作ったシステム大迷惑だから責任取れ」つって御三家を誅戮した方がいいんでしょうかね?
    うむー、なので「即時制裁が加えられる」じゃなくて「聖杯戦争中は放置。死ぬならそれでOK。生き残ったら制裁する」程度のスタンスだと、サーヴァントは危険を冒してまで守るメリットが薄いな~という。
  22. >21 実はその流れを覚えてたりする(笑)  数年前、『戦場の絆』が流行ってた頃に拍手で「ジオン軍大佐」というハンドルネームを使ってた事があった(笑) で、同じ大佐ですね!と大佐大佐呼んでたらいつの間にか周囲に浸透してた罠。つまり犯人は私!?(笑) by もう引退したけど最終階級は大尉とかだった
    な、なんだってー!?
  23. アストルフォ君腹筋割れてなかったのが悲しすぎる。騎士である彼には腹筋割れていて欲しかったんじゃよー。ちょっとくらい筋肉あった方がいいじゃないか!
    デオン君の筋力がスパルタクスと同等とか凄いよなー。
  24. わすゆ四話>まどマギの杏子といい、なんか赤い変身ヒロインはそれだけで死亡フラグが立ってる気がする。杏子も銀もカッコいい散り様だわ……。 それはそれとして、四話変身シーンでのそのっちのお尻の食い込み直しが非常にエロかったです。あれはもっと語られても良いと思う。 by ヒトクチ ハルカ
    あれはエロかった!!!
  25. >23 ギルにシロウが勝てる理由『ギルが武器を「取り出す」のに対して、シロウは直接手に作り出すから』とかまったくもって納得出来ませんからね。ギルが他サーヴァントに比べて身体能力のステが低いとはいえ、そもそもとしてサーヴァントと人間には隔絶した身体能力の差があるわけですし。そもそも、それでギル倒せるなら、超素早いサーヴァントなら勝ちようあると思うんですけどね。
    ギルの場合「超素早いサーヴァントを殺す宝具」とか「宝具をコピーする能力を持つやつを殺す宝具」とか使えるけど使ってないだけだしな( ・`ω・´)
  26. 27 > 「キャラクターが突然バカになる」というのは端的な表現であって、正しくは「キャラクターが急に精神的におかしな行動をとり始める」だと思うのですよ。状況判断を間違えるとかそういう話では無くて、それまで描いてきたそのキャラの性格としては決して取らないような行動をとり始める事へに違和感、というか不快感を一言に集約して「バカになる」と言ってると思うのですよ。そのキャラが死んでもやらないはずの行動をとらせて、しかもそれが原因で死ぬというファンが一番見たくないものを見させるスタッフへの、「怒りと悲しみの凝縮ワード」、それが「キャラクターが突然バカになる」なんですよ~~(血涙)。
    そうそう、それそれ。
  27. 3.「無能さを競い合う世界」と呼ばれるくらい登場人物が最初からバカな作品と突然バカになる作品だとどっちがマシなんだろうかと考えてしまう
    全員バカで大人気:このすば、おそ松さん 突然バカで大紛糾:ギアス、鉄血
  28. 23>タイガー道場のスタンプだけ死に様がある。それは解るし、それだけ選択肢ミスすると死に直結していたから補正じゃないというのは首を傾げるかな。私は大佐と同じ士郎のように鍛錬と言えば筋トレぐらいしかやってない士郎がサーヴァントを渡り合うのは補正だと思ってる側であることを前提に言うと、士郎の死亡行動ってメタ視点でも作中視点(例えば凛)でも「それをやったらまず間違いなく死ぬ行動」を繰り返しやってるわけで、選択肢自体が「その死に繋がる行動を採るか採らないか」ではなく、「採った後に滅茶苦茶か細い生き残る方法を掴み取る為のもの」が多かったと思ってます。この辺の「滅茶苦茶か細い生き残る方法」だけを切り取ればご都合主義とは言い切れませんが、別段戦闘の天才でも訓練されているわけでもない士郎が人間を超越した英霊を相手にして何度もその可能性を探り当てて生き延びるのは主人公補正だろうと思います。もちろん、衛宮士郎という人物が「人間のフリしてる壊れた存在」という描写で、死の危険があろうがなかろうが自己実現のチャンスであれば突貫する者であることは重々承知しているので、「物語の登場人物の造形」として好きだけど、「キャラとしては補正込みで嫌い」とは思います。うん、プレイ中に何度「えぇ!?そこで突っ込むの?やっちゃうの?」と思ったことか(笑
    そして「筋トレしかしてなかった主人公がそれじゃ説明付かないレベルの超人的な筋力を発揮し、超人相手に瞬殺されずに時間稼ぎ出来るくらいには強い」のがリゼロ(えー
     
