HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
同人委託情報
  

とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス booth
 
読了本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!






日記ログ
■2020/07b
■2020/07a
■2020/06b
■2020/06a
■2020/05b
■2020/05a
■2020/04b
■2020/04a
■2020/03b
■2020/03a
■2020/02b
■2020/02a
■2020/01b
■2020/01a
■2019/12b
■2019/12a
■2019/11b
■2019/11a
■2019/10b
■2019/10a
■2019/09b
■2019/09a
■2019/08b
■2019/08a
■2019/07b
■2019/07a
■2019/06b
■2019/06a
■2019/05b
■2019/05a
■2019/04b
■2019/04a
■2019/03a
■2019/02b
■2019/02a
■2019/01a
■2018/12a
■2018/11a
■2018/10b
■2018/10a
■2018/09b
■2018/09a
■2018/08b
■2018/08a
■2018/07b
■2018/07a
■2018/06b
■2018/06a
■2018/05b
■2018/05a
■2018/04b
■2018/04a
■2018/03b
■2018/03a
■2018/02b
■2018/02a
■2018/01
■2017/12b
■2017/12a
■2017/11b
■2017/11a
■2017/10b
■2017/10a
■2017/09b
■2017/09a
■2017/08b
■2017/08a
■2017/07b
■2017/07a
■2017/06b
■2017/06a
■2017/05b
■2017/05a
■2017/04
■2017/03b
■2017/03a
■2017/02b
■2017/02a
■2017/01b
■2017/01a
■2016/12b
■2016/12a
■2016/11b
■2016/11a
■2016/10b
■2016/10a
■2016/09a
■2016/08b
■2016/08a
■2016/07b
■2016/07a
■2016/06b
■2016/06a
■2016/05a
■2016/04a
■2016/03b
■2016/03a
■2016/02b
■2016/02a
■2016/01a
■2015/12a
■2015/11b
■2015/11a
■2015/10b
■2015/10a
■2015/09b
■2015/09a
■2015/08
■2015/07a
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

8/5
■ジードとZは北斗の拳を連想せざるを得ない

 
 主人公の第一印象が「目の前の命救う為なら、他の犠牲は構わない」「え、犬が死ぬより皆で困る方がマシでしょ」みたいに見えてスゲー悪くてですな。「精鋭部隊とおっしゃいますがそこの彼は素人丸出しの命令無視マンで街巻き込みまくりなのどーいうことなの。メビウスの1話観てこいよ」とイライラしながら観てたら。
 友人が「ウルトラマンZ序盤はマジ主人公にイラっとするけど、じきに薄れていくので何卒……。ビルや街が破壊されることに抵抗がなさすぎる。しかも独断の結果で」と、「不満に同意しつつも助命嘆願する」という、巧妙なサポートにより視聴続行するに至る。

 
 ネロンガ戦で、赤外線センサーが外部頼みなことに「外部認識センサーがカメラ映像しかないの!?」と驚いたのもつかの間、花粉症に苦しむシーンで対NBC装備がないことに「ストームトルーパーのスーツに防毒機能が無い」のと同じくらい驚いた(笑)

 
 それでは皆さん。ご唱和ください!!
 燃やせ! 燃やせ! 真っ赤に燃やせ! 怒る心に火をつけろ! 倒せ! 倒せ! 力の限り! お前の空手を見せてやれ!!

 
「設計と違って複数のメーカーからパーツ供給させてるからロスが発生して性能落ちてる!」に対して「大人の都合で余計なことを」よりも「ああ、元のままだとコストがバカ上がりとかの都合あったのかな。設計者はスペックのことしか気にしてないけど」なんて思いながら観ていた。
 ていうか「主人公の再三の足引っ張りで壮大な無駄遣いしちゃってるから予算不足でしょうがなかった」って側面もあるんじゃねーの、と(笑)

 
 ゴジラじゃ飽き足らずテレスドンまでジラースに!!(笑)
 実はジラースの本体はエリマキで、寄生怪獣とかなのでは?(おかしい
 新八の眼鏡的な。

 
 ペギラを見ると思い出すエロ漫画がありましてね……。内容全然覚えてないけど(笑)

 
 ごめん、サブタイトルの時点で完全にジャックが出るもんだと思い込んでた(笑)

 
 てかまさかの眼鏡回!! やはりメカニック娘は眼鏡かけてないと!!!
 今後もこれで定着してくれていいのよ!!!
 性格もいい具合に壊れた技術フェチぶりで素敵だしな!!!

 
 ところでこれがレッドマンっぽくて怖い。
 見比べるとそこまで似てないんだけど、目の周り赤いと印象が迫ってしまう感じだ。
  ■バンゲリングベイ

 
 ワカリマクリスティ。
 友希那さんのゴーヤ嫌いもワカリマクリスティ。苦い。

 
 健全シーンです。

 
 過去イベントのシナリオを気軽に見れるのは嬉しいね( ・`ω・´)
 他のソシャゲ知らんけど!!! FGOがおかしいだけでこれが普通なのかもしれんけど!!!

 
 最初この歌を全力で「ペルソナとコラボした歌かな?」と勘違いしてたのは秘密だぞ!!
 冷静に考えたらミルキィホームズだよな。ブシロードだもんな(これも違います

 ミルキィホームズといえば中の人が同じなグリッター*グリーンがよもやゲームに出てこないなんて思いもよらなかった……。メインキャラの一角じゃなかったの君達!? アニメでも海外に高飛びしちゃってるし!?

 
 演技が未熟だと感じたキャラの中の人は往々にして名前がアルファベットであり、調べるとそもそも声優じゃないことが多いの法則(あるのか
 普通なら「声優で未熟なのは見守れるが、声優じゃない人間採用して下手くそなのは困る」と思ったりもするわけなんですが、バンドリって「ガチで楽器演奏する」という特殊な作品で、右のキャラの中の人なんてバンドリに手を出す以前から知ってたバイオリニストなのよな。
 で、俺の認識としては「この作品における比重としては、声優としての技量と、ミュージシャンとしての技量は等価値」で。「逆に声優が楽器を猛練習しても(当然一朝一夕に積み重ねられるものではないゆえに)、ガチな人からしたら未熟なこともあるだろうな」なんて思ったりもすると、ミュージシャンが頑張って演技してるんだろうと思えばその拙さも見守れるというもの。俺は楽器の上手い下手は全然わかってないからね!! 声優の演技だから評価基準持ってるってーだけで!!

 
 イベントの協力ライヴ。ノーマルですら普通にゲームオーバーするくらいにはド下手くそなんで、「イージーですまぬ……」となりながらプレイしているが、それでも別に高レアリティ&高難易度の人と圧倒的なポイント差にならない仕様なのは助かっている。
 てかあまりにも自分が下手くそ過ぎて「ノーマルですらキツい。ハードとか絶対無理。練習してどうにかなるもんじゃない」と確信している。


 
 ふらんめええええええええ!!! ドイツ語ぉぉぉぉぉぉ!!!!
 ……と、意味のわからないテンションで観始めたわけですが、最高だった。ああ最高だった。そりゃ最高だったとも。最高のサティスファクションってやつだ。
 独り部屋の中で鑑賞してたわけだが、それゆえに遠慮なく奇声……いや歓声……いや奇声をあげていた。興奮し過ぎて非常に疲れた。
 そして同時に「あ、これヤバいやつだ。いきなりこんな最新のライヴBDじゃなくてもっと前のから観たほうが成長を順に観れていいんじゃないの?」ともなった(笑)
 あとりんりんの中の人との地声のギャップに吹いた(笑)

 
 あと観ながら手に力が入りまくることを利用してハンドグリップも延々と握っていたので翌日軽い筋肉痛になった。Roselia筋トレ、皆もやってみてくれよな!!! 心も体も健康に!!!
 てか生まれてはじめて指ぬきグローブしたよ。オタクレベルが1上がった。


 あと改めてお願いなんだけど、バンドリ(に限らずこのサイト全般の大前提ルールとして)のアニメ、ゲーム、漫画等で自分が言及した範囲(サイトやTwitterに感想載せた回の話まで)内だけのコメントを心掛けてくれると助かります。皆が知ってて当然のキャラ設定や情報も、ワダツミにとっては「これから知ること」なのでよろしくおねがいします。「〇〇が□□で可愛いんですよ!」「え、なにそれまだ知らない」ってことになるんですよー。


 
 そしてプレゼントが届いていたのでありがとうですよ!!!
 とりあえずフルメタルジャケッツとバンドを……バンド・オブ・ブラザース的なやつを。

 
 とか遊んだ後にちょっと外出しようとしたら更に追加戦力が置き配されていた!!!
 ワダツミをRoselia三昧にしようとする高貴なる闇の組織がある気がしてきたぞ!?

 
 不在のりんりんの代打としてあこが魔界から召喚したキーボードの悪魔将軍です。
     
  蒙古絶対許さないサムライ・ゴーストツシマン

 
 穏やかに「そのまま苦しんで死ぬといいよ」と、そっとしておいてやりたくなっちゃうよね。

 
 ここの砦、ヴラド公が待ち構えてるんじゃないだろうな(笑)
 道中通りがかっただけなんでまだ手付かずだが、実に剣呑である。

 
 このゲーム一番の怒りの炎が天を突き破ったので廃墟の中で立ち上がりサムライファイヤーアロー今この手に炎の弓矢をお見舞いしてやった。

 D&D脳過ぎるので遊んでる時は常にこんなことを考える仕様。


 火力によって先制、敵隊列を壊乱させた後の抜刀突撃が鎌倉時代最先端の戦術である。


 現状、一番格好良く撮れた気がするシーン(笑)
     
  ■プレゼントありがとうございます( ・`ω・´)

 
 最近リスト外のプレゼント率の方が高い(笑)
 無論迷惑だとかはまったくなく嬉しいですよ!
 大仏とか想定外過ぎて吹いた。悪魔が攻めてきたら動き出す巨大なゴーレムだって信じてる。
     
  “真実は見えるか”キャンペーン 第6回 チャプター9

 ダンジョンズ&ドラゴンズ3.5版をベースに「オリジナル世界設定」「ハウスルール色々」「禁止呪文・特技・アイテム多数」「モンスターデータ改造しまくり」の独自環境なので、運用や裁定が公式ルールと矛盾した場合も仕様です。厳密なことはあまり深く考えないで読むと幸せ。
 また、プレイ内容で色々と「気に入らないこと」があったとしても、プレイグループ内では合意を得て楽しんでいるものとご理解頂けると幸いです。


 チャプター1 チャプター2 チャプター3 チャプター4 チャプター5 チャプター6 チャプター7

 第1回まとめログ 第2回まとめログ 第3回まとめログ 第4回まとめログ 第5回まとめログ

 アルブレヒト・ヴォルフェンビュッテル 魔導師(ウィザード)5
 モニカ・ヴォルフェンビュッテル 神寵者(フェイヴァード・ソウル)5
 レーグネン 神官戦士(クレリック・ウォリアー)5
 天杜八夏 侍5
 ダスティ 巧者(ローグ)5

アルブレヒト「でっかいレムレーだ!」
モニカ「ブーマーだ」
レーグネン「魔神ブゥ!」
アルブレヒト「レムレー、合体バージョン?」
DM「パワー・レムレーだ!」
モニカ「めっちゃおる~!」
八夏「綺麗に並んでいるぞ!」
DM「はいここで、敵2体の不意打ちラウンド」
レーグネン「ホオオ」
DM「ウエェイ、ブッチョー! 突撃っ! あ、こいつデータ上、ハルバードを持ってるんでよろしくね」
全員『へえ~!』

  モンスターデータと一緒にイラストが添えられているのが基本なのは言うまでもないことなのだが。これが割と「データとイラストで食い違う」ことがあるのだ。「これ絵だとグレートソード持ってんだけど、データだとグレートアックスなんだよね」とか「どう見てもプレートアーマー着てる絵なんだが、データだとレザーアーマーか……」なんて。もちろん「武器なんてその時たまたま持ってる装備なんだろうから、固定武装なんて存在しないもんだろ」ってことは百も承知なので、個体差は当然あって然るべきではあるものの。「せめて“典型的な個体”として載せてるデータとイラストは合致させろや」とも思うわけで(笑)

 
 例えばこのエティンというモンスター、「モーニングスターとクラブの二刀流」ってビジュアルなのだが、データ上は「モーニングスターとモーニングスターの二刀流で、予備武器にジャヴェリンを持っており、皮鎧を着ている」のだ。パンイチじゃねーかぁぁぁぁぁぁ!!!!
 これだけポンと置かれて「データと見た目が食い違うこと」を黙ったままプレイしたら、プレイヤー達も良い気はしないだろう。さりとてミニチュアに準拠した装備にしたら「近接攻撃力、遠距離対応力、防御力が軒並み低下して、定格データより明らかに弱くなる」のである。

 とにかく困るのが、公式のミニチュアを活用してプレイする場合、「往々にしてルールブック記載のイラスト準拠で立体化」されるので、「せっかくビジュアルの雰囲気を高めるためにミニチュア使ってんのに、見たまんまじゃなくなる」のだ。それを避ける為には「ミニチュアの装備に即したデータに修正する作業」が必要になり、ひと手間増えてしまうのが困りもの。これが「グレートソードがバトルアクスになる」程度ならその場で振るサイコロ変えるだけで楽勝なんだが、「データだとグレートソードなんだけど、絵だと二刀流」みたいに「根本的な部分から修正しないと駄目」とかがえらい手間。ある程度以上の強さのモンスターはそれぞれの戦闘スタイルに特化した《特技》で構築されてるのが珍しくないので、それが全部破綻するんだから一大事。

DM「データは3.5版なんだけれど、フィギュアが5版のなんだよね」
八夏「5版のデータだとハルバードを持っていないと?」
DM「5版のモンスターデータだと噛み付き攻撃です。目と口が縫い付けられてるって設定のくせにな!!(笑)」

 さらにこれですよこれ。
 ゲームのナンバリングタイトルで「昔の絵柄と今の絵柄では同じモンスターを描いていてもだいぶ違う」なんてのは珍しくないわけなのだが、それも多くは「ナンバリングはされてるが世界は違う」みたいなケースが多いわけじゃないですか。
 だがRPGの元祖D&Dはその辺が実にフリーダムで。「最初から最新作まで同じ世界ですよ。まぁ多元宇宙なんで色んな世界あるけど。その個々の世界は同じ時系列の上に続いているんですよ」とした上で、「平然とデザインや設定を変え」た上に「え、最初からこのデザインで設定でしたけど?」って顔をすることに定評があるのだ。

 
 左3版のクラーケン(脅威度12)、右5版のクラーケン(脅威度23)。
 設定レベルで完全に「同じ名前の別モンスター」状態であり、強さも大違いである。左のクラーケンが成長すると右になるって言われたらシックリ来るヤツ(笑)
 基本的に版上げされる毎に時代が進んでいくのだが(つまり4版は3版より未来が舞台)、しれっと「太古よりこの設定ですけど何か?」と言い切るのだね。「時代が何百年か経過したうちにこんな種族に変容しました」なんてことはなく「天地創造された時からこうです」と言い切るのだ。強い。過去の設定との整合性を気にする必要皆無!! 最近じゃあポリコレのアレでナニを配慮して「最初から邪悪な種族を減らす」なんて方向にシフトしてオークやゴブリンも決して邪悪一辺倒の種族ではないことにするのを検討中らしい。「邪神が創り出した戦闘民族」みたいな設定は焼却だぁぁぁ!!