11/14
  ■あふぁー

 
 ルーラーの能力で真名、クラス、ステータスとかはわかっても、性別はわからないのか(笑)

 
 カウレス君! カウレス君! ボカァねぇ! この際だから言わせてもらうけどねぇ!!
 君はいったい、どんだけキャーステキカッコイイプレイを繰り返せば気が済むんだね!?
 序盤に全員がそれなりに動いた時点で、獅子劫さんチームが素敵さでは一人勝ちっぽいなぁ……なんて思ってたのに大誤算だよまったくもう!

 
 この際、FGOの海イベって大方のキャラが「ギャグだからいいよね」という免罪符でも掲げてるつもりなのか何なのか、悪乗りぶりが良くも悪くもで、悪いところが本当に悪い感じなんでなんで、「あそこで描かれている人格は考慮に値しません」って前提で話したくなるくらいには、モーさんの「ほーらこんな馬鹿だからコイツが王になってもろくなことになりませんよ」をなかったことにしてやりたい感じの、Apocryphaでの魅力的さです。
 いや、個人的には今だって「王様になったら無駄な巨大建造しまくって金を浪費する人」とは思っちゃいないですよ!

 
 なんかケイローンさんは、最初にかましたジークフリートいきなり自害事件の片棒担いでることさえなければ、本当に「味方としては頼もしい」のだが、そうだからこそ「もうなんで最初にあんなことやっちゃったのよ!」で困る。いや、本人的になにか思うところがあって、それをキッチリ描写されてたら……ってのはあるんだが、どうも作品的には無関係扱いっぽいのがモヤモヤしちゃうっ。「無関係と思ってる読者が大半です」と言われても別に異論は挟まないが、俺は釈然とせん(笑)

 
 突然のMiG-21。それで突っ込むのか!
 60年前に開発されたえっらい旧式な戦闘機ながら、ジェット戦闘機の歴史の中でもトップクラスの生産数で、未だに多数が現役と、調達難易度は比較的低い。けどまぁ流石に獅子劫さんが個人調達したんじゃなくて、時計塔が手配してくれたと思っていいんだよね。
 で、名前が気に入らないってのは、ルーマニア空軍配備のMiG-21が「ランサー」だから「セイバー」に書き換えた、と(笑)
     
  GODZILLA 怪獣黙示録

 
 明日の公開に前日譚読むの間に合ったーっ!!!!

 
 人類が怪獣にボコられて地球から叩き出されるまでに起きた苦闘の記録が綴られており、宇宙人のテクノロジー供与を得てちょっとだけ勝てた時期が熱い(笑)

 
 ジェットジャガーがパワードスーツ!!
 装甲がメカゴジラと同じスペースチタニウム製!! ヒューッ!!!
 ちなみにガンバスターの装甲もスペースチタニウムだ!!!(出てこない
 っていうかまぁ、そんな超光速技術持ってる人たちの超素材をもってして「対物ライフルの直撃を防げるスゲェ装甲だ」ってなるんだから、「月霊髄液では対物ライフル防げない」ってなるよそりゃ!!
 なんてのを、この作品の監修が虚淵玄なことから連想してしまった(笑)