DM「おりゃー! ……2、駄目です。もう1人……レーグネン立ちすくみAC19だから当たり、ダメージ13点」
八夏「なにか激しい音が」
DM「で、レーグネンは突撃を喰らった時に意志セーヴをしてください」
レーグネン「20振ったから成功です」
DM「で、2回目の攻撃を喰らって意志セーヴもう1回」
レーグネン「イケるかな、17」
DM「はい。で……後ろの敵も移動。レーグネン意志セーヴ。バンバンAP使っていけ」
レーグネン「ん~んんぅ。AP使って17、成功。2回目も……成功」
DM「はい終わり、で、皆もイニシアチヴ」
モニカ「17」
八夏「13」
アルブレヒト「24」
レーグネン「ぐあっ!?」
八夏「どうしました!」
モニカ「何が!?」
アルブレヒト「奥に何かがいるようだ、音がする」
アルブレヒト「私か。見たくねぇな……おわっ、なんじゃこりゃ~!」
DM「〈知識:宗教〉」
アルブレヒト「24」
DM「ハイ、やつの名前は……ヌッペリボー! レムレーがいなければ、こいつが最弱と言われている悪魔だ」
アルブレヒト「レムレーは奴らの中で最弱! こいつらは二番目!」
DM「レムレーなど悪魔の中では最弱!」
アルブレヒト「レムレーの太ったバージョンだ」
DM「この肥大したクリーチャーはヨタヨタと歩き、巨大なノコギリ状のハルバードを持っている。目と口は縫い取られているが君の存在を感知するとくぐもった絶叫をあげる。『うおあああ~~!!』というわけで、疑似視覚です、聴覚はありません。レムレーと一緒で、魔界の雑魚です。で、コイツは恐怖のオーラを放ちます」

 
 そんなわけで左が3版のヌッペリボー、右が5版のヌッペリボー。
 つまり設定説明でもデータ上でもハルバードを装備している上に《武器熟練:ハルバード》なんて運用特化特技まで持ってるくせに、絵はどう見ても魔界肉切り包丁である。困ったもんだ(笑)
 当たり前だがハルバードの性能と比べたら片手武器の方が弱いんで、おいそれと「これはハンドアクスってことにしておきます」とも言いづらいのだ。ラノベでよくある「本文描写と挿絵が食い違う現象」だが、フルミニチュア環境に於いてそれはより深刻に迷惑なのだった。

アルブレヒト「まあレムレーの強いやつだ。だが、やつを見たら恐怖を覚える!」
八夏「また恐怖……」
アルブレヒト「魂が凍るような思いをするらしい! レーグネン、大丈夫だったか!? ……いやレーグネンは大丈夫だろう。よし、俺は退がるぞ、冷静に退がる」
DM「もう恐怖を喰らったらしい(笑) 逃げ出したサー・アルブレヒト~勇敢に逃げ出し危険が迫ると勇敢に尻尾を巻き~背中を向けて勇ましくも怖気づいて~アルブレヒトは逃げた~雄々しく逃げた~♪ ブレイヴ、ブレイヴ、ブレイヴ、サー・アルブレヒト~♪」

 わりかし勇敢なアルブレヒト卿の歌でした。

 
アルブレヒト「モニカの番だ!」
モニカ「ハイ! 敵から2マス離れた位置に移動しました」
八夏「八夏も移動します、ぎゅうぎゅう。なんと醜い……!」
DM「こいつ、聴覚が無いからイニシアチヴにペナルティ……耳も目も塞がれてるからしょうがないだろ! だから明かりもクソもないんだ、疑似視覚で完璧に把握しているだけで!」
アルブレヒト「なんだと!」
レーグネン「なるほど、〈知識:宗教〉は15」
DM「最弱から2番目のヌッベリボーだ! 耳と目が塞がっているらしいぞ!」
レーグネン「ヌッペリボーだ! アルブレヒト様が言っていたとおり。じゃあゼーレン・シャルフリヒターで攻撃! 命中11」
DM「外れ、カーン! レーグネンに前列3匹が攻撃しますよ……21当たり、10点。で、八夏殿とモニカ1回ずつ意志セーヴ」
八夏「16」
モニカ「16」
DM「次のやつの攻撃、ダイス目17当たった、6点。また意志セーヴ」
八夏「17」
モニカ「大丈夫」
DM「3匹目は外れ。また意志セーヴ」
モニカ「13は怖いのでAP使います。足して14」
八夏「……AP使って、13」
DM「大丈夫でした。ターンエンド、でもモニカだけまた意志セーヴ」
モニカ「20」
DM「終わりました。良いねェ、雑魚相手のセーヴに対して全部AP使っていく姿勢」
モニカ「此処であんまりやりたくないですが、怖過ぎて(笑)」
八夏「恐怖という言葉に嫌な思いが(笑)」
DM「恐怖体験があって過去の思い出でチキっちゃう訳ですな。まぁキャラクターがっていうか明らかにプレイヤーがチキってるんだけど(笑)」
モニカ「チキチキで」
DM「でもまぁあんまり笑いごとじゃないんだけどね、半年後にAP枯渇で次々と死なれても困るんだ」

 基本スタンスとして「APの使用前提でシナリオを組まない」ということは、「APが尽きてるから障害を弱くしておこう」が無いってことも意味するわけですね。無論「AP無いだけで次々と死ぬシナリオ」だなんてことも「無いつもり」ではあるものの。

アルブレヒト「なんとかAC上げてあげたいけど特になァ。橋を渡らないとなくなっちゃうから」
DM「なにせコイツは弱いですからねぇ~(強調)」
アルブレヒト「(移動して)ここなら安全かもしれない、ワンチャン!」
モニカ「モニカはレーグネンの横に移動して、(DMから見て奥から1号、2号、3号)3号にハルバードで攻撃。命中28、ダメージ13点」
DM「イタタタタ」
八夏「モニカの後ろに5フィートステップ。私も3号に攻撃、命中12」
DM「外れ、カーン!」
レーグネン「マーシフルオン状態で、3号に攻撃します。命中17、ダメージ12点」
DM「はい、えーっと、3号は倒れた」
アルブレヒト「そうか、非致傷か。ややこしいな」
レーグネン「あとでとどめを刺さねば……」
DM「敵。レーグネンに攻撃。えーっと19まで当たる」
レーグネン「耐えました」
DM「耐えましたって、不思議な表現だな。それはHPで耐えたのか?」
レーグネン「ライフで受ける!(防御のポーズ)」
DM「ライフで受けるのね(笑) じゃあHPを減らして……」
レーグネン「いや、避けました(笑)」
DM「表現が微妙だとね、言った言わないでモメるから、ちゃんと言って欲しいです~」
レーグネン「オッケーです(笑)」

 ちなみに「ゴブリンを殴ります」って宣言した場合は、「本当に殴った」として処理するので、たとえプレイヤーがロングソードで斬りかかったつもりでも、パンチ扱いです。雰囲気を大事にしたい。

DM「でもう一方も外れで、3号は高速治癒で復活します。通常ダメージ3点、非致傷ダメージ3点で合計6点回復」
全部『おー……』
DM「で、モニカとレーグネンは機会攻撃してください」
レーグネン「外れ」
モニカ「命中20、ダメージ16点」

 
 狭い通路に中型台座の限界を超えたサイズのミニチュアがひしめいた結果、置き場所がなくて石の中に追いやられるモニカと八夏(笑)
 窮屈状態で立っているんだけど、ミニチュアは縮こまってくれないんで致し方なし!!

DM「では3号は死ぬんだけど………奥にいるのがニュっと入ってくる、4号ね」
八夏「4号が来た!」
DM「レーグネンに攻撃をしようかね! ……外れ。モニカ、八夏さん、意志セーヴ」
モニカ「大丈夫でした」
八夏「……くぅ! 合計6!」
レーグネン「まあまだダーク・ウェイ……シャイニング・ロードがある?」
アルブレヒト「いや……ここのターンで消える(笑)」
DM「……橋はここまで掛かってたと。……まあ、仮の話。仮の話として。……ここが落とし穴だとするわけじゃん? で、八夏が此処まで逃げるとするじゃん? ……此処が、仮に! 落とし穴だったとしたら、踏み抜いて、フローティング・ディスクごと落ちるっていう処理で……異論はないですね?」
アルブレヒト「……クラウスが」
DM「クラウスの死体を損壊するタイミングに」
八夏「言い方!」
アルブレヒト「……えー、フローティング・ディスクは常に地上3フィートのところに浮かび、それを保つ。ディスクをそれ以上離そうとすると消えてしまう」
DM「つまり穴になったら消えるってことでいいね?」
アルブレヒト「まあ、そうだよね……? 消えるんじゃないですかね?」

 このフローティング・ディスクを発動して落とし穴回避した時に「今回だけの特例だよ!」と書いたことを覚えておられる読者もおられましょう。そしてこのプレイはまだ同じ日の出来事なので特例パワー継続中です(笑)

DM「ハイ……。で、ダーク・ウェイはこのターン消えるんですか」
アルブレヒト「……消えますね(苦笑)」
DM「お兄様のターン。恐ろしいことに、お兄様は八夏が既にセーヴ落としてるのを知らないですからね。……『何故か唐突に閃いたのでもう一度、シャイニング・ロードを掛けるぞ!』?」

 全員笑い

アルブレヒト「うーん、何度見てもキモいなあ。頑張れ~」
モニカ「モニカは4号をハルバードで攻撃します、《信仰の威力》を使います。……命中14」
DM「14は当たり」
モニカ「やったぁ~……。ダメージは18点」
DM「倒れた……いやあ、でもまだ高速治癒があるから死んでないよ。さっきの一撃は非致傷ダメージだったんで、回復ゥ~! ってなもんだ」

 常に回復役が行動を共にし、何度倒れても回復呪文をジャブジャブ投入して起き上がってくるPCと違い、敵は「回復役がいることが当たり前」だなんてことはない以上、基本的に昏倒=死亡なケースが多いんだけど。この様になんらかの回復手段があるならば昏倒してもまだだ、まだ終わらんよ!!

レーグネン「めっちゃ回復してる~!!」
DM「で、八夏は、[恐慌]状態になっているので逃げます」
八夏「……では、1、2、3……」
DM「ズボッ!」

 全員爆笑
 そしてここでモニカが「姪が私がいつ帰るのかってさっきからずっと聞いてきてるんですいません……」と無念の途中離脱。

 
八夏「あーっ!?(落とし穴に落ちていく)」
アルブレヒト「ちょ、おま!」
八夏「あっ、ということは槍も落としたんですね」
DM「そうだね、ヒュー……(落下の音) 八夏殿は落下ダメージ4です。そしてクラウスの死体もグシャっと……」
八夏「とんでもないことをしてしまった……」
DM「これで完全に死体損壊したことになりますな」
アルブレヒト「まあ、かといってね……出口が無いからね、置いていくということは、見捨てて行くっていうことだから、持ってくるのは仕方がないことで。でもあれか、損壊していても弔うことはできるか。とはいえファイアーボールでやられると困っちゃうけど」
DM「まあ、落っこちて損壊も、ファイアーボールで焼かれてもルール上では変わらないよ……」
レーグネン「クラウスーっ!? ……ではレーグネン。倒れているやつに攻撃します。『マーシフル・オフ!』命中19、ダメージ8点」
DM「はい、では倒れて意識を失った。では敵の番。とりあえずレーグネンに……ファンブル。お兄様、意志セーヴ」
アルブレヒト「まあこんなやつにな、うん。肝が座っているから。やー……17」
DM「ではレーグネンに……22まで当たる、当たり……ダメージ10点」
レーグネン「あー地味に痛い」
DM「お兄様、意志セーヴ」
アルブレヒト「……」
DM「(DM、思わず近づいてダイス目を見る)……(笑)」
アルブレヒト「(頭に手をついて)いやあ……。13まで成功しているのは知っていて……いま12なんだよ(笑)」
全員『(笑)』
八夏「運命のダイス目」
アルブレヒト「いやあ……落としそうな気もするんだよなァ……しかしな……ここで逃げるなんて……いや、今は穴が空いているから……。八夏が落ちた穴の隣を『まだ道がある!』って歩いていくよな……いやあ、でも格好悪いからな……AP……使いたくないんだよ……12!!」
DM「12! 耐えた」
全員『あー(安堵)』
DM「バカスカ使ってた中に無駄遣いが混ざっていたのが確定するのが地味に嫌なヤツ(笑) で、3体目は生きていて高速治癒をしているので、お兄様はもう一度意志セーヴ」
アルブレヒト「高速治癒していてキモい! ……成功」
DM「はい。よかった」
アルブレヒト「ええと、じゃあ俺か。……見た感じ、穴の中はどうなっていますか」
DM「10フィートぐらい離れてる」
アルブレヒト「死体袋とヤカが……」
DM「穴の中でピンピンしてます。『あいたっ!』って」
アルブレヒト「ぶっ倒れているやつにワンドのマジック・ミサイルを撃ち込んでおくか」
DM「1ターン分の高速治癒と相殺するってやつね」
アルブレヒト「4点ダメージ」
DM「はい、バシューン」


アルブレヒト「モニーカ! 倒れているのに攻撃……当たった」
DM「では死んだ」
八夏「八夏、穴から出なきゃ」
DM「必死に登ろうとしている! 〈登攀〉してください」
八夏「5」
DM「まあ無理だね」
レーグネン「次。レーグネンは倒れているもう1体に対して攻撃。お、クリティカル~チャンス。14」
DM「当たり」
レーグネン「2倍! 12点!」
アルブレヒト「12点……」
レーグネン「さっきの八夏を見ちゃった後だとね(笑)」
DM「クリティカルで12点か……次、敵。バホンッ!? 次……クリティカル! 20、20を振った。クリティカル合戦ですよ!」
レーグネン「私のクローズ・ウーンズはもう無い! モニカのクローズ・ウーンズ……!」
DM「大したことないです、たかだか21点ですよ」
レーグネン「おわー、ピッタリ0……」
アルブレヒト「ではモニカからクローズ・ウーンズ! 12点減らして……」
DM「あ、ごめんなさい! もっと行きます、ハルバードだから」
アルブレヒト「おあー、ハルバードだ」
DM「トリプルダメージなので……27点」
レーグネン「27から12引いて……レーグネンのHP6」
DM「もう1体が行きます」
レーグネン「やばい……[昏倒]チャンス!」
DM「だがハズレ」
アルブレヒト「意外と苦戦しているな(笑)」
レーグネン「強い……」
アルブレヒト「行動を遅らせるか……モニカはハルバードで手負いに攻撃! 当たり、13点」
DM「はい、倒れた! で、お兄様」
アルブレヒト「……遅らせよう」
八夏「〈登攀〉5……」
DM「ふふ(笑)」
レーグネン「レーグネン! 倒れているやつに《攻防一体》3使って攻撃。-3で+7だから当たりです。ダメージ8点」
DM「死んだんじゃない? わからないよ。……ラスト1体! ……外れ」
アルブレヒト「モニカの攻撃が、当たった。ダメージ9点」
八夏「八夏、まだ駄目」
レーグネン「レーグネンは《攻防一体》3点で……16で当たりです」
DM「なんか雑だぞ!? 一喜一憂がない。完全に勝った気で流している(笑)」
レーグネン「(笑) 12点!」