 
 次々と投入される東映特撮スーパー兵器部隊に大興奮せざるを得ない!!
 マーカライト・ファープ投入シーンは、街道上の怪物KV-2の眼前で88ミリ対空砲の設置作業をしているシーンが彷彿されたぜ!! あっちでも戦車部隊が囮になってる隙に設置したんだよなぁ!!
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. わすゆ>ツイッターや感想に4話の話無かったから沈黙してたけど・・・・・・情報手に入っちゃたのか残念。一期見てないと凄い衝撃で腰砕けになる大佐が見たかった。
    貯めてて観てない自分が悪いからしょうがないんだけど、惜しいことをした(笑)
  2. 「イジられるのと、イジられもしない」なら後者のほうがマシ>分かる、蔑まれて笑われるのなんて見たくないんだよ
    話題にならなくても俺は好きだからそれでいいよってなるわなー。
  3. a. 27>ラスタルの変節も困る・・・同じラのつく弁務官の詰めの垢を飲んて欲しかったなぁ
    b. >>27 壊滅するにしても筋を通してマッキーと心中して欲しかったなとは思いますね。
    c. 27>ふと、あの作品に関しては結末だけを問題視している人はダメだと思っている人の何割なんだろうかと思う。終わりよければすべてよしなんて言葉もあるくらいには結末って大事だけど、そこまでの道のりあってこその結末だから、そりゃあ2期後半の展開ほぼすべてってなります、私個人の感想ですが。
    d. >>27 そこですよねえ。鉄華団壊滅、ほぼ全員死亡のバッドエンドになる空気は1期の時点であったわけで。ただそこに至るまでの経緯が、終盤急に味方側の主要人物皆バカになってバカな行動しか取らなかったから、普通に戦力揃えた相手に普通に負けたとか言う、悪い意味でご都合主義の塊だったのが問題なだけで。
    e. >27 ダインスレイヴとかいうロマンもへったくれもない糞設定やめて、覚醒三日月が苦戦するのも納得な最強MA出しましょう。(大暴れしたハシュマルくんはそれでもMAの序列的には下位らしいので
    f. >27 トイレ銃撃シーンやオルガの死ぬシーンばっかり(ネタ的な意味で)槍玉に挙げられてますが、ガチ視聴勢としてはそのシーンそのものは割とどうでもいいというね(笑) そこに至るまでの過程が酷すぎただけで。
    g. >27 全滅エンドが悪いんじゃない、上手に全滅させられて無いのが悪いのだ……!
    h. 鉄血は何というか、バカである事の結果・弊害こそ終盤突然出て来たように描かれてますが、「バカであること」自体はかなり早い段階からそうではありますからなー。みんなバカ故に悲劇に突っ走る物語ではあったので、そこの見せ方をもう少しスマートにというか、自然に見せられるだけで大分違ったんでしょうね。結末自体は同じでも「結末とかそんなのはささいな事」派なワダツミさんの希望にも沿えますし。
    g.表現的に一言にしてるから「バカ」と言ったけど、オルガは最初から「味方を売って保身に走る卑怯者」ではなかったし、マクギリスは最初から「軍事的才覚を感じない無能」ではなかったと思うんですよ(これだけってことではなく、その他挙げだすとキリがない
  4. 24>某三姉妹アニメのように2期はなかったことにして3期4期が作られることを期待しよう……
    内田可愛い
  5. テラフォーミングマーズ …軌道エレベーターは造れますか?(笑 システム的に、映画『オデッセイ』(原作:アンディ・ウィアー『火星の人』)ごっこはできそうになさそう。荒巻義雄《ビッグウォーズ》シリーズ、萩尾望都『スターレッド』、川又千秋『火星人先史』、レイ・ブラッドベリ『火星年代記』、『鉄血のオルフェンズ』、『アルドノア・ゼロ』、などが火星舞台の物語として思い付きますが、説明を見る限りは企業の開拓競争な感じで、キャラ(個人)の物語の再現は難しい感じでしょうか。 by エルドラン総受け
    軌道エレベーターは造れた気がする(おぼろげ
  6. グッドスマイルレーシングの初音ミクAMGがGT300の17年度チャンピオンになったそうです。
    そいつはおめでたい!
  7. a. 23> おそらく同ネタ多数でしょうがマロリー版ではガウェインより強いと明言されてたりするベレアスという騎士もいるのです