 もう皆完全にやる気が無い……というか勝利を確信し、淡々と処理している空気に。苦戦したら苦戦したでいっぱいいっぱいになってロールプレイ忘れがちだが、これはこれで雑になってしまう。切ない。

DM「倒れた」
アルブレヒト「ではとどめを刺して」
DM「とどめを刺した! 終わり」
レーグネン「モニカ様、トドメをお願いいたします! 私はヤカ殿にリムーヴ・フィアーを! ……よかった、落とし穴があって怪我の功名かもしれない」
DM「八夏が走って行ってたらアラームが鳴ったかもしれない(笑) 『あ、八夏あそこまで行ったんだ』って」
レーグネン「リムーヴ・フィアー! 風邪に効く!」
八夏「はっ!」
DM「おもらしが止まった」
八夏「いやーん。く、またこの様なことを……!」
アルブレヒト「ヤカは完璧に怖くて怖くて逃げ出したからね……治ったからといって怖くないわけではないかもしれない。『いやあもう平気っす』ってことは……」
DM「前にTwitterでやったアンケートの結果を重視したいね。恐怖効果を受けて回復した後にどういうプレイをするか。『何も引きずらない』って回答は少なかったよ」
八夏「まあ、そうか……」
DM「数値的ペナルティを負わない程度に引きずるロールプレイをするっていうのが一番なのだろうね」
アルブレヒト「ヤカ! 奴らはもう倒した、怖くはないぞ!」
八夏「ほ、本当ですか」
アルブレヒト「ああ! モニカとレーグネンが全てやってくれた、もう安心だ! 出ておいで!」
八夏「どちらかというと助けていただきたい……」
アルブレヒト「まあ、ロープだロープ」
八夏「すみません……」
アルブレヒト「というか……クラウスの袋がえらい方向を向いている」
DM「えびぞりにコキャっと……」
八夏「多分……落ちた時に私が押し潰してしまい……」
レーグネン「ロープを下ろすからクラウスをつけて。モニカとレーグネンがいるので引き上げるのは」
DM「じゃあ〈縄使い〉でダイスを振ってください」
レーグネン「その前にヴィゴー・ポーションはゴクゴク飲んでいきます」
DM(ドロボぉぉぉぉぉ!!)
八夏「〈縄使い〉18」
DM「奇跡的に持ち上げられた」
八夏「ありがとうございます。ああまだ居る……」
DM「10ラウンドぐらい経ったら死体がシュワっと消える」
アルブレヒト「ヤカを引っ張り上げる頃には消えてる」
八夏「ああよかった」


 そして慌てて帰ったモニカからは「もう寝ちゃってたよ……」と連絡が入るのであった(笑)

 Don't give up justice, I want to get truth! 次回「余談」

●プレイヤーズコメント

・アルブレヒト
 パーティーリーダーの沽券に関わる一大事で、結果的にセーヴに成功はしたものの、いかにも失敗しそうな場面でAPを使わずに頑張った理由はさてなんだったか。
 もしかしたら、良くも悪くもジャバジャバとセーヴにAPを使う風潮に一石を投じたかったのかもしれない。
 あるいは『2番目に弱い悪魔』ごときに英雄の切り札のAPなど切れるかっという矜持。
 まだあわてるような時間じゃない。

 実は今回一番の重大事項は、クラウスを穴に落としてしまったこと。
 これで蘇生にかかる費用が跳ね上がってしまったのだ。
 アルブレヒトとしては『回収できたからヨシ! 実はできなくてもヨシ!』なので、今後の指針に影響はなかったりするのかもしれない。


・モニカ


・レーグネン
 恐怖って怖いじゃん! しかし自分がAPガンガン使ってたから、皆に伝染っちゃったかもと思わなくも。しかし恐怖に対するロールは出来れば失敗したくない。恐怖って怖いじゃん(サビ)。
 回復するなんて厄介と思いつつ、敵から見たらいつもそう思われてるやつ。



・八夏
 最初名前を聞いた時、「のっぺらぼう? なんで急に日本語?」と思ったヌッペリボー。
 フィギュア見ただけなら本当にただの肉壁さんと思いきや割と面倒なヌッペリボー。
 ついつい「ヌッペラボー」って言いそうになるんだよなぁ(オイ

 そしてまた恐怖に引っかかる八夏……余計なトラウマがどんどん増えていくのか(汗
 クラウス、止めの一撃のような形で巻き込んでしまってすまない。

 しかしクラーケンの変貌ぶりが本当にすごいなぁ。
 ゼノ・ジーヴァがムフェト・ジーヴァになるレベルで酷い(違


・ダスティ
 このパーティーが苦手としている、特殊能力もちのモンスターがついに登場。戦線崩壊し、ボロボロになった過去のトラウマがよみがえる! しかも戦力が減っており、今回は「一度帰って回復してから、またやってくる」は、やれそうもない状況。弱腰になってAPを多用してしまうのもやむなしか?
でも今回は、APを使ってがんばった甲斐あってか、八夏が[恐慌]状態になっただけで、ふみとどまった……が、その一度のセーヴ失敗で大変なことに! クラウスが……クラウスがー……!! 一体どうなってしまうんだ?

 あたかも「相性が悪い敵と遭遇してしまった!」と思わせるコメントだが、「特殊能力のある敵に弱いパーティー」は「それってつまり呪文の援護が無いモブ傭兵なんじゃ」な、相性以前の問題である(笑)
 ぶっちゃけ4人中3人が意志セーヴが得意なキャラ&スペルキャスターなことを考えると、パーティーのスペックとしては「とても特殊能力による攻撃に強い」のであった。実際問題AP使ってたセーヴ、どれも「AP使わなくても耐えられた数値」であり、唯一落としてるのが意志セーヴを苦手とする八夏のみであるからして。

     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!