    b. 23>ではガウェインより強くランスロットより弱い程度らしいペレアス卿が参戦した暁にはモーさんの順位が一つ下がる訳ですね。…天寿を全うしてるから聖杯への願いは無いかもしれないですが。
    ペレアス卿はFate世界では「アーサー王の配下の騎士ではあっても、円卓の騎士に叙されてはいない」そうなんで、今回は条件外だった!
  8. a. 29>何だったか忘れたけど、時間停止したら相手に触っても感触がアレなんで停止中にエロい姿を撮影?して脅して現実時間でエロい事にもちこむって話があったなぁ。
    b. >29 アウターゾーンの時間停止話で、おっぱいやおしり揉んでもへこむだけで弾力とか感じられないから楽しくないってのがあったなぁ
    たとえ時間停止レイプがダメでも、抜け道はある!!
  9. 33>戦いたくないとかなんで聖杯戦争に参加してるのくらいの人ならありえなくもないけど、兄貴は結構あわせてくれそうだからな、正直兄貴にはほとんどいいイメージしかない。伝承的にははちゃめちゃなこともしておりますが
    伝承的にハチャメチャといえば、水滸伝の梁山泊のメンツは多くのキャラがバーサーカー適正あるよな。今の価値観からすると狂人の集団過ぎて(笑) 既に登場している燕青が結構ハジけた感じのキャラだけど、そんな彼ですら梁山泊の中ではトップレベルの常識人だし。
  10. a. 34>デスマスクだった、はかに座の私としてはなんとかしてほしいところではありますわ(笑 まともに聖闘士星矢みてない最大の理由だし
    b. この調子で「転生したら花京院だった」「蟹座のデスマスクだった」「雲のジュウザだった」「次鋒レオパルドンだった」とか>打ち切り決まる一ヶ月前くらいのレディジャスティスの作者に転生して必死で10巻完結の大逆転に持ち込む話で!!(レッドスプライトでもいいけどあれ漫画自体には特に不満無いんだ俺・・・)
    c. >34 花京院だったらどうするべきか…。まずDIOに洗脳されるから家族とのエジプト旅行は中止して、ホリィさんの容体が悪化するまでは承太郎の近所で待機。なにせ承太郎がスタンド能力を使いこなせないとDIOは倒せないので、ホリィさんにもスタンド能力が出るほどDIOからの侵食が強まることと、アヴドゥルによるスパーリングは必須です。アヴドゥルはエジプトにいるから自分で探しに行くとDIOに捕まるかも知れないし、アカの他人だから日本まで来てくれなんて説得も難しく、ジョセフが連れてくるのを待つのが一番。あとはスタンド能力者=貴重な戦力であることを示して仲間に加わり、敵のスタンド使いは大半が初見殺しの能力だから適宜対応して、うまく承太郎を成長させつつDIO戦の前に「時間を止める」概念を伝えられれば…。いやでも、あの能力格差じゃ普通は承太郎があっさり殺されて終わりですよね…。やっぱりDIOの現在地を知っているアドバンテージを活かして、昼間に館をぶっ壊すとかいうソッチ方面の戦法を取るしかないのかなぁ(笑)
    d. >34 記憶持ち越しありなら、レオパルドン以外はハッピーエンドが目指せる気がする。レオパルドンは・・・仲間を見捨てれば何とか(笑)
    レオパルドン、後付け設定では、ゴングが鳴る前の奇襲で負けたが普通に戦ったら勝てないまでもまともに試合できてたらしい(笑) つまり転生ヤムチャが鍛えて対ベジータ戦で悟空と同格の強さになれたのが許されるなら、レオパルドンもマンモスマンに勝つくらいならいけるのではないだろうか。
  11. 41>FGOの主人公は話にきくだけで『お前は人間じゃない』と断言してしまうレベルでいろいろやってる、やられてる人ですよね。肉体は人間でも精神は神か悪魔のそれなんでしょうな、フォウ君こともあるし
    アニメになったら「説得力のある描写」が死ぬほど大変そうって意味でアニメ化困難(笑)
  12. ダイモス落とし、なんだかパワーを感じるワードだぜ……! いいなあ、こういうアナログゲー。地元にもなー。こういうの不特定多数で集まって遊べるお店とかあるか探してみるかなー。遊びもしないコレクションになるのは、ボードゲームではいささか場所を取り過ぎる。
    ボードゲームはプレミア価格に陥りやすいので「将来プレイする用」で厳選して確保だ!(えー
  13. a. アイオロスが生きてたらダメ>アサシンのアイオロスはひどい境遇だけど、業を背負った分えらく強くて格好良い。NDの先代が出てきたりΩの前に黄金聖衣を継承したりとファンサービスが素晴らしいと思う。
    b. 1>アイオロス生存ということはサガの乱とか起きずに星矢達が成長しない…のかな?それともアイオロスが星矢達を鍛えたりしたとか。
    c. 1> 主要キャラ的には地獄の様な展開な所もあるけど、人類全体的には神々の脅威が一掃されて万々歳な世界にも見えますな~。
    d. 1>原作者によるアイオロス主役のスピンオフ(短期集中)が始まるみたいですね。とりあえず原作者公認の必殺技が欲しいところですが。
    b.「過去の大本の原因を解決しちゃった結果、超主人公補正チート世代が育たなかったので、新たな敵に太刀打ちできなくなった未来」とか辛いな! 歴史の修正力とかそーいう理由じゃなくて「作品の都合で凄まじく厚遇されるキャラがいないから」って理由なのが!
  14. 26>原作が未読だった時は気づかなかったし楽しめたけれど、かなり無茶苦茶だったアニメ三国志。FENCE OF DEFENSEのOPはどちらも大好き。
    観てたんだけど内容を覚えていない。呂布が矢尾一樹で驚いた記憶だけはある(笑)
  15. 横山三国志>26の方が挙げられた(劉備逝去前)以降の趙雲の頼もしさと言ったらもう… 実力・経験・格(職というか位は上がいますが)的に蜀の将軍の中で実に高レベルでバランスが取れていて今でも最も好きです。 それだけに死亡時には孔明のようにマジ嘆きしました。
    20世紀の趙雲人気の大きな根源の一つだな(笑)
  16. 43>1ページ丸々「出来らぁ!」のパロで吹いた。まぁあのシーンは妙に有名なので大丈夫だろうけれど、初見だとしたら意味が通じるのだろうか?
    あのシーンは、知ってると「それやるのかよ!」的驚きがある程度で、知らなきゃ本当になにも面白くないって意味で、ダメなシーンだと思ってる(笑)
  17. a. >9 「獺祭」の旭酒造さんも頑張ってますよ。2年ぐらいまえに大きなビル作って、生産量をかなり増やしてます。今なら酒の安売り店とかでもぽつぽつ見かけるかも。でも、近所のスーパーでの720mlの値段と直営店の1.8Lの値段が同じなのは笑うしかなかった
    b. >>9 地元に「獺祭」の酒造会社があるので、つい反応を(^^; 自分は下戸だし知識も全然無いもので、正直「なんで、こんなに日本中で話題になったり、世界に進出とかしてるの?」って感じですが。爆発的人気になる前は、駅のキオスクとかでも普通に買えたんですけどね。ま、それこそ、あの会社は酒樽で仕込むとかじゃなくて工場的な設備で造ってるって聞いた気がしますし、ここ最近で本社工場を新たに建て直し、倉庫とかも増設して増産できるようになったのか、地元の小売でも在庫を見かけるようにはなりましたが。
    今日日記に書いたゴジラの小説でロマネコンティの1945年が出てたので、値段を調べたら目が飛び出た(笑)
  18. >21 赤セイバーことネロ・クラウディウスは本来セイバー適正を持てるだけの素養はありませんし、生前に剣技に関わる逸話もありません。『皇帝特権』というチートスキル(本来その才能を持ち合わせてなくても、主張するだけで達人級になれる)で強引にセイバー適正を得ています。
    えーと、「剣の腕は立つけど、トータルのステータス的にはこまで高くない剣豪や剣士は、セイバーじゃなくてアサシンになるのかな」「低ステータスのセイバーになるだけでは」「セイバーは高ステータスなのが条件だから」って話の流れなので、超例外的なケースを出して「普通に起こることですよ?」と言ってるような感じで、ちと話がおかしくないかな?
  19. >16 しつこいようで本当に申し訳ありません。ですが、どうも噛み合ってない気がするので改めて言いますと、私が言いたいのは「あのときの事態を解決する策もなにもなく喚いてるだけのアタランテさんちょっと引くわー」という個人的な感想であって、大佐殿が仰られてきたことまで踏み込んだようなものではないのです。あの映画のあのシーンに「えっ」となった身としては、それと同列の考えの上でジャンヌ正当化に必死 と思われるのは心外なので重ねて投稿致しました。