  1. ツイッターの世界観のアンケ使わないが4割弱は割と意外だった。私は意味違うのは理解してるけど公式サイトとかでも散見されるし面倒だから使っちゃえで3番めだった
    なんか「あーこいつ間違って使ってんなぁ」と思われるのが嫌って思っちゃって避け始めた(笑)
  2. >82誰かが毎回直してる 神様(ピッコロの良心)が「月を戻したいんでお前の尻尾は切れたままにしといてくれ」的なことを言ってたんで基本的には神様が直すんでしょうな
    無きゃ無いで大変な影響出るしな!! 一瞬消えるだけでも大惨事だろうけど(笑)
  3. 対馬に旅立ちましたか・・・。政子お婆ちゃん、そのあまりの勇猛果敢っぷりから「対馬のバーサーカー」などとも呼ばれていたり。まあ激昂して当然の仕打ちを受けている、恐らく最も悲惨な体験(当方守之段攻略中の段階にて)をしている方なのですが・・・
    捕虜をすぐ殺しちゃう
  4. 28>バットマン・ノーマンズ・ランドだと大地震でアメリカ本土から孤立して無法地帯になったゴッサムにスーパーマンが乗り込んで悪党を退治するも、結局根本的な問題解決にはならないので新聞記者クラーク・ケントとして改めてゴッサムを訪れ記事で世論に支援を訴えかける方針に転換するエピソードがありましたね。
    世論なんて簡単に踊っちまうからなぁ(イソジンの件を見ながら
  5. 61>そのてんケイオティック・イビルなら二律背反な状況になる心配はないな!と思った瞬間、次に浮かんだ光景はシグルイという作品でケイオティック・イビルな主人公その2がゲーゲー吐いてる様を見ている主人公その1が「こいつは他者を殺めた事に嫌悪しているのではない、誰かに命じられて人を殺めた事に嫌悪しているのだ」という筋金入りの反骨者である事を知るシーンが思い浮かんだのである、よくこんな人物像を描けるなと作者を感心したものですが
    どの属性も二律背反な状況には陥るな(笑) カオティックは何しても自由じゃなくて、秩序に従う行動を忌避せんといかんから。
  6. a. >もう平和に暮らさせておいてあげてよ 個人的にこれがあるからファフナーの続編が見れないんですよね。もういいだろ!!ってなっちゃうの。
    b. 88 >字面だけなら「大満開ってことはハッピーエンドだな!!」なんだけど、この作品の満開って何かしらの欠損と引き換えのブーストだからなぁ。平和と引き換えに勇者部が精神的存在(作中で消滅した神様っぽいの)にでもなっちゃいそう・・・
    c. 88>>まぁ人によって続編を見たいって気持ちは分からんでもないが、「後はもう平和でよくない?」って気持ちになるのも分かる。なんつーか綺麗にある程度終われたじゃん的な作品だと特に。まどマギとかは地味に一段落したし、アニメだけで終わりでも良い締め方してたけど、劇場版の展開はアレはアレで好き。(尚劇場版の後の展開が未だに無い模様)
    d. 88>それな! 私もそう思った。でも、ゆゆゆシリーズは実は電撃G'sマガジンで物語がずっと展開しているので、企画全体としては全然終わっていなかったようだ。でもまあ、それでも、そういう展開とは違って、なんとか平和を掴んだのがTVシリーズ……のはず?
    e. 88>分かる・・・視聴予定だが日常アニメだったら良いなぁ。
    f. >>88 大きな問題は解決したあとでの、きっと12話すべて日常系。きっとそう。
    いやもうマジで「また戦います」だったら観ないと思うよ……ハッピエンド確定したら観るかもしれんが……。
  7. 43>うおっまぶし!(合いの手は必須と思い・・・) レス不要
    落ちならがコメントしてやがる!!
  8. 大佐Zはいいぞ。とにかく特撮のレベルが毎回すごすぎるでございます。あとYoutubeでやってるゼロとZのボイスドラマも面白いですよ
    だが主人公がホント苦手で、それを許容してる組織もしょっぱく見える負の連鎖が辛い。
  9. a. 24.>「おい、ヴィランを仲間なんてふざけんな。死ね」>まって・・・マーベルというかX-MENで自分が好きな面子全員ヴィランでびうキャラ・・・
    b. 24>パニッシャーのキャプテンに対する愛が重すぎる
    「戦力に困ったから悪人でも妥協して力借りないと……」みたいな状況でもあるんで、困ったもんだ。
  10. 16>どんなよくできたゲームでもある程度の必勝法はありますからね。やるとしたら全員で同じ情報を共有しないとまともなゲームにはならないですわん
    「いつもコイツが圧勝するからもうやらないでいいよ、少なくともコイツと一緒には」ってなるまであるからなー。
  11. 61> 作中で任務を放棄した罰で家名断絶にはなったけど、その裏で勇敢な行為を称えられ息子であるパーンにその恩恵が返ってくるというのはいい落としどころという事ですかね。
    ロードス島戦記2大「生きてんのかよお前!!」、ブラムド(蘇生されてた)とパーンの父ちゃん(実は死んでなかった)だーっ(笑)
  12. 71> 犬を飼育できなかったら人類はここまで発展する事はなかった(夜間の警戒が出来ないから)という説を見た覚えがありますが、極論ではありますが一面の真実ではあるでしょうね。
    もふもふして可愛いしね。
  13. 86>話だけきいてるとたのしそうえいいなぁデュエルリンクス。だがもうソシャゲはふやせないのだ・・・
    金かけなくても時間かかるしねー。
  14. >>78 周りの人はおいしいと言って食べてるけど主人公はイマイチだなぁと思ってたり、現地の料理人に作り方を教えて料理人の方が研鑽してより美味しいものを作ったり、高レベル料理スキルでカバーとか色々ありますね
    Dr.STONEで見た光景(笑)
  15. a. >>75 「戦闘員、派遣します!」だと普通に会話できるオークを食肉として使ってますね。1匹だと生きていけないオークに食事を与え労働力として使用し、死後は美味しくいただく合理的なシステムです(現地人談)。
    b. 食用オーク肉で思い出した。いやファンタジーでなく現実の話ですまんのですが。漫画家のTNSKさんとこのサークル&サイトのマスコットキャラが「豚肉の身体と高速自己再生能力を持ち飲食店で自分の肉を切り出してお出ししつつ給仕もしてる美少女」って尖りすぎた設定の子でして、数年前のコミケで「その子のお肉味のレトルトカレー(ポークカレ・・・?)」を実際作って頒布して・・・爆死してた・・・事が。いやそりゃ分かってネタで作ってんだからいいんだけどもう普通にドン引き設定だから仕方無いよね!?午後からヤケで投げ売りしてたのつい沢山買い込んで友達にもコミケ土産で配ったけどみんな設定で引いてたからなぁ・・・え味?ああそっちは普通にまともなレトルトカレー。色ピンクでちと引いたけど。
    b.ああ、俺も流石にあれは食べたいと思わなかったな……(笑)
  16. >>81 狭所で祠見つけた後、後ろ振り向いたら狐が居なくなってた時のしょんぼり感たるや。モフらせろ!
    毎回いるんじゃないんだよなこれ(笑)
  17. >15ウルティマ2は泥棒最強。シーフを選択すると食料と装備を盗んで調達出来るのでこの職業だけ難易度がめちゃくちゃ低くなってしまいました。
    聖者への道をとてもじゃないが歩けそうにない(笑)
  18. >ツシマ くまさんは出会うと「がおー」と二本足で立って挨拶してくるので、その間に弓で狙い放題なんですよね
    HP低いから簡単に死んでしまう。
  19. a. 51>29話だけサブタイトルのセリフを作中2回言ってて、予告だと2回めのシーンでセリフは1回目という小ネタもあった
    b. 51>最終話などで作品タイトルがサブタイトルになるのが凄い好き。原作遊戯王の最終話「遊戯 王」にはゾクッと来た。空白部分が深読みできて良い。
    遊戯の王と思ったら遊戯と王!!
  20. 光るアルブレヒト兄さん    しかしアレのせいで「シャイニング」にはヒゲ面の狂人のイメージしかない(笑)
    幸い「SEGAのシャイニングシリーズ」が先に思い浮かんでセーフ
  21. 68>>多分眼鏡外した方がオシャレっていうよりも、眼鏡外した方が好きとか似合うって人が結構いるからそういう描写が未だに沢山あるんやろね(勿論そういう描写が苦手な人がいるのも分かる)。まぁここら辺は好みの問題だから、お互い声高に不満を言わないで(苦手or好きとかの感想ならまだしも、そういう事した作家は駄目な人とか、その展開が好きな人はおかしな奴だみたいな暴言)、喧嘩売ったり買ったりしないでそっと立ち去るってのが平和よね。
    ネットで長年声高に主張され続けたせいもあり、昔と比べれば遥かに「扱いがマシ」になってる実感もあるんだよねー。無論「作者に文句言いに行く」じゃなくて「そうった感想をサイトやSNSで公言する」範囲でね。
  22. >53 江戸時代の役人は必要経費全部自腹だから賄賂もらわないと破産しますからねえ
    つくづく江戸幕府って「恵まれた立地条件にあぐらをかいたクソ統治だな(優れたところが無いとは言わない)」と思う(笑)
  23. いつも中世はーと言ってる割に随分豊かで倫理的な中世想定ですな。 どこの文明でも飯が足りなくなれば人を食うし後腐れなく食える旅人が殺されて食われたエピソードなんて腐るほどあるでしょうに。 ふぐの卵巣やこんにゃく芋のようなものを食っていた事例のほうが圧倒的に多いという認識なんです? それも味や手間ではなく人だと会話可能だからという理由で? by 33
    お互いの「珍しい」の定義が違うって話なんだと思うんだけど、いきなりそうやって喧嘩腰になられたら落ち着く話も落ち着かないよー。
  24. >80 となると、足がグンバツの女は八夏殿であろうか。頑張れモニカ!(何が?
    言っておくがこの世界の美意識では魅力度18のモニカのほうが上であるぞ。その応援は不遜なり。
  25. >2 シルフィウムと言えば古代ローマで避妊薬に使われてたそうですが。ところでグラブルにクラリスというキャラがおりまして。CVあやねるでいわゆる「恋愛クソザコ」的キャラ付けをされているのですが、そのキャラのバレンタインバージョンが実装されてめっちゃ恋愛攻勢かけてきたときのキャラ解放武器の名前が「シルフィウム」で、クラリスちゃん避妊薬持参!みたいな感じで盛り上がったことが(笑) by デッカク
    恋愛クソザコキャラって具体的にどんなキャラかパッとイメージできなくて悩んじまった(笑)
  26. 白パンツの上に白タイツを重ねて透かし見せることでよりエッチになる、学会で発表せねば URL
    いい文化
  27. ミディッチュも可愛いよねー。アイマスの小さいのは何個か持ってて>そいつらは大きさで「小さいの>ミニッチュ(デレマスのは主にこれ)」「通常サイズ>ミディッチュ(艦これのは主にこっち)」「でかいの>デカッチュ(ヲときらりとなぜか蘭子)」と商品名変わります
    ああ、そう言われてみれば(笑)
  28. “真実は見えるか”キャンペーン>今回は順調に進んだ……先で実はレーグネンがヤバくなってる? ただ、判断的には間違ってない気がする。そして……呪文決めてなかったの、アルブレヒト。ヤバかったのでは?
    呪文ではなく特技だねー。まぁうん、確実にその分弱くなっていた(笑)
  29. あ、「普通の女の子と言いつつ普通じゃない肉感的ボディ」でお馴染みのライザだけど。最近買ってプレイしてみたに、肝心のゲーム内容としては田舎で束縛されて鬱屈している少年少女たちがひと夏の経験を経て成長していく物語としてイイ線行っているよ。ダウンロート販売なら今、サンキューセールっていって39%オフで売ってるし。気になるならおすすめ。続編も決まったし錬金術も難しくない。アトリエシリーズで初の続投主人公という事で、人気は本物だったらしい。
    ツシマとペルソナSが俺を待っているのだ……!
  30. 破烈の人形> ファイブスターで読んだのはだいぶ前でうろ覚えだけど、預かり屋のおっちゃんが小粋に素敵だったのは妙に覚えてる。
    あのへんのRPG感(笑)
  31. デンデラ婆ちゃん>熊を集落に誘導するデンデラプレイは出来るのでしょうか。雪山だともっと雰囲気出ますが。
    村人は無敵属性だからなー。蒙古相手じゃすぐ死んじゃう。
  32. 自衛隊のパッチの本は本当にマニアックだな! 特地仕様もあるかな?(無い>http://www.k-supply.biz/501/10_45.html あとアニメ版のグッズや特典等で三偵だのロウリィだのといくつか、それと竿尾先生のサークルでも漫画版ロウリィとか・・・あとアルヌス傭兵団の「アレ」のも確か・・・
    竿尾さんが全裸ロウリィのパッチ貰ってたなー(笑)
  33. >完全複製のチート 「転生特典はアンリミテッド・ブレード・ワークスでお願いします」(よくいた二次オリ主感)
    あの固有結界、完全複製じゃないよっ(笑)
  34. 「わさび」>しれっと後ろにアタル兄さんが移っているのでキン肉マンとのコラボ商品かと思ってしまった。
    色合いに親和性を感じた
  35. 12>デレステは346プロのゲームなので、765プロのアイドルは出てこないのです
    ああ、そりゃそうな(笑)
  36. 64>お。またリストにBDが追加されているな。貴君はさらなるRoseliaを望むか?よろしい、ならばRoseliaだ。まだ1万ぐらい追加投入は可能だ。一心不乱の蒼き薔薇を!!
    どんだけ太っ腹なの……!!!
  37. 4>故人のライダーマンを除けば、ライダーでオリジナルキャストで無いのはギルスとシャドームーンくらいか。ゲームとしてはともかく、ストーリーは素晴らしかったのでシリーズ化して欲しかった。
    ゲームとしてはともかく(笑)
  38. 27>魔装機神は「精霊が人型なので人型兵器だとより親和性が増して力を引き出せる」とか設定されてた様な、されてなかったような。
    なんだかんだで「人型兵器が強い理由が設定されてる作品」ってロボット作品の中じゃ少数派かもしれん。
  39. フンドーキンだ!大佐は甘いお?油大丈夫なんです?
    どうもあんま得意じゃないっぽいんだよなぁ(笑) 苦手、とまではいかないけど。
  40. >28 そして剣豪にして性豪とか出てくるのかも
    富豪は絶対出そう。
  41. 45>マヨネーズ使用のレシピなんて大げさに考えなくても、唐揚げにつけるだけでもマヨのみ、辛子マヨ、柚子胡椒マヨ、オーロラと色々出てくるよ
    使う人は使う、使わない人は使わないってことだな!
  42. a. バンドリ>眼鏡の形を変えて来てるのは凄く良い
    b. 情熱という燃料で走り続けるのこの姿、尊い……!
    最高だよ……ああほんとうに!!
  43. フェイトHF劇場版やるから見て無かった1と2見たが・・・・桜ちゃんエロ過ぎない!?
    エロゲーのヒロインだからね!!!
  44. 35>> マッチョ系PCが「特大ステーキとサラダ山盛りで」というロールを自主的にするの大好き、金が無い時に「肉の無いチンジャオロースはチンジャオロースと言えるのか?」と肉無し特製を食べるハメになるのも好き、でも仕事に失敗して結局特製を食べるハメになる展開は見ててツライ
    ビバップのあれは印象深いんだけど、(ビバップに限らず)「出入りする金の桁が凄まじい稼業」で、日々の食事にも事欠く貧乏ぶりって「当たり前のようにかかる商売道具の維持費と比べたら食費なんて誤差みたいなもんだろうに」とも思ったりしてしまうんだよな(笑)
  45. 40>マスクデータの存在を知らなかったので、仲間の態度が悪化したのは日頃の行いが悪かったのかと勘違いした。殴っても投げても首絞めてもお礼言ってくるからつい…
    怖いわ!!
  46. ガンダムXのサテライトキャノンは謎なんですよね。プラモの説明書だとビーム砲になっているけど、別の書籍資料で大電力を使ったレーザー光線となってた気もする。そうかと思えば劇中で「発射の反動を利用して後ろ向きにジャンプする」なんてこともやっているし…… ミノフスキー粒子並の謎技術です。
    「出力を考えたらものすごくちょっとだけ反動が発生する謎の超兵器」なんだよなぁ(笑)
  47. 32 「どうせ誰も死なない」って前提 > 竹本泉先生の「トランジスタにヴィーナス」の主人公のイーナスは、「彼女のそばにいる人間は絶対に死なない」(宇宙人を含む。老衰を除く)という超能力体質を持つ女スパイ。ただし「死なないだけで本人も含めてケガはする」。困ったことにスパイ仲間の噂では「怪我はする」が広まっていないので、たとえば要人警護をすると「イーナスがいるから死なない」と敵味方の双方が派手にドンパチやって重傷者が続出…… 捕虜がレーザーライフルの一斉射撃を受けてもまだ生きてる。列車事故や飛行機事故が起きても死者が出ない(重傷者は出る)。病院に看護師として勤務したらその間は病院で老衰以外の死人が出ないというすさまじい力ですが本人が意識してオンオフは出来ません。
    「死なないだけで再生能力はない」とかだと地獄過ぎるな
  48. 35 激しい戦闘と消費カロリー > 強殖装甲ガイバーのガイバー3巻島顎人が自分のレジスタンス組織で獣化兵リベルタスを作らせたら「エネルギー消費が激しいので今までの獣化兵と違って食事によるエネルギー補給では足りず、カプセルに入ってエネルギーチャージしなくてはならない」というセリフが出てきて驚いた。獣化兵ってレーザー光線撃ったりするのに食事でエネルギー補給だったのか。
    彼らは人間体の体重がどうなってるのか気になる(笑)
  49. 42>初めてバンドリの演奏をこの目で見たのがミルキィホームズのライブの前座で出てきた時で、まだみんな初心者だったので演奏もぎこちなかったり、見てる方がハラハラしてしまうものだったのが、みんな成長したなぁと言う気分になります。
    Roselia、このスタイルで2人交代してるの痛過ぎるだろうって戦慄した。
  50. パンジーのねんどろいど そう言えば俺好きのネタバレ(もう観なさそうだったので…必要なかったらとばしてください)なのですが、主人公はこっちのスタイルの方が好きだったんですよね。照れ隠しというか本心を読者にも隠して嘘つくような奴なんで、この姿のパンジーと一緒にいたいがためにその理由として眼鏡外した姿が好きなふりをしていたという^^;
    圧 倒 的 手 遅 れ
  51. レッド・デッド・リデンプションの熊はライフル銃持ってても死を覚悟するヤバさだっただけに、物足りない>つまり大佐はこのゲームシステムで羆嵐をやりたいと?助けて!!!山本 兵吉(元ネタ)
    油断してたらいつの間にか間合いを詰められて即死するイメージでいたから、あまりの弱さに拍子抜けである。
  52. 学園艦の大きさの話>そりゃデカいにはでかいんだけどマクロス艦がほぼ池袋駅の敷地サイズなの考えると聖グロ艦でも豊島区どころかせいぜい池袋の町程度なのね。メガゾーン23(言うまでもないけど東京23区まるごと入る内面積x2階層)くらいある印象だった。
    これの「ともすればメガゾーン23より凄いところ」は「海を航行して入港できてる」ことだな。
  53. 37.>しかしいつ聞いてもモビルスーツか中二必殺技の名前にしか聞こえないライザのフルネームよ・・・「ライザリン・シュタウト!!その鍛え抜かれた両太腿の間に生じる超越的圧壊力はまさに歯車的砂嵐の小宇宙!!相手は死ぬ!」
    僕はその「中二」でくくる表現が苦手なんだ……ごめんね……。
  54. 27>Wだと博士達の趣味だろうね、仮にあの世界の主力がMSではなく戦車と戦闘機だったとしても人型機動兵器ガンダムを作っていただろう
    性能的に圧倒的に上な超合金で作って、それを量産する技術が相手に無いのなら、効率悪いフォルムでも結局強い、の法則
  55. “真実は見えるか”キャンペーン 第6回 チャプター8 長い通路の先に部屋 …呪文を使わせ時間を掛けさせ、実質的に呪文を無駄にさせた、遅延・消耗な戦術? そして待ち受けるのは殺し間なのか、もぬけの空なのか。もう誰も、忖度の無い無情な死神の鎌に刈られて欲しくはないのですが。 by エルドラン総受け
    クラウスの死に慈悲が無かったと思ったら大間違いだぜ!?(笑)(この手の主張はくどかろうがなんだろうが勘違いされてる限り何度でもする
  56. 財力メンバー > 第1期OPに出てくるイギリスブランドの折り畳み自転車「プロンプトン」も15万円から20万円と結構なお値段がするので、自転車な人間から見たら「ムギちゃんがみんなで乗りたいからメンバー分買ったんじゃないか」と考えることはありますね。
    貸してくれてるだけかもな!
  57. a. これは何を貰うのが無難なのだろう(笑)>クリスタルは最初は不足しがちですが、続けていくと余ります。スキルチケットは常に必要なので推しバンドのを貰うのがいいかと、毎日一個もらえるので気軽に
    b. >ガルパ スキル上げたいキャラが居ればそのバンドのスキルチケットで、そうでなければ奇跡クリスタルかなぁ、と。エリアアイテムの最後の強化で奇跡Cを大量に使いますが、それまでにも各種素材やコインも大量に要求されるので奇跡Cだけあってもあまり意味がないとも言う。自分の場合は最後まで不足してたのが奇跡Cでした(当時はこのボーナスがなかったのでもらった場合余るかもしれません) レス不要
    ありがとー! Roseliaチケット!!
  58. 25>電子書籍いっぱい売れるとイイですよね。
    そしてこのまま軽視風潮を一掃して欲しい。
  59. 56>基本斜に構えてるマーベラスの根底にある正義を形成した「あばよ涙 よろしく勇気」、幼少時とは逆にギャバンを受け止めるマーベラス、大葉さんのトリプル変身等、見どころ満載過ぎる。ギャバン大好きで芸能界入りしたTOKIOの長瀬君も大興奮じゃなかろうか。
    ギャバン最後の主役作品として見事に有終の美を飾ってくれた。
  60. 40>人を救出したり、動物を回収すると残虐度が下がります。少年兵はより下げ幅が大きいため、20人の少年兵とそのリーダー(+女性捕虜)を回収するミッションを周回する人も多かったとか。走行中のシマウマを正面から殴り倒す義手パンチや熊も卒倒する電撃を少年兵に浴びせ、せっせとヘリに運ぶ血塗れのスネーク。絵面が酷い。
    駄目だ酷い(笑)
  61. 『りゅうおうのおしごと』最新13巻、帯で「現実に負けるな! いま一番、現実に追い抜かれそうな将棋ラノベ」とかあってワロタ
    ロリにモテモテとか絶対追い抜かれないから大丈夫だ。
  62. 海外から届いたブツ  人間とビホルダーの異種族恋愛……!!?
    まだ読んでないのでどんな意図かは不明(笑)
  63. 自分としては1992年の「インフィニティ・ウォーかっこを読みたい。日本語版出てないんですよねわそ
    ああ、そうかー。ガントレットだけか。
  64. 数字で日本軍の生産量を見ると気が遠くなる。よくこんなので日中戦争で8年、日米戦争で4年も戦えたよね。兵隊さん達はたまったもんじゃないわ URL
    世界列強の中では最弱、とかだから実のところ普通に凄いしねー。戦艦、戦闘機、戦車を国産しているのは一流国の証。いやーしっかし弾薬足りねーなぁ(笑) 他の国も「異常なペースで増えてく消費量」に青くなっただけあるぜ。
  65. 29.>複製能力で異世界な地球作って転生・・・流星の双子・・・
    双子ってそーいう
  66. FGO腋。腋を自由にしていい沖田さん。居たらいいねぇ(苦笑) URL
    超したいわ
  67. ワダツミさんは何が切っ掛けでバンドリ沼に落ちたんです? いやね、今まで避けていたんだけれど、気付けば興味が湧き始めていてさ、うん。
    AmazonMusicUnlimitedで大量の音楽を聴き放題になった結果、「そういえばRoseliaって前にチラッと興味持ったな」で聴いてみたらツボった流れ!
  68. >>5 血合いを好んで食う自分も血なまぐさいから嫌という感覚がよくわからないですねー、というか言う程刺身食べるときに「すんませんマヨネーズください」とか言うもんですかね。
    しかし単なる「生臭い」にはとても弱い俺!!!
  69. >>73 シレンは階段が壁際にあるという条件ならツルハシで商店から階段横までの穴を掘って商店の品を根こそぎぬすんで穴から逃走が楽でしたねー、新規に掘った穴にはエネミーは入ってこないというあれなので。初期の作品しかしてませんから後のはわかりませんけれど
    銀行強盗かよ(笑)
  70. 「これ面白いよ!」と友人に薦められて、効率厨のゲーマーが異世界にだの、RTAを極めたプレイヤーがだのを見せられたけどとても極めた人間の行動とは思えないので冷めて見るに堪えなくて読むのが苦痛なのだけど、語り合いたいらしくてしきりにどこまで読んだのか聞いてくる 助けて、っていうかまあストレートに、つまんなくて読めない。って返してもういいかなって 他に回避方法ありますかね
    相手の性格による(笑)
  71. 言われてみりゃイラスト殆ど兄さま映ってるな(笑) これもスーパーヒーローのサガか…
    そろそろ絞っていくか!!
  72. 15> 出来るとは言ったが、リスクがないとは言ってない。尊い教訓ですな、さぞ人生の糧になった事でしょう(任天堂も感無量だろう)
    TRPGでも「〇〇できますか」「やれるよ。やってどうなるかはともかくとして」って言い方はするな(笑)
  73. オーブ~ジード未見組にジャグラー隊長がどう見えているのかが気になる所。事前にキャラ把握していないと謎の人物にもほどがある。
    メフィラス星人が隊長の防衛隊みてーだな、と思っている(笑)
     
8/2
  ■破烈の人形

 
 最近流してるのはバンドリの歌メインなわけですが、こころちゃんの歌声もクセになってきているワダツミです。薫も絶対好きなタイプだわ。

 
 
 というわけで待ちに待った!! Roseliaのライヴシーン!!!
 よもや1期+OVA通してまったくライヴシーンが無いなんて思ってなかったよイエッフゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!
 焦らされまくりだったから大興奮してしまった!!!