    ああ、ごめんね。「キャラ視点では別にそんなおかしなことしているわけじゃないから、メタ視点でひかないであげて欲しいな」ってことだったんだ。申し訳ない。「キャラ視点では別にそんなおかしなことしているわけではないだろうけど、それはそれとして引く」とかならもうなにも言うことはない。いや「キャラ視点でもおかしいことしているでしょ」でも、これ以上否定することはないけど!
  20. a. >22 そりゃまあ「打たせて打つ」の繰り返しでしたからね・・・。トレーナーである会長もそれを平然と指示する始末。特にネットでよく取り上げられるウォーリー戦なんかは酷いもので、この一戦だけでもダース単位ってレベルじゃねえくらい殴られてます。ホント今までよく壊れなかったもんですよ…。
    b. 22>電子版に載ってないから、ゲバラ戦直前で読むのやめちゃったけど、まだゲバラ戦だったのか。一応、世界チャンプにならなくても宮田戦で終わりってのは数年前ならありえたけど、作中で会長たちはやらせる気がないって明言しちゃったからなあ。これまでの話をひっくり返さないと話を畳めない気がする。
    リクドウの主人公も打たれっぷりヤバいというか、ボクシング漫画の主人公だと「避けるのが基本」は(盛り上がり的に)珍しいのだろうか(そんな読まない
  21. >25 最初は自分もワダツミさんと言っていたけど、皆があまりにも大佐大佐言うんでけっきょく大佐と呼ばせて貰ってます(笑) 不快ではないと信じていますが、一体どういう流れてそうなったんでしょう?
    不快じゃないんだけど、いつの間にか過ぎて全然流れを覚えていない(笑)
  22. >わすゆ 正直この子らが小学生とか言われても違和感しかなくて困ってる・・・。にしてもまどマギといい、変身ヒロインが血まみれで戦って死亡も普通にある作品は色んな意味で心にクるなぁ。
    この子たちが小学生らしくないというよりも、萌えアニメの中高生キャラが小学生っぽいのが多い、とは思っている(笑)
  23. a. >41 海外では原作普及度合いいかほどかは定かではないですが、アニメ中心となれば印象かわるもんなんでしょうかね?あっ、でも中国だと士郎は一時期「士狼」と渾名つくぐらい補正や優遇さで嫌われてたという話ありましたからその辺りダブらせたてそうでもある?
    b. >41 シロウは補正込みで運よく死ななかったのがルートとして成立してると考えるとまぁ。FGO主人公は一般人とは?と思うけど型月の一般人程信用できないワードも無いしなぁ…
    c. >41 士郎に関しては原作で死まくったせいであまり補正イメージないなぁ。むしろやっと主人公補正さんが来てくれた…状態だった
    d. >46 いや、士郎の場合はSN本編じゃちょっとした弾みでバカスカ死んでますし、むしろ主人公補正は低い方では。やつが各ルートでEDを迎えられるのは多数の選択肢で全て正解を選ぶと言う、か細い糸の綱渡りを全速力で駆け抜けた結果で、死ぬ度にプレイヤーがやり直せるADVの仕組みを主人公補正と言うのなら、それは正しい意味で主人公の特権であり、あまり揶揄される性質のものではないと思うのですにゃー。ギルに勝てるのも作中では士郎とギル、双方の資質の結果として描かれてますし、これを補正と言ってしまっては、もう何でも主人公補正になってしまう気もー。
    a.アニメ中心とゲーム準拠じゃ印象大違いってのと、生身でサーヴァントと渡り合うのがチート主人公補正じゃなかったら何なんだよって意味ではどうしても自分は苦手だった(笑)(でもまぁそれは趣味の問題だとは思っている) まぁ今となっては「ギルが100の力なところを慢心して80で戦ったら負けた」なんてレベルじゃなくて「100の力なところを5しか出さなかったら、1の力の士郎が能力相性で10の力出してきて負けた」くらいの超舐めプだということはわかったものの!
  24. a. 11>打ち切りだと思います。あの時期、編集長が酷くて(改蔵打ち切りの件とか)、面白いのに打ち切られた漫画が多数あったと記憶してます。
    b. >打ち切りなのかなこれーとなっている。 それは連載時ファンの間でも物議をかもしたのですよ。あまりに話題になったからか作者が打ち切りじゃないよと明言しております。主人公が道士郎の力を借りずにヤクザに勝ったことで少年の成長物語として描くことは全て描いたという事なのでしょう。