 
 
 さらにRoseliaのターン!!! もうこれは主役なのでは!?
 限界まで引き絞られた弓矢の如く俺のハートを射抜いてきやがる!! サティスファクションさせてもらう!!!!

 
 あと有咲のボルテッカ。いや胸デッカ。
 制服脱いだらちょっとスゴいよ? いやちょっとどころじゃねーけど!!
 着てても勿論スゴい……かと思いきや着痩せぶりも凄い。ってかりんりんもだいぶデカいはずなのに有咲には負けるのか。

 
 地元から1人出てきてライヴハウスのスタッフと下宿先の銭湯の手伝いしながらミュージシャンを目指す眼鏡っ娘というハングリーファイターぶりに「昭和……! 昭和のテイスト! 応援したい!」となっていたわけですが。

 
 
 畑仕事手伝ったお駄賃やお年玉を頑張って貯めてギター買ってるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!
 strandbergのギターって何十万もするんじゃ……?
 ダンボールギターの頃と、一生懸命夢への相棒を掴んだ時点での外見の違いが努力した歳月を物語るぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!
 もうこの時点でヤバい。泣ける。これ書いてても泣いてる。
 バンドリに限らず、いわゆる「部活モノ」を含む「趣味の活動モノ」って往々にして「現実的に考えるとその為の環境や器材が必要なんだけど、それを揃えたらとんでもない金がかかるんで、財布役として金持ちが必要」ってことになってると思ってるわけですよ。特に高コストなジャンルだと、大前提として「どのキャラも家が裕福」ってのがあるんだけど、ソレに加えて「さらに金持ち」がいないと厳しい。いきなり女子高生が器材も環境もババーンとか、財布キャラがいないとどうしたって無理が出る。いや、無理が出ないように全員「相応に地道な活動」しててもいいんだが、それは「多様な作品がある中でそーいうのもあっていい」レベルの話で、それが主流になられても視聴者は困るやつで。
 だから「様々な絵面と物語の演出のため(合宿に別荘とか含む)」にけいおんはムギがいたし、ラブライブは真姫や鞠莉がいたし、ゆるキャンだって「高いギアをホイホイくれる身内」がいたし、ヤマノススメだって「お古をバカスカくれる金持ちの先輩」がいたし、ここなちゃん母娘最高だったし……とまぁ他にも色々あるが、「見栄えのする絵面にするには器材と環境ありき」な趣味で、「突然ヒロインが『○○やりたい』と思い立つ作品」は、普通なら時間をかけて用意することを一瞬でどうにかしないといけないんで、都合良く金が降ってこないと大変なのだ!! そんなわけで香澄は何十万円もするランダムスターを580円で売って貰えたし、無料スタジオも使い放題なわけですよ!!
 本来それは「だってしょうがないじゃん」な筈だったのだが、そこにいきなりこんなのぶっ込まれたらどうしたって対比してしまう……!!
 つまりなにが言いたいかと言うと、手作りギターで楽しそうにしてるの天使だし、野良仕事姿は尊過ぎるし、お年玉持ってる晴れ着姿は可愛いの概念が具現化してるし、念願のギターを手に入れた様子にはガラハドもスタンディング・オベーションですわ。

 
 
 仲良しだったのに、次第に出来る音楽に対する姿勢の違いによるこの距離が!
 その切ない眼差しが!
 切ない。
 そりゃ大事なことは人それぞれだものね(´・ω・`)
 あと俺が「皆と一緒に趣味なり遊びなり始めるも、仲間達が段々と興味を失っていく中で、俺だけ飽きてないんで独り残される」って立ち位置が人生であるあるなんだよ!! ゆえにより「わかる……!!」となってしまった!!

 
 
「躊躇いだとか不安だとか挫折だとか焦燥感だとかで溢れ出した涙止まらないのー」ってところのシンクロ率でワダツミの涙が止まらないの状態。
 一瞬で好きなならざるを得ない上京物語過ぎた。
 メチャクチャ頑張り屋さんないい娘過ぎる(`・ω・´)
 ボロ泣き、そして鼻水止まらん。
 友達とも「人間関係的に疎遠になった」とか喧嘩別れとかじゃないのが救い。仲良しのいい娘達なんだよな。六花ちゃんが音楽愛熱過ぎただけで。

 
 君が色々思い出して泣き!
 俺がそれを垣間見て泣く!
 そこに何の違いもありゃしねぇだろうが!

 ……違うか(´・ω・`)

 
 この並びで「え、六花ちゃんのねんどろいど?」と誤解したのはしょうがないよね?

 
 にゃーん( ・`ω・´)

 
 買っちった( ・`ω・´)
     
  ■ランドリオール

 
 DXがあんま好きじゃないと書きましたが、こーいうこと言ってる姿は結構好きなんですよ(笑)
     
  ■プレゼントありがとうございます( ・`ω・´)

 
 プレゼントは何割かが「リストに無いもの」を頂いており、それはそれで嬉し楽しいイベントとなっているわけですが。
 今日届いたのはそんなリスト外の逸品、「醤油4合」と「わさび」でした(笑)
 後で食べる馬刺しに使うの楽しみだぜ!!!!(現在解凍中

 
 日本版の為の描き下ろし表紙なワスプさん。安心してください。この手のパターンにありがちな「中身はメッチャアメリカン」でもなく、この絵柄です(笑)
 そしてダンジョン潜りたい。ボードゲームプレイしてもそれTweetとかしたら「こいつこんなことしてやがる。クズめ」って目で見られるわけでしょ?
 右の本は、戦後の日本に於いてミリタリー文化がどう扱われてきたかの研究本。珍しい切り口。ワダツミが関わった本の名前も中に出ていた(笑)

 
 金剛デース!&那珂ちゃんだよー!
 俺がTwitterで「TVアニメ版は未だに赦してないから」的な荒ぶり方をしてたから鎮魂目的で届いたのかしら?(えー
 ミディッチュも可愛いよねー。アイマスの小さいのは何個か持っててガンプラの棚に飾ってある。MSの足元に(笑)

 
 シークレット・ウォーズ、まだクロスオーバーの規模が大人しい時代(笑)
 自衛隊のパッチの本は本当にマニアックだな! 特地仕様もあるかな?(無い

 
 って凄まじいバンドリ欲張り強欲セットが届いたぁぁぁぁぁぁ!?
 嘘みたいだが欲しいものリストに入れていた品物は2個だけである(笑)
 Roseliaのブラックシャウトと仮面ライダーBLACKってことですね!!(絶対違
 そしてなぜムンク。魂の咆哮だからなの? 叫んでるってことなの? ってなりながら爆笑してた。

 
 ちっちゃい子のでっかいフィギュア!!!
 届いた段ボールがメッチャ大きいから「なにごと!?」となった(笑)
 これはデカいフィギュア陳列ケースに展示ですね( ・`ω・´)

 
 元寇と大戦!!! どっちも地獄!!!
 というわけで対馬に早速ダイヴし、アンゴルモア元寇合戦記のイメージもあって冒頭の「沿岸の橋頭堡へ玉砕覚悟の騎馬突撃シーン」の「ここで1人でも奴らを地獄に叩き落さねばならぬ!」な使命感がハンパないことになった。「くたばれ外道共!!!」とか叫んじゃう勢い。

 
 師匠を裏切って蒙古に寝返り、島民を射的の的にして殺してる弓の天才と言われ「アーチャー・インフェルノなの?」となった笑い
 未だに姿が「超遠くに立ってる姿」しか見たことないので、想像している外見イメージは完全に巴御前である(笑)

 
 デンデラを観たばっかなのもあり、「あ、デンデラにいた弓の名手だ」となった(笑)
 以降、コードネームはデンデラ婆ちゃんと命名する。
 主人公に「蒙古のほうが心配になる」とまで言わせる復讐の戦闘マシーン。

 
 敵陣を襲撃するベアーブラザーズ。
 このゲームの熊、モブ襲ってても普通に返り討ちに遭ってたりするのがスンゲー意外だった。無論タイマンじゃ熊の勝ちなんだけど、数人殺してるうちに死んじゃうんだよね。
 弓何回か射掛ければ死んじゃうんで、レッド・デッド・リデンプションの熊はライフル銃持ってても死を覚悟するヤバさだっただけに、物足りない(笑)

 
 滝を見掛ける度についつい隠し通路を期待して確認しちゃうんだけど、なんもないな(笑)

 
 てか思いの外サムライクリード。
 D&D脳で「この侍、〈跳躍〉〈軽業〉〈平衡感覚〉スッゲー高いぞ!!」って思いながらプレイしている(笑)
 てか急所攻撃も使えるから、上級職の浪人だな。D&Dの浪人は攻撃力特化の強力上級職なのだ。

 
 ヨーロッパのファンタジーゲームなら泉のほとりで竪琴でも奏でてそうだが、こっちでは尺八。そして隣に座るのはババァ。
 このゲーム、そこら中に惨死体がゴロゴロしてて、いちいち「こうやって殺されたんだな」とかシチュエーションが想像できる手が込んだ有様で、Falloutよりもよっぽどエグい印象になっちゃってたり、ヒロインはオバサンとババァだったりで人間的な潤いが絶望的過ぎる(笑)

 
 が、狐と馬が可愛いゲーム( ・`ω・´)
 時折道案内してくれる狐さんと触れ合えるシーンはこのゲーム屈指の癒やし。
     
  “真実は見えるか”キャンペーン 第6回 チャプター8

 ダンジョンズ&ドラゴンズ3.5版をベースに「オリジナル世界設定」「ハウスルール色々」「禁止呪文・特技・アイテム多数」「モンスターデータ改造しまくり」の独自環境なので、運用や裁定が公式ルールと矛盾した場合も仕様です。厳密なことはあまり深く考えないで読むと幸せ。
 また、プレイ内容で色々と「気に入らないこと」があったとしても、プレイグループ内では合意を得て楽しんでいるものとご理解頂けると幸いです。


 チャプター1 チャプター2 チャプター3 チャプター4 チャプター5 チャプター6 チャプター7

 第1回まとめログ 第2回まとめログ 第3回まとめログ 第4回まとめログ 第5回まとめログ

 アルブレヒト・ヴォルフェンビュッテル 魔導師(ウィザード)5
 モニカ・ヴォルフェンビュッテル 神寵者(フェイヴァード・ソウル)5
 レーグネン 神官戦士(クレリック・ウォリアー)5
 天杜八夏 侍5
 ダスティ 巧者(ローグ)5

DM「じゃあ皆さん思う存分にバフをしました?」
アルブレヒト「あー、うん、単体だと弱いからな……かといってな(笑)」
DM「好きなだけバフをしたらターン数を教えて下さい(笑)」
アルブレヒト「武器持ち替え2ラウンド。モニカがブルズ・ストレングスの、レーグネンがディヴァイン・フェイヴァーの~……」
レーグネン「《信仰の活力》で、効果時間は、魅力/分だから30ラウンドぐらい」
DM「まあ2ラウンド目には視界に入る。見えているけれど、まだ余裕があるから君たちはバフ出来てるわけです」
八夏「割と見たことがある!」
モニカ「見たことある、突っ込んでいった人が居たのを……見たことがある。(たぶんDMのサイトで)めっちゃおる……。イニシアチヴ16です」
八夏「14」
レーグネン「10!」
アルブレヒト「24、アルブレヒト」
DM「先頭が見えた感じだからね、数はこれだけじゃないかもしれないよ」
アルブレヒト「レムレーだっ!」
レーグネン「アレがレムレー!」
八夏「面妖な……!」
DM「あ、〈知識:宗教〉振れるよ。レムレーって言われた時点で振れるんだったよ!」
レーグネン「18!」
モニカ「あっ駄目だ。……まあ16です」
DM「でもまぁお兄様が知っていたことぐらいは知っているよ。脅威度は1です」
アルブレヒト「じゃあ私はシールドを使っておこうかな」
モニカ「次、モニカ移動……8マス」
アルブレヒト「モニカ、行ったーっ」
八夏「私ですね。私はモニカの後ろに付きます」
レーグネン「レーグネン。移動……6マス」
DM「敵のイニシアチヴは2です。8マス前に……接敵するまで進めてください」
アルブレヒト「動かしました。このフィギュア以外にまだ居ますか?」
DM「終わりです」
アルブレヒト「ここで俺の番か。……まあ任せても大丈夫なんじゃないか」
レーグネン「……ここで、あの呪文が……!」
モニカ「あの呪文が……!?」
アルブレヒト「やんねぇよっ!(笑) 『いやあ、これは役不足だな』」
八夏「アルブレヒト殿、油断はなりませんぞ!」
モニカ「うーんヤカの邪魔になっちゃうな……」
アルブレヒト「ヤカは人越しで突くしかないな」
モニカ「そうかぁ、せまいねぇ。ヤカの後ろに遅らせましょうか」
アルブレヒト「敵はこの辺にいるから、こっちに移動して、ヤカは後ろから突けばいいんじゃないかな」
レーグネン「ギリ2マスある」
モニカ「ああ。そうですね、じゃあこっちに移動し《信仰の威力》を使って攻撃をしましょう」