    c. 「道士郎でござる」は連載リアルタイム組としても大分唐突に終わった感が強くて、正直戸惑った所はありましたねー。掲載位置的にはそこまで不人気にも見えなかっただけに残念感は強く。当然ながら、事情は今日に至るまで明かされてはないのですが
    おお、どっちなのだ!?
  25. >41 それは落とし穴目線なのでは。より酷い例があるからといって、酷い例が不快でなくなるわけじゃありませんし。
    確かに「これまでのFate作品より主人公補正が酷い」とか言ってるわけじゃないもんな!
  26. 突然ですが、オナニーをもっと出来たらいいのに・・・と思ったことってありませんでしょうか。大抵は立たなくなると性欲もわりと満足しているのですが、立たなくなっても抜きたいって時もやっぱりあります。それを避けるために何度も寸止めを繰り返したり・・・。女性の場合は、満足いくまで出来るのかなぁ?
    基本的に、回数と性欲の満足度合いはあまり関係なく欲情して困る。3回オナニーした日だって、そのあとエロいもの見ればまたオナニーしたくなる!
  27. 27.「キャラクターが突然バカになる」とは言うけど、確かに冷静に神の視点で見ればキャラが突然バカになってるように思うかもしれないし、実際そうかもしれないけど、それならワダツミさんは自分がその突然バカになるキャラと同じ状況に置かれたときに適切な行動をとることができるんでしょうか?
    アニメキャラに対して「自分が出来ること以外は、キャラが出来なくてもおかしいと持っちゃいけない」とか、逆に「自分が出来ることをアニメキャラが出来なかったら馬鹿扱いしていい」とかは、いかんのではないだろうか。例えば「プロの軍人、兵士としておかしい」という評価と、視聴者の能力は、無関係でいいんじゃないかなー。あとはまぁ、本当に同じ現代日本に生きてる一般人相手とかの同じ土俵なら、比べられることも色々あるだろうけど。
  28. “ダイモス落とし”・・・闘将の新しい必殺技かな? と思ったら衛星を落下させるのかー、となった by ぐぁば侍
    同系統のカードが何種類もあって、段々と落とす石ころがでかくなっていく(笑)
  29. 今度の金曜日、BSジャパンのデュエルアワーから 遊戯王5D'sの再放送が始まりますぜ。 今思えば牛尾さんは実はイリアステルで、パラドックスのように歴史を改変すべく武藤遊戯に接触したは良いものの闇のゲームで返り討ちにあい、記憶を失って何十年もさ迷った挙げ句 デュエルの腕と戦闘能力を買われてセキュリティーに就職したんじゃないかと… 闇のゲームの影響で他のイリアステルメンバーからも忘却される哀しみを背負うワンマンアーミーに…
    DM、GX、5D's、ARC-Vと最多出演回数を誇る牛尾さん。
  30. 「狂気山脈」の感想、ありがとうございます。「テラフォーミングマーズ」のレイプが読めたのも嬉しかったです。「テラフォーミングマーズ」も興味あるのですが……今手に入れるのは難しいみたいですね。一応、再生産中のようですけど。12月の「ゲームマーケット」なら手に入る可能性あるかもしれませんけれど。春の「ゲムマ」で、品切れ中のゲームも販売されてましたから。
    再生産情報があるならば待つしかないな! 知らずに高値で買った翌週に再販情報を知ってショックだったのが二回ある(笑)
  31. アポ>何度目になるのかもう分らないけど更に株を上げてくるとはカウレス君は本当に主人公気質だこと。
    そろそろサーヴァントと融合しよう。
  32. FGO、復刻Xmasイベ前のこのタイミングにアガルタクリアできた俺ですが、アストルフォのあぽコスを霊衣解放する前にこのセーラーナイトコスを霊衣解放すべきだろ運営ぃぃぃ!、とつい叫んでしまいましたとも。デオンのメイドナイトコスも早めに実装してほしい!!
    ToHeartコラボで実装だな>セーラー
  33. 36>つうかあは、「「女子高生サイドカーGPin日本」って感じで各地のレース場を転々として最後は鈴鹿なのかなー」って思ってたら、延々とチームごとの掘り下げを順番に繰り返してて、正直「期待し過ぎてたら肩すかしだった」感じになってしまって、切ってしまった……。レースもの=GP=シーズンで各地を転々、って思い込み強すぎたorz