 
DM「くっくっく、レムレーの恐ろしさを思い知らせてやる」
モニカ「命中16です」
DM「当たるね」
モニカ「ダメージ13点。銀のロングソードです」
DM「ハイ。……死にました」
八夏「私は……2人の後ろについて、もう1体の接敵している敵を槍で攻撃。-4で……ダイス目1ィ!」
アルブレヒト「さっきのやつの反動が(笑)」
レーグネン「レーグネン、目の前のやつを攻撃します。銀のライト・メイス……命中22で当たり、ダメージ7点」
DM「ハイ、もう、瀕死です」
モニカ「(うんうん)」
アルブレヒト「ん、私か。うーん、大丈夫そうだな。テクテクテクテク……」
レーグネン「何だコイツら、足止めか!」
八夏「いさぎの悪い……」
モニカ「ですが、何とか倒せそうです!」
DM「敵、後ろのやつは来ません。前の敵がレーグネンを引っ掻くよ……当たらない」
モニカ「次。レーグネンを攻撃した敵を攻撃。命中19点」
DM「ハイ、死にました」
レーグネン「ヤカ殿、遅らせてくれ! 私が移動しよう」(八夏の命中ペナルティがなくなるように移動しようとしています)
八夏「わかりました! 八夏遅らせます」
レーグネン「レーグネンは移動して、ヤカ殿の隣に下がります。ターンエンド」
八夏「では5フィートステップで移動して、後ろに居る1匹を刺します。クリティカル……27」
DM「死んだー」
アルブレヒト「超オーバーキル……」
DM「そいつらは全員死にますね……他のは……当たらない、あ、あたった! 八夏に喰らえ! ……1点。クックック。モニカにも……ダメージ2点。中度半端にヴィゴーを使うか使わないか悩ましいダメージを喰らうがいい!」
モニカ「銀のロングソードで攻撃します。命中14、ダメージ14点」
DM「死にました」
八夏「では、モニカの後ろに5フィートステップして、最後の1体を槍でザシュー。命中28、ダメージ10点」
DM「では半分通った、5点」
レーグネン「レーグネン、5フィートステップでさっきまでヤカが居た場所に入ります。攻撃! 『亡者め!』……ダイス目20で」
DM「こいつら、雑魚には強いぞ(笑)」
レーグネン「(笑) 普通の命中で、ホアッ……! ホアッ! ホアッ!(うち、2回ほどダイスを零す)」
DM「3回ションベンしたらダメージ0にするからなぁ!」

 全員笑い

レーグネン「危なかった! 4点!」
DM「満身創痍だな。敵は……レーグネンを攻撃、外れ! じゃあ死んだ(省略)」
アルブレヒト「誰かが攻撃を当てて死んだ」
モニカ「くっ、時間稼ぎでしょうか」
DM「くっくっく、バフをいっぱい使わせたぞ」
モニカ「時間稼ぎのようですね!」
八夏「小癪な真似を……先に行こう!」
モニカ「はい、行きましょう! すったかすったか」
八夏「こいつらは……(装備などを)はぎ取れるのか?」
DM「だんだん消えた」
八夏「召喚系か」
モニカ「この長い通路はどれぐらい続くんですか!?」
DM「どうなんだろうね……?」
レーグネン「では、〈捜索〉をしながら進んでいきます」
DM「貴重なブルズ・ストレングスを此処で使わせてやったんだ……!」
モニカ「本当ですよ、貴重な……」
アルブレヒト「これはDMからの『レムレーが此処に居るんだから、他にもいるんだぞー』っていうサインに違いない」
DM「お兄様が、アルブレヒトが、俺が気を遣って言わなかったことを……!(笑)」

 いや普通そんなの言うわけないんだが、なんかもう色々おかしくなっているぞこのDM。

アルブレヒト「天才ですから」
モニカ「さすがお兄様」
レーグネン「では、カーブに差し掛かるまで移動していきます。『急なカーブが続いているようです』」
モニカ「警戒をしてください」
レーグネン「武器を持ち替えよう。マーシフル・オン!(進んでいく)」
DM「レーグネン、反応セーヴ」
レーグネン「低いんだよなあ……(苦笑)(AP使いそうな間)」
DM「……こいつ、セーヴ落とすたびにAP使う気だ!? 言っておくけれど、当分レベルなんて上がらんからな!?」
レーグネン「まあただ……今日は前衛というか、壁が落ちるとマズイというか……(笑) ダスティ居ない分の穴をウメておかねばと……ファッ! AP使って17です。……飛び退きます『ッツアーッ! なんだ、なにかがある!』」

 この時はまだ誰もそんなことは思っていなかったんです。
 レベルアップしてからたった3回戦闘しただけでレーグネンがAPを使い果たすだなんてことを。

アルブレヒト「何だ?」
DM「足場に違和感があった(笑)」
レーグネン「……わからんっ、沈み込むような違和感を感じたっ」
モニカ「落とし穴でしょうか」
八夏「また面倒くさいことを……しかも丁度ジャンプができない」

 全員笑い

DM「なにかしら、沈み込む感じを受けて、鋭敏な感覚でそれに気づいてピタッと止まった」
モニカ「仕掛けかもしれないですからね」
アルブレヒト「こう、壁際を行ったら通れるとかないかな」
レーグネン「では足で壁の方をつつく」
DM「どれぐらいの力で」
レーグネン「……穴が開いても落ちないくらい(笑)」
DM「それはわかりません! 荷重は何キロ掛ける?」
八夏「ああ。ではレーグネン殿、手を貸そう」
レーグネン「ああ。……では、30キロくらい」
DM「じゃあ30キロ押し込んだ。何も起こらない」
アルブレヒト「さっきの飛び退きは30キロかけてる?」
DM「流石にそんな細やかな荷重具合はわからない。まぁつま先でつついただけ、とかいうことはないだろう。歩こうとして違和感があった瞬間、シュッと飛び退けて来た事実だけがそこに……」
レーグネン「……こちらもどうやら沈むようです」
DM「けれど、何も起こらなかった」
八夏「要するに何かはありそうだと……『全く……』」
モニカ「行くしか無いですもんね、どうやって行くかですかね」
八夏「アルブレヒト殿、まさかこの近くに隠し扉があるのではないか」
アルブレヒト「いやぁ~……」
モニカ「り、リード・マジック……?
DM「…………リード・マジックはスクロール用だから……」
モニカ「いやいや、違う違った」(ディスペル・マジック的な事を言いたかったらしい)
アルブレヒト「……あの重そうな斧騎士が通っているんだからなあ……」
DM「……ここに渡しの戸板があるじゃん……?」

 このDM、なんで勘違いさせたままにしとかないんだ? バカじゃないの?(笑)

アルブレヒト「……(笑) 渡ったらもう要らないじゃん、退かすじゃん、て」
八夏「(笑)」
アルブレヒト「タワーシールドでもあったらね、もしかしたらね」
レーグネン「フローティング・ディスクを使ってみましょうか。クラウスには一回退いてもらって」
アルブレヒト「ん、いや。此処に橋を掛けよう」
DM「……あ、ここでブルズ・ストレングス切れた」
モニカ「(笑)」
八夏「まあ、致し方ないですな」
アルブレヒト「ここに呪文を使う。ダーク・ウェイで橋を作ります。『よし、1人ずつ通れ!』」
DM「(モニカにひっそり)ちょっとモニカ、あの人ダークとか言ってるよ、ダークとか……!」
モニカ「(笑)」
DM「あのお兄様が、ダークって……!」
モニカ「お兄様は……知的ですから……? ちゃんと……自分のやるべきことはわかっているんですよ……?」
レーグネン「……ブライト・ウェイにします?」
アルブレヒト「(笑) 俺のダーク・ウェイは光るのか!?」
DM「ダーク・ウェイの周囲がキラキラしている(笑) 黒いんだけど、キラキラしている」
モニカ「夜空ですからね! 夜空に輝く星が、アルブレヒトお兄様ですから」
アルブレヒト「……(ルールブックを見て)闇の道って書いてあるじゃん!? いかんな、これは……」
レーグネン「ミルキーウェイですからね」
モニカ「そうそうそう!」

 

アルブレヒト「……俺のは、ちゃんと輝く橋になるから! ……シャイニング・ロードだ!」
モニカ「きらきらきら」
レーグネン「光指す道となれ!」
モニカ「(笑)」

  イラスト:★Yuuki
 アルブレヒトは《呪文テーマ》という特技を持っていて、呪文のエフェクトを自分が選んだ一つのテーマに即した物にアレンジすることが出来る。これによって「発動された呪文がなんなのかを〈呪文学〉で識別する」際の難易度が+4もされるんで、かなり「え、今の何?」ってなり易くなっている。〈呪文学〉は素で判定しても結構失敗するんで、これは大きい。

 お兄様は「呪文が光る」を選んでいるので、基本的に様々な呪文が無闇に光り輝くことになる。オフには出来ない。可能な限り絶対に光る。絶対にだ。
 なお、なぜ「基本的に」かというと、流石にインヴィジビリティが光り輝いたりしないし、ダークネスが闇じゃなく光を放ったりもしないよってこと。呪文の根幹に関わる部分と矛盾するようなことにはならない。ただし、このエフェクトによって得られるメリットは〈呪文学〉判定+4に集約されており、それ以上のことは無い。建前上は。
 どーいうことかと言うと「闇を選んだので、ファイアボールを唱えても音はともかく爆炎は監視塔から視認されなくていいですよね? 今夜ですし」とか「私のダークウェイは光り輝いているから、それを明かりにしてスクロールも読めるはずだ!」みたいな「隠された効果」は期待しちゃ駄目よってこと。ぶっちゃけロールプレイ視点で考えるとかなり色々と「話が変わってくる」呪文だらけになってクソ面倒なことになるんだが、多分公式はそこまで深く考えてないと思う。
 そんなわけで今後「光ってることが状況に関わりそう」かつ「面倒なこと」が起きたら……例えば「隠密行動中にお兄様が呪文使ったらキラキラ輝いたんでバレた」って展開にプレイヤーから「それはおかしい」と物言いがついたら、お互い納得行くまで協議した上で結論を出したいと思う。
 ゲームバランスを考えると「+数値補正以外のメリットは期待しないで欲しいが、デメリットも皆無ではない」ということにしたいわけで、結果として「やっぱこの特技無しにしない?」ってことになるかもしれないが、少なくとも現状では「お兄様の呪文は光る!」と思っててください(笑)
 無論「面白いからOK」でメリットが発生する展開に持ち込むのもプレイヤーの使いこなし次第だとは思っています。それこそ「即興エレクトリカル・パレードで泣いた子供をあやす」だって立派なメリットだ。要するに「ロールプレイ盛り上げ目的で利用は大いにどうぞ。単にゲーム的な有利不利が目的は避けたいかな」ってことだね!

アルブレヒト「さあレーグネンから渡れ渡れ」
レーグネン「私ですか……敏捷に自信ニキさんはいらっしゃいませんか」
DM「モニカですよ」
レーグネン「モニカ様を行かせる訳には……」

 モニカがチート能力でなんでも最強なんで、このパターンばっかである(笑)

アルブレヒト「これ以上いけば、奴らも通れなくなるはずなので、そこは大丈夫」
レーグネン「呪文はここまでなんですよね? ではここまでで、次のところに片足を」
アルブレヒト「4ラウンドしか保たないから皆、さっさと渡れ! さっさと!」
DM「さっさと行っちゃうの!? どうするの、どういう処理なんですか(笑)」
アルブレヒト「じゃあ様子を見に行ってもらって、あとは2ラウンドかけて皆でダダダって」
DM「で、レーグネンから見える範囲だと部屋があるね」
レーグネン「広場になっているようだ!」
アルブレヒト「よし、皆渡ってくれ!」
レーグネン「いえ、敵がいるかもしれない、少し間を開けましょう」
DM「テレーン!」
レーグネン「レスラー!」

 書き起こしを読んでて「俺とレーグネンのこの掛け合いはなんなんだ?」となっている(笑)

 Don't give up justice, I want to get truth! マジでネタの意味がわからない(真顔


●プレイヤーズコメント

・アルブレヒト
『かっこいいエフェクト!』
 貴重なイラスト枠を兄の謎ポーズでまたも埋めてしまい、そろそろ兄ウザいとか思われていそうなこの頃……多分そろそろどころではなく、前から思われてる。
 ちょっとしたネタから予期せぬキャラのイラストをいただけるのもまた至福。

 実は呪文がブリリアントに輝くのは『輝けるアルブレヒトにふさわしいのはこれだった!』と、フラッシュバーストともどもこのシナリオから加えた要素なので、前回のシナリオでは適用されていなかったのだ。
 今後はウザいくらいに、格好良く魔導の発動をアピールしていきたいところ。
 まずはロマンであるところの「呪文の詠唱」を考えるところからだな。
 ダーク・シュナイダーしかり、リナ・インバースしかり、めぐみんしかり。
 偉大な魔導師は十八番の詠唱をもっているものなのだ。

 ちょっと奥さんご存知? このバカ兄貴ったら「まぁ今決めなくてもいいかー」って貴重な貴重な貴重な特技を埋め切らず、自発的に弱体化したデータで前回のシナリオプレイしてたんですってよ? 舐めプですってよ?


・モニカ
 


・レーグネン
 レスラーってなに……? 謎が謎を呼ぶ……。
 バフのお陰もあり危なげなく倒せた。雑魚狩りの~とか有り難くないふたつ名が浮かびそうですが(笑)
 APは使いたくはないのですが、面子少ない中で無力化されるわけには、と思いつつ。ダイス目が走りさえすれば(たられば)。
 お兄様の光魔法! イラストの再現度が相変わらず最高です。光耀くデメリットは結構ありそうなイメージですが、お兄様らしい!?



・八夏
 さすが地獄の悪魔兵といえども最下級。
 大した足止めにもならなかったが、バフは使ってしまったので相手の思うつぼな気がして悔しい。

 お兄様、まさか本当にいろいろ光る仕様だったとは。
 スラッピング・ハンドも光ってたのかしら?
 これが本当のシャイニングフィンガー!?(違

 そういえば、お兄様のイラストは決めポーズか死にかけている場合が多いような。
 くっ、これが主人公補正という奴か……そうなのか?
 正直イラストつけてもらえるのは羨ましいですが(笑


・ダスティ
 アルブレヒトが、なにかと「光輝く」「シャイニング」などと言っていたのは、カッコイイからとか、そうありたいという願望のあらわれとかではなくて、実際に魔法が光っていたからなのか……。
 いや、日頃の言動や、今回のYuukiさんのドヤ顔をしているアルブレヒトのイラストを見ていると、やっぱり「カッコイイから!」というのは思っていそうだなあ。しかし、アルブレヒトは本当にドヤ顔が似合うなぁ。
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!