    十二大戦も同じように「毎週交代でキャラ紹介」を繰り返してるんだが、あっちは「戦闘の進行はする」から、話が進んでる感あるんだよなぁ。
  34. 魔術の秘匿を疎かにしたやつにはペナルティが課される>聖杯戦争以前に時計塔の方針で神秘を露見する行為は処罰対象のはずですから、本当にごまかしきれなかったのなら時計塔から刺客が送られるとかしていたと思いますよ。
    ああ、もちろんごまかしきれないレベルでやらかしたらってのはそうなんだけど、自衛隊の戦闘機パクって市街地の上空でド派手に空中戦したり、宝具で大爆発起こしたりビームぶっ放してもOKレベルなら、だいぶ緩いよなぁと。「即時制裁じゃなくて、聖杯戦争中に死なずに、生き残ったら罰せられます」なら、サーヴァントにしてみりゃ「バカ正直に守って途中退場する意味」がないし。
  35. 14> 投稿者のコメントよりも同縮尺で並べて比べている画像が宗谷の知識が無い人間でも直感的に視覚で分かるっていう意味で便利だなと思った次第です。宗谷の排水量が約4800トンとか言っても興味の無い人間には分かってもらえんのですよ。でも同縮尺の模型を並べると比較対象が出来て分かってもらいやすいですよねってだけです。話の取っ掛かりにはなるかなぁ~と思って・・・。 by うっきー
    俺としては興味がない人がこれだけ見て「これしかサイズ差がないから同じような船なんだな」と思っちゃうことにデメリットしか感じないからなぁ。
  36. 腋が好きな大佐って、こういうのもイケるくち? by うっきー URL
    わざとそうなってるのは全然好きじゃない。
  37. この女子生徒は、この時はいてない(確信。 by うっきー URL
    眼鏡女子高生の彼女だできたら毎日の写真送信を義務付けたい。
  38. 26 永井豪先生の電子書籍 > おそらくご存知だとは思うのですが、一応です。永井豪先生の電子書籍はebookjapan(あともう一社どこかあったはず)にいくらかありますよ~。雑誌掲載時のカラー原稿も再現されていますし、画質もKindleより良いのでなかなかだと思います(一冊の標準価格がやや高いのと、還元ポイントが本にしか使えないのがやや難点かな)。でも、電子本はKindle一本に集約されたいのですよね?。自分もそうなのでこんな事書いておきながら、実はまだ試し読みしかしてないのです(笑)。
    Kindle版~早く来てくれーっ!!!!
  39. おそ松さんでおそ松が女の子の腋チラで性的興奮してたけどあの腋チラがエロかったのかどうかワダツミさん的にはどうでしたか?
    そっちはまだ観てないんだが、海のシーンでわざわざ乳や尻のアップと同列で腋アップもあったりで、スタッフ分かってる感あるよね。
  40. >>17 一部の例外はありますが、基本的に女優がメインの作品だと、「貧乳・・・だと?」ってなりますね。例えば「貧乳」というシリーズ作品になると、それに合った女優が出てる感じですが。
    貧乳オムニバスAVでも普通に貧乳じゃないの出て来るの困る。
  41. >24 「ニーナとシャリオスの物語」として見た場合、あのオチもありなんですけどねぇ。ワダツミさん曰く『キャラクターが突然バカになる』展開が多いのがいただけませんでした。自分的なピークは「私の本心を聞いてくれ!」とカイザルから言われ、これは絶対に告白してくる流れだと思って期待満々で聞くリタのシーンかな(笑)
    2クール目に突入したことに驚いたよ!
  42. 17>漫画版ガンパレで加藤が巨乳扱いなのはおかしいと思う。まぁ自分は田辺さん派ですけど。スカウトでスキュラを一撃で蹴り殺すくらいに鍛えたり原さんに刺されたりしたなぁ…
    アニメ版ガンパレがスーパーロボット大戦に参戦する日は来るのだろうか(設定が大違い
  43. >36 ギスギスはあんまり好きじゃないんで、まお&ひとみペアが癒しです。頼むよー、君らは最後まで仲良くアホやっててくれよー。双子ちゃんみたいなシリアスはいいから!(苦笑)
    ゴスロリチームの出番が来る前に脱落しそう。
  44. そういえばときメモは爆弾処理ゲームであった(笑)  https://p.eagate.573.jp/game/bombergirl/bg/p/index.html
    せつなさ炸裂!!(別ゲーム
       
 
 
 
 
 
 
 

サイト内検索っぽいモノ