  1. 13mm炸裂徹鋼弾>読んだ時激しく混乱しました。水銀弾頭なのに徹甲弾(の誤字)?銀弾殻なのに鉄鋼弾(の誤字)?
    「なにやら強そうな文字が並んで格好いいシーン!」以上の意味はないだろうからなぁ(笑)
  2. >中世っぽい感じのファンタジー作品の香辛料 ひとつくらい、シルフィウム(ローマ時代の香辛料というかハーブ)が絶滅してない世界とかなかったのかしら、とかふと思いました。というか、いろんなハーブとか、にんにく、マスタード、魚醤とかの知識までなくなったわけじゃないはずだから、食べられるところではちゃんとした料理を食べてたんだろうな、と愚考する次第。農奴みたいな人達は……まあ、うん。
    スパイスの産地を独占するダークエルフ帝国
  3. そういえば、アーサー王物語ってフランス人が書いた話だから、舞台と人物モデルこそイギリスだけど、通俗だの文化やものの考え方とかの描写はフランスのそれだから、イギリスの話と思ってると大恥かくぞ、みたいに言われたことあったなぁ。よくある誤解がイギリスは騎士の国じゃない、騎士の国はフランスだとか。
    イングランドとフランスが戦争したとイメージされることが多い百年戦争も、実際には「フランスの内戦」だしのぅ。
  4. 46>PS2時代に出た1号、V3、BLACK、アギトが共演する「正義の系譜」はアクションゲームとしてはイマイチだったものの極力オリジナルキャスト起用かつストーリーがとても良かったのであれくらい楽しめるゲームである事を期待したい。
    アジト3をプレイしていて「同じ声ばっか! しょうがないけど!」となった思い出(笑)
  5. >43 マヨの偉大さはマグロやカツオを食べる際、マヨネーズ醤油にクラスチェンジすることで血生臭さをイレースしてくれるところ!
    そういや「血生臭くてキツい」とか思ったことがなかったんでその効能は認識の外だった。
  6. 巨乳好きだけど貧乳が嫌いなわけじゃない。メガネっ子好きだけど、裸眼女子が嫌いなわけじゃない。コンタクト女子も、まあ、うん。 だが、メガネを不細工とか否定的なアイテムとし、外せば美人だとか可愛いとかいう行為だけは許容できない。
    まったくだぜ!!!
  7. 62>地球の文明が禁忌の知識として密かに伝えられている「西の善き魔女」だと秘められた知識をどれだけ知っているかが貴族のステイタスになる、という事で仮面舞踏会という名目で仮装大会が催され赤ずきんやらアリスやらに混じってレイバンでキメてB・Bやったり挙げ句の果てにバニーガールで参加する輩が居たりと世界観が大変な事になっていた。
    知識マウントの取り合い(笑)
  8. a. >15 Angel Beatsは個人的には最初は面白かった。仲間を成仏させ始めた頃からツッコむことしか考えられなくなったな(笑)
    b. 15>OVAのひたすらハイテンションになる話がとても面白かった。何だよ「ポエニ幕府」って。
    Roseliaを観てると天使ちゃんを思い出す。名前も似ている(奏でと湊)(えー
  9. 19>実験するとすれば発展途上国のスラムみたいなところで料理を並べてどれが一番うまいかと尋ねるかくらいですかね。人間で実験だから公にはできなそうだけど
    19世紀くらいまでは今じゃ絶対無理そうな恐ろしい実験が先進国でバンバン行われてたんだよなぁ。
  10. 22>意思疎通に関しては近いか同化は解らないが日本人的に犬猫を食う事をどう思うかってところですかね。軽微でも意思疎通できるといえるし
    アステカ人はチワワを喰っていたらしい。切ない。
  11. 24>他にも清楚っぽい外見のキャラがビッチ化?したりとか今もしてるなぁ。まあ種族がサキュパスじゃ当然っちゃ当然。あと眼鏡キャラはいまをもってまともにおらんですわん
    辞めて悔いなし!!!
  12. デレステのシュタゲコラボは・起動するとラボメン4人が喋る・Hacking to the Gateを蘭子が、スカイクラッドの観測者を飛鳥が・ルームアイテムに未来ガジェット研究所再現アイテムが って感じですね
    クリスが千早の歌を超上手に唄ったりしない?(やめろ
  13. 28>そういった理由でほぼ全員大食いなのはスレイヤーズとかドラゴンボールのサイヤ人とかわりとありそうだけど、最近だとあまりみかけなくなった気もする?
    悟空の「オラは食う!!」が未だに印象深い(笑)
  14. >77 何なの、この読んでて胸の痛いあそあそは……
    その発想はなかった(笑)
  15. 48>友人に高い装備は盗めるんだよと教えられて実行してしまい、その後ヒロインからすらどろぼー呼ばわりでエンディング……以降私はシレンシリーズ等でも窃盗行為はしないと誓いをたてていますわん
    尊い教訓を得た(笑)
  16. 52>あのゲームもガチってる友人とやるとマジ一方的にまけますからなぁ。デビル化するのとレアアイテム集めまくる人とか、情報がないと対抗もできなかったぜ
    ボードゲームも「1人がネットで攻略情報を調べた瞬間、そのゲームの寿命が尽きる」んだよなぁ。
  17. キルロガー>作画も良いし設定も面白かったのだが、商業主義には勝てなかったか……  3巻最後「最終話」と書いてなかったら当然まだ続くと思ってしまうラスト。
    あ、ほんとうだ!? 全然気付いてなかった! 打ち切りエンドされてた!!
  18. 低身長、巨乳、太眉、猫耳……こいつぁなんたるハイスペック!五十四さん可愛すぎィ!徹底的に甘やかしてあげたい……
    ケモミミは病気で一時的だけどね! 可愛かった……!!
  19. 素晴らしいスク水腋。プールに浸かる前にふやけるまで舐めなくては URL
    ないすなだらか
  20. >1 男塾のパワーバランスは結局重火器>達人だったりするけど、いくら拳銃持ってようが桃がその辺のヤクザに苦戦はしねえだろ…になりますよね
    お前拳銃よりよっぽどヤバい攻撃凌いできただろうが、と(笑)
  21. >>50 知力の言動に対する影響だと初代falloutで主人公の知能を1にすると作中での扱いが完全に知的障碍者で、重要な情報を知っててそれを誰かに伝える必要が有っても「あーうー」なので他人に伝えられないという。なんでそんなヤツにシェルターの浄水器の制御チップを探しに行かせたのかはわからない…
    チンパンジーに核ボタン
  22. >ランドリオール そうなんです、学校入ってからが本領発揮なんです。前にそんな感じでおすすめした記憶あるのでドンピシャで嬉しいですわ。
    5巻までアンリミ対象なのは賢い……!
  23. “真実は見えるか”キャンペーン 第6回 チャプター7 我ら悪魔の中でも最弱の存在よ …イザナギが黄泉比良坂で桃を投げて追手を防ぐ故事の逆を見てる感じに(笑)。敵の行動は、いわゆる戦力の逐次投入と見ていいのか、追手の足止め目的の時間稼ぎの一手なのか(チャプター5で示唆された黒幕(?)による転移なナニカで逃げる算段とか)。聖罰騎士の依頼内容からも感じられましたが、敵の潜在的な運用可能戦力はスゴイとしか。アルブレヒト一行がすり潰されませんように。 by エルドラン総受け
    5版でもっと弱い悪魔が追加されたんだよなぁ、と後に気付いたんだよな、実は(笑)
  24. 〉アダマンチウム そういえば配管工上がりのチンピラが入手してアーマー作ってたな。伸縮自在の足による高みからの蹴り武器にして、シビルウォーでヒーローに転職しようとしたらパニッシャーに股間にロケットランチャー叩き込まれてた
    「今日からこいつらも仲間だぜ」「おい、ヴィランを仲間なんてふざけんな。死ね」
  25. 野人転生の最新話チラ見したら作者がbコロナで書店の宣伝が無くてコミックヤバイと嘆いていた。なお電子書籍の方も駄目なのかは語られない。
    紙売れないぶん電子売れて欲しいなー
  26. 47> なるほど、ソードワールドで例えるならファリス司祭やマイリー司祭がファラリスの暗黒司祭に対して容赦なき尋問拷問をやるのはアリだがラーダ司祭やマーファ司祭なら確かにダメでな案件ですね(例えが合ってるかどうかは別として
    そうそう。イメージとしてはそんな感じです。
  27. >42 宇宙世紀のビームライフルって結局はメガ粒子砲と同じだったような?つまりはミノフスキー粒子の応用だと思うのですが、そう言えばガンダムXやWにはミノフスキー粒子に相当するものは無かった気がするので、そもそもモビルスーツの存在意義が謎...ふ、深くは考えないようにしましょう!格好良ければ良いんだよ!カッコイイは正義だ!
    ガンダムは「人型兵器が強い理由」が特に無い作品結構あるよね。SEEDなんかもそうだし。
  28. >文豪にして剣豪 セイバーはペンは剣よりも強しともかかってるのかな?と思ったのですがそれだと変身して剣に持ち替えるのが台無しな気がするのでたぶん関係ないのかな、なんて思ったり
    世論を操作するライダー
  29. 異世界転生・転移モノでチート付きって良くある話だけど、「完全複製」の能力って聞かないな、何でもできそうなんだけど...とか言ってたら、「もうあるよ」って言われそう(笑)
    きっとあるんじゃない?(笑)
  30. >58 Nethackという古くからあるゲームだと、オークどころかエルフやノームやドワーフなんかも食べてしまいます。ただし同族食いはペナルティがあります。Human以外で始めればその種族が×になりますし、何らかの原因で途中で種族が変わったりもします。
    古のD&D(が元ネタの)ゲーム!!
  31. ネタバレ> ネタバレに関して私がよくやりそうになるのが、蜘蛛ですが、なにか? なろう版、書籍小説版、コミック版連載分、コミック版単行本収録分の全部に手を出しているので、コミックで見た覚えのあるところをネタバレのつもりなく書きそうになります。(送る前に確認してとめますが) 特に大佐が書いてあることに関する情報が単行本未収録分の連載にあるとつい。
    ネタバレ配慮は高度な知性が求められる( ・`ω・´)
  32. 、「どうせ誰も死なない」って前提で読んじゃってるもんで、こういった苦悩も迫ってこないんだよにゃー>つくしあきひと卿:「な?その緊張感大事だろう?」
    まぁそれはホント大事。
  33. 22返信 中世世界なら人肉食なんてそんなに珍しくもないんだから不味い調理が面倒などと比べて会話可能な相手であることは心理的倫理的ハードルにはならんのでは
    いやいやいや、珍しいって(笑) そんなどこもアステカ文明みたいなことにはなっていない。
  34. >80中世ヨーロッパが参考だから もっと言うとドラクエ3の影響かと。あれが日本のファンタジーに与えた影響は大きい
    船とトレードだぁぁぁ!!
  35. 28>激しい戦闘と消費カロリー。これで真っ先に思い出すのはスプリガンのライカンスロープ。ジャンの細胞から作った現代のライカンスロープが、酷い劣化版で、知能は低いし、やたらめったら変身するわ、回避も超回復に任せて碌にしないわで、必要なカロリーが不足してすぐにハンガーノック状態なるもんだから、研究員がお注射で「高カロリータンパク質」を注入しないといかんという、アレ。ジャンもジャンで「そういや俺も変身後は異様に腹が減る」と言い出すから、「え?そんな描写一回も無かったよね!?」とはなった。
    TRPG部で「フィジカルのステータスが高いキャラが、食事代が通常の料金で収まると思うなよ?」と(笑)
  36. ・・・誰?(笑) いや、ロゥリィマーキュリーですけど。あと2000歳くらい年取れば、こんなナイスバディになるんですかねー? URL
    そだちすぎぃ!
  37. 見よ! これがガストというゲームブランドの狂気の片鱗! 1/1ライザリン・シュタウト! ライザの等身大フィギュアである! お値段、何と275万円。10名受注者が集まって初めて生産される品である。んもー、ガストちゃんはすぐにこういう無茶をする~。ガストちゃんは普段から自社製品のグッズ系でファンから金を搾り取るスタイルなのだけれど、ここまで来るとは思わなかった。いやまあ、10万越えの商品とかなら割と平気でやってたんだけれどね? 桁が違いますわ。 URL
    FGOに手を出してなかったら黒猫の等身大を買っていた世界線もあったかもしれないやつ。
  38. 以前、ポロリとRoselia気になるなぁーと呟いたときに、絶対に大佐の琴線に触れますぜ、とコメント送ってましたが、案の定で。アニメはどうしてもポピパ中心になってますけど、商業展開はRoseliaの方が推されてるますから、アニメ本編より他媒体の扱いも違いますねー。さあ、そのまま沼っておくれー。
    ずぶずぶずぶずぶずぶぅぅぅぅぅ!!!!
  39. 45>ゾイドワイルドZERO、眼鏡のお姉さんはジョー・アイセルという名前の共和国の少佐だよ。ちなみにレギュラーキャラ。CVは日笠陽子さん。唇が大きいタイプの美人である。メガネは終盤に至る今に至るまで外してなかったはず。Youtubeで毎週見逃し配信してるし、AmazonPrimeでもタダで観れるぜ。
    愛せるのか
  40. a. 20>基本的にミッションに出るのがスネークだけなので、トップに手当はないですわ。残虐度自体が隠しパラメーターだし、影響としては外見が血塗れでシャワーでも落ちないとか、残虐行為も平然と行うスネークに部下たちが恐れられたり、陰口叩かれるぐらいなので。ちなみに、部下を派遣できる派遣ミッションで難民救助をやるとゼロになるそうな。
    b. 20>ミッションランクも下がるし、特にメリットは有りません。非殺傷でチマチマ攻めるのに飽きた時にスカッとする位か。残虐度が上がり過ぎると角が伸びて血塗れになり、仲間にも引かれます。
    やはりピットファイターのようにはいかなかった。
  41. “真実は見えるか”キャンペーン>うん! アルブレヒトはつ好奇心に殺されてもおかしくないね! 本人も本望であろう(ぁ) しかし、そのイラストのポーズを男が取るのはその……どうなんですか(笑)
    いや、この絵の元ネタは男だ(笑)
  42. バンドリは中の人達が猛練習積んで実際の演奏できるようになってのプロジェクトなので苦労が偲ばれる。あと、Roseliaはアニメ一期企画の時点ではそうでもなかったのが、その後の商業展開で人気爆発なので、二期からちゃんとライブシーンあるよ!
    今日はライヴBD観るぞぉぉぉぉぉぉ!!!!
  43. 異界から召喚された悪魔を倒して魔剣ゲット、というと女神転生2を思い出しますな。武器屋で売ってるのは銃器のみで剣は悪魔を倒して手に入れるものという。銃は物質的な存在に効きやすく剣は霊的な存在に効きやすいという住みわけも剣と銃が共存するRPGとしてよかった
    陰陽弾を喰らえっ!!
  44. ムチムチ!この一言に尽きますな(笑) http://www.hobbystock.jp/item/view/hby-gcf-00011574
    なんていやらしい!!!
  45. マヨネーズ>自炊していてもほとんどマヨネーズを使った料理なんてしないことを考えると、多数の料理を知っているって、どんだけマヨラーなんだって思ってしまいますね。
    香取慎吾かもしれん
  46. 戦争をやめられない>それでも、文明が発達すれば、直接的な命のやり取りがおきない戦争になるかも?
    「短期間で物凄い勢いで人が死ぬ戦争」のピークが20世紀だったわけだが、ここから下がってくれるといいんだけどねぇ。
  47. 受付が可愛い女性>逆に考えましょう。そういうことを対処できる能力があるから受付をやっているのだと。少なくとも冒険者ギルドがあるような世界の場合、女性であるからと言って男性より力や戦闘力が大きく劣るというのはほとんど見かけませんし。
    ファンタジー筋力は強い
  48. >>27 そこを突き詰めると美味しい物なんてどこにも存在しないからイギリス料理は美味しいといっても障りないといっても問題ないのでしょうか
    イギリス料理は当のイギリス人も不味いと言ってるのがオチなんだよな(笑)
  49. マリエル・クララックの婚約>>容姿が残念ってあるけど、このコマ以外で眼鏡掛けてるのってダメって直接的な事言ってるシーンがもしかしてあるの?他のシーン見て無いから分からないんだけども、どうも自分にはこの発言のシーンで眼鏡ってダメって言ってる意味にイコールで繋がらなくて・・・男側も眼鏡掛けてるのに褒められてるコマだしで、眼鏡はマイナス補正って言ってるわけじゃないし、単純に読者には可愛く見えるけど、作中だと野暮ったいとか地味にみたいなありきたりな理由の女性キャラって感じで(普通の見た目の男キャラって作中の人は言うけど、読者からしたらイケメンやんけ!みたいなノリみたいな)
    この流れで「眼鏡は関係ありません」だとしたら、作品の演出として甚だ「下手くそ」ではなかろうか、とは思ってしまうなー。というわけで原作の冒頭確認してみたら「地味な眼鏡娘」「これを外せば多少は可愛いと言えなくもないのだけれど」と完全アウトだった(笑)
  50. ファミ通のFGO記事で、地味に気になってた固有結界に固有結界ぶつけるとどうなる理論の答え出てて驚いた
    そういやKindleで落とすだけ落としてまだ読んでないー
  51. a. 69>Xの次回予告では「天国なんてあるのかな」がとても好き。「死んだ女房の口癖だ」や「おさらばで御座います」も良い。何故か「あれはGファルコン!」もお気に入り。
    b. 69>ガンダムXの次回予告はキャラクターがセリフをしゃべるシーンの後にサブタイトルが表示されますが、26話の予告は異色でした。「あれ誰もセリフをしゃべらないぞ」と思っていて、ウィッツが悔しそうに唇を噛みしめるシーンの後に「何も喋るな」と表示されるという。
    サブタイトルが特殊かつ有効に使われるパターンは印象に残るよねー。
  52. 69>月を消した人じゃないですか!ピッコロさんもやったけど!…あれ?それ以降月は復活して無いか?
    はじけて混ざれ! パワーボール!!
  53. >60 お役目に就いた幕臣なんかは半ば献金や付届けが公認されてますし、そこそこ私財を貯める程度ならそこまで悪事に走る必要もないんでしょうが一旦慣れると際限がないですからね~。長崎奉行なんかは就くのにも大金が必要ですが、普通にやるだけでそれを遥かに上回る財産を築けるわけですからやろうと思えば当然・・・
    基本的に徳川幕府の下って「普通に暮らす人は皆金に困ってる」って印象が強過ぎる(笑)
  54. >41 作者は「本当に立派な女性」として書いてるのでしょうね。ただ同時に自らそれを否定してしまっているだけで(笑) まあ田中芳樹氏はあまり日本人に知られていない歴史エピソードを上手く引用したりして物語を構築する娯楽作家として一流なわけで、別に歴史家や政治評論家として適当でも作品さえ面白ければ作者本人の評価には関わらないですからね。ただしご本人の自己評価は不明(笑)
    ジェシカを無邪気に「立派な女性」と思えてた子供の頃が懐かしい。
  55. Landreaall読んでいただけましたか!! DXたちと出会って世を拗ねていたフィルが男になっていく展開大好きなのでこの後も感想楽しみにしておきます。
    フィル、金塊のくだりで「お前はその金を散財じゃなくて学費に充てるなり、親に金の出所心配されて困るから家に入れられないにしても、病気になったときとかに備えて貯金しとくなりしとけよ!!」と思わずにはいられなかった(笑)
  56. 25>何度でも言うがゴーカイジャーVSギャバンは最高。強いて言えばブートレグが真っ当に格好良すぎた感は有る。好みの範疇ですが、ヒーローの偽物やコピーは一見して分かるくらいの禍々しさが欲しい。
    新ギャバンが悲惨過ぎるから余計に輝いてしまう名作
  57. つくし卿はどんな上昇不可を受けたら現在のような心に・・・
    恐るべきマインド……!!
  58. 13>調べ直したら正確には上映時間72分のようです、失敬。でも楽しいのでお時間あれば是非 レス不要
    これはぜひ観たいねー。
  59. >9 正にその例えこそがジェシカがトリューニヒトに向かって言った言葉と同類のような気がする。極論も正論として成立はしますが、あくまで個人の感情論の域を出ないと思うのです。
    政治の理屈としては論外な極論なんだよねー
  60. おお、ついに大佐がランドリをお読みに。以前コメントでお勧めした内の一人ですが、正直、大佐はDX苦手じゃないかな~とは思ってました! あとは、まだまだ続くキャラとイベントの積み重ねが功を奏してくれれば……!(何
    あーいう「恵まれた環境で育ってきたことへの責任感」が薄いタイプはどーにもねー(笑)
  61. >63 例えばロードスのパーンの父親みたいに任務を放棄して賊に襲われた村を助けに行ったり、逆に任務を優先して村を見捨てるというのはD&D的に又は大佐的にはどう判断されるのでしょうか?
    前者はローフルに反し、後者はグッドに反する感じかな。とどのつまり「どうあがいても何かに反しちゃう。詰んでる」ことが幾らでもあるわけですね。「任務を放棄して賊に襲われた村を助けに行ったら、自分が抜けて手薄になったところが襲われて大変なことになった」なんて最悪の展開も起こり得るでしょう。
  62. >42 もちろん荷電粒子砲は考えたのですが、弾体となる荷電粒子は電気さえあれば成立するのかがどうも良く分からず……何らかの物質の原子をイオン化、加速して撃ち出すものなら、結局は弾となる物質(宇宙世紀で言えばミノフスキー粒子)を込めておかなければならないのではないか。いやしかし、デスザウラーの荷電粒子コンバータの描写とか見るに、外部から物質を取り込む必要なく電気だけで撃てるのかなぁ?と考えがぐーるぐる(@д@)
    いずれかの粒子が砲弾として必要だね。
  63. のみじょし読んでボーイッシュというか筋肉系女子の色気に目覚めましたわ それまではゆきちゃんみたいなタイプが好みだったんだけど、のみじょしに関してはソノさん一択 なにしててもエロく感じるって最高だよね
    迂闊さんに伝えたら「ありがおつございますソノさんはエロス」とのこと(笑)
  64. 今年はどこも行かず、割とカネが余っているから遅ればせながらプレゼント詰め合わせをブッパするZE!!  大佐がバンドリに入れ込むとは意外だったが
    ぶっぱがしゅごかったのおおおおおおおおおおおおおお!!!! ありがとーーーーー!
  65. これはよいおぱんつずらし URL
    あー。嗅ぎたい。
  66. 73>ところで『HANDS』はそのまんま「手」の形をしたスタンドを出せる能力者のバトルサスペンスである。一般人から見えないがコンクリ壁ぐらいは簡単に破壊し車をつかんで持ち上げ、至近距離からの拳銃弾も防げる。スタンドと違うのは「手」が何らかの攻撃を受けても本体にダメージがいくことはない。 この「手」の力を発動する起点の少女と出会ってしまった元刑事が、別の「手」の使い手が起こしたテロの濡れ衣まで着せられ国家から追われることに。 話はそこそこ面白いが、アクションシーンを描くのはあまり得意ではない面も見られる。
    アリスと蔵六にもいたな、腕使い(笑)
  67. レーグネンのフライはまだ生きている、ということは敵にはすぐ追いつけるのでは。一人で危険ならばモニカぐらい引っつかんで飛べないか?
    モニカ抱えたら重量オーバーだな(笑) あとレーグネンが耐久力ダメージ喰らってるの回復するのに最低4ターンかかっちゃうね(レッサー・レストレーションは詠唱が3ターンもある
  68. 自分はメガネ女子にそれほど拘りはないんですが、「外せばオシャレ」というのは非常に違和感があります。カワイイ(カッコイイ)フレームに換えれば良いじゃないかと。FGO刑部姫はサーヴァント2枠(殺・弓)、概念礼装、under the same skyイラストなど登場する度に全部違うメガネをかけていると聞いて・・・。世の「メガネ女子からメガネ外せばオシャレ」と思い込んでる作家さんは是非見習って欲しい。
    森山大輔は最高よ……!!
  69. 戦車兵は視界の確保に苦労しますが、VRゴーグル装着して視界は外部カメラに頼るわけにはいかないのかな? なんかゲームみたいだが(笑)
    何年か前に研究してたのは知ってるんで、今もしてるんではないだろうか(笑)
  70. 最近は急に話題に出し始めたからRoseliaについてワダツミさんがどこまで知ってるか分かんないままに語ろうとしてネタバレを伝えちゃう人が出てるみたいですね。こういうものって原則はサイトで語った事がある=知ってる事だと思って補足や小話とかも自重した方がいい?
    「アニメで観てる最新話までの内容とか読んだ本内だけの内容に限る」と断言しないと、「ここまでは大丈夫なはず」の個人差に殺されるんだよねー。
  71. 8>現実だと縄文時代くらいまでかな、野生動物と縄張り争いして生きてたのは。農耕が広まって食料に余裕ができて人口が増えたから縄張り争いにも勝てるようになっていったと考えれば、ファンタジー世界はそんな縄張り争いの真っ最中みたいなものと考えられますね。話は飛びますが、だからゴブリンスレイヤーみたいなのはモンスター退治というより、先住民or異文化との生存圏争いのほうがしっくりくると思ってます。
    野生動物の危険が減ろうが「今度は人間が襲ってくる」って意味では、「結局危険なことに大差がない……どころかより危険じゃね?」だしねー。
  72. いわゆる「人の心がない」案件、個人的にはその文字列を見ると、私の頭の中ではオーバーマン・キングゲイナーのアデット・キスラー姐さんが「人の心があるからやれるんだろぉ!?」ってインターセプトかけてくるから強い。どうしてこうなった、私の脳内。
    これは「まっとうな」って言葉が省略されてるだけだしな(笑)
  73. >48 泥棒といえば『風来のシレン』も面白いですよ。店からアイテムを持ち出すと「泥棒!」のメッセージとともに超強い店主や盗賊番や番犬が殺しにくるため(ゴリ押しは殆ど不可能)、当時は色んな手段を試しました。お気に入りは大部屋の巻物でしたね。
    ツシマで「ああ、これは今攻める時期じゃないんだろうな」って守りの厚い敵陣を「でもどうにか制圧できないかなー」と挑戦するも「絶対に無理な仕様」になってるのが物足りない(笑)
  74. 以前にLandreaallをお勧めさせて頂いた者です。ワダツミさんの感想が楽しく、とりあえず概ね好印象のようで良かったです。きっと、ワダツミさんは五十四さんを気に入ると思ってました(笑)。 by -k
    こんなの大好きに決まっている!!!
  75. >>22 元はオーク肉が豚肉の代わりになる世界でしたし、とりあえず意思疎通ができる亜人種ではなく迷宮からどんどこ湧いてくる魔物、という扱いでの食肉という作品ばっかりですかなー知ってる中では
    二足歩行野獣枠
  76. >>29 あー原作ではっていうか漫画版の追加描写?間の保管?の追加は今まではうまい感じで入れてた漫画版だけど、最新刊のはなんかキャラの言動が漫画版の描写からしてもおかしい感じじゃないですかいなーって、あれ、これくらいなら今までも話ありませんでしたっけ
    こちらが話を振ってるわけではない段階でいきなり「原作にないシーンが追加されて不愉快だーっ!」って言われるのは、困る(笑) 例えば幼女戦記に限らず「そんなこと知らずに普通に楽しんでたら、原作ファンが『追加要素が改悪!』って言い出して興が削がれる」とかもあるわけで。
  77. >>48 回避不可のビームを食らって操作不能脱出不能でじわじわ死ぬからあの店主強いですよねー、まあゼルダにおいてしょせんは「一度死ぬ」だけですけど。死亡ゼロプレイでもしていない限りは名前が変わるだけですね。そしてそれを見越して最初から「どろぼー」というネームでプレイしていれば名前が変わることもない!あと無死プレイでも二度目に店に入らなければいいのでとりあえずシナリオ上必要な品を盗んでた当時の自分
    店主ビーム!!
  78. >>76 滅多に頼むやつが居ないメニューを作るため滅多に扱わない食材を用意して研鑽の足りないレシピで調理 果たして現代日本人が満足できるんだろうか。 まあ、満足してるからできるんだろうけど
    サバイバル番組で「久々の食事だぜヒャッハー!」ってなってるシーンを見るに、「飢えてればOK」な気がしないでもない(笑) まぁ人心地ついてから「やっぱ物足りねーな」となることもないんだろうけど。
  79. 今回はオーガだったけどデビル化モンスターの最上位って何でしょう。  デビホルダーやデビルドラゴンもいる?
    ルール上なんにでも可能。5版ではティアマット様はフィーンディッシュ・ドラゴンである。
  80. バステト神のスタンドでアルブレヒトとダスティをひっつけてみたい(嗤)
    絵面想像して「うわっ、キモッ」ってなった(真顔
  81. 対馬の幽霊はきつねをモフれるゲームなのか…!!
    たまに!
  82. >69 亀仙人「月はワシが始末した」    ところでアラレちゃんでも月って破壊されてなかったっけ?(笑)
    地球すら割る作品だしな! 誰かが毎回直してるんだろう!
  83. 聞き耳>一瞬だけの小さな音を一人だけが気付いた、というのはわかるけれど、ずっと続いている唸り声に気付いているのがアルブレヒトだけというのはどうなんだろう、他の人は急に聴力が落ちているみたいで(笑)
    1ターン先に気付けてるだけだけど、その1手が大事(なときもある)ってーことですね。
  84. ♪迫る~レムレ~ 悪魔の手先~  といえば赤き森の終盤を思い出すね、何か近づいているのにみんなが「キュトンってどうやったら死ぬのかな?」とためしてガッテン始めちゃったからアストリッドがやきもきするやつ
    皆してアストリッドを無視するの図
  85. 注意力を奪うものが多過ぎる階段でワダツミ氏がいつか足を踏み外すのではないかと割とマジで心配だ
    それは我ながら心配である
  86. 大佐はもうやってないだろうけどデュエルリンクスが今ちょうどクラッシュタウン編イベントやってて面白い。5D'sの中でも異色なシナリオな為か、未視聴者がこのイベントきっかけで本編観だしている人がチラホラ出ているのも… イベントシナリオ、デュエル中、キャラ選択と鬼柳のハーモニカ音がそれぞれ違うバリエーションで聴けるって 他イベントと比べてもファンサービス詰め込みすぎだろ!(いいぞもっとやれ) 今夜はこのイベント(とインフェルニティのパック発売)を記念してチームサティスファクションの中の人達による生放送もあるそうで… 去年もこのメンバーで生放送があったのですが、この頃はまだインフェルニティのカードの歯抜けが多くてデッキが回らない&ちゃんとセリフも生で言ってくれていたのでゲーム内時間切れでタイムレスコンボ扱いされるという(笑)
    トリシューラの召喚口上とか力の入れどころか素敵なデュエルリンクス
  87. a. >>メイドインアビス アニメ最終回にされるほど印象的にミーティとお別れしたのに、ミーティ複製がまた出てくるという。 「アビスでならまたミーティと出会えるかも」とセリフ伏線がそりゃあったけどこれはキツイっす。ヤバイですよ!
    b. メイドインアビス>ミ―ティーは二度(読者の精神を)刺す…!
    追い打ちの前振り!!
  88. 『結城友奈は勇者である』テレビアニメ第3期「ー大満開の章ー」、制作決定! ……だ、そうだよ。今度はリアルタイムで一緒に泣いたり笑ったりしようぜ(吐血)
    え……もう平和に暮らさせておいてあげてよ……って気持ちしか出てこないわ。特に嬉しくもなく。
  89. 28 エネルギー消耗するから大量に食べる > あるマンガで人間そっくりのアンドロイドが登場してたけど、エネルギー源が砂糖なので甘いお菓子を大食いしていた。そしてビタミン剤を服用すると性転換する。
    変形スイッチかよ
  90. かわいすぎてしんだ URL
    ありがてーありがてー
  91. レーグネン「レッサー・レストレーションのスクロールを飲みましょう!メェェェ!」
    レーグネンはヤギだったのか……!
  92. ナイス腋と将来有望っぱいだ URL
    楽しく遊ぶのかよ!!
     

サイト内検索っぽいモノ